Keirin 生物
1部
第
原形質分離と
植物細胞の等張液濃度
第1部 実験2 <原形質分離と植物細胞の等張液濃度>
Keirin 生物
実験A
目的
原形質分離の観察
植物細胞(ユキノシタ)の原形質分離を観察
方法
葉の裏が赤色
の表皮を使用する。
ユキノシタ
第1部 実験2 <原形質分離と植物細胞の等張液濃度>
Keirin 生物
方法
葉の裏の表皮に5mm角にかみそりで切れ目を入れ、ピンセットではがす。
はがした表皮片を20%スクロース液と蒸留水に5分間浸す。
20%スクロース液と蒸留水に浸したものを検鏡しながらスケッチする。
第1部 実験2 <原形質分離と植物細胞の等張液濃度>
Keirin 生物
結果
蒸留水中
20%スクロース水溶液中
少し膨張(ほとんど変化なし)
原形質分離した細胞
第1部 実験2 <原形質分離と植物細胞の等張液濃度>
Keirin 生物
考察
(1)すべての細胞が赤い色(アントシアン)をもっている
のだろうか。
(2)蒸留水は低張液か、 20%スクロース水溶液は高張液
だろうか。
(3)原形質分離の細胞と蒸留水の細胞では赤色の濃さは
どう違うか。
レポート
原形質の体積と赤い色素の濃淡に注意しながらスケッチする。
第1部 実験2 <原形質分離と植物細胞の等張液濃度>
Keirin 生物
実験B
植物細胞とその等張液濃度
課題の選定
・20%スクロース水溶液では細胞が原形質分離していた。
・蒸留水では原形質分離は見られなかった。この間の濃度
が等張液濃度であると考えられる。
・すべての表皮細胞で、等張液濃度は等しいのだろうか。
・等張液濃度はどうのように求められるのだろうか。
仮説の設定
表皮細胞の等張液濃度を求める方法を考えてみよう。
第1部 実験2 <原形質分離と植物細胞の等張液濃度>
Keirin 生物
仮説
<仮説>
「 ユキノシタの葉の表皮細胞の浸透圧は、すべて等しい。 」
したがって、ある濃度をこえるといっせいに原形質分離を始める。
蒸留水中
濃いスクロース水溶液中
等張液濃度が等しい細胞の集まり(模式図)
第1部 実験2 <原形質分離と植物細胞の等張液濃度>
Keirin 生物
実験の計画
・表皮細胞を 蒸留水、5%、10%、15%、20% の
スクロース水溶液にそれぞれ浸し、原形質分離の
ようすを観察する。
・15%で原形質分離を起こせば、10~15%の間に等
張液濃度があると見当をつけることができる。
第1部 実験2 <原形質分離と植物細胞の等張液濃度>
Keirin 生物
方法
ペトリ皿にそれぞれ蒸留水、5%、10%、15%、20%のスク
ロース水溶液を入れておく。
葉の裏側の表皮にかみそりで 5mm角に切り込みを入れ、ピン
セットで表皮片をはがす。
表皮片を濃度の違うペトリ皿にそれぞれ入れて沈める。
5分間浸した表皮片をスライドグラスにのせ、浸していた同濃
度のスクロース水溶液を滴下してカバーガラスをかける。
各濃度ごとに、顕微鏡視野内で見える細胞の総数と原形質分離
の細胞数を数えて記録する。
第1部 実験2 <原形質分離と植物細胞の等張液濃度>
Keirin 生物
結果
(例) 各スクロース水溶液での原形質分離の割合
0%
(蒸留水)
5%
10%
15%
20%
26
24
27
28
26
ⓑ 上の細胞中で原形質分離
を起こしている細胞数
(b)
0
0
12
25
26
ⓒ 原形質分離の割合
(b÷a)×100(%)
0
0
各スクロース水溶液
ⓐ 顕微鏡視野内の赤い
色素をもった細胞数(a)
第1部 実験2 <原形質分離と植物細胞の等張液濃度>
44.4 89.3
100
Keirin 生物
考察
(1) ユキノシタ表皮のそれぞれの細胞は、等張液の濃度
が異なっていると考えられる。
蒸留水中
濃いスクロース水溶液中
等張液濃度が異なる細胞の集まり(模式図)
(2) ユキノシタ表皮の等張液の濃度は何%か。
(3) 細胞内と外液が等張になるまで細胞体積を収縮させ
たと考えてよいか。
第1部 実験2 <原形質分離と植物細胞の等張液濃度>
Keirin 生物
原形質分離と
植物細胞の等張液濃度
お
わ
り
第1部 実験2 <原形質分離と植物細胞の等張液濃度>
ダウンロード

原形質分離と植物細胞の等張液濃度