4. 海生生物対策技術
の概要
日本エヌ・ユー・エス㈱
勝山一朗
[email protected]
海生生物対策技術の概要
•
•
•
•
•
•
•
1.生物汚損は避けられない
2.海生生物対策の誕生
3.対策は物理的なものと化学的なものの二
大別、 特長を生かした組み合わせが肝要
4.生物現象をよく理解しよう、生物、水質も
海域が違えば千差万別、対策はオーダーメイ
ドで
5.汚損と対策の経済学を意識しよう
6.国際基準も参考に
7.日々の改善を積み重ね、効率的な対策を
構築したい
発電所でのトラブル発生件数
108の火力発電所の305ユニットに関するアンケート調査
出典:火力発電所における海生生物対策実態調査報告書、平成15年、(社)火力原子力発電技術協会
防汚対策の実施状況
出典:火力発電所における海生生物対策実態調査報告書、平成15年、(社)火力原子力発電技術協会
防汚対策の特徴
方 法
対象箇所
化学物質
の
使用
メンテナンス
原 理
薬液注入
冷却水系
全体
+
電極の
交換
付着防止
防汚塗料
循環水管
水路
+ or -
再塗装
付着防止
復水器
-
特に無し
除去
復水器細管
-
ボールの
追加
除去
(水を抜けない箇所へ
は施工できない)
除貝装置
ボール
洗浄
(ボールの回収、流出
が問題となっている)
フジツボは固着、イガイは付着
フジツボは移動できない、イガイはできる
接着セメント
付着基盤
足糸
6
汚損と防汚の経済評価
発電所冷却水系の汚損と対策
障害の内容
復水能力低下への
対策
関連する生物情報
生態防汚への反映
1.復水能力低下
1).取水量低下・停止
1.流入防止
・スクリーン
・ストレーナー
・除貝装置
・付着生物の種類、出現時期、付
着量他
・設計への反映
・取水口、水路、水管、スク
リー ンの断面積減少
・取水口、水路、水管内面の抵
抗増加
・伝熱管(復水器細管)の腐食
による漏水
・ポンプ軸受けの詰まりによる
故障
2).伝熱管の伝熱性能低下
2.汚損生物の除去と処理(費
用)
3.ポンプ動力増加による費用増
大
4.温排水のΔt上昇
5.周辺海域への化学的対策へ
の影 響懸念
2.付着・着生防止
・基盤構造の工夫
・基盤材質への防汚素材の使用
・基盤への防汚塗料の塗装
・海水への化学物質処理
・高流速での取水
・処理や清掃時期の判断への反
映
・断面積減少や抵抗増加地の研
鑽への反映
・処理量の算出への反映
・付着生物幼生等の付着行動と
基盤との関係
・構造、材質検討への反映
・付着生物の付着・剥離と流速の
関係
・付着防止、剥離のための流速
設定への反映
・付着生物の剥離に関する関連
情報
・剥離方法への反映
・付着生物への防汚用化学物質
(塩素処理や防汚塗料)の効果お
よび環境生物への影響
・防汚用化学物質(塩素処理や防
汚塗料)の使用方法等(種類、使
用量、塗り替え時期等)への反映
3.成長抑制
・海水への化学物質処理
4.除去
・高流速での取水
・高圧ジェット
・洗浄ロボット
・逆洗
・ボール洗浄
・ブラシ打ち
・撥水性防汚塗料
ダウンロード

講座資料(抜粋) - 一般社団法人 火力原子力発電技術協会