ccTLDについて
2002年12月16日
Internet Week 2002 「ドメイン名に関する最新動向」
社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター
是枝 祐
Copyright©2002 社団法人日本ネットワークインフォメーションセン
2002年12月16日
ccTLDとは?
• Country Code Top Level Domain の略。
ISO3166-1で定義された、2文字のCountry Code
を用いて、世界各国・地域に割り当てられたトップレ
ベルドメインをccTLDという。
• ccTLDの総数
2002年12月5日現在、ccTLDの総数は243となっ
ている。
(http://www.iana.org/cctld/cctld-whois.htm)
Copyright©2002 社団法人日本ネットワークインフォメーションセン
2002年12月16日
ccTLDの種類
• 登録を国内からに限定しているccTLD
(ローカルプレゼンス要件のあるccTLD)
- au (オーストラリア)
- jp (日本)
- us (アメリカ合衆国)
など
• 世界中から登録が可能なccTLD
- to (トンガ)
- tv (ツバル)
- ws (サモア)
など
Copyright©2002 社団法人日本ネットワークインフォメーションセン
2002年12月16日
ICANNとccTLDとの契約について
• ICANN設立以前は、IANAとccTLD管理者との間には明確な
契約関係は存在していなかった。
• しかしながら、インターネットの安定的な運用を行うためには、
グローバルにつながったインターネットの一員としてccTLD運
用管理組織においても、レジストリとして安定・公平・中立に運
営されることがますます強く求められるようになった。
• そこで、ICANNはccTLD運用管理組織に対して世界的に明
文化した形で権限を与えるとともに、ccTLD管理組織および
ICANN双方の責務を明文化することを目的とし、各ccTLDと
の契約を積極的に推進することとなった。
Copyright©2002 社団法人日本ネットワークインフォメーションセン
2002年12月16日
旧来関係モデル
ccTLD管理者は、ICANNの監督のみ
に基づいて運用を行う。
ICANN
覚書(MoU)
ccTLD管理者が、従来通りその国で適
用される法律に従って運用を行うという
点を除いては、その国の政府はccTLD
の運用に関与しない。
ccTLD管理者
・ ブルンジ(.bi)、マラウィ(.mw) が採用
Copyright©2002 社団法人日本ネットワークインフォメーションセン
2002年12月16日
旧来関係モデルの目的
• 旧来からの関係の状況を考慮したモデル
- ICANNとccTLD管理者の二者間による覚書。
- 法体系内で強制力を持たせるものではないが、従来の状
況に明確さと安定性の基準を持たせ、ICANNとccTLD管
理者の公約を記録するという点で意味がある。
• 暫定的なモデル
- 政府が三者間関係に参加する準備が整っていないような状
況で採用される暫定的なモデルであり、無期限の有効性は
は持たない。
Copyright©2002 社団法人日本ネットワークインフォメーションセン
2002年12月16日
三者関係モデル
ICANN
国際的サー
ビスの適切
さをチェック
承認の通知
ccTLD
スポンサ契約
ccTLD管理者
政府当局
管理組織と ・ 国内向けサービス
して承認 の適切さをチェック
• 2001年10月25日、auDA(.au Domain Administration)が
ICANNと契約を締結
Copyright©2002 社団法人日本ネットワークインフォメーションセン
2002年12月16日
三者関係契約の目的
• 契約によりICANNとccTLDとの関係が明確化されるとともに、
運用の透明性、信頼性も確保される。
• ccTLDスポンサ組織を政府当局がエンドース(承認)することに
よって、ccTLDの安定性と信頼性が実現される。
• ICANNとアメリカ政府との覚書の中で、「インターネット運用に
関わるあらゆる構成要素との適切な関係を結ぶこと」の一環と
して、ICANNとccTLD管理組織との契約を進めていくことが求
められており、ICANNとccTLDのスポンサ組織が契約を結ぶ
ことはこれに沿うものである。
Copyright©2002 社団法人日本ネットワークインフォメーションセン
2002年12月16日
.Jpの契約モデル(四者関係モデル)
ICANN
承認の通知
国際的サー
ビスの適切
さをチェック
ccTLD
スポンサ
契約
JPRS
政府
協議
管理組織と
して承認
JPNIC
国内向けサービス
の適切さをチェック
• 2002年2月27日、JPRS(日本レジストリサービス)が
ICANNと契約を締結
Copyright©2002 社団法人日本ネットワークインフォメーションセン
2002年12月16日
.Jpの契約モデルの特徴
• JPNICが日本政府とともに、JPドメイン名の公共性を維持する
役割を担い、JPドメイン名が日本のインターネットコミュニティの
利益に適うよう運用されているかを監視する責務を負うという
形になっていることが特徴。
• 三者間モデルと同様、ccTLDスポンサ組織を政府当局がエン
ドース(承認)することによって、 ccTLDの安定性と信頼性を実
現する一方、 ccTLDの自立性はローカルインターネットコミュ
ニティによって保ち続けることが可能となる。
Copyright©2002 社団法人日本ネットワークインフォメーションセン
2002年12月16日
最近の動向
• 最近のICANN理事会では、それぞれ以下の事項が承認され
た。
• 2002年11月18日
- .sd(スーダン)および.ke(ケニア)とICANNと
の間でccTLDスポンサ契約を締結すること。
- ICANNと.af(アフガニスタン)との間で覚書を
交わすこと。
• 2002年12月2日
- .uz(ウズベキスタン)とICANNとの間でccTLDスポンサ契
約を締結すること。
Copyright©2002 社団法人日本ネットワークインフォメーションセン
2002年12月16日
ダウンロード

ccTLDについて