めざせ!!
ゆでたまご肌
日本女性のきめ細かい肌は外国女性からの憧れの的だとか。「徳容」という言葉がありますが
これは徳と容姿は一体であるという意味。江戸時代、社交場である銭湯で女性たちが全身を
ぬか袋で磨き上げていた頃にできた言葉だそう。 素敵な心意気ですね。
現代の私たちも、夏の疲れは脱ぎ捨て、秋は肌磨きで自己研鑽の季節です。
清める
潤いで
みたす
もっちり
ふっくら
化粧水は肌のための魔法のお水。
油分を使った化粧品は古代
何を使ってどう洗うかで、肌の
肌をうるおいで満たし、細胞の
エジプト時代からあります。
コンディションは変わります。
働きを促します。日本人にはあた
日本でクリームが注目されたのは
汚れだけを選んで潤いは残す、
りまえの保湿法ですが、これほど
高機能洗顔料をよく泡立てます。 化粧水を愛用する国は珍しいそう。 は明治以降。
乳液は化粧水の潤いをキープして
まず手を洗い、顔を水でぬらし
西洋では硬水の地域が多く、水を
肌をふっくら保ちます。
たら空気を混ぜるようにふんわり つけるとごわつくというイメージ
夜は肌が生まれ変わる時間。
泡をたてます。ピンポン玉大が
が根強いよう。肌を潤すものは
肌の生まれ変わりやハリ・弾力の
目安。泡をつぶさず顔の上で
クリーム・・という発想のようです。
再生を助けます。クリームでの
転がすように洗い、すすぎは
お手入れをプラスして、未来の
丁寧に。
せっかく水の国に生まれた私たち、
肌も磨いていきましょう。
日焼止めやファンデーションを
化粧水ですみずみまで潤いで満たし
使ったら必ずメーク落としも
ましょう。コットンならムラなく
使いましょう。
つけられますし、化粧水を含ませた
素肌の輝きが違ってきますよ。
コットンマスクも効果的。
ダウンロード

10月