2012/10/19 大阪大学 紀ノ岡
再生医療用途の製造施設(無菌処理)とは
再生医療製品製造設備と培養装置について
医療用の細胞/組織培養に固有の問題とプロセス設計
原料,製品の滅菌性
大阪大学 大学院工学研究科
採取
紀ノ岡 正博
搬送
播種
患者
細胞
組織片・
細胞(原料) 初代培養
移植
[email protected]
http://www.bio.eng.osaka-u.ac.jp/ps/indexj.html
移植材(製品)
大型の培養容器は不要
熟練技師による操作
継代培養
培養細
播種胞
組織培養
コンタミネ-ション,ヒューマンエラーの
絶対回避
播種
提供者
搬送
継代の繰り返し
培養組織
立体構造・
分化機能の付与
細胞シート
足場の利用 の利用
細胞製造設備と培養装置
培養器内における不均一性
(足場依存性細胞培養)
細胞単離
細胞数の確保
特に自家細胞培養
細胞集団における不均質性
将来像と組織ファクトリーの取り組み
サンプル採取,センシングに対する制約
標準化への取り組み
再現性に乏しい多回の回分操作
生産スケールの変動
平成24年10月19日
BPSE
操作(工程)の柔軟性(多品目生産)
Kino-oka et al. J. Biosci. Bioeng. (2009).
BPSE
再生医療用途の製造施設(無菌処理)とは
平成 22 年度 中小企業支援調査報告書(再生・細胞医療の産業化に向けた基盤整備に関する調査)
(平成23年3月,シード・プランニング)
(為替80円/ドルと仮定)
M. J.Lysaght :再生医療製品(関連含む), 1,200億円
(2007)
再生医療製品で処置を受けた患者の総数は累計で120 万人
安心・安全・安価を実現する革新型製造プロセス
最終滅菌法が適用できない医薬品製造設備
無菌
原料
2020年世界市場予測
無菌
製品
無菌処理設備
継時的な無菌空間の担保
細胞加工施設
未担保
無菌空間
細胞
担保
バイオハザード 凍結保存
封じ込め
凍結保存中に無菌検査を行ってから大量製造を行う
無菌性が担保できない物資を用いた製造
細胞加工施設
○支援製品・サービス市場の成長予測
細胞加工施設 2,700億円
培養機器 297億円
培養容器 215億円
未担保 無菌空間
バイオハザード
再担保 無菌試験
封じ込め
細胞
無菌空間
BPSE
無菌空間の確保
→汚染源を持ち込まない
製品の
無菌試験
ここで,培養装置は製造設備の11%
無菌空間の維持
→汚染源を持ち込まない
無菌
製品
無菌処理
設備
無菌試験
○製造設備の市場規模は,再生・細胞医療製品の市場規模に比例する.
(再生医療では59%)
無菌処理プロセスの担保による無菌製品の保証
製品の
無菌試験
無菌性が担保できる細胞を用いた製造
(幹細胞を用いた製造)
○細胞由来再生・細胞医療製品および自己細胞由来再生・細胞医療
サービスの市場成長予測 4,577億円
製品の
無菌試験
再生医療・幹細胞産業の展望
無菌
製品
適切な封じ込め処理
→汚染物を持ち出さない,
交差汚染の防止
継時的な無菌空間の担保は不可能,
また,クロスコンタミネーションを防止する必要あり.
BPSE
再生医療用途の製造施設(無菌処理)とは
再生医療・幹細胞産業の展望
産業規模の広がり:体細胞から幹細胞(iPS細胞を含む)への展開
(為替80円/ドルと仮定)
Devyn Smith :幹細胞製品 2010年 400億円
Devyn Smith :Commercialization challenges associated with induced pluripotent stem cell-based
products Regen Med. 2010 Jul;5(4):593-603.
安心・安全・安価を実現する革新型製造プロセス
3Sの実現 (security, safety and cost-saving)
再生医療に必要な細胞が安全かつ適正価格での供給が実現。これにより、根治医療として期待の高まっ
ている再生医療の普及が加速し国民の健康年齢増大と医療費削減に大きく寄与する。相反する要素を含
んだ、安心・安全でかつ低コストに細胞調製を実現できる(Win-Win構造の実現)。
CPF(cell processing facility) の必要性
低コスト
(cost savings)
メルク社(旧:ミリポア):幹細胞由来製品 80-160億円(2008)
小型化
(compact)
McBride R: Stem Cell firms shift from treatments to tools. The Boston Globe, 5 June (2008).
ライフテクノロジーズ社:初代細胞および幹細胞製品,約2,400億円(2008年,15%成長)
Barthelemy N: Investor presentation. Presented at: Life Technologies Investor Day. Cell Systems, Carlsbad,
CA, USA, 2 June 2010.
Bioinformant社:幹細胞ビジネス全般(抗体市場を除く)
1,024億円(2011年,10.4%成長),予測 1,680億円(2016年)
「幹細胞の研究製品:機会・ツール・技術」 Stem Cell Research Products: Opportunities, Tools & Technologies
Research (2012年05月)(BIOINFORMANT WORLDWIDE, LLC)
無菌製剤製造(APA)レベルでの
無菌処理
安心
厳格
安全
低減
増大
管
理
リ
ス
ク
コ
ス
ト
安価
規制緩和
(施設における無菌試験
(sterility test)無しでの多検体処理)
BPSE
人介在の最小限
(minimum intermediation of operator)
①無菌処理施設
技術要件
無菌空間の局所化→無菌空間維持費用の削減
短期除染の実現→稼働率の上昇
⇒アイソレータ技術の活用
技術革新
例外許容下での無菌処理
(治療と同じレベル)
汎用性
(versatility)
固体物資の搬入機構
プロセスの柔軟性
多検体対応
②除染パスボックス
およびインターフェース
除染パスボックスならびに脱着可能な
インターフェースを有するアイソレータ
操作者・指示/確認者による確認作業の簡略化
自律制御可能なシステム(プロセスシミュレータ)
自動・自律加工装置による
プロセスオートメーション
③自動プロセス
BPSE
1
2012/10/19 大阪大学 紀ノ岡
細胞加工施設(安全キャビネットを利用した施設)
①無菌処理施設
細胞加工施設(安全キャビネットを利用した施設)
①無菌処理施設
Representative layout based on the guideline of general requirements
in aseptic processing of healthcare products (ISO 13408-1).
エアーロック式ドア
重要操作区域
エアーロック式ドア
重要操作区域
2次更衣室
(ISO5)
安全キャビネット
資材準備室
その他の支援区域
(ISO8)
その他の支援区域
(ISO8)
2次更衣での作業風景
(セルシード提供)
その他の支援区域
(ISO8 at rest)
細胞保存室
入口
2次脱衣室
直接支援区域
(ISO7)
資材準備室
2次脱衣室
直接支援区域
(ISO7)
監視室
2次更衣室
(ISO5)
安全キャビネット
1次更衣・脱衣室
Personnel flow
緩衝室
資材保管庫
資材保管庫
緩衝室
その他の支援区域
(ISO8 at rest)
・ 汚染源である作業者の入室
1次更衣・脱衣室
細胞保存室
入口
監視室
⇒ 衛生管理が煩雑となる
ドア
ISO5
エアーロック用タイトドア
ISO7
ISO8
パスボックス
⇒ 施設が大がかりとなる
エアーロック用タイトドア
ドア
パスボックス
⇒ コストの増大
ISO8
at rest
ISO5
ISO7
ISO8
at rest
ISO8
BPSE
細胞加工施設(安全キャビネットを利用した施設)
①無菌処理施設
資材保管庫
ISO区分
(ISO14644)
FED-STD-209
エアーロック式ドア
重要操作区域
2次更衣室
(ISO5)
5
作業時 クラス10,000 の清浄度
直接的支援区域 (Direct Support Zone)
グレード B
7
非作業時 クラス100 の清浄度
作業時 クラス10,000 の清浄度
間接的支援区域 (Indirect Support Zone)
グレード C
8
非作業時 クラス10,000 の清浄度
作業時 クラス100,000 の清浄度
間接的支援区域 (Indirect Support Zone)
グレード D
①無菌処理施設
緩衝室
安全キャビネット
その他の支援区域
(ISO8)
その他の支援区域
(ISO8 at rest)
1次更衣・脱衣室
>8
*
2次脱衣室
直接支援区域
(ISO7)
資材準備室
重要処理区域 (Critical Processing Zone)
グレード A
細胞加工施設(安全キャビネットを利用した施設)
Material flow
清浄度管理区域の分類
清浄度管理区分
BPSE
* ISO 14644に本区分の定義はないが、便宜上 >8とする。
エアーロック用タイトドア
ドア
ISO5
細胞保存室
入口
監視室
非作業時 クラス100,000 の清浄度
ISO7
パスボックス
ISO8
at rest
ISO8
BPSE
細胞加工施設(安全キャビネットを利用した施設)
①無菌処理施設
BPSE
細胞加工施設(安全キャビネットを利用した施設)
①無菌処理施設
・封じ込め容器内での物資(細胞)導入
1) 直接製造に関与しない緩衝区域(管理区域)に相応の床面積が必要
・無菌処理室における無菌性の崩壊
緩衝室
資材保管庫
バイオハザード封じ込めとバイオクリーン環境維持性能の
両立が可能な部屋配置を特徴とする。
エアーロック式ドア・環境の無菌性試験
・無菌処理室における無菌性の再構築
重要操作区域
2次更衣室
(ISO5)
安全キャビネット
②定期バリデーション
④衛生費
直接支援区域
(ISO7)
資材準備室
2) 維持コストや労力が莫大
①日常の運営と設備の管理
③年次点検
etc ・・・
2次脱衣室
その他の支援区域
(ISO8)
実施機関にとっては大きな負担
その他の支援区域
(ISO8 at rest)
1次更衣・脱衣室
監視室
物資(無菌製品)
c
ヒト(汚染源)が入室することにより発生する管理要件が非常に多い
BPSE
入口
・出荷
1部屋多検体でもよいが,リスクマ
ネージメントの観点から,重要操作区
域は,1部屋1検体となりやすい
(もし,無菌でない物資が混入した場
合,環境の無菌制が崩壊するため,
既に存在する検体の無菌性担保が崩
壊→出荷の時点で無菌性が担保でき
ない)
細胞保存室
物資(細胞を入れた封じこみ容器)
BPSE
2
2012/10/19 大阪大学 紀ノ岡
細胞加工施設(安全キャビネットを利用した施設)
①無菌処理施設
細胞加工施設(アイソレータ技術の利用)
①無菌処理施設
まだまだ議論が必要であるが
監視室
外部
ISO8
at rest
清浄度
1次更衣・
脱衣室
2次更衣室
緩衝室
ISO8
直接支援
区域
共用
緩衝室
1次更衣
・脱衣室
監視室
ISO7
ISO7
ISO8
2次脱衣室
ISO8
独立
独立
独立
+30 Pa
+15 Pa
-5  5 Pa
ISO8
外部
外部
監視室
1次更衣・
脱衣室
清浄度
ISO8
at rest
ISO8
共用
独立
ISO8
at rest
ISO8
1次更衣
・脱衣室
監視室
ISO8
ISO8
ISO8
at rest
独立
独立
共用
その他の支援区域
外部
共用
給排気
給排気
+5 Pa
(0  10 Pa)
差圧
+15 Pa
エアータイト
ドア
エアータイト
ドア
エアータイト
ドア
エアータイト
ドア
+15 Pa
+5 Pa
(0  10 Pa)
エアータイト
ドア
エアータイト
ドア
差圧
+15 Pa
+30 Pa
エアータイト
ドア
+30 Pa
+15 Pa
エアータイト
ドア
+15 Pa
エアータイト エアータイト
ドア
ドア
BPSE
細胞加工施設(アイソレータ技術の利用)
①無菌処理施設
Cell processing facility based on isolator technology
(ISO 13408-6, 2008).
無菌製剤製造工程におけるアイソレータ
BPSE
細胞加工施設(アイソレータ技術の利用)
①無菌処理施設
アイソレータを採用した新施設と従来型CPFの年間ランニング
コスト試算結果
澁谷工業
アイソレータ型加工施設
従来型加工施設(CPF)
Closed system
Open system
Single-stage segregation (1 zone)
Multistage segregation (3 zones)
ISO 5: 2 m2
ISO 7: 21 m2
ISO 8: 41 m2
ISO >8: 5 m2
ISO 5: 7 m2
ISO >8: 42 m2
Total
49 m2
Total
69 m2
無菌試験用アイソレータ
無菌製剤生産用アイソレータ(ワクチン生産システム)
過酸化水素滅菌器
HYDEC2000
BPSE
細胞加工施設(アイソレータ技術の利用)
①無菌処理施設
BPSE
細胞加工施設(アイソレータ技術の利用)
①無菌処理施設
アイソレータを採用した新施設と従来型CPFの年間ランニング
コスト試算結果
水谷学, 能見淑子.“ランニングコストを抑える革新型CPCの設計と自動化の可能性”. 細胞治療・ 再生医療のための培養システム.
シーエムシー出版, 2010,p. 274-280.
「コスト」計算前提
資材保管庫
その他の支援区域
(ISO8)
1) “ライフサイクルコスト”の計算ではない
アイソレータ
アイソレータ
2) 製造原価計算のうち、
資材準備室
・ 施設設備費(原価償却費)
・ その他イニシャルコスト
・ 土地建物使用料
ドア
監視室
入口
エアーロック用タイトドア
1次更衣での作業風景
細胞保存室
1次更衣・
脱衣室
その他の支援区域
(ISO8 at rest)
1) 製造に由来する原材料、人件費
・ 施設面積が大幅に削減
パスボックス
2) 無菌環境を維持するための衛生費
・ ハンドグローブによる作業
⇒ 製造操作が煩雑となる
3) 製造設備・機器類の年次点検費
・多種・多検体対応
ISO5
ISO7
ISO8
ISO8
at rest
等を除外
「ランニングコスト」に含まれる項目
4) 施設光熱費 (電気、水道、CO2 ガス)
・ 工程間での製品無菌管理
⇒ 手順確立が難しい
BPSE
BPSE
3
2012/10/19 大阪大学 紀ノ岡
細胞加工施設(アイソレータ技術の利用)
①無菌処理施設
フレキシブル・モジュール型プラットフォーム
水谷学, 能見淑子.“ランニングコストを抑える革新型CPCの設計と自動化の可能性”. 細胞治療・ 再生医療のための培養システム.
シーエムシー出版, 2010,p. 274-280.
項
目
D社
インキュベータ
新施設
従来CPF
(床面積;69 m2)
製造に由来する原材
料・人件費コスト
原材料費
1,020
1,020
人件費
1,890
2,460
無菌環境を維持する
ための衛生費コスト
ガウニング関連費
製造設備・機器類の年次点検費用
施設光熱費等(電気、水道、CO2ガス)
総
計
1症例当たりのコスト
どのような技術が今後必要なのだろうか
(単位: 千円)
(床面積;49 m2)
清浄維持費
②除染パスボックス
およびインターフェース
Flexible Modular Platform(fMP)
アイソレータを採用した新施設と従来型CPFの年間ランニング
コスト試算結果
30
1,120
3,060
8,300
5,420
7,930
4,050
5,500
15,470
26,330
1,290
2,190
A社
C社
パスボックス 培養操作装置
接合部
自動化にて特に効果
が得られると考える、
製造を行える作業者
の教育訓練(約半年)
および人員の確保の
ための費用を含まない
接合部
置換可能
今後効果の
評価を行っていく
必要がある
無菌的に受け渡し
無菌環境
無菌環境
B社
細胞観察装置
無菌環境
ドッキング部のインターフェイス形状・サイズ等を規格化
宇宙開発に例えると・ ・ ・ ・ ・ ・
培養期間は28日、年間症例数は12症例を前提とし、直接製造にかかる
費用と施設を維持・管理するための費用のみを積算した。
接合部
アポロとソユーズのドッキング(1975年7月17日)
ランニングコスト資産から、ライフサイクルコスト試算へシフトし、今後評価を進める
BPSE
細胞加工施設(アイソレータ技術の利用)
①無菌処理施設
BPSE
フレキシブル・モジュール型プラットフォーム
②除染パスボックス
およびインターフェース
Flexible Modular Platform(fMP)
アイソレータ技術と除染(無菌化)の重要性
Pharmaceutical technology, 32-38, May (2003)
再生医療用途の製造施設(無菌処理)とは
要件:非滅菌物資(固体)を用いた無菌操作(搬入・加工・搬出)でかつ最終滅菌製品不可
汚染源である作業者の入室制限 →無菌空間の局所化(1次更衣,無菌維持局所)
削減短期除染の実現→稼働率の上昇
多様性への適用(チェンジオーバー(ラインの組み替え)の多い操作)→容器搬送の操作が多い
GETINGE La Calhene
無菌操作部
インキュベータ
除染パスボックス
インターフェース
パナソニック ヘルスケア
(旧 三洋電機)
遠心分離器
http://us.sanyo.com/Biomedical-Cell-Processing/Integrated-Cell-Processing-Workstation-CPWS-CPWS-010P
フレキシブル・モジュール型プラットフォーム
Flexible Modular Platform(fMP)
BPSE
②除染パスボックス
およびインターフェース
BPSE
フレキシブル・モジュール型プラットフォーム
コンパクト化(無菌製造設備の省スペース)
Flexible Modular Platform(fMP)
多検体対応
無菌接続インターフェースの開発
Module:工程において無菌空間を維持するもの
Pod:(モジュールに対して)ポータブルで資材搬入ならびに搬出を伴うもの
装置B
物資供給ユニット
液貯蔵ユニット
(冷蔵,冷凍)
(インキュベータ、検査システムなど)
装置A
装置A (アイソレータ本体など)
観察ユニット
(電源,記録装置)
②除染パスボックス
およびインターフェース
戦略的国際標準化推進事業(経済産業省)
H22-24
「多様な再生医療製品の製造に対応可能な除
染接続手段に関する標準化」
キャニスター
インキュベーションモジュール
(温調,ガス調,湿調)
メインモジュール
接続ポート
電源、エアー、
CO2など
除染ポッド 無菌ポッド
装置B
装置A(ドアA)からの映像
除染接続ポート 除染装置
大量培養モジュール
モジュール群
プラント(コンパクトCPC,ISOクラス8)
・装置A・Bのドッキング
・ドアAの閉鎖
・各ドアの結合
・ドア間の除染
・ダブルドアを開放
・無菌空間A・Bの開通
ロボットハンドリングモジュール グローブハンドリングモジュール
多様性に富む操作への対応できる
ユニバーサルデザイン
BPSE
装置B
装置A
BPSE
4
2012/10/19 大阪大学 紀ノ岡
③自動プロセス
海外の自動培養装置を用いた実践的取り組み例
操作の安定化
省力化
ATMI
細胞培養工程での自動培養手法確立への取組み
対象スケールによって異なる培養手法設計
(1コロニー)
102 マイクロスケール
104
cells
③自動プロセス
容器密閉型培養装置
Integrity Xpansion
⇒ディスポーサブルチップでの小型培養,ハンドリング技術
細胞全数を対象とした培養工程・品質の評価
マイクロチップの利用
未成熟技術
ノーマルハンドリングスケール
(人手で可能な培養スケール)
103
108
⇒ロボットアームまたは直交作動システムの利用
細胞の自己遊走性の制御
立体的構造物(組織化)への展開
立体組織としての品質評価
(< 1 L)
汎用性培養容器(T-フラスコ)の利用
スタート技術
(従来技術)
培養手法
107
ラージスケール
109
(< 10 L)
⇒送液を主体とするハンドリング,撹拌槽での培養
(タンク培養)
担体からの細胞剥離を伴う継代操作技術の構築
細胞集塊形成,単細胞化の制御を伴う培養
固有培養容器(大型フラスコ,バック)の利用
担体を利用した懸濁培養(撹拌混合操作)
未成熟技術
メガケール
<1010
(< 100L)
BPSE
③自動プロセス
国内の自動培養装置を用いた実践的取り組み例
BPSE
③自動プロセス
海外の自動培養装置を用いた実践的取り組み例
TAP Biosystems
筐体密閉型培養装置
筐体密閉型培養装置
容器密閉型培養装置
培養系3
培養系2
Cell Culture Automation and Quality Engineering: A Necessary Partnership
to Develop Optimized Manufacturing Processes for Cell-Based Therapies
Journal of the Association for Laboratory Automation 13 (3) 152-158 (2008)
Thomas, R.J., Chandra, A., Hourd, P.C., Williams, D.J. (Loughborough University)
培養系1
培養容器1
培養系1
培養系2
培養容器2
培養容器
培養系3
培養容器3
パスボックス
装置系
装置系
クリーンルームへの設置例
川崎重工業
カネカ
R-CPX
P4CS
http://www.khi.co.jp/news/detail/c3100315-1.html
http://www.kaneka-cell.com/index.html
海外の自動培養装置を用いた実践的取り組み例
Aastrom Biosciences
BPSE
③自動プロセス
The Compact Select automated cell culture platform
A-Robot arm, B-Flask incubator, C-Plate incubator, D-Flask decappers, E-Flask holders, F-Media
BPSE
pumps, G-Pipette head, H-Cedex automated cell counter.
③自動プロセス
製造装置の将来像について
http://www.aastrom.com/stem-cell-therapy/stem-cell-manufacturing/
容器密閉型培養装置
培養モジュール
採取原料(組織片)
投入口
細胞分離・調整部
オールインワン細胞調製装置
対象の多様性
研究指向から製造への展開
(便利な道具)
多くの工程が
筐体密閉型装置で操作
複数ラインへの適用
による稼働率の向上
初代培養部
増幅培養部
筐体密閉型装置と
容器密閉型装置の併用
柔軟性
製造設備としての培養装置
自由自在な組み合わせ
コスト削減と安心・安全の両立
分化誘導・組織培養部
培養組織取り出し口
(製品出荷口)
溶液貯蔵庫
フレキシブル・モジュール型プラットフォーム(fMP)
部品統一による複数製造ラインでの使用
モジュール型細胞調製装置
(院外,院内製造型)
対象の限定による
単純化・小型化
センサー類
ラインA
制御コンピュータ
(ソフト)
ラインB
小型細胞調製装置
(院内,在宅型)
汎用性が低いが簡易化・
小型化が可能
全ての工程が
容器密閉型装置での達成
無菌室,無菌筐体
BPSE
同一室内での多種・多検体製造
BPSE
5
2012/10/19 大阪大学 紀ノ岡
組織ファクトリー
③自動プロセス
最先端研究開発支援プログラム
「再生医療産業化に向けたシステムインテグレーション」(中心研究者:岡野光夫,東京女子医科大学)
組織ファクトリー
③自動プロセス
最先端研究開発支援プログラム
「再生医療産業化に向けたシステムインテグレーション」(中心研究者:岡野光夫,東京女子医科大学)
1.細胞単離・初代培養システム開発
筋肉
組織
2.細胞大量継代培養
システム開発
初代培養
細胞単離
細胞大量継代
培養モジュール
細胞単離・
初代培養モジュール
拡大培養
組織採取
細胞播種・
培地交換
モジュール
再生医療製品の製造工程サイクル
細胞シート作製
移植
機能付加
(正面)
細胞シート積層化
原材料・
資材搬入
モジュール
3.細胞シート積層化システム開発
組織ファクトリー
③自動プロセス
最先端研究開発支援プログラム
「再生医療産業化に向けたシステムインテグレーション」(中心研究者:岡野光夫,東京女子医科大学)
検体挿入
ユニット
細胞単離/初代培養
モジュール
積層細胞シート
BPSE
組織ファクトリー
③自動プロセス
最先端研究開発支援プログラム
「再生医療産業化に向けたシステムインテグレーション」(中心研究者:岡野光夫,東京女子医科大学)
1.細胞単離・初代培養システム
病院
病院
原料・資材の入荷
2.細胞大量継代培養
システム
インターフェース
細胞シート
積層モジュール
工程モジュールを個別に除染
(背面)
BPSE
採取組織
搬送モジュール
インキュベータ
モジュール
細胞観察
モジュール
製品・廃棄物の出荷
製品搬送
原料調達
原料搬送
資材 製造所
積層化組織
資材調達
システム除染し交換
資材搬入
ユニット
インキュベータ
モジュール
細胞シート積層化
搬送モジュール モジュール
播種/培地交換
モジュール 継代培養モジュール
細胞製造施設
3.細胞シート積層化システム
生産管理システム
資材管理システム
衛生管理システム
(制御システム)
(購買/中間品管理)
(除染 / 無菌維持管理)
BPSE
③自動プロセス
最先端研究開発支援プログラム
「再生医療産業化に向けたシステムインテグレーション」(中心研究者:岡野光夫,東京女子医科大学)
モジュール単独での除染工程,無菌接続インターフェース
柔軟な組み合わせ,連結位置の制限なし
廃棄物処理
廃棄処理場
必要な指針と技術
→封じ込め技術
・原料の生物的封じ込めおよび異物混入
・資材の無菌性担保
・製品の生物的封じ込めおよび異物混入(多くは無菌性担保)
・廃棄物の拡散防止
生産スケジューラ
組織ファクトリー
廃棄物搬送
資材搬送
BPSE
組織ファクトリー
③自動プロセス
最先端研究開発支援プログラム
「再生医療産業化に向けたシステムインテグレーション」(中心研究者:岡野光夫,東京女子医科大学)
単独および連結時での無菌環境維持
多品種・多検体加工の実現
細胞製造施設
製造室 グレードCまたはD
細胞観察
モジュール
接続
拡大培養
モジュール
可動式
除染ユニット
グローブ
ボックス
サンプル搬入用Pod
資材搬入用Pod
積層化
モジュール
トランスファー
モジュール
・バイオハザード
・操作空間の無菌性の担保
・クロスコンタミネーションの防止
・サニタリーの手法(除染および拭き
上げの頻度)
製品・廃棄物の出荷
緩衝区域 製造準備室
グレードC
(通路)
グレードC またはD
またはD
搬送
初代培養ユニット
インキュベータ
モジュール
除染
ユニット
培地保存
用事調整
除染
パスボックス
播種・培地交換
モジュール
資材保管庫
グレードD
パスボックス
(パスルーム)
待機モジュール
(初代、積層化等)
資材pod
組織,培地
容器等
容器保存
更衣室
エアーロック
(バイオハザード)
管理室
グレードD
手作業用
アイソレータ
生産スケジューラ
(管理システム)
入口
原料・資材の入荷
BPSE
製品・廃棄物の出荷
BPSE
6
2012/10/19 大阪大学 紀ノ岡
細胞・組織製品製造に関わるガイドライン策定
医療機器開発ガイドライン策定事業 再生医療分野(経済産業省,事務局:産総研)
http://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/service/iryou_fukushi/
細胞製造施設
培養装置設計ガイドライン
製造室 グレードCまたはD
(2007)
インキュベータ
・バイオハザード
・操作空間の無菌性の担保
・クロスコンタミネーションの防止
・サニタリーの手法(除染および拭き
上げの頻度)
製品・廃棄物の出荷
緩衝区域 製造準備室
グレードC
(通路)
グレードC またはD
またはD
搬送
初代培養ユニット
モジュール
細胞観察
モジュール
接続
拡大培養
モジュール
グローブ
ボックス
サンプル搬入用Pod
資材搬入用Pod
除染インターフェース設計
ガイドライン(2010)
除染
ユニット
培地保存
用事調整
積層化
モジュール
ヒト細胞自動培養加工装置
トランスファー 播種・培地交換
(2011~)
モジュール
モジュール
除染
パスボックス
可動式
除染ユニット
除染パスボックス設計指針
(2009)
資材保管庫
グレードD
パスボックス
(パスルーム)
待機モジュール
(初代、積層化等)
組織,培地
容器等
資材pod
種々の操作要件(封じ込み,
チェンジオーバーなど)に
関するガイドライン(?)
容器保存
更衣室
エアーロック
(バイオハザード)
管理室
グレードD
手作業用
アイソレータ
生産スケジューラ
入口
細胞・組織加工品の多施設共同研究における
(管理システム)
ヒト細胞・組織の搬送に関するガイドライン(2011~)
原料・資材の入荷
製品・廃棄物の出荷
BPSE
細胞・組織製品製造に関わるガイドライン策定
医療機器開発ガイドライン策定事業 再生医療分野(経済産業省,事務局:産総研)
ISO TC198 / WG9
http://www.iso.org/iso/home/standards_development/list_of_iso_technical_committees/iso_technical_committee.htm?commid=54576
H21.10
H22.10
H23.4
H23.10
H24.10
H24.4
H25.4
①無菌処理施設
ヒト細胞培養加工装置
設計ガイドライン(改定)
(細胞培養設備を含む)
ISO TC198 WG9 ISO13408-Part 7
プロセスリスクマネージメント
ISO TC198 WG9 ISO18362 (以前;ISO13408-Part 8)
細胞を含む製品の無菌処理
②除染パスボックスおよびインターフェース
除染パスボックス
設計ガイドライン
無菌接続インターフェース
設計ガイドライン
③自動プロセス
ISO TC198 WG9 ISO13408Part6 Appendixに挿入する方
向で議論
無菌接続インタフェース
ヒト細胞自動培養加工装置設計
ガイドライン
ヒト細胞・組織加工製品搬
送ガイドライン
BPSE
謝辞
最先端研究開発支援プログラム
「再生医療産業化に向けたシステムインテグレーション」(中心研究者:岡野光夫)
国際標準共同研究開発事業(経済産業省)
「多様な再生医療製品の製造に対応可能な除染接続手段に関する標準化」
医療機器開発ガイドライン策定事業 再生医療分野(経済産業省,事務局:産総研)
Lab. Members
BPSE
7
ダウンロード

2012/10/19 大阪大学 紀ノ岡 1