守谷市協働事業
国連「障害者権利条約」批准2013/12/5
スマイル・プロジェクト
~笑顔あふれる学びの里~
青年の現状と課題は何か?

失われた10年から、さらに10年が過ぎて現在、青年
を取り巻く環境は厳しさを増しています。


就職難「超氷河期」
ニート
引きこもり
離職率「ブラック企業」
地域での孤立

マスコミ用語を→科学的にアプローチ→



障害
発達障害・知的障害の青年たち




LD(学習障害)
AD/HD(注意力欠陥・多動性障害)
高機能広汎性発達障害(自閉症スペクトラム)
〃
〃
(アスペルガー症候群)
特別支援学校高等部卒業後の進路
社会的適応力・人間関係を学ぶ場
生活訓練・就労移行支援「専攻科」
「専攻科」とは・・・
(HPからの抜粋)
現在、支援学校の高等部卒業後の進路として、
就職か福祉的就労しかありません。これはき
わめて限定的であり、進学の選択肢がないと
いうことです。
しかし、いま全国各地には新たな第三の選択
肢である「学びの場」が誕生しています。その
一つが「専攻科」で、「ゆっくりじっくり学びたい、
学ばせたい」願いを実現させたのが「専攻科」
なのです。
「もりや学びの里」に青年の笑顔あふれる
スマイル・プロジェクト
 「専攻科」という名
の学校を創設
(法規的には「学校」でな
く、「障害者総合支援
法」の障害者福祉サー
ビス)
対象:発達・知的障害者
定員:5~6人





福祉型専攻科の実践例
神戸市にある「エコールKOBE」
神戸大学発達科学部でのキャン
パス交流
Posted on 2013年11月14日
パネル発表、歌とダンスの交流で
大いに盛り上がる!
私たちの目指す実践例
福祉型事業専攻科「エコールKOBE]




「自立訓練(生活訓練)事業」の目的である「自立した日
常生活又は社会生活を営むことができる」ことをめざし
ます
特別支援学校の高等部を含むこれまでの教育成果を引
き継ぎ、青年期に見合った教育(訓練)を学園の理念に
基づき行うことをめざします
様々な社会的体験を深め、「主体的に・豊かに・楽しく」
の理念の生かし、将来の社会的自立にゆっくり、ゆった
り備えることめざします
一人一人の個性、障害の特性を活かした進路指
導、進路実現をめざします
時間割表 ・・・・・・・・・
・・・・・・カリキュラム表
時間割 月
HR
1 自主研究
2 〃
昼食
3 生活
4 〃
クラブ活動
火
水
木
金
人文
社会
自然
人文
社会
自然
職業
〃
職業 ビジネス 芸術
〃 情報 〃
生活
〃
カリキュラム編成表
分野
科目
1年
国語
1
言葉
1
人文科学
コミュニケーション
1
生活漢字
地歴
1
公民
1
社会科学
経済
社会体験
1
計算
1
算数
自然科学
生物・気象
1
科学
1
暮らしと生活
1
調理実習
1
生活
家事一般
1
生活体験
1
職業観
1
労働
1
職業
職業実践
1
職場体験
1
陶芸
1
絵・デザイン
1
芸術
音楽
1
映像
基礎体力
1
健康
1
スポーツ
競技一般
1
スポーツ
1
自主研究
2
選択
計
26
2年
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
2
2
2
1
}1
1
1
1
2
3
26
「茨城の専攻科を考える会」
 特定非営利活動法人の申請中
11月13日 設立総会実施
 活動内容
1障害者問題の研究・実践
2学習会などの開催
3先進国視察(韓国視察:映画監督同行取材)
教育年限延長についての
保護者意識調査


「障害者の特別支援学校高等部卒業後の教育
年限延長に関する意識の調査研究」
研究の課題・目的
健常の青年たちの多くが大学に進学する時代に
あって,18歳以降の進学例が少ない特別支援
学校(特に知的障害)の現状について,保護者
はどのように考えているのか。それを知るため
に,保護者へのアンケート調査を実施し,教育
年限延長へのニーズを明らかにした。
大学等進学率の比較
2011,5.1.文科省学校基本調査より
・通常高校2011.3卒
大学等54.4%、専修学校16.0
・特別支援学校
大学等 2.7%、専修学校 0.3%
・障害別
(ろう:39.8 %、2.4% 盲:22.3%、0.2% 病弱:6.7% 4.6%
肢体:1.6 % 0.3%
知的:0.5 % 0.1%)
進学の格差
• 障害があることによる格差
• 障害種別による格差
高等部卒業後の進学について
1)高等部卒
業後の進学
は必要か
7%
11%
はい
いいえ
• 「はい」 74% (297人)
• 「いいえ」 11%)
・無・無効回答 7%
74%
無・無効
回答
アンケートの結果
親御さんの気持ち



高等部卒業期に生徒が大きく変わりもう少し教
育の機会があれば大きく成長することへの期待
健常者なら当たり前のように大学や専門学校に
進学する時代に、障害があるのに18歳で社会
に出るのは早すぎるのではないか
仲間と楽しいことの経験、無駄と思える時間でも
悩み失敗しながら自分像をゆっくり描いて欲しい
2「専攻科」を考える学習会

県内の特別支援学校の保護者・福祉・教育関係者
が多数参加
2013.10.6
3「専攻科」先進国視察 ~韓国の旅~
専攻科の視察と交流
~映画撮影の様子~
守谷に学び舎を!
それが スマイルプロジェクト




~すべての青年に学びの場を~
守谷市との協働
施設設備の確保
NPO法人との協働
事業の運営・継続・
費用対効果も期待
2013年「障害者権利条約」批准
インクルーシブ(排除しない)守谷市誕生
イメージアップ→「住みたい街」ランクUP
ダウンロード

守谷市協働事業 国連「障害者権利条約」批准2013/12