計算の理論 I
文脈自由文法
月曜3校時
大月美佳
連絡事項
 レポートについて再掲
– 問題用紙:A4
前回欠席者は講義終了後取りにくること
– 提出期限:平成14年7月8日(月)
授業終了時に回収
– 提出場所:AV講義室
欠席等で提出できなかった者は理由を明記の上
レポートボックス9番へ(7月15日まで)
 ミニテスト一部返却
今日の講義内容
 文脈自由文法
– 定義
– 文脈自由言語(クラスCFL)
– 構文木と最左導出
文脈自由文法の重要性
 プログラミング言語の定義
Buckus-Naur形式(BNF)記法
 構文解析の概念の定式化
 言語間の変換の簡単化
 各種文字処理
 自然言語処理
文脈自由文法の定義
 文脈自由文法(context-free grammar)
– 非終端アルファベットN (有限集合)
• 要素 x ∈N 非終端記号(non-terminal symbol)
– 終端アルファベットT (有限集合)
• 要素 x ∈ T 終端記号(terminal symbol)
– 開始記号(start symbol) S∈Q
– 生成規則(production) P⊆N×(N∪Σ)*
• A→αと書く (α=εのときε生成規則)
• A→α1|…| αn = A→α1,…, A→αn
→ G = (N, T, P, S)
文脈自由文法の例
1. G=(N, T, P, S)を
N={S}, T={a, b}, P={S→ab, S→aSb}
とするとき、Gは文脈自由文法
2. G=(N, T, P, S)を
N={S, A, B}, T={x, 0, 1},
P={S→xA, A→0|1B, B→ε|0B|1B}
とするとき、Gは文脈自由文法
⇒G
 G=(N, T, P, S)に対して、V=N∪Tとする。
 u, vが次の(1), (2)を満たすときu⇒Gvと書
くことにする。
(1) u=xAy, v=xαy (x, y, α∈V*, A∈N)。
(2) A→αはGの生成規則。
導出
(derive)
*
 ⇒G
⇒Gの反射的かつ推移的閉包
 V*の要素の列w0, …, wnが
w0⇒Gw1⇒G …⇒Gwn
となっているとき、
w0からwnが導出されるといい、
n
*
w0 ⇒Gwn または w0 ⇒Gwn
n
*
と書く。(Gは省略可: ⇒、⇒、⇒)
文脈自由言語
(context-free language)
 Gの生成する語w
開始記号Sより
終端アルファベットT上の記号列wが
Gの生成規則によって導出されるとき
 T上の言語L∈T*に対して
1. GがLを生成する: L=L(G)となるとき。
2. 文脈自由言語: Lを生成する文脈自由文法
が存在する。
文脈自由言語の例 その1
1. Gを例1の文脈自由文法としたとき、
S⇒aSb⇒aaSbb⇒…⇒an-1Sbn-1⇒anbn
となり、
L(G)={anbn |n≧1}
である。
2. Gを例2の文脈自由文法としたとき、
S⇒xA⇒x0
S⇒xA⇒x1B⇒x10B⇒x10
となり、
L(G)={xu|u=1v, v∈{0, 1}*またはu=0}
文脈自由言語の例 その2
1. G=(N, T, P, S)を
N={S}, T={), (}, P={S→SS, S→(S), S→()}
とすると、言語L(G)はかっこの入れ子構造
2. G=(N, T, P, S)を
N={S}, T={0, 1, Φ, +, *, ), (},
P={S→Φ|0|1|(S+S)|SS|S*}
とすると、言語L(G)は{0, 1}上の正規表現全体
文脈自由文法のクラス
 文脈自由文法のクラスをCFLと書く
 CFL
={L|L=L(G)となる文脈自由文法Gがあ
る}
グラフ
(1.2節 pp. 2~5)
 どんなときに使うのか?
– 状態遷移図
– 文法木
– 各種アルゴリズムのデータ構造
– その他いろいろ
グラフの定義
 グラフ G=(V, E)
V: 有限個の頂点(vertex, node)の集合
E: 頂点の対((v1, v2) と表記)で示される辺(edge)
の集合
1
 例 (図1.1 p.3)
4
3
V={1, 2, 3, 4, 5}
E={(n, m)|n+m=4 または、n+m=7}
2
5
道
 道 (path)、路
– グラフのある頂点の列 v1, v2, …, vk (k≧1)が道である
というのは、
– (v1, v2), (v2, v3), …, (vk-1, vk)がいずれも辺であるという
こと
 閉路 (cycle) : vi=vkのとき
 道の例(図1.1 p.3)
– 1, 3, 4
– 2
– 2, 5
1
4
3
2
5
有向グラフ
 有向グラフ (directed graph, digraph) G
– G=(V, E)
– Eの要素が有向辺(arc)
– v→w : vからwへ向かう有向辺
後者
前者
(predecessor) (successor)
 例 (図1.2 p.3)
1
({ 1, 2, 3, 4 }, { i→j|i<j })
2
3
4
有向グラフの道
 有向グラフの道 (path)
:= vi→vi+1 (1≦i<k) が有向辺であるような頂
点の列 v1, v2, …, vk (ただし、k≧1)
1
2
 例 (図1.2 p.3)
1→2→3→4 : 1から4への道
3
4
木
 木 (tree, ordered directed tree)
次の性質を持つ有効グラフ
1. 前者を持たず、各頂点への道が必ず存在
する根 (root)と呼ばれる頂点を一つ持つ
2. 根以外の頂点はそれぞれただ一つ前者を
持つ
3. 各頂点の後者は左から右へ一列に順序つ
けられている
木の書き方
 根を上に、各有向辺を下に向けて書く
 有向辺の矢印は書く必要がない
 頂点は(なんらかの)順序に従って左から
右に書く
根 (root)
5
3
1
2
有向辺
(arc)
4
木特有の用語
 親 (parent, father?) : 前者
 子 (child, son?) : 後者
 葉 (leaf) : 子を持たない
頂点
 内部 (interior) 頂点 : 葉
でない頂点
 先祖 (ancestor) と子孫
(descendant)
内部頂点
5
親
3
4
子
1
2
– 頂点v1からv2への道があ
るとき(v1:先祖、v2:子孫)
– 各頂点は自分自身の先祖
かつ子孫
葉
構文木
品詞名
→内部頂点
英単語→葉
‘The quick brown fox jumped over the lazy dog’
構文木
(parse tree)
 文脈自由文法G=(N, T, P, S)に対して、構
文木を帰納的に定義する。
 ここで、V=N∪Tとする。
構文木の定義(1)
(1) 各A∈Vに対して、記号Aをラベルとする1
つの頂点のみからなる木
A
は構文木である。
構文木の定義(2)
(2) A→εに対して、
A
ε
は構文木である。
構文木の定義(3)
(3) t1, …tnを根のラベルが、A1, …, An∈Vである構
文木とする。Gの生成規則A→A1…Anに対し
て、Aを根とする木
A
A1
t1
は構文木である。
…
An
tn
構文木の定義(4)
(4) 上の(1)~(3)の規則を使って定義される
有限の木のみを構文木という。
構文木の例
G=(N, T, P, S)を
0110010110
N={S}, T={a, b}, P={S→ab, S→aSb}
としたとき、構文木は右図。
S
S
S
a
a
a
b
b
b
最左導出
(leftmost derivation)
*
 導出u⇒vの各ステップにおいて一番左
にある非終端記号が置き換えられてい
るとき、その導出は最左導出である。
–
G=(N, T, P, S)を
N={S}, T={), (}, P={S→SS, S→(S), S→()}
とすると、
S⇒(S)⇒((S))⇒((SS))⇒((()S)⇒((()()))
は最左導出。
走査
(traverse)
 根から始めてどのように走査するか
*
A⇒u
最左導出
→左側順走査
S
S
(preorder traverse)
S
S
(
(
(
S
)(
)
)
)
補題
 G=(N, T, P, S)を文脈自由文法とする。導出u⇒v
があるならば、uからvへの最左導出がある。
証明
u=w1A1w2…wkAkwk+1(Ai∈N, wj∈T*)とする。
このとき、vの分解v= w1v1w2…wkvkwk+1があって、
Ai ⇒vi (1≦i≦k)となる。
そこで、 Ai ⇒viに対する構文木を取り、その左側順走査を
考えれば、 Aiからviへの最左導出が得られる。
それらの最左導出を、非終端記号の順に適用していけば
求める最左導出が得られる。
最右導出
(rightmost derivation)
 最左導出と反対に右から置き換えていく
導出
G=(N, T, P, S)を
N={S}, T={), (}, P={S→SS, S→(S), S→()}
とすると、
S⇒(S)⇒((S))⇒((SS))⇒((S ()))⇒((()()))
は最左導出。
曖昧性
 曖昧
ある語に二つ以上の構文木があるとき
⇔
– 二つ以上の最左導出をもつ
または
– 二つ以上の最右導出をもつ
とき
 本質的に曖昧→4.7 (p.128)
今日のミニテスト
 ミニテスト
教科書・資料を見ても良い
 資料、ミニテストがない人は前へ
 交換採点を行い、提出したら帰って良し
 類題
演習問題4.8 (p.135)
ダウンロード

PowerPoint