LC/MSによるノニルフェノキシ酢酸類の分析
独立行政法人土木研究所
○八十島誠,小森行也,田中宏明
背 景
□ NPnECはNPnEOの分解生成物であり、最終的に内分泌
攪乱化学物質であるNPを生成することが知られている
□ NPnEOを含む非イオン界面活性剤は、工業用などの用
途に広く使用されている
□ NPnECの分析法の報告は少ない(特に下水への適用)
* NP:ノニルフェノール
NPnEO:ノニルフェノールエトキシレート
NPnEC:ノニルフェノキシ酢酸
2
C 9H 19
O
(C H 2C H 2O )n
C H 2C H 2O H
NP(10)EO:n=9
好気分解
NP(3~9)EO:n=2~8
O
C9H19
(CH2CH2O)n
CH2COOH
NP(3~9)EC:n=2~8
NP(1)EO:n=0
NP(1)EC:n=0
NP(2)EO:n=1
NP(2)EC:n=1
嫌気分解
C 9H 19
OH
NP
3
目 的
□ NPnEC分析法の確立
・LC/MSを用いた検討
□ 下水試料への適用
4
前処理方法
試料
1L
ろ過
GF/B
ろ液
混合
Sep Pak Plus PS2
コンディショニング
残渣
アセトン20mL
通水
超音波抽出 15min×2
溶出
MeOH 10mL
濃縮
LC/MS測定
5
LC/MS
6
LC/MS測定条件
使用機器
カラム
溶離液
流量
試料注入量
カラム温度
イオン化
ネブライザガス
分解能
S IM イオン
H P LC :A gilent 1100型
M S :日本電子製JM S -700型
A gilent Zorbax Eclipse X D B -C 18
2.1m m φ×150m m
水:メタノール=20:80
0.2m L/m in
10μL
40℃
negative-ES I
N 2 0.9L/m in
1,000
N P (1)EC :277.4 ,N P (2)EC :321.4 ,
N P (3)EC :365.5
7
標準試料での検量線
N P(1)EC
N P(2)EC
N P(3)EC
面積 比(P/Ps)
80
60
y = 0.7899x + 1.3627
R 2 = 0.9987
y = 0.4689x + 0.6735
R 2 = 0.9977
40
y = 0.3856x + 0.4523
20
2
R = 0.9965
0
0
20
40
60
80
100
濃度(μg/L)
8
標準試料測定結果
NP(1)EC
NP(2)EC
NP(3)EC
2μg/L
10μg/L
9
標準試料繰り返し測定結果
N o.
N P (1)EC
1
1.3
2
1.9
3
1.7
4
1.8
5
1.8
平均
1.7
σ(μg/L)
0.23
C V (%)
14
3σ
0.69
10σ
2.3
N P (2)EC
1.7
2.1
1.9
2.1
1.9
1.9
0.17
8.9
0.51
1.7
N P (3)EC
1.8
1.5
1.8
1.6
1.9
1.7
0.16
9.4
0.48
1.6
10
試料測定結果(処理
水)
NP(1)EC
NP(2)EC
NP(3)EC
無添加
5μg/L添加
11
回収率測定結果(処理
水)
単位:%
N P (1)EC N P (2)EC N P (3)EC
5μg/L
添加
1
81.3
75.5
63.1
2
61.8
53.4
45.1
3
94.1
85.5
69.9
4
79.5
66.5
55.6
5
96.9
75.2
58.0
平均
82.7
71.2
58.3
CV
16.9
16.9
15.8
12
まとめ
□ LC/MSによるNPnECの分析法を報告した
□ LC/MSを用いた本法では下水処理水において
比較的低濃度の領域まで分析できる可能性が
示唆された
13
今後の課題
◆ 濃縮倍率
◆ クリーンアップの必要性
◆ 低濃度領域での検討
◆ 適用範囲の拡大
14
ダウンロード

OHP