思想と行為
第6回 デカルト
「考える我」
吉田寛
デカルト





フランス出身
1596年生- 1650年没
「中世」的な思想に対して、
「近代」を確立した哲学者、
数学者、科学者
『省察』『哲学原理』『情念
論』など
解析幾何学(デカルト座標)、
生理学(解剖学、心臓と循
環器系)、力学(慣性の法
則)
デカルトの時代




BC399 ソクラテス死刑
AD30ごろ イエス磔刑
AD386 アウグスチヌスの回心
AD1265ごろ トマス・アキナス『神学大全』
– (中世教会哲学 アリストテレス的科学&キリスト教神学)





AD1600年 記憶術・天文学者のブルーノ火あぶり
AD1633 ガリレオ裁判(デカルト『世界論』出版見送り)
AD1641 デカルト『省察』
AD1687 ニュートン『プリンキピア』(近代科学)
AD1654 パスカルの回心
古代
中
世
近
代
デカルトの人生

1596年 フランス法服貴族の家庭に生まれる
– 法服貴族=絶対王政を支える官僚・知識階級

全寮制学校教育10歳-18年 ラフレーシ学院
– イエズス派(世界中に布教活動・人間の自由を大
幅に認める)の学校
– 後、2年間ポワチエ大学で法律と医学を修める

20歳 旅へ 「世界という書物から学ぶ」
– パリに出て、剣術や馬術、数学、議論などの交流

従軍の日々 22歳 霊感を得て、学問を志す
デカルトの世界
客死
時代が違うけど、
1800年ごろの
ヨーロッパ
研究
交流
従
軍
誕生
学校
http://www.f5.dion.ne.jp/~mirage/hypams00/napoleon.2.html より
デカルトの青年-晩年


22歳-31歳ごろまで パリやヨーロッパで旅と交流・
研究の生活
1628年 オランダへ移住(学究生活)-1649年
–
–
–
–

『世界論』1633、『方法序説』1637、『省察』1641
デカルト哲学は有名に→有力者の庇護
エリザベート王女との師弟関係→『情念論』へ
娘を持つが、5歳で失う
スウェーデン女王クリスティナの招聘で移住
– 啓蒙君主である女王の相談役に
– 翌年1650年2月 肺炎で客死
• 参考:「しりとり歴史人物館」 クリスティナ女王
http://www2s.biglobe.ne.jp/~tetuya/REKISI/siritori/siribun.html
デカルトの方法『方法序説』


新しい学問の方法について⇔従来の信仰と一体化
した学問・知識のありかた(キリスト教風アリストテレ
ス哲学・自然学)
4つの方法
– 明証の方法 明証的に真であると認めたものだけを真と
して受け入れる
– 分析の方法 問題をできるかぎりの単純な小部分に分割
する
– 総合の方法 もっとも単純で認識しやすいものから、少し
ずつ段階をおって、もっとも複雑な認識まで登る
– 枚挙の方法 見落としのないように、完全な枚挙と全体の
見通しを行う

この方法で、「解析幾何学」を創始する
デカルトの懐疑 『省察』

当時の常識やキリスト教-アリストテレス的自然学(キリスト教的思想)への疑い
– 先入観や迷信との戦い(ガリレオ裁判)
– 方法論的な疑い

懐疑論の問題
– 人生は夢の如し?「胡蝶の夢」

人生に一度は、自分の中にある迷信かもしれない
知識などをすべて疑って、確実な地点に到達し、そ
こから真の知識と人生を気付きなおさなければなら
ない。
– 世を忍ぶための「仮の道徳」→本当の「善く生きる」
懐疑プロジェクト

「善く生きる」ための方法的な懐疑
– 確実な人生を築くための会議
⇔懐疑論(懐疑のための懐疑)

方針:疑わしきものはすべて疑う
– 常識や教育による知識は疑わしい(迷信かもしれ
ない)
– 感覚的認識は疑わしい(錯覚かもしれない、夢か
もしれない)
– 数学的知識も確実とは言えない(悪霊が私を欺
いているかもしれない)
懐疑の底

私は疑う→私は存在する
コギト(I Think)・エルゴ(so)・スム(I am)
– 私が考えている以上、少なくともその間には、存
在する
– 私が「我あり、我あり」と言うたびごとに、どんな神
でも悪霊でも、私の存在を否定することはできな
い。

「考える我」としての私の存在が、すべての人
生、知識、学問の一番確実な基礎である。
合理主義

考える我の「考える」とは?
– 合理的な推論
– 懐疑の背理法的構造
• 私が存在しないと仮定
• 疑って=考えている以上存在しないはずはない
• 仮定は誤りで、私は存在する、が正しい
– 考える我=思考する存在=精神
• しかも、何かの経験や教育によるのではなく、神の恩寵によるの
でもなく、自力で、自分の理性のみで知ることのでき、否定できな
い存在であることになる。

「近代的自我」(神とは独立の理性ある人間存在)の
確立
– 近代の自然学、人文社会学、社会制度、教育などなどの
基本的枠組みを作った
意思と感覚

自分で懐疑を始めた
– 意志も「考える我」の重要な性質
– 恩寵は不要

確実な理性による明晰判明な知は正しい
– 明晰clare 明らか、クリアーなこと
– 判明disinct はっきり区別されること
– 感覚的な判断も明晰判明なら正しい

自力主義の人間観
感情と身体『情念論』

考える我(魂) 歩く私、食べる私(身体は?)
– 身体=考える我の認識対象として二次的存在
– 精神とは区別される物理的存在としての身体(心
身二元論)
– 物理学・解剖学による生理学的な知見

二元論の問題 精神はどこにある?
– 脳の中? 松果線説 動物精気説
– →批判「脳の中の幽霊(ゴースト)」「小人」
– コンピュータ(物理的存在)は心を持ちうるのか?
デカルトの「善く生きる」

デカルト的人間像
– 神から自由な魂
– 自分で合理的に考えて認識を拡張
– 自分の意思と自分の理性で望み、判断し、選択
する人生
– 情念(身体から受動的に生じる感情)を意志の力
でコントロールすること(精神の能動)が大切

デカルトの「善く生きる」
– 自由意志による高邁(けだかさ)な人生&他人の
自由意志を認める(愛)ような人生
– 近代的な人間観、倫理観の確立⇔中世、古代
安楽死と生命倫理

安楽死
– =生きるよりも死を選ぶほうが合理的なときに意志的に
死を選択する
– 合理的=耐え難い苦痛+治る見込みがない+医師の診
断など

デカルト
– 精神と精神の分離
– 自由な存在(自分は自分の所有)
– 安楽死容認?

カトリック
– 神が魂を身体に投げ入れた
– 神の僕(自分は神の所有)
– 安楽死慎重
参考文献
 『デカルト)』岩波新書、野田又夫
デカルトの生涯と著作の紹介
 『省察』『哲学原理』『情念論』各、岩波文
庫より
 『デカルト』中央公論社(世界の名著)、
野田又夫訳
 『デカルト入門』ちくま新書、小林道夫
現代のデカルト研究の成果
ダウンロード

第六回