PRESS RELEASE(2015/01/21)
九州大学広報室
〒819-0395 福岡市西区元岡 744
TEL:092-802-2130 FAX:092-802-2139
MAIL:[email protected]
URL:http://www.kyushu-u.ac.jp
國武豊喜 名誉教授の文化勲章受章記念講演会を開催
概 要
平成 26 年度文化勲章を受章された國武豊喜(くにたけ とよき)本学名誉教授(現:公益財団法
人北九州産業学術推進機構理事長)の記念講演会を開催します。
分子組織化学の発展に多大な貢献をされた國武名誉教授のこれまでの研究活動を振り返り、国内
外の研究者との人脈の重要性など、特に若い研究者や学生諸君へのメッセージをいただきます。
■内
容
【國武豊喜 名誉教授 文化勲章受章記念講演】
・演 題:
「九州から世界へ
バイオミメティクスとナノ薄膜」
・日 時:平成 27 年 2 月 14 日(土) 14 時 00 分~15 時 15 分(開場:13 時 30 分)
・場 所:九州大学伊都キャンパス 椎木講堂コンサートホール
・対 象:本学学生・教職員、本学関係者、一般の方
※入場無料、事前申込不要
主催:九州大学
共催:北九州市立大学、日本化学会、日本化学会九州支部、高分子学会、高分子学会九州支部
<國武名誉教授の主な研究業績>
特殊な分子構造を持つ生体脂質によってのみ得られると従来考えられていた生体膜の基本構造であ
る二分子膜組織体について、生体脂質に関連しない人工の物質から安定な二分子膜が形成されることを
世界で初めて発見するなど、現代化学の最も重要な領域である分子組織化学を開拓するとともに、新た
な分子組織材料の形成手法の開拓に取り組むなど、分子組織化学の発展に多大な貢献をされました。ま
た、最近では長年望まれていた自立性のあるナノ薄膜を初めて実現し、燃料電池の電解質膜や高機能分
離膜としての利用が期待されています。
【お問い合わせ】
九州大学総務部総務課総務第一係
電話:092-802-2125
FAX:092-802-2139
Mail:[email protected]
國武 豊喜
くにたけ とよき
1936 年2月26日生まれ。福岡県出身。
公益財団法人北九州産業学術推進機構理事長。
本学大学院工学研究科修士課程を修了後、ペンシルバ
ニア大学大学院化学専攻博士課程、カリフォルニア工
科大学博士研究員を経て、1963年10月に本学工学部助
教 授 に 採 用、1974 年 4月に 教 授 に 昇 任し、1992 年
4月から1994 年 3月まで工学部長を務め、教育・研究・
管理運営に携わられました。また、1999年には本学名
誉教 授の称号を授与されており、現 在は、カーボン
ニュートラル・エネルギー国 際 研 究 所(I CNER)の
WP I 招へい教授でもあります。
2
伊都キャンパス
通り
2 月14 日 土
学園
2015 年
<会場のご案内>
会 場 椎木講堂コンサートホール
(福岡市西区元岡744 九州大学伊都キャンパス)
ビッグオレンジ前
13 : 30/[ 開 始 ] 14 : 00 *15:15 終了
時 間 入場料 無料(事前申込不要)
[ 開 場]
九州大学センター
ゾーン入口
駐車場
立体駐車場
ビッグオレンジ
カーボンニュートラル・
エネルギー国際研究所
【主催】九州大学
【共催】北九州市立大学、日本化学会、日本化学会九州支部、高分子学会、
高分子学会九州支部
神
を一生の仕事にしてしまった。生物の不思議に触発された初期の研究はバイ
天神2B
天神北
天
間が、学生時代になまの研究に触れて、たちまちその魅力に捉えられ、研究
地下鉄
がある。私は子供の頃から研究者に憧れていたわけではない。そのような人
博多駅A
博多駅
私自身の研究の来し方を振り返って、若い研究者や学生諸君に伝えたいこと
<アクセス> 駐車場は数に限りがあります。なるべく公共交通機関でお越しください。
バ ス
講演概要
西鉄バス
天神 約43分
博多駅 約55分
JR筑肥線
昭和バス
(相互乗入)
姪浜
約30分
約24分
約13分
九大
学研都市駅
オミメティクスであり、分子組織化学、ナノ薄膜へと展開した。それは地球
温暖化という現代的なテーマとさえもつながりそうである。このような研究活
動を通じて、国内はもとより欧米、アジアの研究者など多くの友人を得たお
かげで、私の人生は豊かさを増した。
−会場−
椎木講堂
お問い
合わせ
九州大学総務部総務課総務第一係
TEL. 092-802-2125 / FAX. 092-802-2139
E-mail. [email protected]
九州大学
伊都キャンパス
九大ビッグオレンジ前
ダウンロード

國武豊喜 名誉教授の文化勲章受章記念講演会を開催