東京都多摩地区での薬薬連携
と
お薬手帳の活用
東京都 多摩薬薬連携協議会
下平秀夫、茂木 徹、阿部宏子、奥山 清、村田和也、戸塚淳逸
多摩薬薬連携協議会
発足:平成14年4月
目的:本会は多摩地域の薬剤
師相互の交流を図り、医療
の発展に貢献すること
多摩薬薬連携協議会マップ
青梅市立総合病院500
永寿会恩方病院470
国家公務員共済組合連合会立川病院500
日野市立病院
稲城市立病院250
東京医科大学八王子医療センター
600
多摩南部地域病院350
日本医科大学附属多摩永山病院350
桜ヶ丘記念病院
町田市立病院300
白抜きは都薬支部委員が所属している市。
(平成15年4月より、日野・多摩・稲城の3支部が統合されて南多摩支部となっている。又、同月立
川、国立、昭島、東大和、武蔵村山の5支部が統合されて北多摩支部となっている。)
★は病薬支部委員が所属する委員の位置を示している。
多摩薬-薬連携協議会委員
■病薬支部委員
平成18年9月現在
(委員長) 村田 和也
(日本医科大学多摩永山病院)
阿部 宏子 (永寿会恩方病院)
針生 暎郎 (西多摩支部)
上野雄一郎 (町田市民病院)
加藤智恵子 (北多摩支部)
斉藤 伸介 (南多摩支部)
大澤昭子(日野市立病院)
下平 秀夫 (八王子支部-事務局) 沖山 洋子 (多摩南部地域病院)
堀 博昭 (八王子支部)
奥山 清 (東京医科大学八王子医療センター)
中川俊哉 (南多摩支部)
亀山邦子(稲城市立病院)
山田 哲道 (南多摩支部)
阪本 康典 (国家公務員共済組合立川病院)
田中三広 (青梅市立総合病院)
■薬科大学委員
吉尾 隆 (桜ヶ丘記念病院)
山田 安彦(東京薬科大学)
■都薬支部委員
(委員長) 茂木 徹
(八王子支部長)
■相談役
都薬理事
明治薬科大学
東京医大病院
谷口 廣光
村田 正弘
明石 貴雄
都薬支部
戸塚 淳逸
都薬支部長
藤本 越
都薬業務課長 渋谷 弘治
【定例協議会の開催状況】
第 1回平成14年 4月27日
第 2回平成14年 5月29日
第 4回平成14年 9月20日
第5回平成14年11月15日
第 6回平成15年 2月21日
第 7回平成15年 4月18日
第 8回平成15年 6月19日
第 9回平成15年 9月 9日
第10回平成15年11月7日
第11回平成16年 1月30日
第12回平成16年 6月25日
第13回平成16年 6月25日
第14回平成16年 8月20日
第15回平成16年10月21日
第16回 平成16年12月7日
第17回平成17年28月25日
第18回平成17年6月21日
第19回 平成17年9月5日
・
・
連携の最初の問題点
• 集まってはみたものの、何を連携
するのかわからない
• はじめは文句の言い合い
不備処方・疑義照会
• 予算の問題—年○円×7支部
• 事務局がない
第1回多摩薬薬連携協議会シンポジウム
開催日: 平成15年7月22日
場 所:八王子市学園都市センター12階
1.「協議会設立の趣旨と経過報告」
戸塚淳逸委員長(都薬南多摩支部)
2.「病院薬剤師の活動紹介と薬薬連
携の展望」
明石貴雄 副委員長(現東医大)
3.「適正な処方せんと正確な調剤」
茂木 徹委員(都薬八王子支部)
4.「患者情報の共有化・お薬手帳の利
用」
堀 博昭委員(都薬八王子支部)
5.総合討論
第2回多摩薬薬連携協議会シンポジウム
開催日:平成15年11月18日
場 所:八王子市学園都市センター12階
テーマ:病院薬剤師の立場から
1.「国家公務員共済組合連合会立川病院から」
阿部真寿美先生(都病薬多摩西南支部)
2.「東京医科大学八王子医療センターから」
峰島宏枝先生(都病薬多摩西南支部)
3.「 町田市民病院から」
木下保子委員(都病薬多摩西南支部)
4.「日野市立病院から」
大澤昭子委員(都病薬多摩西南支部)
5. 総合討論
第3回多摩薬薬連携協議会シンポジウム
開催日:平成16年5月25日
場 所:八王子市学園都市センター12階
テーマ:薬局薬剤師の立場から-
1.「医療機関への問い合わせ」
斉藤伸介委員(都薬南多摩支部)
2.「広域処方せん受け入れの課題」
山田弘志先生(都薬八王子支部)
3.「FAX案内コーナーの善と悪」
上村直樹委員(都薬北多摩支部)
4. 総合討論
第4回多摩薬薬連携協議会シンポジウム
開催日:平成16年11月8日
場 所:八王子市学園都市センター12階
テーマ:処方せん疑義照会のあり方
基調講演:「大学教育における処方せん疑義照会の教育」
厚田 幸一郎先生(北里大学薬学部)
1.「中規模病院の現状」
奥隅貴久美先生 (都病薬多摩西南支部)
2.「処方せん問い合わせ
-調剤薬局からの要望」
山田政人委員(南多摩支部)
3.「処方せん問い合わせの問題点と打開策」
奥山 清委員 (都病薬多摩西南支部)
4. 総合討論
第5回多摩薬薬連携協議会シンポジウム
開催日:平成17年6月21日
場 所:八王子市学園都市センター12階
お薬手帳のあり方
座長:山田 安彦(東京薬科大学)、下平 秀夫
1.
「薬剤管理指導にお薬手帳
を活用して」
阿部 宏子 (恩方病院)
2. 「お薬手帳の現状 保険薬局の立場か
ら」
渡邉 清司(八王子薬剤センター薬局)
3.
「退院時服薬指導書での連
携」
村田 和也(日本医科大学付属多摩永山
病院)
■ パネルディスカッション
第6回多摩薬薬連携協議会シンポジウム
お薬手帳のあり方 第2弾
開催日:平成17年11月21日
場 所:八王子市学園都市センター12階
■ シンポジウム
座長:山田安彦(東京薬科大学)
阪本康典 (立川病院)
1.お薬手帳の現状 薬局の立場から1
明神町調剤薬局 渡辺千津子
2.お薬手帳の現状 薬局の立場から2
公園前薬局 堀 博昭
3.入院時持参薬、退院時における
保険薬局との連携について
東京医科大学八王子医療センター
薬剤部 石塚久仁子
■ パネルディスカッション
協議会委員のことばから・・・
○「薬局薬剤師は経営者、店主の立場の
者が多いのに対して、病院薬剤師は勤務
者、組織の一員という立場。年齢も違う。
これだけ違うと、考え方やものの見方が
まるで違う。」
(都薬委員)
■連携の意義
○「慢性疾患が増えているなかで外来、入
院を繰り返す患者さんに対して、連携が取
れていれば患者さんが喜ぶ。その結果、薬
剤師の職能もアピールできる。」
(病薬委員)
■不備処方せん・疑義照会について
○「処方せんを院外に出す以上、きちんとした
ルール作りをし、医師に処方せんの書き方をレ
クチャーするなど、病院内で力を持たないとい
けない。」
(病薬委員)
○「後発品使用や一包化、適応外使用に対する
医療機関の方針を聞いておけば、必要のない疑
義照会も減るしトラブルも減る。」(都薬委員)
shimo-web.com/tamayaku.htm
「薬剤管理指導にお薬手帳を活用して」
阿部 宏子 (恩方病院)
お薬手帳が活用される中で・・・疑問
・薬局にだけお薬手帳記入を言うけれど、病
院でもお薬手帳を記入してもらえないと、片
手落ちではないか。
しかし、薬剤管理指導業務を算定している
患者でなければ、退院時服薬指導にかかわる
技術料を算定できない。
いつ退院したのかもわからないし、そんな
余裕はない。
でっ・・・・興味深い発表がありました!!
入院
1ケ月
~
3ケ月
診察・治療計画
処方計画・看護計画
入院時薬剤管理指導・指導計画
医薬品情報提供・処方支援
薬剤管理指導
服薬指導、副作用モニタリング、TDM など
お薬教室実施
お薬手帳使用
1クール(10週間)
退院
退院時服薬指導
通院
院外処方
お薬手帳使用
お薬手帳使用
フ
ィ
|
ド
バ
ッ
ク
お薬手帳
お薬教室実施風景---患者さんに書いてもらう
今後連携していきたいこと
・
地 域 保 健 へ の 寄 与
(市民講座など)
・ 薬学部6年制 実務実習
(大学との連携)
そろそろ まとめ・・・
薬局薬剤師には、保険調剤のほかに、地域医療連携のピラミッド
の最底辺で、街の化学者として、公衆衛生の相談や、健康相談に
応じ、必要に応じてOTCを販売したり、受診をすすめるなどの大
切な役割があります。
「医薬分業」という言葉がありますが、
薬局薬剤師と病院薬剤師も、
お互いの専門性を尊重しあって、
よい「薬薬分業」をしたいですね。
それには、「連携」が必要です。
ご清聴ありがとうございました。
ダウンロード

プレゼンppt - shimo-web