LCGT干渉計配置検討会 (1)
- 会議の主旨 -
お知らせメールより
各グループでLCGTのデザインが進められていますが、
干渉計部も徐々にデザインを具体化していく必要があります。
特に、中央室にある各光学素子(第1MC, 第2MC, PRM, BS, FM,
SEM)
間の距離と2台の干渉計配置は、他の部分の設計にも関わってくるため、
早急に決めておく必要があります。
そこで、この中央干渉計部の配置を検討するミーティングを開きます。
最も要請が厳しくなると思われる干渉計制御信号取得法のレビューを
中心に、真空槽、冷却系、光学素子(ウェッジ角、厚さ、散乱光、AR反
射光)、防振系の各方面からの要請と将来の拡張性を取りまとめ、干渉
計配置のデフォルトデザインを決める事を目的とします。
日時: 1/14(金) 13:30-17:00
場所: 東京大学 (本郷) 理学部新一号館913号室
LCGT干渉計配置ミーティング (2005年1月14日 東京大学)
1
LCGT干渉計配置検討会 (2)
- アジェンダ -
議論すべき内容
干渉計配置を決めるに当たっての拘束条件 (安東)
真空系からの要請・これまでの見積もり (高橋)
冷却系からの要請 (内山)
低温懸架系からの要請 (三代木)
防振系からの要請 (高森)
各光路長信号取得法と拘束条件 (川村, 宗宮, 佐藤, 安東)
アラインメント信号取得法からの要請 (佐藤)
将来の拡張・ホモダイン検出法からの要請 (宗宮)
入出射光学系からの要請 (森脇)
AR面反射光、散乱光からの要請 (安東)
今回は、まず、各要請の情報を共有することを目標とする
 干渉計配置のデフォルトデザインを決定する方針を決める
LCGT干渉計配置ミーティング (2005年1月14日 東京大学)
2
LCGT干渉計配置検討会 (3)
- 相関図 -
干渉計配置を決める際に考慮すべき事柄
LCGT干渉計配置ミーティング (2005年1月14日 東京大学)
3
LCGT干渉計配置検討会 (4)
- ラフデザイン -
2台の干渉計配置の素案
腕共振器長, MC長以外の
各部のディメンジョンは
まだきちんと定められていない
LCGT干渉計配置ミーティング (2005年1月14日 東京大学)
4
ダウンロード

1 LCGT干渉計配置検討会