兄 弟 をめ ぐるニ 本 の オ レ ンジの 樹
エ ドワ ー ドと ジ ョー ジ ・ハ ー バ ー ト
山根 正 弘
はじめ に
17世 紀 イギ リス の 宗 教 詩 人 ジ ョー ジ ・ハ.__.バー ト(GeorgeHerbert)は
4月3日
、1593年
ウ ェー ル ズ の モ ン トゴ メ リー で 、 ジ ェ ン トリー 階 級 の 五 男 と して こ の 世 に 生
を受 け た。 兄 の エ ドワー ド(Edward,LordHerbertofCherbury)は
長子相続 制の恩
恵 を受 け、 男 爵 に叙 せ られ る な ど社 会 的 に 成 功 した が 、 そ れ とは 対 照 的 に、 弟 の
ジ ョー ジ は そ の溢 れ ん ば か りの 天 賦 の 才 に もか か わ らず 、 田舎 の 聖 職 者 と して そ の
生 涯 を閉 じた。 彼 が 自 ら進 ん で 一 介 の 聖 職 者 に な っ た の か 、 あ る い は そ うな らざ る
を得 なか っ た のか 、議 論 の 分 か れ る と ころで あ る。だ が 、同 時代 の伝 記作 家 ア イザ ッ
ク ・ウ ォル トン(IzaakWalton)に
よ る と、 ソー ル ズ ベ リー 近 郊 の 鄙 び た 村 ベ マ トン
の教 区 牧 師 に就 任 す る まで に は、様 々 に精 神 的 な葛 藤 を経 験 した とい う1)。ハ ーバ ー
トの死 後 出版 され た詩 集 「教 会 」"TheChurch"(1633年
刊 『聖 堂 』TheTempleの
本
体 部 分)に 、神 の召 命 を受 け 田舎 牧 師 に な る まで 、 身 に感 じた 不 安 や 苦 悩 が 投 影 さ
れ て い る。 なか で も詩 人 の 自伝 的要 素 が 強 く反 映 され て い る 「苦 悩 」(1)と 題 す る詩
で は 、 生 まれ や 気 質 か らす る と、 出 世 して 宮 廷 に仕 える はず で あ っ た が 、 学 者 と し
て 栄 誉 を与 え られ 自惚 れ て い る 間 に、 道 を誤 り行 き場 を失 っ て し まっ た と、 自嘲 を
込 め て 人 生 を振 り返 り、 そ の あ と 「木 に な る こ とが で きれ ば い い の だ が 、/そ
れ ば 、 きっ と生 い 茂 って/実
をつ け た り、 木 陰 が で きる。/少
て 巣 をか け て くれ る」(57-60行)と
な くとも鳥 が 信 頼 し
ささや か な願 い を表 明 して い る2)。
一f9一
うす
ハ ーバ ー トが 僧 職 禄 を得 て 生 活 の 基 盤 を確 立 す る まで 、彼 の 暮 ら しは長 兄 エ ドワー
ドか ら支 給 され る30ポ
ン ドの年 金 と、 大 学 の 職 で 得 られ る わず か な給 金 で 成 り立 っ
て い た 。 ところ が 、 年 金 の方 は エ ドワー ドの 都 合 で 滞 る こ とが あ っ た。 また 、 長 子
相 続 制 の もと次 男 以 下 は婚 期 が 遅 れ る こ とが 多 か っ たが3)、 ハ ーバ ー トも ようや く
36歳 に な って 結 婚 した 。 彼 は そ れ まで 国 の 要 職 に就 くわ け で もな く、 家 族 ぐるみ で
付 き合 い の あ っ た先 輩 詩 人 ジ ョン ・ダ ン(JohnDonne)の
よ うに高 位 聖 職 者 に な る
わ け で もな く、 宙 ぶ ら りん の 状 態 が 続 い て い た 。 そ ん な彼 が 神 か ら召 命 を受 け る ま
で、 不 安 を訴 え苦 悩 を表 明 す るの も無 理 の な い こ とで あ ろ う。 「仕 事 」(1)と
題す る
詩 で も、 同 様 に 自身 の 不 甲斐 な さを嘆 い て い る。 「す べ ての も は働 き者 、 た だ 私 だ け
が/ミ
ッバ チ と密 を あ つ め る こ ともせ ず 、/そ
く、 そ れ らの花 に/水
の密 を生 み 出 す 花 を植 え る こ と もな
を与 え る こ ともな い」(17-20行)。
この 世 で の使 命 をほ ん の 少
しで も果 たせ た ら との 願 望 はハ ー バ ー トを捉 え て放 さ な い 強 追 観 念 の 如 き もの で 、
続 く 「仕 事 」(II)に お い て も、 己 が 存 在 の 不 確 か さ を嘆 い た あ と、 オ レ ン ジ の樹 に
想 い を託 す 。
OhthatIwereanOrenge-tree,
Thatbusieplant!
ThenshouldIeverladenbe,
Andneverwant
Somefruitforhimthatdressedme.("Employment"[H]21-25)
(あ あ 、 オ レ ン ジ の 樹 に な り た い も の だ/あ
実 を た わ わ に つ け て/差
の 働 き 者 の 樹 に/そ
し 出 す こ と が で き る/私
うす れ ば 、 常 に
を育 て 上 げ て くだ さ っ た 方 に 、
そ の 実 を 。)
こ の よ うに、 ジ ョー ジ ・ハ ー バ ー トは様 々 な心 的 葛 藤 を経 て、 田舎 牧 師 として 教
会 の権 威 に従 い 、後 世 「ベ マ トンの聖 人 」と讃 え られ る よ うな、信 仰 者 の 模 範 とな る。
と ころ で 、 詩 人 に想 い を託 され た オ レ ン ジの樹 は、 そ の 果 実 は別 に して 、 イギ リ
ス で は とて も珍 しい 果 樹 で あ っ た4)。 暖 地 性 の オ レ ン ジ は、 も とア ル プ ス 以 北 で は
一70一
露 地 栽 培 が 不 可 能 で あ った。 イ ギ リス で もオ レ ンジ の樹 が 持 ち 込 まれ た 当初 は、 冬
は霜 ゆ え に枯 死 して しま った 。 だ が し ば ら くす る と、 防 寒 処 置 として 木 造 の覆 い を
施 し、 ス トー ヴ を入 れ越 冬 が 可 能 に な った。 ロ ン ドンの薬 種 商 ジ ョン ・パ ー キ ンソ ン
(JohnParkinson)は1629年
に 出 版 し た 園 芸 書 『太 陽 の 中 の 楽 園
(ParadisiinSoleParadisusTerrestris)で
地 上 の楽 園』
、 未 熟 な が らイ ギ リス で 初 め て オ レ ン ジ
の 栽 培 方 法 を紹 介 して い る。 そ れ に よる と、 オ レ ンジ を 夏 の 日射 しに さ らす た め 、
大 きめ の 四 角 の 箱 に入 れ丘 の斜 面 に鉄 の 鈎 でか け、 また冬 の 寒 さか ら守 るた め に は、
箱 の 下 に付 け た トロ ッコで 転 が し、屋 敷 内 か 閉 め切 った 回廊 に 入 れ る 者 もい た 。 あ
るい は、 オ レ ンジ を レ ンガ の 壁 を背 に して地 面 に植 え、 冬 の 時期 に は麻 布 で 覆 った
板 張 りの 小 屋 で 保 護 し、 さ らに寒 い 時 期 に な る とス トー ヴ を た き暖 を取 らせ る者 も
い た、 とい う5)。とこ ろが 、 人 々の 憧 れ の樹 オ レ ンジ に一 大 異 変 が 起 こる。 フ ラ ンス
な ど大 陸 で ガ ラス を用 い た オ レ ンジ栽 培 用 の 温 室 が16世 紀 に建 て られ 、鉢 植 え の技
術 とあ い まって 、 寒 さ に弱 い オ レ ン ジの 越 冬 が 容 易 に な った 。 黄 金 の林 檎 を連 想 さ
せ る オ レ ンジ の生 る空 間 は、 さな が らヘ スペ リデ ス の 園 で あ り、 楽 園 とな っ た。
詩 人 の信 条 を象 徴 す る オ レ ン ジの樹 は、 兄 の エ ドワ.,.._.ド
の 著 作 に も見 る こ とが で
き るが 、 兄 か ら弟 へ 情 報 の 伝 達 が あ っ た の か 、 あ るい は、 も し兄 の 直 接 的 な影 響 で
な い と した ら、 当 時 イギ リス の ど こで そ の樹 を 目にす る こ とが で きた の か 、 そ の 可
能 性 を探 る ことが 本 稿 の 目的 で あ る。
1二 本の オレンジの樹
ハ ーバ ー ト家 の エ ドワー ドとジ ョー ジ はか な り気 質 の違 う兄 弟 で あ った 。 兄 はあ
くまで も激 し く、弟 は召 命 を受 け た 後 は ひた す ら従 順 で穏 和 で あ った 。兄 の エ ドワ,.._..
ドはル ネサ ンス 的 万 能 人 で あ る。 国 王 ジェ イム ズ ー 世 の宮 廷 で は外 交 官 と して 活 躍
し、 後 に そ の 功 労 な どで チ ャ ー ル ズ0世
よ り初 代 チ ャー ベ リー卿 に叙 任 され る。 哲
学 の分 野 で は、 『真 理 に つ い て 』(DeVeritate)の
著 者 で 「イギ リス理 神 論 の父 」と称
さ れ る。 歴 史 家 の 問 で は 『ヘ ン リー 八 世 の 生 涯 と治 世 』(TheLifeandReignof
HenryVIII)の
著 者 と して も知 られ 、 弟 ほ ど有 名 で は ない に して も詩 人 で 、 ジ ョン ・
一71一
ダ ン風 の形 而 上 詩 を記 して い る。 しか も、 晩 年 には 、 『
平 信 徒 の 宗 教 につ い て』(De
ReligionLaici)で
、 キ リス ト教 会 の権 威 、 聖 書 と司祭 を痛 烈 に批 判 して い る。 そ の
兄 エ ドワー ドは弟 ジ ョー ジ を 「何 年 もの 問、 僧 禄 を も らい 暮 ら して い た ソ ー ル ズ ベ
リー 界 隈 で は 聖 人 と崇 め られ るほ ど、 弟 の 人 生 は とて も清 く、 模 範 とな っ た 」と評
し て い る が6)、 他 の 兄 弟 、 例 え ば 、 海 軍 で 活 躍 した 末 男 トマ ス ・ハ ー バ ー トを描 く
際 の筆 致 に較 べ る と鈍 く、 分 量 に して も遠 く及 ば な い。 だ が 、 兄 エ ドワー ドの 波 乱
に満 ちた 生 涯 に 、弟 が 宗 教 的 な決 意 表 明 す るの に象 徴 と して用 い た オ レ ン ジが登 場
す る。
エ ドワ ー ド ・ハ ーバ ー トは14歳
の と き父 を 亡 くし、 家 督 存 続 の た め2年 後 、 年 上
の 資 産 家 と目 され て い た 女 性 と結 婚 させ られ る。 そ れ か ら10年 間 は 島 国 で我 慢 して
い た が 、好 奇 心 を満 足 させ るた め 、子 供 と妊 婦 を置 き去 りに して フ ラ ンスへ 旅 立 つ 。
妻 とは0悶
着 あ った よ うだ が 、 一 度 解 き放 た れ た 好 奇 心 は さ らな る 冒険 を 求 め 、 帰
国 して1年 足 らず で低 地 国(LowCountries)で
の 宗 教 戦 争 に志 願 して 出 か け て し ま
う。 戦 争 の 最 中、 オ ラ ンダの 指 揮 官 オ レ ン ジ公 に 出会 い 、 友 誼 を深 め る。 戦 争 の 発
端 は こ うで あ る。1609年3月
、神 聖 ロー マ 帝 国 内の ク レー フェ侯 ウ ィ リァム ・ジ ョン
が 逝 去 す る。 そ れ に と もな い侯 爵 領 の 継 承 を め ぐっ て 、 プ ロ テ ス タ ン1'と カ トリ ッ
クが 激 突 す る。 プ ロ テス タ ン ト系 の 選 帝 侯 とハ プ ス ブ ル グ家 出 身 の皇 帝 ル ドル フニ
世 の 命 を受 け た レオ ポ ル ド大 公 が 名 乗 りを挙 げ る。 プ ロ テ ス タ ン ト側 に フラ ンス 王
ア ンリ四 世(HenriIV)が
支 援 を表 明す れ ば、 オ ラ ンダ とイギ リス が そ れ に追 随 す る。
もち ろ ん、 カ トリック側 に は ス ペ イ ンが 援 助 をす る。 レオ ポ ル ド大 公 が ク レー フ ェ
侯 爵 領 の 主 要 都 市 の 一 つ ジ ュ リヤ ー ズ(ド イツ名 ユ ー リッ ヒ)を 占領 す る と、 オ ラ ン
ダ軍 の 指 揮 官 オ レ ン ジ公 は ジ ュ リヤ ー ズ を包 囲 す る。 イギ リス 軍 はサ ー ・エ ドワー
ド・セ シル の指 揮 の 下 、オ ラ ンダ軍 と合 流 して包 囲 に加 担 す る。エ ドワー ド・ハ ー バ ー
トは1610年6月
8月22日
、 低 地 国 を経 由 して オ レ ン ジ公 率 い る軍 に志 願 兵 と して 参 加 す る。
ジ ュ リヤ ー ズ は プ ロ テ ス タ ン ト側 に陥 落 す る。 エ ドワー ドは60歳
頃書 き始 め た 『自伝 』(TheLifeofEdward,LordHerbertofCherbury)で
経 緯 を回顧 して、 次 の よ うに述 べ て い る。
一72-一
を越 えた
、 当時 の
私 が そ こ に行 くこ とに な った きっか け は こ うで あ る。 つ ま り、 ク レー フ ェ侯 領 、
ジ ュ リヤ ー ズ 及 び低 地 国 と ドイ ツの 問 に あ る そ の他 の諸 州 の称 号 を め ぐる戦 い
が 、 そ の侯 位 要 求 者 た ち に よ っ て な され た こ と、 そ して フ ラ ンス 王 自身 が 大 軍
を率 い て そ の 地 域 に進 軍 す る こ と を聞 きつ けた か らで あ る。 時 は1610年
、チ ャ
ン ドス 卿 と私 は低 地 国へ 船 で 渡 り、 そ こか らジ ュ リヤ ー ズ に赴 く決 意 を固 め た 。
そ の 都 市 を オ レ ンジ公 が 包 囲 す る こ とに な っ て い た か ら。 大 急 ぎで そ こに行 っ
て み る と、 包 囲 は 始 ま っ た ば か りで あ り、 低 地 国 軍 はサ ー ・エ ドワー ド ・セ シ
ル 鷹 下 の 四 千 名 の イギ リス兵 で 補 強 さ れ て い た 。 ほ どな く、 悪 党 ラヴ ァリア ッ
クに 暗 殺 され た ア ン リ四 世 の 名 代 と して、 フラ ンス 軍 元 帥 が 大 軍 を率 い て 到 着
した。(52-53頁)
ち な み に、 『自伝 』 に 登 場 す る オ レ ン ジ 公 は ナ ッサ ウ 家 モ ー リ ス 伯(Count
MauriceofNassau)の
こ とで 、1618年
、 兄 フ ィ リ ップ ・ウ ィ リア ム の 逝 去 に ともな
い 爵 位 を継 承 す る。 エ ドワ,.....ド
が 自伝 を書 き始 め た の は1643年
頃 か らで あ り、彼 を
後 の 称 号 で 登 場 させ て い る。 また、 ジ ョン ・ダ ンに は 「ジ ュ リヤ ー ズ に い るサ ー ・エ
ドワー ド・ハ ーバ ー トに」("ToSirEdwardHerbert,atJuliers")と
い う書 簡 詩 が あ る。
休 戦 の 後 、 フ ラ ンス や イ タ リアの 都 市 を遊 歴 し帰 英 した エ ドワー ドは、 フ ラ ンス
で の 交 友 関 係 や 低 地 国 で の 武 勲 を 買 わ れ て 、 また 後 の バ ッキ ン ガ ム 公(George
Villiers,DukeofBuckingham)の
推 挙 もあ り、1619年
に 駐 仏 特 命 大 使 に任 ぜ られ
る。 パ リで の 主 な職 務 は前 年 に勃 発 した ドイ ツ三 十 年 戦 争 の情 報 収 集 とフ ラ ンス 国
王 の動 向 の 分 析 で あ っ た。 そ れ ゆ え、 パ リ駐 在 の各 国 の 要 人 との付 き合 い も大 切 な
任 務 で あ り、 快 晴 の 日に は園 遊 会 に 出席 し、 雨 天 の 日に は舞 踏 会 な どに 参 加 して い
た 。 あ る 晴 れ た 目、 チ ュ イ ル リー(Tuileries)の
(LouisXHI)の
王 妃 ア ン(AnneofAustria)が
庭 園 で の こ と。 仏 国 王 ル イ 十 三 世
エ ドワー ドとの 散 策 を 求 め、 腕 に 手
を か け談 笑 して い た と き、 突 然 、 空 か らな に か 小 さな粒 が 降 って きた 。 運 悪 く二 人
と も帽 子 を被 って い なか った の で 、じか に頭 に 当 た った 。手 に取 って み る と、弾 粒 で 、
近 くで 王 が 鳥 を狙 い 放 っ た銃 弾 で あ る こ とが 判 り、 二 人 は び っ く り仰 天 す る。 騒 ぎ
を聞 きつ け た廷 臣 た ちが 王 を残 して 駆 け 寄 っ て くる。 そ の 中 にエ ドワー ドの 恋 敵 が
一73一
い て 、 ア ン王 妃 が 彼 とま だ親 し く寄 り添 っ て い るの が 憎 ら し くて、 王 妃 の背 後 に 忍
び よ り、 ポ ケ ッ トに 隠 し持 って い た砂 糖 菓 子 をそ っ と頭 に 降 り注 い だ 。 王 が 再 度 二
人 の 仲 を邪 推 して 故 意 に 空 砲 を放 った の で は と王 妃 は狼 狽 す る。 エ ドワー ドは貴 婦
人 を怖 が らせ る 以 外 に余 興 の 方 策 を考 案 で き な い とは 廷 臣 の風 上 に 置 け な いや つ
だ、 と騎 士 道 精 神 を発 揮 して助 け船 を出 す 。 この 話 は彼 の 『自伝 』に紹 介 され て い
るエ ピソ ー ドあ るが(102-4頁)、
エ ドワー ドは話 を 導 入 す る まえ に 宣 誓 を して 信 愚
性 を保 証 して い る。 だ が 、 か え っ て 眉 唾 な 印象 を与 え、 思 わ ず 苦 笑 して しま う。 彼
は この 庭 園 に 「オ レ ンジの 樹 が 生 育 して い た 」と特 記 して い る。 お そ ら く、 王 妃 との
特 別 な思 い 出 が オ レ ンジ と結 び つ い た の で あ ろ う。 とい うの も、 チ ュ イ ル リー 庭 園
は も と、 先 王 ア ンリ四 世 が1600年
に結 婚 を し た マ リア(Mariade'Medici)に
故郷
を偲 ばせ る た め造 園 させ た イ タ リア式 庭 園 で、オ ラ ンジ ェ リー(オ レ ンジ栽 培 用 温 室)
が 併 設 され て い て、 前 述 の よ うに、 当 時 の イギ リス 人 に は珍 しか った 。 エ ドワー ド
はそ の 間 の 事 情 を知 っ て い て 、 パ リの チ ュ イ ル リー で 見 つ け た オ レ ンジ を 自伝 に加
えた に相 違 ない 。20数 年 後 、 日記 作 家 の ジ ョン ・イー ヴ リ ン(JohnEvelyn)が
チュ
イ ル リー の庭 園 を訪 れ た ときの 印 象 を次 の よ うに記 して い る、 「オ ラ ンジ ェ リー、 貴
パラ ダイス
重 な灌 木 そ れ に珍 しい果 実 が あ り、 楽 園 の ようだ った 」と(1644年2月9日
付)7)。
そ れ で は 、 兄 エ ドワー ドの 詩 の 中 で は、 オ レ ン ジの樹 は どの よ うに扱 われ て い る
で あ ろ うか 。 「私 は愛 した 最 初 の男 」(『詩 集 』の 編 者 ム ー ア ・ス ミス に よ る)と 題 す る
詩 で 、 イ ギ リス の オ レ ンジは 成 長 が 遅 い と述 べ て い る。
YepasinourNorthernClime
Rarefruits,thoughlate,appearatlast;
Aswemaysee,someyearsb'ingpast,
OurOrenge-treesgrowripewithtime.(11.25-28)g}
(だ が 、 我 ら が 北 方 の 風 土 に/珍
知 っ て と お り 、 何 年 も か か っ て/我
し い 果 実 が 最 近 に な っ て よ うや く現 れ た が 、
ら の オ レ ン ジ の 樹 は 成 熟 す る の で あ る)
こ の よ うに 兄 弟 二 人 は 、 とも に オ レ ンジ の 樹 を イ メー ジ とし て 詩 に 援 用 して い る。
一74一
弟 の 詩 は先 に 紹 介 した よ うに、 神 の 栄 光 を 讃 え るた め 、 ほ ん の少 しで も尽 力 した い
との 願 望 を披 潅 した 宗 教 詩 で あ る。 そ れ に対 して、 後 者 の 詩 は あ る意 中 の夫 人 に、
願 い を 聞 き入 れ て くれ る よ うに 切 に 訴 え る恋 愛 詩 で あ る。 弟 の 詩 で は 、 オ レ ンジの
樹 は豊 饒 性 を象 徴 して い た が 、 兄 の 詩 で は秘 め られ た恋 心 が 徐 々 に募 る様 子 が 、英
国 に移 植 され た オ レ ンジの 生 育 過 程 に喩 え られ る。 これ ら二 つ の 宗 教 詩 と恋 愛 詩 に
お け る オ レ ンジ の用 い 方 を見 る限 りで は、 片 方 が も う一 方 に影 響 を 及 ぼ した と考 え
る の は無 理 で あ ろ う9)。 しか し、 兄 弟 で あ る以 上 、 思 想 的 ・政 治 的 相 違 が あ る に も
か か わ らず 、 二 人 が 草 稿 を見 せ 合 い 、 時 に は朗 唱 して い た 可 能 性 は否 定 で きず 、0
方 が他 方 に そ れ とな く知 らせ るキ ュ ウ とし て オ レ ンジ を用 い た と考 え られ な い だ ろ
うか 。
∬ イタリア式庭 園の果 実
イ タ リ ア ・ル ネ サ ン ス の 庭 に は オ レ ン ジ や レ モ ン な ど 柑 橘 系 の 果 樹 が 植 え ら れ 、
人 々 の 視 覚 や 嗅 覚 を 刺 激 し て い たio)。1350年
メ ロ ン 』(TheDecameron)第
ラ ・パ ル ミエ リ(VillaPalmieri)が
頃 、 ボ ッ カ チ オ(Boccaccio)が
『デ カ
三 日 の 序 で モ デ ル と し て 描 い た トス カ ー ナ 州 の ヴ ィ ッ
そ の一 例 で あ る。
この庭 園 の中央 に(中 略)何 千種 とい う草花が その草地 の中に咲 き、 またその
オレ ンジ
レモ ン
周 囲 に は緑 した た る勢 い の よい柑 橘 の樹 や 檸 檬 の 樹 が 植 わ って い ま した。 そ れ
らの樹 に は熟 した 実 、 未 熟 の実 また は花 な どが つ い て お り、 心 よい樹 陰 で 人 の
目を娯 しませ る ば か りで な くまた 嗅 覚 を も娯 し ませ るの で あ りま したll)。
女 王 エ リザ ベ ス の 治 世 、 ル ネサ ンス も凋 落 期 にあ っ た イ タ リア や そ の 影 響 を受 け
た フ ラ ンス、 オ ラ ンダか ら、 旅 行 者 、 戦 争 の 志 願 兵 そ れ に大 使 や 公 使 な どが イ ギ リ
ス に戻 っ て くる。 彼 らは文 化 と称 して 盛 ん に新 奇 な もの を持 ち 帰 り自慢 した。 特 に
庭 園 は権 力 や 流 行 を誇 示 す る絶 好 の見 せ 場 で あ り、 珍 しい果 樹 は贅 を尽 くした装 飾
品 とな っ た。 チ ュダ ー嘲 の社 会 生 活 を克 明 に描 い た ウ ィリア ム ・ノ・リソ ン(William
一75一
Harrison)は
「庭 と 果 樹 園 に つ い て 」("OfGardensandOrchards")の
な 外 来 種 の 珍 し い 果 樹 が こ の40年
中 で 、実 に様 々
の 間 に 貴 族 の 庭 園 な ど に 移 植 され た もの だ と感 嘆
し た あ と 、 オ レ ン ジ や レ モ ン の 樹 を 見 た し、 オ リ ー ヴ が こ こ イ ギ リ ス で も 育 つ の
を 聞 い た こ と が あ る 、 と 記 し て い る12)。 バ ー リ ー 卿 ウ ィ リ ア ム ・セ シ ル(Wiliam
Cecil,LordBurghley)と
と も に 、 イ ギ リ ス で 最 初 に オ レ ン ジ の 樹 を 植 樹 し た と称 さ
れ る フ ラ ン シ ス ・カ ル ー(SirFrancisCarew)は1562年
木 を 購 入 し 、 サ リ ー 州 ベ デ ィ ン ト ン(Beddington)の
の 春 、 パ リで オ レ ンジ の苗
地 に 移 植 し た 。 日記 作 家 の ジ ョ
ン ・イ ー ヴ リ ン に よ る と 、 そ の 栄 誉 を 浴 す る の は 、 ニ コ ラ ス ・カ ル ー(SirNicholas
Carew)で
あ る とい う。
ベ デ ィ ン トン、 そ こは か つ て は ス ロ ックモ ー トン家 で 今 で は カル ー 家 の 座 で あ
る。 そ の ス ロ ックモ ー トンが 最 初 に ス ペ イ ンか らオ レ ン ジの 樹 を持 ち 込 ん だ 。
彼 は そ こで 大 使 を務 め て い たが 、帰 国 後 、近 傍 に立 派 な庭 園 をつ くった 。 オ レ
ンジの 樹 は 鉢 植 え で は な く、 地 面 に 植 え られ て い た。 仮 の小 屋 とい うか 木 の覆
い が あ り、ス トー ヴ に火 を入 れ て、そ の場 にず っ と植 え られ た ま まで あ る。(1632
年10月21日
付)
ま た 、 イ ー ヴ リ ンの 未 完 の 大 著
RoyalGardens)に
『英 国 の 庭 園 』(ElysiumBritannicumorthe
よ る と、
聞 い た とこ ろ に よ る と、 オ レ ン ジの 樹 が 最 初 に イギ リス に持 ち込 まれ 植 え られ
た の は、 エ リザ ベ ス女 王 の 治 世 サ リー 州 ベ デ ィン トンで 、 あ らゆ る園 芸 の愛 好
家 サ ー ・ニ コ ラス ・カル ー に よる とい う。 そ の地 で は、 オ レ ンジが 今 で も植 え ら
れ て い る…!3)
こ の ニ コ ラ ス ・カ ル ー が フ ラ ン シ ス ・カ ル ー の 甥 を 想 定 し て い た と す る と 、 お そ ら
き ょ うだ い
く イ ー ヴ リ ン の 誤 解 で あ ろ う。 フ ラ ン シ ス に は 姉 妹 に ア ン(AnneCarew)が
彼 女 は パ リ 駐 仏 大 使 の ニ コ ラ ス ・ス ロ ッ ク モ ー ト ン(SirNicholasThrockmorton)
一76一
いた。
に 嫁 い で い た 。 フ ラ ン シ ス は1611年81歳
で 亡 く な り、 ベ デ ィ ン ト ン を ア ン の 息 子 、
即 ち 甥 の ニ コ ラ ス ・ス ロ ッ ク モ ー ト ン(NicholasThrockmorton)に
譲 った。甥 は内
乱 後 母 方 の 姓 に 改 名 し カ ル ー を 名 乗 る 。 こ の ニ コ ラ ス ・カ ル ー に は 同 姓 同 名 の 祖 父
が い る 。 だ が 、 そ の 祖 父 は1539年
に 亡 くな っ て い て 、 しか も ス ペ イ ン大 使 で あ っ た
と い う 事 実 は な い 。 イ ー ヴ リ ン が20数
年 後 再 び ベ デ ィ ン トン を 訪 れ た と き、 ス ロ ッ
ク モ ー トン の 名 は 省 略 さ れ る。
カ ルー 家 の 古 よ りの座 、 ベ デ ィ ン トンに行 っ た 。(中 略)そ
こは イギ リス で 最 初
の オ レ ンジの 庭 で有 名 で あ る。 今 で は樹 は成 長 し過 ぎ て い る。 そ れ らの樹 は地
面 に植 え られ て いて 、冬 は木 造 の 小 屋 とス トー ヴで 保 護 され て い る。(1658年9
月27日 付)
さ らに42年 後 、 イ ー ヴ リ ンが ベ デ ィ ン トンを訪 れ た とき、 屋 敷 や 庭 園 は朽 ち果 て
て い るが 、 イギ リス で 最 初 の オ レ ンジ の樹 は今 で も実 を結 び 健 在 で あ る、 と 日記 に
記 して い る(1700年9月20日
付)。 イギ リス で 最 初 に オ レ ン ジ を持 ち 込 ん だ 栄 誉 に
浴 す るの が だ れ で あ れ 、 ベ デ ィ ン トンの 地 に イ ギ リス で 最 初 の オ レ ンジ と木 造 の オ
ラ ン ジェ リー の原 型 を 見 出 す こ とが で きる。
フ ラ ンス は ノル マ ンデ ィ出身 の 水 力 学 技 師 サ ロモ ン ・ド ・コー(SalomondeCaus)
が 英 国 王 ジ ェ イ ム ズ0世
の 王 妃 ア ン(AnneofDenmark)の
た め に 設 計 した とされ
るサ マ セ ッ ト・ハ ウ スの 作 業 報 告 書 に 「オ レ ンジの樹 の た め の建 物 」が あ る。サ マ セ ッ
ト ・ハ ウス は1609年
に造 園 が 始 ま るが 、 実 際 に この オ レ ンジの 建 物 が 建 設 され たか
どうか 定 か で はな い 。 また、 ド ・コー は イ ング ラ ン ドに渡 る前 、16世 紀 の 終 わ り頃 、
実 施 設 計 集 とい うべ き 『
動 力 の 原 理 』(LesRaisonsdesforcesmouvantes)を
い るが 、 そ の 第11則
著 して
に は、 上 部 に貯 水 槽 を備 えた 人 口洞 窟 が 描 か れ て い る。 そ こに
至 る散 歩 道 に は 鉢 植 え され た オ レ ンジ と レモ ンの樹 が 並 べ られ て い た。 そ れ らの 樹
に は円 蓋 が 懸 け られ、 越 冬 で きる よ う工 夫 が な され て い る。 ド ・コー は イ ング ラ ン ド
の 寒 い気 候 風 土 に合 わ せ て、 円蓋 の 工 夫 を さ らに発 展 させ オ レ ン ジ栽 培 温 室 を デザ
イ ン した の か も しれ な い14)。この よ うに イギ リス で オ レ ンジ熱 が 高 まる中 、ジ ョー ジ ・
一77一
ハ ー バ ー トも知 己 の 庭 園 で 、 オ レ ンジの樹 を現 実 に見 た の だ ろ うか 。
政 治 家 ウ ィ リア ム ・テ ンプ ル(SirWilliam艶mple)は1666年
ブ リュ ッセ ル駐 在
公 使 の とき、仏 国 王 ル イ十 四 世 の 野 望 を打 ち砕 くた め イギ リス、 オ ラ ン ダ、 ス ウ ェー
デ ンの プ ロ テ ス タ ン ト三 国 同 盟 の 調 印 に尽 力 した あ と、1674年
に は オ ラ ンダの オ レ
ン ジ公 ウ ィリア ム とメア リー との結 婚 を お膳 立 てす る。1685年
に は 政 界 を 退 き、 故
郷 サ リー 州 シ ィー ン(Sheen)に
隠 遁 す る。 「古 代 と現 代 学 問 」や 「も ぐさに よる痛 風
の 治 療 」 な ど様 々 な エ ッセ イ を著 す 。 「エ ピ ク ロ ス の庭 園 」("UpontheGardensof
Epicurus,orOfGardening")も
そ の 一 つ で 、古 代 か ら当 代 に至 る庭 園 通 史 で あ る と
ともに 、 当 時庭 園が い か な る様 相 を呈 して い たか を伝 え る格 好 の エ ッセ イで もあ る。
そ の 中 で 彼 は育 て上 げ た 自慢 の果 樹 として 、 桃 、 無 花 果 、 葡 萄 の 他 、 オ レ ンジ の樹
を挙 げ て い る。
私 の オ レ ンジ の樹 は、 フ ォ ンテ ー ヌ ブ ロ ー や 低 地 国 で 見 た もの を除 き、 また オ
レ ン ジ公 の 老 木 を 除 き、 若 い 頃 フ ラ ンス で 見 た もの と同 じ くらい の 大 き さに成
長 し、 咲 き うる 限 りの 花 が 咲 き、 望 み うる果 実 で 満 ち溢 れ て い る。 昧 の 方 も、
セ リヴ ィア や ポ ル トガ ル の 最 高 の 品 種 を除 き、 普 通 に 輸 入 され る もの と同 等 で
あ る15)。
テ ンプ ル は イギ リス とい う寒 い気 候 風 土 で 暖 地 性 の 果 樹 を育 て る工 夫 も説 く。 適
した 土 壌 の 選 び方 、壁 の 方 角 に あ っ た果 樹 の選 び方 、 黒 色 の 害 虫 の 駆 除 法 な ど克 明
に記 して い る。 彼 が 精 魂 込 め て 造 園 した 庭 を イー ヴ リ ンが 見 た とき、 息 子 ジ ョ ン ・
テ ンプ ル 所 有 の もの で あ った が 、 そ の 印 象 を 日記 に 記 して い る。 「正 餐 後 、 近 傍 の
サ ー ・ウ ィリアム ・テ ンプ ル に 会 い に行 った 。:...の 見 所 は、 彼 の オ ラ ンジェ リー と
庭 で 、 そ こ に は木 々 が とて も見 事 に壁 を覆 う よ うに固 定 され て い た 。 生 涯 で これ ほ
ど立 派 な の もの は 見 た こ とが な い」(1688年3月29日
付)。 こ れ は壁 や垣 ぎわ に 木 を
エ ス パ リエ
植 え る 「果 樹 縞 」と呼 ば れ る栽 培 法 で 、 日射 しを最 大 限 に受 け 、 日没 後 も余 熱 を利
用 す る こ とが で きる。
1685年
に テ ンプ ル はハ ー トフ オー ドシャ ー の ムー ア ・パ ー ク を購 入 し、 翌 年11月
一78一
引 っ越 す 。 こ の ム..._.ア
・パ ー クの 庭 園 は 、1617年
か ら27年 にか け て造 営 され 、 テ ン
プ ル は数 あ る名 園 の 中 で も美 し く完 壁 と称 賛 して い る。30年
ほ ど前 に訪 れ た と き、
印 象 に残 った もの と してオ レ ンジ の樹 を挙 げ てい る。
テ ラ スの 縁 に は標 準 の 月桂 樹 が 置 か れ 、 さ らに距 離 を置 い た ところ にオ レ ン ジ
の樹 が 美 し く植 え られ て い た。 花 が しぼ み 、 実 が 生 って い た 。(中 略)南 に面 し
た 回廊 は蔦 で 覆 わ れ て い て、 オ ー
レンジ の建 物 に は 適 して い た こ とで あ ろ う。(3
巻235-36頁)
テ ン プ ル が 訪 問 し た1650年
代 に は 、 ム ー ア ・パ ー ク に は オ ラ ン ジ ェ リ,___.は
現存 し
て い な か っ た こ と が 窺 え る が 、 こ の 庭 園 は 構 成 が 前 述 の サ マ セ ッ ト ・ハ ウ ス 庭 園 に
類 似 し て い る こ と か ら 、 サ ロ モ ン ・ド ・コ ー の 設 計 が 疑 わ れ る 。 事 実 、 ジ ョ ン ・オ ー
ブ リ ー(JohnAubrey)は
年11月
サ ロ モ ン を 設 計 者 に 挙 げ て い る16)。 だ が 、 ド ・コ ー は1612
、 彼 が 庇 護 を 受 け て い た 英 国 ヘ ン リ ー 皇 太 子 の 急 逝 に と も な い 翌 年7月
、 イ
ギ リ ス の 島 を 離 れ 大 陸 に 向 か い ヘ ン リ ー の 妹 エ リザ ベ ス 王 女 とそ の 夫 で プ フ ァ ル ツ
選 帝 侯 プ リ}ド
リ ヒ 五 世 に 伺 候 し た あ と、1626年
没 す る 。 従 っ て 、 そ の 頃 イ ギ リス
に 滞 在 し て い た 彼 の 弟 で や は り、 庭 園 技 師 で 『ウ ィ ル ト ン の 庭 』(Lesjardinde
Wilton)のi著
者 イ サ ク ・ ド ・コ ー(IsaacdeCaus)の
手 に な る も の と推 察 さ れ る。 造
園 の 施 主 は 、 テ ン プ ル に よ る と 、 ベ ドブ オ,___ド伯 爵 夫 人 ル ー シ.___・ハ リ ン ト ン(Lucy
Haxington,CountessofBedford)で
巻235頁)。
し か し 、1631年
あ り、 ジ ョ ン ・ダ ン も こ の 庭 を 称 賛 し た と い う(3
の 売 買 契 約 書 に よ る と、 ル ー シ ー ・ハ リ ン ト ン の あ と 第
三 代 ペ ン ブ ル ッ ク 伯 ウ ィ リ ア ム ・ハ ー バ ー トが 所 有 し て い た と あ り、1627年
に ル ー一
シ ー ・ハ リ ン ト ン が 逝 去 し た あ と 、 ウ ィ リ ア ム ・ハ ー バ ー トが 譲 り受 け 、 庭 園 に 手 を
加 え た 可 能 性 が 高 い17)。27年 か ら31年
の 問 、ペ ン ブ ル ッ ク 伯 の 被 庇 護 者 で あ る ジ ョー
ジ ・ハ ー バ ー トが な ん ら か の 機 会 に そ こ の パ ー ク を 訪 れ 、 オ レ ン ジ の 樹 に 花 と 実 が
同時 に な る の を見 た可 能 性 が あ る。
ジ ョ ー ジ ・ハ ー バ ー ト は1629年
に 親 戚 の 娘 ジ ェ ー ン ・ダ ン ヴ ァ ー ズ と 結 婚 し た あ
と 、 先 に 述 べ た よ う に 、 翌 年4月
ソ ー ル ズ ベ リ ー 郊 外 の 小 邑 ベ マ トン の 教 区 牧 師 に
79
な る。 ベ マ トンの西2マ イ ル ほ どの 所 に は、 ウ ィル トシ ャー の名 家 ペ ンブ ル ック伯 爵
の居 城 ウ ィル トン ・ハ ウス が あ る。 ハ ー バ ー トの 庇 護 者 で あ る 第 三 代 ペ ンブ ル ック
伯 ウ ィ リア ム ・ハ ー バ ー トは1601年
ウ ィル トンの所 領 を相 続 し、 この 地 に庭 園 を造
営 す る。残 念 なが らこの庭 園 は30年 代 、弟 で 第 四代 ペ ンブ ル ック伯 フ ィリ ップ ・ハ ー
バ ー トに よっ て大 改 造 され て しま うが 、1623年
テ イ ラー(JohnTaylor)の
に こ こを訪 れ た 「水 上 詩 人 」ジ ョン ・
描 写 か ら、 そ の 庭 園 の 面 影 を偲 ぶ こ とが で きる。 そ れ に
よる と、 庭 師 のエ イ ドリア ン ・ギ ル バ ー ト氏 が 果 樹 を選 ん で並 木 道 と四 阿 をつ く り、
感 覚 を楽 し ませ 、 うっ と りと させ るほ どで 、氏 はそ こ を 「楽 園 」と呼 ん で い た 、 とい
う18)。柑 橘 系 の樹 とい う表 現 こそ 見 あ た らない が 、 オ レ ン ジが 植 わ っ て い た と想 像
した くな る。 とい うの も この 地 は、 伯 爵 夫 人 メ ア リー ・ハ ーバ ー トの兄 フ ィ リ ップ ・
シ ドニ ー(SirPhilipSidney)が(旧)『
ア ー ケ イ デ ィア 』(TheOldArcadia)を
記 し
た ゆ か りの場 所 で あ り、 そ の 改 訂 版 に は、 「見 捨 て られ し騎 士 の 果 敢 な 味 方 二 人 …
0方
の 騎 士 は武 具 も馬 具 もす べ て緑 色 で 、 そ れ は オ レ ン ジ実 る心 地 よい庭 園 の よ う
で した。 精 巧 に 金 箔 を貼 り刺 繍 をほ ど こ した 黄 金 の 果 物 は、 目に も快 い 緑 の 色 を豪
華 に見 せ て い た か らです 」(第3巻)と
い う描 写 に 出会 うか らで あ る19)。
折 に触 れ て何 度 か 引 用 した 日記 か ら判 る とお り、 ジ ョン ・イー ヴ リン もオ レンジ に
は 目ざ とか っ た。1642年
た め43年11月
内 乱 が 勃 発 し議 会 軍 が 勝 利 を収 め る と、 そ の 忠 誠 を避 け る
に は フ ラ ンス を足 掛 か りに大 陸 旅 行 に 出 か け る。 翌 年10月
、南仏 か
ら当 時 イ タ リア旅 行 の 出発 地 点 で あ っ た ジ ェ ノア に 入 る。 そ の地 で 勾 配 を利 用 した
テ ラ ス式 の庭 を見 聞 し、 特 に 印 象 深 か っ た パ ラ ッツ オ ・ドリア(PalazzoDoria)で
見 た オ レン ジの樹 を 日記 に残 して い る20)。この あ とピサ 、フ ィ レ ンツェ、シエ ナ 、ロー
マ を経 て、 ボ ロー ニ ャ、 ヴ ェニ ス に至 る。1645年6月
に は パ リに戻 り、 王 党 派 の逃
亡 者 達 と合 流 し、 リチ ャ ー ド ・ブ ラ ウ ン(SirRichardBrowne)と
年6月 、 彼 が26歳
の とき、 ブ ラ ウ ンの 娘 で12歳
に残 して 一 旦 は 帰 英 す るが 、1649年1月30日
7月 パ リに 戻 る。52年2月
親 睦 を深 め る。 翌
の メ ア リ._..と
結 婚 す る 。花 嫁 をパ リ
、 チ ャ ー ル ズ ー 世 処 刑 の悲 報 に接 し、
に は妻 を連 れ て 帰 国。54年
に夫 婦 で 国 内旅 行 に 出力}け、7
月20日 に ソー ル ズ ベ リー に着 く。ゴ シ ック調 の 大 聖 堂 に心 を奪 わ れ た あ と、午 後 ウ ィ
ル トンに 出 か け る。 英 国 で 一 番 の気 品 の あ る庭 と讃 えて 、 印 象 に残 った 細 部 を描 く。
一80一
庭 に面 した ダ イニ ング ・ル ー ム、 庭 園 を横 切 り蛇 行 す る小 川(ナ ダ ー一川 の 支 流)、 人
工 洞 窟 、花 壇 そ れ に厩 舎 。 厩 舎 は ラ イム の散 歩 道 が あ るゆ え に正 面 の 前 景 が 素 敵 で
あ る("Thestables...yieldagracefulfront,byreasonoftheWaIksoflimetrees.")
とい う(1654年7月20日
付)。 こ こで い う 「ラ イ ム」(limetree)と
橘 系 で は な く、 リ ンデ ン(linden)を
は、 残 念 な が ら柑
指 し、 和 名 で は 「しな の き」で あ る23)。 また 、
この ウ ィル トンは、 先 に触 れ た よ うに、 フ ィ リップ ・シ ドニ ー ゆか りの 地 で あ り、 そ
の シ ドニ ー の 生 家 ケ ン ト州 のペ ンズハ ー ス ト・プ レイ ス の庭 園 に も 「ライ ムの並 木 道 」
が あ る。2年 ほ ど前 に このペ ンズハ ー ス トを訪 れ た イー ヴ リ ンは、 庭 と素 晴 ら しい果
実 で 有 名 で あ る、と記 して い る(1652年7月9日
付)。 つ ま り、ウ ィル トン とペ ンズハ ー
ス トの庭 は 、 あ る程 度 造 園 主 の趣 味 が 共 通 に反 映 して い て 、 ペ ンズハ ー ス トに珍 し
い 果 実 が あ っ た とす れ ば、 ウ ィル トンに も、 他 の果 樹 に混 じっ て オ レ ン ジが 植 わ っ
て い た の で は ない か と、や は り想 像 した くな る。造 園 主 の 第 三 代 ペ ンブ ル ック伯 ウ ィ
リア ム ・ハ ー バ ー トは1630年4月10日
、跡 継 ぎを残 さず 急 逝 す るが 、 ジ ョー ジ ・ハ ー
バ ー トが 田舎 牧 師 に な る前 に頻 繁 に ウ ィル トンを訪 れ 、庇 護 者 と自慢 の庭 園 で語 ら
いの 場 を楽 しんだ に相 違 な い。
ハ ー バ ー ト家 と は 親 戚 関 係 に あ っ た 伝 記 作 家 オ,___ブリー は 『名 士 小 伝 』(Brief
Lives)の
中 で、 第 四代 ペ ンブ ル ック伯 フ ィリ ップ ・ハ ー バ ー トに よっ て 大 幅 に 改 造
され た ウ ィル トン ・ハ ウ ス の庭 園 は、 彫 像 、 噴 水 や 人 工 洞 窟 な どの 創 意 で 知 られ る
イギ リス で 第3番
目の イ タ リア 式 庭 園 で あ っ た伝 え て い る22)。こ の伯 爵 家 の 兄 弟 は
そ の 母 に サ ー ・フ ィ リ ップ ・シ ドニ ー の 妹 メ ア リー ・シ ドニ ー を 持 つ だ け あ って 、
1623年
出版 され た シ ェイ クス ピ ア の 戯 曲集 フ ァー ス ト・フ ォ リオ を献 呈 さ れ るな ど
「比 類 の な い兄 弟 」と して歴 史 に名 を止 どめ て い る。弟 フ ィリ ップ も見 か け とは違 い、
なか なか の審 美 眼 の持 ち 主 で あ った とい う。 だが 、 そ の庭 園 に は、2番 目の 妻 ア ン ・
ク リフ ォー ド夫 入(LadyAnneClifford)の
嗜 好 が か な りの 程 度 、 反 映 され て い る と
もい う。 彼 女 の 家 庭 教 師 は、 サ ミュエ ル ・ダ ニ エ ルで あ っ た。 また、 彼 女 が 書 き残
した 日記 に よる と、 結 婚 後 の孤 独 な時 間 を癒 す 友 は オ ウ ィデ ィウス 、 チ ョー サ ー や
ス ペ ンサ ー な ど の文 学 作 品 で あ り、 また 聖 書 や ア ウ グ ス テ ィヌス な どで あ った 。 彼
女 自身 もか な りの 資 産 家 で ジ ョ ン ・ダ ンを家 に迎 え、 歓 待 も して い る。 ア ン ・ク リ
一81一
フ ォー一ド夫 人 は1630年6月
に 第 四 代 ペ ンブ ル ック伯 フ ィリ ップ ・ハ ー バ ー トと再 婚
す る。 互 い に 再 婚 同士 で あ る。 前 夫 ドー セ ッ ト伯 リチ ャー ド ・サ ック ヴ ィル との不 幸
な結 婚 生 活 の あ と、 痘 瘡 痕 ゆ え に二 度 と結 婚 す る まい と心 に誓 っ て い た ア ンで は
あ っ たが 、 フ ィ リップ ・ハ ーバ ー トと結 婚 して み る と、 や は り不 幸 な結 婚 生 活 に な っ
て し まった らしい23)。 ジ ョー ジ ・ハ ーバ ー トの 友 人 ア ー サ ー ・ウ ッ ドノス か らニ コラ
ス ・フ ェ ラー に宛 て た1631年10月13日
は彼[ジ
付 けの 手 紙 に は、 「同 じ 日、 正 餐 の あ と、 私
ョー ジ]と ウ ィル トンに行 っ た。 彼 が伯 爵 夫 人[ア
ン]と い る 間、 一 人 で0
時 間過 ご した」 とあ る24)。地 理 的 に も、 ベ マ トンは大 聖 堂 の あ る ソー ル ズ ベ リー と
伯 爵 家 の居 城 ウ ィル トンの 中 間地 点 に あ り、ジ ョー ジは伯 爵 家 の チ ャプ レイ ンであ っ
た とい う25)。そ の 頃 ベ マ トンの 教 区 牧 師 に叙 任 され た ば か りの ジ ョー ジ ・ハ ー バ ー
トは、 も し伯 爵 夫 妻 が 不 仲 で あ っ た の な ら、 夫 人 の 心 の 支 え に な っ た に相 違 な い 。
また、 伯 爵 夫 人 と田 舎 牧 師 の 間柄 を示 す1631年12月10日
い る26)。 ア ン ・ク リ フ ォー ド夫 人 が1646年
付 けの 手 紙 が 一 通 残 っ て
頃 か ら描 か せ た 一 族 の 肖像 画(ア
ップ ル
ビー城 の 三 面 画)、 い わ ゆ る 「グ レー ト ・ピ クチ ャー 」に は、 彼 女 が 読 ん だ と思 わ れ
る書 物 の 数 々が 背 景 に描 か れ て い る。 そ の 中 に は、 ダ ンの説 教 集 の他 、 ハ ー バ ー ト
の 『聖 堂 』や ジ ェラー ドの 『本 草 書 』が あ る27)。
ジェ ラー ドの 本 草 誌 は 出版 当 初 か ら、 オ ラ ンダ の ド ドエ ンズ(RembertDodoens)
の 翻 案 で あ る とか 、 学 識 に 欠 け る とか 批 判 が 多 く、 トマ ス ・ジ ョ ンソ ン(Thomas
Johnson)が1633年
に改 訂 版 を出 版 す る。1628年 に ロ ン ドン薬 種 商 組 合 の0員
とな っ
た トマ ス ・ジ ョンソ ンは組 合 の 命 を受 け、 翌 年 ロ ン ドン郊 外 のハ ム ス テ ッ ド ・ヒー ス
や ケ ン ト州 に植 物 採 集 の旅 に出 か けた 。1639年
の 夏 に は、 ウ ェー ル ズ 地 方 に 数 人 の
薬 種 商 を引 き連 れ て 植 物 採 集 に 出か け た 。 そ の途 中 、 ジ ョンソ ン とそ の一 行 はモ ン
トゴメ リー城 でエ ドワー ド ・ハ ーバ ー トに歓 待 され る28)。そ の エ ドワー ドは、 『自伝 』
の 中 で 、植 物 学 は ジ ェ ン トル マ ンに必 須 で 、植 物 誌 か らイ ラス トと効 能 書 を切 り取 り、
薬 草 を採 集 す る とき常 に参 照 す べ きで あ る、 と述 べ て い る(23頁)。
弟 の ジ ョー ジ も、
『田舎 牧 師 』第23章
、 牧 師 は 医術 の
「牧 師 の鑑 」("TheParson'sCompletenesse")で
心 得 もな くて は な らない と し、 フ ァー ネ リウス(フ ラ ンス王 ア ン リニ 世 の侍 医 で 、 兄
エ ドワー ドも 自伝 の 中 で 称 賛 して い る)の 本 草 書 を読 み 、 そ の 知 識 を得 る よ うに と
一82一
指 導 す る。 また 、 薬 草 の 知 識 が あ れ ば、 あ ま り裕福 で は ない 田舎 牧 師 で も、 裏 庭 が
薬 屋 に な る と述 べ て い る。 この よ うに植 物 学 に 多 大 な 関心 を寄 せ 、 時 に は薬 効 を実
地 に試 した ハ ーバ ー トが 、 ウ ィル トンの イ タ リア式 庭 園 で もオ レ ンジ の樹 を見 た 可
能 性 が あ る。
ジ ョン ・ダ ンや ア イザ ック ・ウ ォル トンに よっ て 聖女 とし て描 か れ る、 ジ ョー ジ ・
ハ ー バ ー トの 母 親 マ グ ダ レ ン ・ハ ー バ ー ト(MagdalenHerbert)1ま
と13年 間 寡 婦 を 通 し、 子 供 の 教 育 に 身 を捧 げ る。 しか し、40代
1609年 の こ と、20歳
、夫 の急 逝 の あ
もか な り過 ぎた 頃、
も年 下 の 青 年 ジ ョン ・ダ ンヴ ァー ズ(SirJohnDanvers)と
再婚
す る。 テ ム ズ 川 沿 い の チ ェル シー に建 設 され た再 婚 相 手 の屋 敷 は、 イ タリア式 庭 園
として有 名 で あ った 。オ ー ブ リー に よる と、庭 園 内 に は彫 刻 ・彫 像 や 人 工 洞 窟 が あ り、
森 林 区 画 に は ス イー トブ ライ ア、 ライ ラ ック、 モ ックオ レ ン ジ、 西 洋 柊 や 杜 松 が 生
い 茂 り、 さ ら に4、5本
の林 檎 や 梨 とい った 果 樹 が 植 え られ て い た とい う29)。ダ ン
ヴ ァー ズ は若 い 頃、 イ タ リア や フラ ンス に旅 行 した こ とが あ り、義 理 の 息 子 エ ドワー
ドもか つ て 訪 れ た こ との あ る ロー マ は テ ィヴ オ リの ヴ ィラ ・デ ス テ な ど、 王 侯 ・貴 族
の 大 庭 園 で披 露 され てい る創 意 ・工 夫 を取 り入 れ た に相 違 な い30)。
チ ェル シー の屋 敷 を訪 れ た文 人 は 多 いが 、そ の 中 に は、ジ ョン ・ダ ンや フ ラ ンシス ・
ベ イ コ ンが い た。 ベ イ コ ン は そ の 著 『随 想 集 』(Essays)の
Gardens")で
「庭 園 に つ い て」("Of
、 庭 園 内 の 草 木 が 相 応 しい 時 期 に そ れ ぞ れ の 最 盛 期 を迎 え る ように 配
慮 しな け れ ば な らない と し、11月 後 半 、12月 、1月 の た め に は常 緑 性 ゆ え に オ レ ン
ジや レモ ンの樹 な どを選 ぶ よ う指 示 して い る31)。ベ イ コ ンが 理 想 の庭 を描 く際 、 ダ
ンヴ ァー ズ家 の 庭 園 を一 部 参 考 に した可 能 性 は 否 定 で きず 、 チ ェ ル シー の 庭 園 にオ
レ ン ジの 樹 が 植 え られ て い た の で は ない か と想 像 した くな る。 ジ ョー ジ は、 こ の継
父 の 庭 園 で、 オ レ ンジの樹 に巡 り会 い、 そ の実 が 生 るの を 目撃 した のか もしれ ない 。
さ らに、 ジ ョン ・ダ ンヴ ァー ズ の 最 初 の 妻 マ グ ダ レ ン ・ハ ー バ ー トは1627年
に逝
去 す るが 、 夫 は 翌 年 、 エ リザ ベ ス ・ダ ン トシー と再 婚 す る。 再 婚 相 手 の女 性 は ウ ィ
ル トシ ャー の ラ ヴ ィ ン トンに遺 産 相 続 と して 土 地 を所 有 して い た 。 ダ ンヴ ァー ズ は
そ の 地 にや は り、 オ ー ブ リー に よる と、 イギ リス で 第2番
目の イ タ リア式 の庭 を造 園
す る。 ラヴ ィ ン トンの 地 は、 ウ ィル トンの 南 東 数 マ イル に位 置 し、 ハ ー バ ー トは こ
一83一
れ ら継 父の イタリア式庭 園でオ レンジの樹 を見 た可 能性 が あろう。
むすび
これ まで 、 ジ ョー ジ ・ハ ー バ ー トの 「仕 事 」(II)で 援 用 され た 「オ レ ン ジの樹 」に
つ い て 、 そ の樹 が 何 に 由来 す るの か を解 明 しよ う と努 め て きた 。富 と権 力 の 象 徴 と
して、 当時 盛 ん に王 侯 ・貴 族 の庭 園 な どに 珍 しい 果 樹 が 栽 培 され る よ うに な り、ハ ー
バ ー トも親 類 が 造 園 した庭 園 、 例 え ば 庇 護 者 ペ ンブ ル ック伯 爵 家 の館 ウ ィル トンや
継 父 ジ ョン ・ダ ン ヴ ァー ズ の チ ェ ル シー の 庭 園 で 、 オ レ ンジ の 樹 を 見 た の か も知 れ
な い 。ハ ー バ ー ト家 に 限 定 す れ ば 、 兄 エ ドワー ドが パ リの チ ュ イル リー で観 察 した
オ レ ン ジの 樹 や 、 恋 愛 詩 の 中 で 隠 喩 と して 用 い られ た オ レ ンジ を忘 れ る こ とは で き
な い。
た とえ気 質 の 違 う兄 弟 で あ っ て も、 い や 、 多 くの 点 で違 い す ぎ る兄 弟 だか らこそ 、
兄 が 意 識 的 に 恋 愛 詩 に使 用 した 当 時 として は珍 しか った オ ー
レン ジ を、 装 い を新 た に
して、 しか もそ れ と判 る よ うな形 で 自分 の 宗 教 詩 の 中 に援 用 した に相 違 ない 。
あ くまで も推 測 の域 を出 な いが 、駐 仏 大 使 とな って 社 会 的 に活 躍 して い た 兄 に対
す る 一 種 の 憧 れ と椰 楡 の 意 味 を込 め て 、 ハ ー バ ー トは 「あ の働 き者 の オ レ ン ジの 樹
に な りた い 」との願 望 を披 渥 した の で あ ろ う。 こ の 世 で の 使 命 を全 うして い な い と
少 し卑 屈 に な り、 ご くわず か で あ って も常 に そ の 成 果 を神 に捧 げ た い との気 持 ち を
表 す の に、 ハ ー バ ー トに と りそ の オ レ ンジ の特 性 ほ ど相 応 しい もの は他 に なか っ た
の で あ る。
附 記:本
稿 は2003年ll月15日
に 行 な わ れ た17世
紀 英 文 学 会 東 京 支 部 例 会(於
明治学 院大
学)で の 口 頭 発 表 に 基 づ い て い る 。な お 、筆 者 は か つ て 「ジ ョー ジ ・ハ ー バ ー トの 「
仕 事(皿)」
注 解 の 一 つ の 試 み:オ レ ン ジ の 木 は な ぜ 働 き もの な の か 一
語 英 文 学 研 究 』第41・42合
併 号[1998年3月]所
収 、ll7-30頁)と
」(創 価 大 学 英 文 学 会 編 『
英
題 し て 論 じた こ とが あ る 。
一 部 引 用 に 重 複 が 見 られ る が 、 今 回 は 兄 弟 と庭 園 を 中 心 に 据 え 前 掲 拙 論 を 補 完 す る もの で
あ る。
.E
)
1
註
IzaakWalton,TheLivesofJohnDonne,SirHenryWotton,RichardHooker,GeorgeHerbert
)
2
andRobertSanderson,ed.GeorgeSainsbury(London:OxfordUniversityPress,1.927)277.
ジ ョ ー ジ ・ハ ー バ ー ト の 詩 及 び 散 文 の 引 用 は 、TheWorksofGeorgeHerbert,ed.F.E.Hutchinson
(1941;corr.rpt.Oxford:ClarendonPress,1945)に
ジ ・ハ ー バ ー
)
3
照
ト 詩 集 』(南
よ る 。 な お 、詩 の 邦 訳 は 、鬼 塚 敬 一 訳
雲 堂1986年)、
『続
ジ ョー ジ
・ハ ー バ ー
ト 詩 集 』(南
『ジ ョ ー一
雲 堂X997年)を
参
し た 。,
LawrenceStone,TheFamily,SexandMarriageinEngland1500--1800(1977;abr.edn.New
)
4
York:HarperandRow,1979)40,42.
MayWoodsandAreteSwartzWararen,GlassHoacses:AHistoryofGreenhouses,Orangeries
andConservatories(NewYork:Rizzoli,*..)3-2L松
)
5
紀 か ら18世
平 圭 一
紀 末 ま で に お け る 成 立 と展 開
』(西
『イ ギ リ ス 式 庭 園 文 化16世
日 本 法 規 出 版2001年)80頁
参 照 。
JohnParkinson,ParadisiinSoleParadisusTerrestris(1629;rpt.Noorwood,N.工:WalterJ.
)
6
Johnson,1975)584.
TheLifeofEdward,FirstLordHerbertofCherbury,ed.J.M.Shuttleworth(London:Oxford
UniversityPress,1976)S-9.Cf.Walton319:"Thusheliv'd,andthushedy'dlikeaSaint,
unspottedoftheWorld,fullofAlms-deeds,fullofHumility,andalltheexamplesofavertuous
)
7
life...鮪
ジ ョ ン ・イ ー ヴ リ ン の 日 記 の 引 用 はTheDiaryofJohnEvelyn,ed.E.S.deBeer,6vols.(Oxford:
)
8
ClarendonPress,1955)に
よ る 。
EdwardHerbert,ThePoems,EnglishandLatin,ed.G.C.MooreSmith(1923;rpt.NewYork:
)
9
AMSPress,1980)28.
JeffreyPowersTBeck,WritingtheFlesh:TheHerbertFamilyDialogue{Pittsburg:Duquesne
UniversityPress,1998)120ff.な
お 、 兄 弟 の 確 執 に つ い て は 、 次 の 論 考 が 参 考 に な っ た 。George
Held,"Brother.Poets:TheRelationshipBetweenEdwardandGeorgeHerbert."inLikeSeason'd
Timber:NewEssaysonGeorgeHerbert,ed.EdmundMillerandRobertDiYanni(NewYork:
PeterLang,1987)19-35.
10}May'Woods,4-S.
ll)ボ
ッ カ チ オ 『デ カ メ ロ ン 』 野 上 素 一 訳(岩
波 文 庫1957年)第3巻
、11-12頁
。
12}WilliamHarrison,TheDescriptionofEngland,ed.GeorgesEdelen(1968;rpt.NewYork:
Dover,1994}269.
13)JohnEvelyn,ElysiumBritannicurn,ortheRoyalGardens,ed.JohnE.Ingram(Philadelphia:
UniversityofPennsy王vaniaPress,2001)323.
14}RoyStrong,TheRenaissanceGardeninEngland{1979;London:ThamesandHudson,199$}
87-90.(ロ
イ ・ス ト ロ ン グ 『イ ン グ ラ ン ド の ル ネ サ ン ス 庭 園 』 圓 月 勝 博 ・桑 木 野 幸 司 訳[あ
房2003年])
15}TheWorksofSirWilliamTemple{1814;Rpt.NewYork:Greenwood,1968}III,226-27.
16}Aubrey'sNaturalHistoryofWiltshire,ed.30hnBatton(1847;rpt.Throwbridge,Witshire:
David&Chaeles,1969)83-83,86-87.
一85-一
一
りな 書
17}Strong,139-46.
18)JohnTaylor,ANewDiscoverybySea,withaWherryfromLondontoSalisbury{London,
1623)inStrong,i22-23.Cf.CristinaMaicolmson,Heart-Work:GeorgeHerbertandthe
り
ProtestantEthic{Stanford:StanfordUniversityPress,].999)193
19)MichaelG.Brennan,Litera」
っ7、Patronageinthe、Eη8」'5乃Renaissance:The、PembrokeFamily
(London=Routledge,1988)44-46;MargaretP.Hannay,Philip"sPhoenix(NewYbrk:Oxfbrd
UniversityPress,1990)47-50.な
版 会1999年)465頁
お 引 用 の 出 典 は 、 『ア ー ケ イ デ ィ ア 』 磯 部 初 枝 他 訳(九
州 大 学 出
。
20)TheDiaryofJohnEvelynII,173-75.Cf.JohnDixonHunt,GardenandGrove:Italian
RenaissanceGardenintheEnglishImagination1600-1750(1986;rpt.Philadelphia:University
ofPennsylvaniaPress,1996)7.
21)イ
ー ヴ リ ン の 日 記 に 描 か れ る ラ イ ム(lime,orlime=tree)は
、 す べ て 「リ ン デ ン(し
な の き)」 で あ
る 。 彼 は オ ラ ン ダ や フ ラ ン ス で 、 リ ン デ ンが 植 え られ た 見 事 な 散 歩 道 や 並 木 道 に 出 会 い 、 印 象
深 く記 し て い る 。 日 記 の 編 者E.S.deBeerも
ヴ リン著
『英 国 の 庭 園 』 や
Timber)で
索 引 で 、"lime"を"1inden"に
分 類 して い る。 イー
『森 』(Sylva,orADiscourseofForest-TreesandthePropagationof
も、 ラ イ ム は リ ン デ ン を指 し て い る 。
22)Aubrey'sBriefLives,ed.OliverLawsonDick(1949;rpt.Jaffrey,NewHampshire:DavidR.
Godine,1999}145;Malcolmson,193-5;andStrong,122-24,147-61.
23)TheDiariesofLadyAnneClifford,ed.D.J.H.Clifford(PhoenixMill,Gloucetershire:
Sutton,1990)88-91.Cf.TreshamLever,η
把 旋rわ 飢 ∫6ゾ 剛
97-9;.MarkinHolmes,Proud1>orthernLady:LadyAnneClifford1590-1676(Chichester,
WestSussex:Phillimore,1975}126-28;andGrahamParry,TheSeventeenthCentury:The
IntellectualandCulturalContextofEnglish.Literature16031700{London:Longman,1989}
':i
24)TheFerranPapers,ed.B.Blackstone(Cambridge:CambridgeUniversityPress,1938)267
25)Aubrey'sBriefLives,137.
26}Hutchinson,376-77.
27}RichardT.Spence,LadyAnneClifford:CountessofPembroke,DorsetandMontgomery
(PhoenixMi1.1,Gloucetershxre:Sutton,1997)190-91;BarbaraKeiferLewalski,WritingWomen
inJacobeanEngland(Cambridge,Mass.:HarvardUniversityPress,1993)137-38.
28)SineyLee,ed.,TheAutobiographyofEdward,LordHerbertofCherbury.2nded.(London:
Routledge,1906)31n;M.Bottrall,EverymanaPhoenix:StudiesinSeventeenth-Century
Autobiography{London:JohnMurray,1.958)72;J.S.L.Gilmour,ed.,ThomasJohnson:
JourneysinKentandHampstead(Pittsburg:TheHuntBotanicalLibrary,1972}1-2.
29)AmyM.Charles,ALifeofGeorgeHerbert(Ithaca=CornellUniversityPress,1977)61-65.Cf
Malcolmson,185-92;Strong,176-86;andHunt,126-30.
3Q}Aubrey'sBriefLives,81.Cf.F.N.Macnamara,MemorialsoftheDanversFamily{London:
HardyandPage,1895)293-94.EdwardHerbert,TheLife74.Cf.JohnButler,LordHerbert
ofChirbury(1582-1648:AnIntellectualBiography(Lewiston,NewYork:TheEdwinMellen
Press,1990)102.
31)『
ベ ー コ ン 随 想 集 』 渡 辺 義 雄 訳(岩
波 文 庫1983年)200-01頁
一86一
。
∫oη(London:JohnMurray,1967)
ダウンロード

兄弟をめぐる二本のオレンジの樹