【機 関 名 】水 田 農 業 試 験 場
沿
革
大正
9年
現在地に山形県立農事試験場庄内分場として創立
昭和
2年
いもち病防除指定試験開始(→昭和20)
昭和16年
修 錬 生 要 請 事 業 開 始 ( → 昭 和 4 6 )。 第 1 次 育 種 事 業 開 始
昭和22年
ごまはがれ病防除指定試験開始(→昭和36)
昭和23年
田畑輪換指定試験開始(→昭和36)
昭和25年
山形県立農業試験場庄内分場と改称
昭和27年
水稲研究係、経営研究係を設置し2係制となる
昭和31年
経営研究係が水稲研究係に統合し、病害虫研究係を設置
昭和37年
農機具研究係設置(昭和40、農業機械研究係と改称)
昭和38年
庶務係設置。統合実験農場に関する研究(→昭和42)
昭和39年
育種研究係を設置し5係体制となる
昭和47年
大規模営農実験農場に関する研究(→昭和51)
昭和49年
庄内分場を庄内支場に改称
昭和52年
あさあけ(庄内20号)奨励品種に編入(初育成品種)
昭和57年
総 務 課 、作 物 部 、育 種 部 、環 境 部 を 設 置 し 、1 課 3 部 体 制 と な る
尾 花 沢 試 験 地 の 育 種 業 務 を 引 継 ぎ 、育 成 系 統 名 を「 山 形 」番 号 と
する
現 本 館 及 び 付 属 棟 完 成 。バ イ テ ク( 葯 培 養 等 )に よ る 品 種 開 発 開
始
育 種 部 を バ イ オ 育 種 部 と 改 称 。銘 柄 水 稲 品 種 開 発 事 業 開 始( → 平
成5)
バイオ育種部を水稲品種開発部と改称
昭和60年
平成
元年
平成12年
平成13年
平成21年
作 物 部 と 環 境 部 を 統 合 し 、水 田 技 術 研 究 部 と し 、1 課 2 部 体 制 と
なる
研究機関組織再編により山形県農業総合研究センター農業生産
技術試験場庄内支場となり、総務課、水稲研究科の体制となる
山形県農業総合研究センター水田農業試験場と改称
平成23年
水稲研究科を水稲部と改称
平成17年
ダウンロード

沿革 - 山形県ホームページ