IMFの創設
金・ドル問題と国際通貨危機
改革への模索
戦後の国際通貨体制への模索
• アメリカのリーダーシップ
– 第1次世界大戦後の国際関係に対する反省
– イギリス・ソ連との交渉
• 自由・無差別原則
– 「大西洋憲章」(1941年8月12日)
• 第4パラグラフ「差別待遇を受けずに」の文言削除
– 「相互援助協定」(1942年2月)
• 第7条「一切の形式の差別措置の除去」の文言
ブレトン・ウッズへの道
• 連合国国際通貨金融会議
– 1944年7月1日~22日
– ニュー・ハンプシャー州ブレトン・ウッズにて
• 米英案の対立
• アメリカ
– ホワイト案(基金案)
• イギリス
– ケインズ案(銀行案)
アメリカ案の作成
• モルゲンソー財務長官の指示
– ハリー・デクスター・ホワイト(財務省国際金融
問題担当次官補)による戦後の国際通貨体制
の立案(1941年12月)
• ホワイト案
– 「連合国国際安定基金案予備草案」
(Preliminary Draft Outline of Proposal for an
International Stabilization Fund of the United
and Associate Nations)
ホワイト案の骨子
1.金・各国通貨・政府証券による払い込みによって基金を創設
2.割当額の算定
金・外貨保有高、国際収支の変動と大きさ、国民所得
3.新通貨 ユニタス 純金1371/7グレイン=$10
4.為替相場 基礎的不均衡の時、3/4の同意にて変更可能
5.基金の仕事
金、加盟国通貨、政府証券の取引・金のイヤーマーク、振替・
債券発行
6.希少通貨条項
7.斤の購入、黒字国の金、外貨増の1/2
8.為替制限の撤廃
9.二国間協定の禁止
イギリス案の作成
• 大蔵省出向中のケインズによる提案
– 1943年4月
• ケインズ案
– 「国際清算同盟案」(Proposals for an
International Clearing Union)
ケインズ案の骨子
1.加盟国は同盟に勘定を開設
2.バンコールをもって定めた平価で為替残高を清算
3.借方残高が割当額の1/4を1年以内に増加するためには
理事会の許可が必要
4.平価変更
赤字国の平価変更の可能性
5.担保
借方残高がクオータの1/2を超えたときには担保を提出
6.課金
借方、貸方いずれでもクオータの1/2を超えたとき、
1%の課金
7.黒字国
貸方残高が1年以上の平均で1/2を超えるとき、
国際収支対策を理事会と協議
基金か銀行か
• 信用創造の発生
– 一国レベルか国際レベルか
• アメリカの負担額の大きさ
– アメリカ国内での対立
• ブレトン・ウッズ・アプローチ
• 基軸通貨アプローチ
– 巨額すぎる援助額
ブレトン・ウッズ協定
• 参加44ヶ国の合意
– 2つの機関の創設
• 国際通貨基金(IMF International Monetary Fund)
• 国際復興開発銀行(IBRD International Bank for
Reconstruction and Development)
– 通称世界銀行(World Bank)
• 1946年末までに39ヶ国が批准して発効
– 1947年3月1日、営業開始
IMFの仕組み
1.出資 総額110億ドル
25%金出資
2.平価 IMF協定第4条第1項
平価の変更
平価の一律変更
IMFの資産の金価値の維持
3.為替制限 IMF協定第8条、第14条
4.資金供与 IMF協定第5条第3項1の3
希少通貨条項 IMF協定第7条
金とドルの位置づけ
金
金1オンス=$35
ドル
固定相場制
円
ポンド
マルク
フラン
リラ
IMFの借入制限
借入可能(125%)
←SGT
GT 1CT 2CT 3CT 4CT
200%まで借入可能
金
自国通貨
25%金で払い込み
終戦後の資金需要
• IMFの営業開始(1947/3/1)
• マーシャル・プラン(1948)
– マーシャル・プラン参加国のIMF利用制限
(1948/4/5)
• IMFの活動活発化
– マーシャル・プラン終結後にむけて
• 理事会決議(1951/5/20)
– マーシャル・プランの終結(1951/6)
ドル不足からドル不安へ
• 朝鮮戦争(1950/6/25~1952/7/27)
– ドル不足の緩和
– 金選好
• ポンド危機とアメリカの支援
– スエズ動乱(1956/7)
– ポンド危機(1956/10)
アメリカのポジション悪化
• ドルのハネムーン時代の終わり
– 対外ドル債務が余剰金準備を超える(1953)
– 公的ドル債務が余剰金準備を超える(1958)
– 対外ドル債務が総保有金量を上回る(1960)
• IMFのポジション
– アメリカのポジション悪化の救済策
– ドル選好国への貸し付け増加
– 増資による債権国ポジションの維持
– アメリカが債務国ポジションへ 1964
ゴールド・ラッシュ
• 金の値上がり(1960/10)
– ロンドンの金市場で41ドルをつける
• 金プールの成立
– ニューヨーク連銀がイギリス、フランス、西ドイ
ツ、イタリア、オランダ、スイス、ベルギーと協
力して金市場へ介入
– アメリカ独力での金本位制維持の放棄
– 初出動 1961/11
国際協力
• IMFのクオータと拒否権
– IMFを通さない救済策の必要性
• 一般借入協定の成立
– GAB General Agreement to Borrow
– アメリカ、イギリス、西ドイツ、フランス、イタリ
ア、オランダ、ベルギー、スウェーデン、カナダ、
日本の10ヶ国
– 総額60億ドルのスタンド・バイ・クレジット協定
さまざまな改革案
• 金本位制復帰論 リュエフ
• 世界通貨の創造
– 世界中央銀行による世界通貨の創造
• トリフィン
– 金の多元的国家管理のまま世界通貨の創造
• ポスチューマ・ベルンシュタイン・デスタンなど
– 金と結びつかない新準備資産の創造
• ハンセン・ローザなど
• 変動相場制 フリードマン
流動性ジレンマ論
• トリフィン『金とドルの危機』1960年
– ドルを国際通貨として使う場合のジレンマ
• 「信認」と「流動性」の両立不可
• 国際機関による通貨の創造の必要性
– アメリカの赤字の擁護
• トリフィンのジレンマ論の問題点
– 経常収支と総合収支の混同
流動性ジレンマ論の構造
国際収支 国際収支 経常収支黒字
赤字
黒字
総合収支赤字
流動性
○
×
○
信認
×
○
○
SDRへの道
• 国際機関による国際通貨の創造の試み
– G10による流動性問題への取り組み
• 1963年10月2日、検討を開始する旨を声明
• アメリカの取り組み
– ローザ構想からデミング案へ
• IMFに特別引出権を創設する
• G10による取り組み
– G10とIMFの共同研究会(1963)
• G10の声明とIMF年次報告(1964)
SDRの創設
• 『オッソラ報告』から『ハーグ報告』へ
– 『オッソラ報告』(1965)
– 『ハーグ報告』(1966)
• SDRの創設合意
– G10とIMFの合同会議(1967年8月25日)
– IMF総会で採択(9月29日)
– 第1次協定改正発効(1969年7月28日)
SDRの仕組み
• 特別引出権(Special Drawing Rights SDR)
– 振込なしの引出権=銀行原理に基づく信用創造
– ケインズ案との類似
– オプティング・アウト
• 特別引出権使用への制約
– 復元の義務(後に廃止)
• 「その時までの5年間の使用残高」が「その期間のSDRの純
累積配分額の平均」の70%以内であること
– 利子
• 1970年より配分開始
崩壊の兆し
• ポンドの14.3%切下げ(1967.11.18)
– £1=$2.80→$2.40
• ゴールド・ラッシュ
– 1967.11.21~24、12.12~18
– 1968.3.4
• 金プールの解散、金の二重価格制
– 1968.3.17
ブレトン・ウッズ体制の崩壊
• 国際通貨制度のきしみ
– フランス・フラン11.1%切下げ(1969.8)
– ドイツ・マルク9.29%切上げ(1969.10)
– ドイツマルクはフロートへ(1971.5.5)
• ニクソン・ショック(1971.8.15)
• スミソニアン会議(1971.12.17~18)
– 為替レート調整
– 上下変動幅1%から2.25%へ拡大
変動相場制へ
• ドル不安の再燃(1973.1~2)
– 円は変動相場制へ
• 東京市場閉鎖(1973.2.12)
• フロートにて再開(2.14)
– ヨーロッパ諸国は共同フロートへ
• 決定(3.11)
• G10の承認(3.16)
• 市場再開(3.19)
変動相場制の定着
• 第1次オイルショック(1973.10)
– 第4次中東戦争勃発(10.16)
• 『国際通貨制度改革の概要』
– 遅かった報告書
• SDR,バスケット方式へ
• 変動相場制の確立
– IMF協定第2次改正
• キングストン会議(1976.1.7)
• 改正発効(1978.4.1)
バスケット方式
改訂前のバスケット
$
EURO
0.4260
0.551926
¥
21.0000
0.199715
£
0.0984
0.188141
$
0.5770
0.577000
Total
1.516782
April 30, 2005
現行のバスケット
構成
為替レート
0.4100
1.25510
0.514591
¥
18.4000
114.17000
0.161163
£
0.0903
1.80850
0.163308
$
0.6320
1.00000
0.632000
EURO
Total
$
1.471062
US$1=SDR0.679781
April 30, 2006
ダウンロード

8)ブレトン・ウッズ体制