精神衛生運動の前進をめざして
回顧と展望
第20回日本精神衛生会精神保健会議
記念講演
秋元波留夫
1.はじめに
日本精神衛生会が主催するこの 原田憲一理事長からこの会議発足
20年の記念の意味をこめて、わ
「日本精神保健会議」、「メン たくしに「思いで話」をするよう
タルヘルスの集い」も1987年、 にとのきつい要望があり、お断り
昭和62年2月21日に、第1回を開 できずお引き受けすることになり
いて以来、回を重ね、今回、第 ました。皆さんのお役に立つお話
20回を開催するはこびとなりま ができるか、どうかわかりません
が、お聞き頂ければ幸いでありま
した。回を重ねるごとに盛んに す。
なり、今回もこのようにたくさ Mental Hygiene精神衛生にか
んの方々のご参加を頂きました。 わってMental Health精神保健と
これもひとへに、会員の皆さん、 いう言葉が用いられるようになっ
市民の皆さんのご支持、ご協力 たのは戦後のことでありますが、
のおかげであり、厚く御礼申し 私たちが、私たちの組織を敢えて
今日も「精神衛生会」と呼んでお
上げます。
りますのは、この言葉の由来、と
くにその歴史を大切にしたいと念
願するからにほかなりません。
2. 何のための回顧か
まず、わが国の精神衛生運動が歩んだ100年の歴史の回顧から話
をはじめたいと思います。精神障害者の処遇改善に端を発する精
神衛生運動の歴史を回顧する時,先覚者の努力が大きかったこと
は誰も疑いません。しかし,彼らをゆり動かしたのは、社会から
隔離され,監置されていた多くの精神障害者の存在であり,彼ら
に対する社会の無視と偏見でありました。欧米の精神衛生運動の
はじまりが、近代ヒューマニズムの勃興と深い関わりがあります
ように,わが国もまた同様であります。あとでお話するように反
ヒューマニズムそのものである戦争が精神衛生運動に破綻を齎し
た歴史的事実はその何よりの証拠であります。
この歴史的事実を回顧することなくしては、精神衛生運動の未来
を正しく展望することはできません。未来の展望に役だつ回顧を
述べることが私の願いであります。
3. 先駆の時代
相馬事件
この事件は統合失調症と思われる旧相
馬藩主をめぐるお家騒動で,患者の診
療にあたった東京帝国大学教授榊俶
(呉秀三の前任者)、東京府癩狂院
(都立松沢病院の前身)の院長中井常
次郎らは,旧藩主を精神病者にしたて
病室に監禁した罪を問われ取調べをう
け,中井のごときは投獄の憂き目さえ
みたのであります。時の内務省衛生局
長後藤新平らの有識者をはじめ世論は,
この事件を告発した「忠臣」錦織剛清
に同情的で,彼の著わした「神も仏も
なき闇の世の中」(明治25年10月発
行)は当時のベストセラーになったと
いうことです。
東京府巣鴨病院と同居した東京大学精神病学教室と
呉秀三教授
病院医療改革と拘束具の廃棄
東京大学の精神医学教室が同居して
いた巣鴨病院を主宰することになっ
た呉秀三(1865-1932)がまず行
なわなければならなかったのは、呉
が学んだヨーロッパ先進国に比べ著
しく立ち遅れているわが国の精神医
療を改革することでありました。東
京府当局と談判して巣鴨病院病棟の
全面的改築など矢継ぎ早やのを改革
が実行されましたが、しかし,建物
の改造にもまして画期的であったの
は患者処遇の革新であり、その第一
着手として着任怱々の1901年11月,
それまで公然と使用されていた手革,
足革,縛衣などの拘束用具の使用を
厳禁するとともに、それらをすべて
破棄したことです 。
精神病者慈善救治会設立の頃 1902年
精神病者慈善救治会創立
当時の役員(大隈邸)
園遊会の行なわれた早稲田
大隈邸
精神病者救治会機関誌「心疾者の救護」
1928年、大正13年に発行さ
れたこの機関誌の表紙の
図案は帝展派の洋画家
多々羅義雄の筆により,
慈善の女神が大地に慈愛
の水を零しているところ
だということです(池田
隆徳:救治会30年の回顧,
救治会報,59号,昭15.
による)。この表紙には
呉先生の筆になると思わ
れる明治調の「精神病者救
治会」のアピールが載っ
ています
4. 日本精神衛生協会の設立と救治会
の衰退
1930年、昭和5年5月、世界ではじめての「第1回世
界精神衛生会議」がアメリカ合衆国ワシントンで開
かれ、わが国から参加したのは、その前年1929年、
これは私が東京大学を卒業した年ですが、定年退官
した呉の後任となった、東京大学教授三宅鉱一と慶
応義塾大学教授植松七九郎の2人でありました。そ
して、その翌年、1931年、昭和6年、6月13日,三
宅鉱一のよびかけで、「日本精神衛生協会」が、芝
公園内日本赤十字社参考館講堂で発会式を挙げてお
ります。しかし、「日本精神衛生協会」という新し
い組織が出来ても、救治会はそのまま存続しました
から、わが国には目的を同じくする精神衛生組織が
二つ存在することになりました。
15年戦争のなりゆき
1931(昭和6)年
柳条湖事件。関東軍満州侵略
1932(〃 7)年
満州国建国
1933(〃 8)年
国際連盟脱退。満州開拓移民団結成
1937(〃 12)年 7月7日北京郊外盧溝橋事件。日中全面戦争
1938(〃 13)年 戦争中国全土に拡大。国家総動員法発令
1940(〃 15)年 日独伊三国軍事同盟締結。佛印侵略
1941(〃 16)年 真珠湾爆撃。米国、英国に宣戦布告。太平洋戦争突
入
1944(〃 19)年 米軍マーシャル群島占領。B-29東京空襲
1945(〃 20)年 米軍沖縄占領。本土空襲激化、広島、長崎原爆被災。
ポツダム宣言受諾。全面降伏。敗戦(8・15)
1946(〃 21)年 天皇神格否定の詔書、国号日本国
1947(〃 22)年 5月3日、日本国憲法公布(11.3)
5. 15年戦争と精神衛生運動
精神衛生運動にもこの統制の波は押しよせます。日本精神衛生
協会と救治会の2団体のほかに日本精神病院協会をも加えて新
団体を作るという動きであります。厚生省(1938年設置)の強制
によって日本精神衛生協会、救治会、日本精神病院協会の3団
体が「発展的解消」を遂げ、「臨戦体制に即応」し,「大同団
結して強力な新団体を結成」したのは1943年8年7月のことです。
新団体は「精神厚生会」と呼ばれ,おもな役員は,会長厚生大
臣小泉親彦(前陸軍省医務局長),副会長三宅鉱一(元日本精神衛
生協会会長),副会長高杉新一郎(前海軍省医務局長)らであり、
事務局は厚生省衛生局に置かれました。役員の顔ぶれからもわ
かるように、軍部独裁の御用団体であり、この会が行なった事
業は戦力増強に関係のあることばかりで、国民の精神衛生とは
まったく無縁のものでありました。戦争によって精神衛生運動
は壊滅したのです。まさに、戦争の精神衛生運動に及ぼす打撃
がいかに深刻であるかの証言であります。
6. 戦後再建の時代
―壊滅した救治会の精神的復活としての日本精神衛生会
戦後の精神衛生運動の再建、というよりは新しい出発は、精神厚生会に
呑み込まれて壊滅した「救治会」の精神的リバイバルとしての日本精神衛
生会でありました。私は、1941年、昭和16年太平洋戦争のはじまった年か
ら1958年、昭和33年4月、東京大学に転任するまで17年間、金沢大学の教
職についていて、もっぱら学生の教育と診療、研究に専念しており、精神
衛生運動についてはまったくの傍観者であったことを告白しなければなら
なりません。
私が救治会の昔に立ち返り、再び精神衛生運動に関わるようになったの
は、東京大学に移った以後のことであります。日本精神衛生会の事務局は
東京大学を定年退官した内村祐之の主宰する神経研究所晴和病院に置かれ、
私も理事のひとりでありましたが、1965年、昭和40年6月、内村理事長の
あとを受けて、日本精神衛生会の理事長の仕事をすることになりました.そ
のとき、真っ先に考えたのは、日本精神衛生会は日本の精神衛生運動の源
流である呉秀三の創設した[精神病者慈善救治会]の「慈善救治」、すな
わちヒューマニズムの精神に立ち返り、そこから再出発すべきだというこ
とでありました。
7. 新生日本精神衛生会の活動と目指したもの
理事長を引き受けたとは言うものの、活動資金はわず
かな会員の会費だけで、機関誌「精神衛生」を年に何
回か出すのが精一杯の活動というありさまで、有名無
実の団体にすぎませんでした。そこで私はまず精神衛
生会の活動に、有能な若手の諸君の参加を要請するこ
とにしました。積極的に協力してくれたのは、五十嵐
衡、井上晴雄、江副勉、小此木啓吾、小木貞孝、佐々
木雄司、島崎敏樹,原俊夫、春原千秋、平井富雄、三
木安正、徳田良仁、柴田洋子などの諸君でありました。
先ず手始めの仕事は、生まれ変わった会の目的をひろ
く社会にアピールするために新しい機関誌を創刊する
ことでありました。原俊夫君のアイディアで「心と社
会」の創刊号が刊行されたのは1969年、昭和44年11月
のことでありました。
機関誌「心と社会」の創刊1969年10月

機関誌「心と社会」全巻の出版
大空社、1998年
「心と社会」はその内容を高
く評価した出版社「大空社」か
ら1998年、「心と社会のメンタ
ルヘルス」13巻として出版され
ました。精神衛生問題の概観
として役立っています。「心
と社会」の刊行はたいへんや
り甲斐のある仕事であります
が、それに加えて、精神衛生
会がなすべきことは何かにか
について考えてきた私たちに
とって、いわば起死回生の機会
となったのが、1985年、昭和69
年7月、ロンドン郊外ブライトン
で開催された世界精神衛生連盟主
催のブライトン会議でありました。
世界精神衛生連盟ブライトン会議
1985年7月イギリスブライトンで開催
この会議で私が感銘を受けたのは、主催団
体である「マインドMind」の活発な活動で
ありました。この組織が強力であるのは、
メンバーとして、精神医療の専門家だけで
はなく、当事者を含めた、一般市民が多数
参加するためであることがよく分かりまし
た。この会議で精神障害当事者から強く主
張されたのは、精神障害者に対する市民の
擁護運動Advocacyに加えて、これまで無視
されてきた障害者自身の自立運動Selfhelp
の強化確立でありました。日本ではそのい
ずれも貧弱であり、精神障害者の人権がな
いがしろにされているのは、イギリスの
「マインド」やアメリカの全米精神衛生会
のような、世論と政府を動かす強力な単一
組織が存在しないためであることを痛感さ
せられました。
精神保健運動の発展を期する集い
1986年2月21日、上野精養軒にて開催
ブライトン会議から私が学んだことの
一つは、わが国にもマインドのような
強力な全国的組織が必要だということ
でした。わが国では、厚生省が「精神
衛生団体」として認知する団体が幾つ
か存在し「精神衛生連盟」が作られて
いますが、運動体としての連携協力は
無きに等しいありさまでした。これら
の団体の協力、連携が是非必要である
と考え、それに政府、大学人の参加を
得て、意見交換と交流の場をもうける
ことにしました。たまたま、私が80歳
になったということで、この集まりは
秋元の「傘寿記念祝賀会―精神保健運動
の発展を期する集い」という名目で、
1986年2月21日、上野精養軒で開かれま
した。
「精神保健運動の発展を期する集い」の成果
この集いには、幸いなことに、全国からたくさんの方が参加され、また、協
賛された方は600名をこえました(心と社会46号、浅井邦彦君の記事参照のこ
と)。協賛金はじり貧の日本精神衛生会のそのごの活動に役立つことになっ
たのは有り難いことありました。この集いで多くの方々から頂いた苦言,忠
言に基づいて、第一に、本会の理事に精神科医ではない、看護、社会福祉、
当事者などひろく人材を選任すること、第二に、毎年一回、東京で「精神保
健会議」を開催すること、第三に、毎年4回、全国各地の精神衛生団体との
共催で「精神衛生シンポジウム」を開催すること、第四に、世界精神衛生連
盟WFMHのメンバーとして、さらに一層協力連携の強化をはかること、第五に、
会員の増加をはかり、日本精神衛生会がわが国を代表するにたりる力量を備
えること、などでありました。
日本精神保健会議(メンタルヘルスの集い)は井上晴雄理事の提唱によるも
ので、厚生労働省、東京都、朝日新聞厚生文化事業団などの後援を得て、有
楽町マリオン11階朝日ホールで、毎年3月開催され、1987年、昭和62年に始
まり、今回で20回になります。その時々の緊急の精神衛生課題をテーマに取
り上げ、講演とシンポジウム、フォーラムが行なわれています。
第1回日本精神保健会議
1987年2月21日
第2回精神保健会議
あさやけ合唱団の演奏
この度の会議の圧巻はなんといっても、
当日昼に行なわれたあさやけ合唱団の
音楽構成「明日を信じて」の演奏であ
りました。東京都小平市の精神障害者
作業所「あさやけ第二、第三作業所」
(藤井克徳所長)に通う障害者約50人と
、作業所職員、地域の音楽家ボランテ
ィアの皆さん、160名を越えるあさや
け合唱団による音楽構成「明日を信じ
て」が、小林光さんの指揮で演奏され
、会場をうずめた参加者に深い感動を
与えました。カセットテープに録音さ
れ発売されていますが、いまでも講演
会などで利用されています。私はあの
歌声は精神衛生運動が精神障害当事者
のものでもあることの証しであると思
っています。
日本精神衛生会日本精神保健会議
シンポジウム、フォーラムのテーマ
第1回(1987年)から第20回(2006年)まで
第1回 障害者の権利と自立を考える
第2回 精神障害者のリハビリテーション
第3回 精神障害者の地域サポートシステム
第4回 精神障害者を支える医療と福祉
第5回 高齢者社会における心の健康と福祉
第6回 障害者の社会参加」―精神障害者の福祉と
就労をめぐって
第7回 子どものストレス・家庭・社会
第8回 思春期のメンタルヘルス
第9回 心すこやかに21世紀を
第10回 高齢社会の地域ケアと福祉
第11回 精神障害者の自立・就労をめざして
第12回 思春期の現在
第13回 結婚と離婚のメンタルヘルス
第14回 子どもたちは今、こころの居場所を
求 めて
第15回 こころの癒しとしての音楽
第16回 21世紀のメンタルヘルスを考える
第17回 こころの健康と眠り
第18回 精神障害者と共にくらす地域づくり
第19 回 精神障害者と仕事―共に働く場を作る
第20回 医療と福祉の連携の近未来像
8. おわりに
精神衛生運動100年の回顧から学ぶもの
私なりに、この回顧から学んだことを二つだけ取り上げたいと思います。
第一は15年戦争のもとでの精神衛生運動が壊滅した歴史事実です。精神衛生の前
提は平和です。戦争の過ちを繰り返さないためにも、日本精神衛生会は、わが国
を「戦争をする国」にしないたために、憲法9条を守る運動に率先参加すべきで
あります。戦争の放棄と軍隊の廃棄を定めた9条は、障害者のいのちと暮らしを
守る至上の掟であります。「障害発生の最大の原因は戦争による暴力です。戦争
と障害者のしあわせは絶対に両立しません。障害者は平和でなければ生きられな
いのです」と「障害者・患者9条の会」のアピール」は訴えています。
もう一つは皆さんもご承知の、いま問題となっている「障害者自立支援法」です。
この法律は、社会保障、障害者福祉の基本である応能負担(利用者の負担能力を優
先する遣り方を、利用者の負担を増やす応益負担に変えようとするもので、その
目的が社会保障費を減らすことにあることはいうまでもありません。此処で、皆
さんに想いだして頂きたいのは、日本精神衛生会が20年前の第1回精神保健会議
で選んだメインテーマが「障害者の権利と自立」であったということです。それ
以来このテーマの実現こそが日本精神衛生会の運動の目標でありました。この目
標とは程遠く、この目標に逆行する今日の状況に対して、私たちが何をなすべき
は自ら明らかであります。日本精神衛生会がわが国の精神衛生運動の前進に、真
に役立つ全国的組織に成長するために、皆さんの一層のご協力、ご支援を願い、
期待して私の話を終わります。
ダウンロード

回顧と展望/第20回日本精神衛生会精神保健会議記念講演