第10回えにしの会
「幻覚&妄想大会」と「当事者研究」の世界
浦河町
北海道医療大学
向谷地生良
●浦河町の紹介
豊かな太平洋がもたらす海洋
資源は豊富で、なかでも良質
のダシ昆布「日高昆布」 やサ
ケ・マス、夏から秋にかけての
スルメ イカは特産品となってい
る。
●町内には約300の牧場(生
産・育成)があり、4,000頭以上
のサラブレッドが駆け回ってい
る。
●海洋性気候の影響で夏は涼
しく、冬は温暖なため「北海道
の湘南地方」とも呼ばれ、豊か
で住みよい自然環境に恵まれ
ている。
浦河べてるの家とは・・・・・・
●道内でも過疎地域である浦河で暮ら
す精神障害を体験した当事者と町民
有志によってはじめられた「街づく
り」の地域活動拠点
●活動理念は「地域のために」「社会
復帰から社会進出へ」「三度の飯よ
りミーティング」など
●1983年起業に挑戦、日高昆布の下請
け開始
●1993年、介護保険事業・出版事業に
進出、べてる総会、幻覚&妄想大会
スタート
●2002年、社会福祉法人設立。わが国
ではじめて当事者が理事長、施設長
に就任
●
〃 当事者研究開始、現在、百
名以上の当事者が事業に参加
地域の抱える課題
〇精神障害有病率の高さ
・全道⇒人口千対11.31
・浦河⇒人口千対20.11
(全道三位)
〇地域での相次ぐトラブルー住
民感情の悪化
〇社会的支援体制の弱さ
〇働く場所がない この街で暮らして一番惨めで屈辱的なことは
〇住む場所がない
“七病棟”に入院すること
〇社会的孤立
地域に安心が無い⇒安住の場としての「精神科病棟」
べてるの家の活動の特徴
幻覚&妄想体験の豊かさとの出会いと
精神障害の経験を持つことの可能性
仲間からもらった一個の飴玉で消えた幻
聴さん
幻覚&妄想大会で町おこし!
当事者のかかえる苦労を、研究者のま
なざしでとらえる当事者研究の広がり!
社会復帰から「社会進出」へ
作業から「起業」へ
安心してサボれる会社づくり
ダウンロード

「幻覚&妄想大会」と「当事者研究」の世界