エンロン事件に見られる監査人の責任
「愛知工業大学」経営情報科学部
「岡崎一浩」
2000年Annual reportに添付された内部統制の報告書
AAによる報告書(1)
Reports Of Independent Public Accountants
To the Shareholders and Board of Directors of Enron Corp.:
We have examined management’s assertion that the system of internal control of Enron Corp. (an Oregon corporation) and
subsidiaries as of December 31, 2000, 1999 and 1998 was adequate to provide reasonable assurance as to the reliability of
financial statements and the protection of assets from unauthorized acquisition, use or disposition, included in the
accompanying report on Management’s Responsibility for Financial Reporting. Management is responsible for maintaining
effective internal control over the reliability of financial statements and the protection of assets against unauthorized
acquisition, use or disposition. Our responsibility is to express an opinion on management’s assertion based on our
examination.
Our examinations were made in accordance with attestation standards established by the American Institute of Certified
Public Accountants and, accordingly, included obtaining an understanding of the system of internal control, testing and
evaluating the design and operating effectiveness of the system of internal control and such other procedures as we
considered necessary in the circumstances. We believe that our examinations provide a reasonable basis for our opinion.
Because of inherent limitations in any system of internal control, errors or irregularities may occur and not be detected. Also,
projections of any evaluation of the system of internal control to future periods are subject to the risk that the system of
internal control may become inadequate because of changes in conditions, or that the degree of compliance with the policies
or procedures may deteriorate.
In our opinion, management’s assertion that the system of internal control of Enron Corp. and its subsidiaries as of December
31, 2000, 1999 and 1998 was adequate to provide reasonable assurance as to the reliability of financial statements and the
protection of assets from unauthorized acquisition, use or disposition is fairly stated, in all material respects, based upon
current standards of control criteria.
Arthur Andersen LLP
Houston, Texas
February 23, 2001
2000年度Annual reportに添付された監査報告書
AAによる報告書(2)
To the Shareholders and Board of Directors of Enron Corp.:
We have audited the accompanying consolidated balance sheet of Enron Corp. (an Oregon corporation) and subsidiaries as of
December 31, 2000 and 1999, and the related consolidated statements of income, comprehensive income, cash flows and
changes in shareholders’ equity for each of the three years in the period ended December 31, 2000. These financial
statements are the responsibility of Enron Corp.’s management. Our responsibility is to express an opinion on these financial
statements based on our audits.
We conducted our audits in accordance with auditing standards generally accepted in the United States. Those standards
require that we plan and perform the audit to obtain reasonable assurance about whether the financial statements are free of
material misstatement. An audit includes examining, on a test basis, evidence supporting the amounts and disclosures in the
financial statements. An audit also includes assessing the accounting principles used and significant estimates made by
management, as well as evaluating the overall financial statement presentation. We believe that our audits provide a
reasonable basis for our opinion.
In our opinion, the financial statements referred to above present fairly, in all material respects, the financial position of
Enron Corp. and subsidiaries as of December 31, 2000 and 1999, and the results of their operations, cash flows and changes
in shareholders’ equity for each of the three years in the period ended December 31, 2000, in conformity with accounting
principles generally accepted in the United States.
As discussed in Note 18 to the consolidated financial statements, Enron Corp. and subsidiaries changed its method of
accounting for costs of start-up activities and its method of accounting for certain contracts involved in energy trading and
risk management activities in the first quarter of 1999.
Arthur Andersen LLP
Houston, Texas
February 23, 2001
AAはSPEのオフバラの指導し、
内部監査、および試算表からあと
の決算を全部したのではないかと
の疑念。
AAによる報告書(3)
監査委員会への報告
(省略)
パワーポイントによる簡単な報告書はインターネット上で見られる。
分析的手続
(AP)
正当な注意義務ーー>GAAS
2000年12月決算監査において簿外債務をどのように発見できたかどうか。分析的
手続はどうであったか。
総資産64,775百万ドルの大企業エンロンにおいては、1,000百万ドルの(借方)受取
手形(貸方)資本金の両建処理を除くと992百万ドルの前期損益修正でしかない。
トバシしたと言われる負債も総額で628百万ドルでしかないから、簿外比率とすれば
総資産に対して0.97%であるから、分析的手続からエンロンの不正を指摘するのは
困難である。
ワールドコムとの相違点
粉飾決算の概要
2001 年 第3四半期 10-Q
2000年
1999年
1998年
1997年
決算利益
修正額
JEDI とChewcoの連結組入れ
LJM1 関係の連結組入れ
その他
$ 979
$ 893
$ 703
$ 105
(91)
(8)
(38)
(137)
(153)
(95)
(10)
(258)
(133)
(28)
(6)
(139)
(51)
(79)
修正後純利益
$842
$635
$564
$26
粉飾比率
14.0%
28.9%
19.8%
75.2%
2000年年次報告書
M&A の効率
FINANCIAL HIGHLIGHTS
(Unaudited: in millions, except per share data)
Revenues
収入・売上高
営業利益
Net income:
Operating results
Items impacting comparability
純利益
Total
2000
$100,789
1999
$ 40,112
$ 1,266
(287)
$ 979
957
(64)
893
1998
$ 31,260
698
5
703
1997
$20,273
515
(410)
105
1996
$13,289
493
91
584
Earnings per diluted common share:
1株当り営業利益
Operating results
Items impacting comparability
Total
$ 1.47
(0.35)
$ 1.12
1.18
(0.08)
1.10
1.00
0.01
1.01
0.87
(0.71)
0.16
0.91
0.17
1.08
Dividends paid per common share
$ 0.50
0. 50
0.48
0.46
0.43
総資産
Total assets
$ 65,503
33,381
29,350
22,552
16,137
Cash from operating activities
(excluding working capital)
$ 3,010
2,228
1,873
276
742
Capital expenditures and equity investments
$ 3,314
3,085
3,564
2,092
1,483
NYSE price range
High
Low
Close December 31
株価
$ 90 9/16
41 3/8
83 1/8
$50
株価は、DCF法ではなく宝くじ購$25
$0
入と同じ期待で買われた。
44 7/8
28 3/4
44 3/8
29 3/8
19 1/16
28 17/32
22 9/16
17 1/2
20 25/32
23 3/4
17 5/16
21 9/16
損益&キャッシュフロー
FINANCIAL HIGHLIGHTS
(Unaudited: in millions, except per share data)
Revenues
Net income:
Operating results
Items impacting comparability
Total
2000
$100,789
1999
$ 40,112
$ 1,266
(287)
$ 979
957
(64)
893
1998
$ 31,260
698
5
703
1997
$20,273
515
(410)
105
1996
$13,289
493
91
584
Earnings per diluted common share:
Operating results
Items impacting comparability
Total
$ 1.47
(0.35)
$ 1.12
1.18
(0.08)
1.10
1.00
0.01
1.01
0.87
(0.71)
0.16
0.91
0.17
1.08
Dividends paid per common share
$ 0.50
0. 50
0.48
0.46
0.43
Total assets
$ 65,503
33,381
29,350
22,552
16,137
Cash from operating activities
(excluding working capital)
$ 3,010
2,228
1,873
276
742
Capital expenditures and equity investments
$ 3,314
3,085
3,564
2,092
1,483
NYSE price range
High
Low
Close December 31
$ 90 9/16
41 3/8
83 1/8
44 7/8
28 3/4
44 3/8
29 3/8
19 1/16
28 17/32
22 9/16
17 1/2
20 25/32
23 3/4
17 5/16
21 9/16
損益&キャッシュフロー
FINANCIAL HIGHLIGHTS
(Unaudited: in millions, except per share data)
Revenues
2000
$100,789
Net income:
Operating results
Items impacting comparability
Total
$ 1,266
(287)
$ 979
Earnings per diluted common
share:
経常利益率
Operating results
Items impacting comparability
Total
1.26%
1999
$ 40,112
957
(64)
893
1998
$ 31,260
1997
$20,273
698
5
703
1996
$13,289
515
(410)
105
2.39%
2.29%
$ 1.47
1.18
(0.35)
(0.08)
$ 1.12
1.10
2.54%
1.00
0.01
1.01
$ 0.50
0.48
493
91
584
3.71%
0.87
(0.71)
0.16
0.91
0.17
1.08
損益は右肩上がりできわめて好調
Dividends paid per common share
Total assets
0. 50
0.46
0.43
ただし、利益率は連続低下
29,350
22,552
16,137
$ 65,503
33,381
Cash from operating activities
(excluding working capital)
$ 3,010
2,228
1,873
276
742
Capital expenditures and equity investments
$ 3,314
3,085
3,564
2,092
1,483
(1,694)
(1,818)
Free cash flow
($ 304)
財務活動
株主
(857)
(741)
有利子負債
Cash
投資活動
営業活動
事業
キャッシュフロー分析からは投資に無理が見える。
資産の収益性
FINANCIAL HIGHLIGHTS
(Unaudited: in millions, except per share data)
Revenues
Net income:
Operating results
Items impacting comparability
Total
2000
$100,789
1999
$ 40,112
$ 1,266
(287)
$ 979
957
(64)
893
1998
$ 31,260
698
5
703
1997
$20,273
515
(410)
105
1996
$13,289
493
91
584
Earnings per diluted common share:
Operating results
Items impacting comparability
Total
$ 1.47
(0.35)
$ 1.12
1.18
(0.08)
1.10
1.00
0.01
1.01
0.87
(0.71)
0.16
0.91
0.17
1.08
Dividends paid per common share
$ 0.50
0. 50
0.48
0.46
0.43
Total assets
$ 65,503
33,381
29,350
22,552
16,137
Cash from operating activities
(excluding working capital)
$ 3,010
2,228
1,873
276
742
Capital expenditures and equity investments
$ 3,314
3,085
3,564
2,092
1,483
NYSE price range
High
Low
Close December 31
$ 90 9/16
41 3/8
83 1/8
44 7/8
28 3/4
44 3/8
29 3/8
19 1/16
28 17/32
22 9/16
17 1/2
20 25/32
23 3/4
17 5/16
21 9/16
資産の収益性
ち結
に 論 HIGHLIGHTS
FINANCIAL
(Unaudited: in millions, except per share data)
2000
1999
1998
1997
1996
高
Revenues
$100,789
$ 40,112
$ 31,260
$20,273
$13,289
い
Net income:
Operating results
$ 1,266
957
698
515
493
と監
Items impacting comparability
(287)
(64)
5
(410)
91
も査
Total
$ 979
893
703
105
584
言 リper diluted common share:
Earnings
Operating results
$ 1.47
1.18
1.00
0.87
0.91
えス
Items impacting comparability
(0.35)
(0.08)
0.01
(0.71)
0.17
Total
$ 1.12
1.10
1.01
0.16
1.08
なク
Dividends paid per common share
$ 0.50
0. 50
0.48
0.46
0.43
いは
Total
$ 65,503
33,381
29,350
22,552
16,137
。 assets
A
P
か
ら
Asset turning ratio
1.54
1.20
1.07
0.90
0.82
は
Return直
on Assets (Net operating income by Assets)
1.93%
2.87%
2.38%
2.28%
3.06%
2000年年次報告書
内部統制手続と実証的手続
正当な注意義務ーー>GAAS
はじめに
エンロン事件について会計的に見れば、次の問題に集約される。
1. 連結外しにSPEを巧妙に利用したこと
2. SPEに資産を売却して売却益を計上したこと
3. そのSPEに対して自社株を出資してこれを売買目的有価証券として評価益
を計上させたこと
4. 自社株などの下落に対するヘッジ契約をSPEと締結して本社では利益を計
上したこと
5. SPEの連結に関する会計原則が不備であったこと
6. 本社とSPEとの経営指導料の収受
1. オフバランスにSPEを巧妙に利用したこと
●リースバック・・・単純なリースバックの他にも、いわゆるシン
セティック・リース(会計はオペレーティング・リースでオフバラし、税務上
は借入金とみなすリース)もあるが、投資家からみて倒産隔離などの点で
フレクシブルでない。3%基準あり。
貸借対照表(子会社)
EITF Issue 90-15など
●別法人・・・資本金の50%が連結外しの基準となる点でフレクシブ
ルに欠ける。50%以下なら持分法。
×50%
貸借対照表(SPE)
●SPE(投資組合など)
SPEのよる連結の例外
条件①3%の独立した投資家
②それによる支配
③3%に対する継続したリスク
×3%
悪知恵:
AAはSPE設立による多額のコンサル報酬を請求していたから、オフバラを知らな
かったとは言えない。
ファストウCFOは、エンロン取引
からの利益分与を受けないことと
注記に、独立第三者間取引と記述されているが、事実と反する。
した-related partyにならない
(?)
SPEオフバラ条件①の「独立した」には、本社の裏保証があるから該当しない。
1. オフバランスにSPEを巧妙に利用したこと(続)
手形による増資である
貸借対照表
資本金
1,000
受取手形
1,000
貸借対照表
資本金
1,000
受取手形△1,000
(借方)受取手形$1,000
(貸方)資本金
$1,000
の仕訳を認めたことに対しては、
監査人としては弁解の余地は
ない。資本の部からの控除項
目とすべき。
エンロン
FASTOW等
受取手形
出資
SPE
1. オフバランスにSPEを巧妙に利用したこと(続) 4つのSPEの連結除外しに関しては、
16 RELATED PARTY TRANSACTIONS
In 2000 and 1999, Enron entered into transactions with limited partnerships (the
Related Party) whose general partner’s managing member is a senior officer of
Enron. The limited partners of the Related Party are unrelated to Enron.
Management believes that the terms of the transactions with the Related Party were
reasonable compared to those which could have been negotiated with unrelated third
parties.
SFAS57号違反 “…..unless those
representations
can
substantiated”
In 2000, Enron entered
into transactions with
the be
Related
Party to hedge certain
merchant investments and other assets. As part of the transactions, Enron (i)
contributed to newly-formed entities (the Entities) assets valued at approximately
$1.2 billion, including $150 million in Enron notes payable, 3.7 million restricted
shares of outstanding Enron common stock and the right to receive up to 18.0
million shares of outstanding Enron common stock in March 2003 (subject to
certain conditions) and (ii) transferred to the Entities assets valued at approximately
$309 million, including a $50 million note payable and an investment in an entity
that indirectly holds warrants convertible into common stock of an Enron equity
method investee. In return, Enron received economic interests in the Entities, $309
million in notes receivable, of which $259 million is recorded at Enron’s carryover
basis of zero, and a special distribution from the Entities in the form of $1.2 billion
in notes receivable, subject to changes in the principal for amounts payable by
Enron in connection with the execution of additional derivative instruments. Cash in
these Entities of $172.6 million is invested in Enron demand notes. In addition,
Enron paid $123 million to purchase share-settled options from the Entities on 21.7
million shares of Enron common stock. The Entities paid Enron $10.7 million to
terminate the share-settled options on 14.6 million shares of Enron common stock
outstanding. In late 2000, Enron entered into share-settled collar arrangements with
the Entities on 15.4 million shares of Enron common stock. Such arrangements will
be accounted for as equity transactions when settled.
In 2000, Enron entered into derivative transactions with the Entities with a
combined notional amount of approximately $2.1 billion to hedge certain merchant
investments and other assets. Enron’s notes receivable balance was reduced by $36
million as a result of premiums owed on derivative transactions. Enron recognized
revenues of approximately $500 million related to the subsequent change in the
market value of these derivatives, which offset market value changes of certain
merchant investments and price risk management activities. In addition, Enron
recognized $44.5 million and $14.1 million of interest income and interest expense,
respectively, on the notes receivable from and payable to the Entities.
エンロンは取締役会で事実関係の開
示を受けており、実質的なSPEの無
限責任パートナーはファストウCFOで
In 1999, Enronあることは、取締役会議事録を閲覧
entered into a series of transactions involving a third party and the
Related Party.すれば容易に把握できたのであり、
The effect of the transactions was (i) Enron and the third party
amended certain forward contracts to purchase shares of Enron common stock,
注記にも出ているのであるから連結
resulting in Enron
having forward contracts to purchase Enron common shares at
the market price
on that day, (ii) the Related Party received 6.8 million shares of
すべきであったSPEかどうかの判定
Enron common stock subject to certain restrictions and (iii) Enron received a note
をより詳細に行うべきであった。
receivable, which was repaid in December 1999, and certain financial instruments
hedging an investment held by Enron. Enron recorded the assets received and equity
issued at estimated fair value. In connection with the transactions, the Related Party
agreed that the senior officer of Enron would have no pecuniary interest in such
Enron common shares and would be restricted from voting on matters related to
such shares. In 2000, Enron and the Related Party entered into an agreement to
terminate certain financial instruments that had been entered into during 1999. In
connection with this agreement, Enron received approximately 3.1 million shares of
Enron common stock held by the Related Party. A put option, which was originally
entered into in the first quarter of 2000 and gave the Related Party the right to sell
shares of Enron common stock to Enron at a strike price of $71.31 per share, was
terminated under this agreement. In return, Enron paid approximately $26.8 million
to the Related Party.
AAはトバシだから知らない、とはい
えない。
日本の山一證券とは違う。北海道拓殖
銀行に近い。
In 2000, Enron sold a portion of its dark fiber inventory to the Related Party in
exchange for $30 million cash and a $70 million note receivable that was
subsequently repaid. Enron recognized gross margin of $67 million on the sale.
In 2000, the Related Party acquired, through securitizations, approximately $35
(2)注記事項
million of merchant investments from Enron. In addition, Enron and the Related
Party formed partnerships in which Enron contributed cash and assets and the
同社にあっては競業取引に関する社内規 Related Party contributed $17.5 million in cash. Subsequently, Enron sold a portion
of its interest in the partnership through securitizations. See Note 3. Also, Enron
定があり、ファストウCFOも一応の説明を取contributed a put option to a trust in which the Related Party and Whitewing hold
equity and debt interests. At December 31, 2000, the fair value of the put option
締役会に行っており、注記においても取引 was a $36 million loss to Enron.
の概要は十分とはいえないまで開示されて In 1999, the Related Party acquired approximately $371 mil-lion of merchant assets
and investments and other assets from Enron. Enron recognized pre-tax gains of
いる。従って、注記は監査人に対する責任 approximately $16 mil-lion related to these transactions. The Related Party also
entered into an agreement to acquire Enron’s interests in an unconsolidated equity
の争点にはなっていない。
affiliate for approximately $34 million.
2. SPEに資産を売却して売却益を計上したこと
3. そのSPEに対して自社株を出資してこれを売買目的有価証券として評価益
を計上させたこと
← 時価主義会計を悪用
エンロン
SPEに対して、自社株を拠出する
場合あり。
持分法利益
自社株などには4年間など
の譲渡制限をつけておき、
現在価値を低くし、価値を
アップしやすくする。
評価は、PwCなどが行う。
SPE
売却した資産とは、売却できないような失敗プロジェクトもあり、譲渡価格の吟味が必
要である。
拠出株式の評価を吟味すべきであった
その株式の評価益からなる利益の部分が持分法利益になっていないかどうか吟味
するべきであった
4. 自社株などの下落に対するヘッジ契約をSPEと締結して本社では利益を計
上したこと
FASTOW等
エンロン
保有株あるいは
自社株価のオプ
ション契約
SPE
(一種の保険基金)
↑ 本来は外部の保
険会社に依頼すべき
だが、引き受け手がな
いからの苦肉の策
エンロン本社でSPEを相手にして、(借方)未収金(貸方)ディリバティブ利益、が計上
されたことについては、未収金の確認状や直近の財務諸表の分析などによる回収可
能性の検討により容易に貸倒引当金の不足について発見できた。これは糸口になり
えた。
5. SPEの連結に関する会計原則が複雑かつ不備
適確SPE (SFAS140号)
AAによるSPE利用の指導(?)
4条件(省略)を満たせばオフバランスとする
その他のSPE(EITF No 90-15)
以下の3条件全部を満たせば連結が必要
①SPEの機能が1人の借り手のリースのみ
②残存リスクなどが借り手に帰属
一流金融機関とのお付き合
い
自己株取引を利益計上可
能であることを知る
連結外しの継続
③外部独立の3%残余持分投資家がいない
EITF No.96-21はNo 90-15を補足。
EITF Topic D-14では、SPEの過半数所有者が、
独立の第三者、SPEを支配、リスク等を有する場
合には、オフバランスとする
本来は外部の第三者に売
却すべきだが、買い手がな
いから身内に売ることによ
る苦肉の策
益出しや損失のトバシに悪
用
日本のオフバラ実務
リース会計では貸借取引の例外規定があって、
国際的に日本の会計基準の評価を下げている。
高額報酬や政治献金(?)
に利用
6. 本社とSPEとの経営指導料
同様にSPEとの数年にわたるコミッションの収受に全額を収益とし、期間配分して前
受収益としなかったことも、容易に一般的な監査手続によって発見可能であった。
AAは監査委員会にも発見事項など
(reportable conditions)を報告していな
い。
ベスト・プラクティスとの比較の
上で、発見した問題事項を監査
委員会に報告する
Audit committee
報告されず
AU325違反
監査契約違反
AA
監査
報告
Fastow
内部監査
Duncan
担当会計士の任期5年
日本との比較
実力者パートナーが現実的にワンストップ・
サービスの機能を果たしている
マネジメン
ト・サービス
内部監査部門を兼任できない
マネジメント・サービス部門は事
実上、売却へ
監査人の責任
34年証券取引法の責任
従って、GAAS違反であることは明白であるが、本
件のような場合には仮に司法妨害がなければアン
ダーセンの故意または重過失とまでは通常は認定
されなかったので、監査責任保険の範囲であり、監
査法人としては95年PSLRA法(Private Securities
Litigation Reform Act)とLLPによる有限責任原理
が働いたであろう。
パートナーシップの責任
本件では、裁判の結果は誰にも予想がつかない。
民事上の責任
契約法上の責任
コモンロー上の責任
刑事上の責任
最大、5年間の保護監察処分と罰金
50万ドル
コモンロー
×
新法:20年に強化
オックスレー・サービンズ法
AA
契約
会社
Foreseen
third
party
Foreseeable
third party
(銀行、株主)
【34年法で救済】
故意・重過失による虚偽記載の場合、
AAは全当事者に責任を有する。
平成14 年3 月5 日
スミセイMMF 販売会社各位
投資家の皆様各位
スミセイMMF
http://www.sgit.co.jp/pdf/2002_0305.pdf)
1 .決定事項
当社は、スミセイMMF の元本割れにより被害を被った受益者の皆様のために、エンロン社や同社の監査法人であるアーサーアンダーセンの責任を問うべく、法的手段に
つき調査・検討してまいりました。その結果、エンロン社やアンダーセンを被告として米国で提起されている幾つかのクラスアクションの一つに参加することが可能であると
判明し、注意深く手続の進行を注視していくこととしております。
2 .なぜクラスアクションなのか
クラスアクションの主なメリットは、一般的には以下のものです。
① 損害を被った多数の被害者が分散している場合に有効であること
②被害者が訴訟活動に要求される負担が軽減されること
当社では、勝訴の可能性、受益者の費用負担等を総合的に勘案して、クラスアクションへの参加が、最も合理的な方法であるとの判断に至りました。
3 .参加しようとしているクラスアクションの内容
①場所 アメリカ合衆国
②目 的
エ ンロン債の投資損失の回復
③方法
エンロン債の投資損失の回復を目指すクラスアクションを探し、裁判所から参加の連絡がきた時点で、参加資格があることを通知する。
④被告
エンロン社、エンロン社役員およびアーサーアンダーセン
⑤ 弁護士費用 成 功報酬制(獲得金額から報酬を差引く方法)
⑥モニタリング アメリカ合衆国の弁護士事務所に依頼
*クラスアクション(集団訴訟)とは
・ 米国では、単独訴訟とは別に、一定の方法で範囲を特定したクラスを代表して原告が訴訟を提起する制度(クラスアクション)が認められている。
・ 要件に該当すると自動的にクラスのメンバーとなる。(「登録」や「参加の通知」という制度はない。)
・ 独自に訴訟を提起する場合には、一定期日までにクラスアクションからの脱退の通知をする必要がある。
・ 判決や和解があった場合には、損害額を裁判所に通知する手順がとられる。
4 .賠償金が得られた場合の配分
所定の費用を控除したうえで、スミセイMMF の元本割れで損害を被った受益者に配分したい。
5 .配分方法
未定
6 .留意点
本文は、クラスアクションへの参加が確定したこと、勝訴することが確定したこと、また賠償金額が全額認められることを意味するものではありません。ご注意ください。
以上
スミセイグローバル投信株式会社
(2/21 WSJ)
アンダーセン、エンロン訴訟で和解交渉
米大手会計事務所のアンダーセンは、エンロンの不正会計処理疑惑に関連した集団訴訟の原告側と、和解交渉を始めた。
2月21日付のWSJは、総額7億―8億ドルの和解金を提示したと報じた。
損害賠償を求めてアンダーセンを訴えている原告は以下に大別できる。
1.
2.
3.
エンロンの株主
エンロンの債権者
エンロンの現・元従業員
USA today 紙によると、アンダーセンはこのうちの株主の原告団だけで2億6,000万ドルの和解金を提示した。
総額8億ドルの支払いで和解が成立すれば、不正会計処理に絡んで五大会計事務所が訴えられた係争案件の和解金と
しては、過去最大になる。
これまでは、アーンスト・アンド・ヤングが1999年、米複合サービス業センダントの不正会計処理に関する係争で支払った3
億3,500万ドルが、最高だった。 アンダーセンが被告となったここ数年の会計不正処理の訴訟では、ごみ処理大手ウェイ
スト・マネジメントの案件で7,500万ドル、小型家電などメーカーのサンビームでは1億1000万ドルの和解金を、それぞれ支
払っている。
(3)不正行為
エンロン事件では、SPEが倒産前に突然に任意清算され、30百万ドルもの大金がファ
ストウCFOはじめとするSPE出資者に分配されているが、これについてはケイマン島
から政界工作に使われたとする憶測もあるものの、アンダーセンのダンカン会計士に
よる監査調書などの廃棄によって証拠が紛失しており、同会計士は司法妨害罪で有
罪になったものの、現在のところ不正や共謀の事実は問題になっていない。
(5)不正経理への関与
このような不正経理について、ダンカン会計士が不正経理を指導するなどのより積極
的な関与が認められると、故意が成立して、株主および債権者に対して同会計士は無
限責任を負い、監査責任保険の対象外となり、これが事務所組織の関与が裁判で認
められればLLPによる他のパートナーに対する有限責任が失われて無限責任が問わ
れる可能性が高い。
【8月27日】
エンロン株主らに71億円 アンダーセンが和解金
経営破たんした米エネルギー大手エンロンに対する監査業務に問題があったとして、米会計事務所アー
サー・アンダーセンなどが損害賠償支払いを求められた集団訴訟で、アンダーセンの世界的なサービス網
を束ねるアンダーセン・ワールドワイドが和解金として、約6,000万ドル(約71億円)をエンロン株主らに支
払うことで合意したことが27日分かった。
エンロン破たんをめぐる訴訟で和解が成立するのは初めて。訴訟はエンロンの株主や元従業員らが、同
社や米アンダーセンに対して起こしたが、ワールドワイドも連名で訴えられていた。米アンダーセンはいっ
たん、約3億ドルの支払いで和解を目指したが交渉は決裂したままだ。
朝日監査法人も負担金
30億円
[8月31日]
米アーサー・アンダーセン、89年の監査業務の歴史に幕
米会計事務所アーサー・アンダーセンは31日、上場企業の会計監査業務を打切り、89年の歴史に幕を降ろした。
アンダーセンは6月、エネルギー会社エンロン(ENRNQ)の監査に関連する書類の改ざんや破棄などにより刑事裁判での
有罪評決を受けた。その後アンダーセンは、米証券取引委員会(SEC)に対し上場企業の監査業務を停止するとの報告を
行なっており、すでに2.3の州では監査資格を返上していた。
アーサー・アンダーセンは本日31日付で、上場企業の監査に関し州当局から与えられた資格の全ての取り消しに同意し、
監査業務遂行の権利を自主的に放棄した、と同日付の発表資料で明らかにした。
アンダーセンは10月17日に刑事裁判の判決が下される予定だ。
アンダーセンの監査から学んだこと
会計基準を文章化しておくことは難しい。
連結の範囲、時価主義会計、自己株取引などについては、全てを取り決めておくことは容易ではない。
上顧客に、監査を機能することは容易ではない。
世界規模の規模であれ、上得意中のトップの顧客に直言することは容易ではない。これに代わるべき顧客が容
易には見つからない。
ワンストップ・サービスの限界
一人が他部門を代表してクライアントとの折衝窓口にあたることには問題が多い。組織の大小を問わない。
CPA資格制度や監査法人制度に代わる仕組が、ありそうでない。
自己申告制の決算書を、自分が有償で依頼する監査人が監査する仕組には問題があるが、それしか仕組とし
てはありそうにない。
監査人の責任を強化することには反対はない
が、政府やSECによる企業経理への直接介
そもそも、日本だったら、あれだけ広範な政治家にカネをばらまいたエンロンは破たんしていなかったのではな
入には、産業界からも強い懸念がある。この
いか。まず間違いなく、アンダーセンが崩壊することはなかっただろう。
事件の結果でも、現在の会計監査の枠組みが
ワールドコムなど官民挙げて先送りしてもみ消していたに違いない。少なくとも、内部告発を契機に粉飾が発覚
大きく変わりようがないとする意見が根強い。
することはなかったと断言できる。対策といえば「人のうわさも七十五日」。
日本にない自浄作用
米国資本主義はいずれ会計不信を克服する。会計不信は彼らにとって致命傷になり得るからいかなるコストを
払おうが力ずくで解決するだろう。その後は、これまでにも増して、日本資本主義における会計不信を厳しく攻
め立ててくるはず。気を付けるべきだ。
(木村 剛 米国資本主義のたくましさ(抄) H14/07/20)
ダウンロード

レジメ(ppt.)はここ