ORT・LGSについて
担当者:明間、喜多
<原因・背景>
開発途上国の子供たちは慢性的に栄養不良にかかっており
体に抵抗力がなく、非衛生下にある水や食べ物がしばしば
下痢を引き起こし、それが原因で脱水症状が起こり、年間
最大500万人が命を奪われている。
脱水症状とは、体に必要な水分が大量に体外から出ていく
ことであり、多くの子供たちの命を奪っているのです。
しかし、激しい脱水症状は別として、これは家庭で対応・
治療ができます。その治療法が、からだに吸収されやすい
水を作って飲ませる「経口補水療法(ORT)」なのです。
<下痢について>
ー下痢で死亡する?-
子供、特に乳児は胎内の水分が多い(80%前後)。大人に較べ、
子供達は発汗、排泄、呼吸などで排出する水分も多く、環境にも
左右されやすい。特に下痢の場合は普通便より5~10倍の水分
が排出される。呼吸数の増加や発熱も伴うと、2~5倍以上の水分
が、呼気や汗として排出する。水分摂取がないまま、この状態が
続くと、意識が低下し、痙攣を起こし、死へと近ずいていく。
<ORTって何?>
•経口補水療法(ORT)とは(Oral Rehydrat
ion Therapy)の略でありORS(経口補水塩)
という粉末を水にまぜて飲ませることにより、体の補水能力
を高めて脱水症状を回復させようとする治療法の事である。
•ORTとは、脱水症状を起こさせなくすることで命を守る。
また、ORTはすでに起こっている脱水症状を止めることも
出来ます。下痢が始まったらすぐに充分な水分を取れば、子
どもは衰弱したり干上がったりしない。また、その後、子ど
もの体が脱水症状を起こしていなければ、その子どもは助か
ります。
•下痢の子ども達に与えられる良い水分は、以下の通り。
・ORT ・塩を混ぜたおかゆ ・グリーンココナッツ水
・清潔な飲料水 ・LGS
<なぜORS・LGSが有効か?>
•ORSの成分は、ブドウ糖20g、塩3.5g、重曹2.5g、カリウム5g、の
一包を1リットルの水に溶かして使用する。下痢便や発汗の中には
水だけではなく塩分や、カリウム、クロール等の電解質と言われるも
のも含まれている。だからそのような成分の含まれた水を飲ませるこ
とが必要となってくる。
•LGSとは基本的には、“水分を補給する”最も確実で容易な方
法であるORSが経済的などの理由で用意できない場合に有効な
ものである。従って、さほど用途としての違いはない。
•これは“下痢”を止めるワケではありません。“脱水症状”
を止めるの最善の水です。子供に与え続けることが重要なので
す。
•ORSやLGSのような糖分の含まれた水は、ただの水、塩水よ
りも25倍の早さで体に吸収される。
<ORS・LGSの特徴、メリット>
○自然な生理的方法で水分電解質が補給できる。
○専門的な医療技術を必要としない。
○特殊な器具を必要としない。
○経費がかからない。
○家庭で実施可能である。
○下痢脱水に90%近く有効である。
<問題点>
•お粥を使った現地調達の出来るORTが開発されているのにもか
かわらず、ユニセフはORSパケットを推奨している。ORSパケットや
LGSを使う問題点は衛生とは言えない水でこれらを作ると逆効果
になってしまうのではないのか?
ダウンロード

ORT・LGS