平成 27 年 8 月 31 日
株式会社あおぞら銀行
NEWS RELEASE
AZ-Star 株式会社への東京スター銀行の参画について
株式会社あおぞら銀行(代表取締役社長兼最高経営責任者(CEO):馬場 信輔、本店:東京都千代田
区、以下「当行」)の関係会社である AZ-Star 株式会社(代表取締役社長:鈴木 信一郎、本社:東京
都千代田区、以下「AZS」
)に対し、今般、株式会社東京スター銀行(代表執行役頭取:入江 優、本店:
東京都港区、以下「TSB」)が当行と並列の筆頭株主(議決権比率 40%)として参画することが決定い
たしました。
AZS はアジアにおける成長機会を求めるお客さまへのサポートを目的として、本年 2 月に当行が兼松
株式会社(代表取締役社長:下嶋 政幸、本社:東京都港区、以下「兼松」)ならびに株式会社エスネ
ットワークス(代表取締役社長:須原 伸太郎、本社:東京都千代田区、以下「エスネット」)と共同
で設立した合弁会社で、既に運営する企業投資ファンド(AZ-Star1 号投資事業有限責任組合、以下「1
号ファンド」
)を通じて、第 1 号案件への投資を完了しております。
今回の TSB の参画は、親会社である CTBC Financial Holding Co., Ltd.(中國信託金融控股(股)公
司、社長兼投資事業總執行長(CEO):呉 一揆(Daniel Wu)、本店:中華民国台北市、以下「CTBC」)と
ともにアジアの成長を日本企業に取り込むという AZS の設立趣旨に賛同し、実現したものです。また、
TSB は AZS に参画するだけでなく、1 号ファンドに対しても大口 LP 投資家として当行と同額の 30 億円
の組合出資を行います。これにより 1 号ファンドは約 67 億円となり、今後の外部の LP 投資家分と併
せて 150~200 億円規模のファンドを目指してまいります。
本件により、AZS は 1 号ファンドの規模を拡大し投資余力を創出するほか、投資先企業に対するサポ
ート体制を強化し、アジアでの事業展開を志向する日本企業をこれまで以上に力強くバックアップし
てまいります。
<AZS の概要>
商
所
号: AZ-Star 株式会社 (英文表記 AZ-Star Co., Ltd)
在 地: 東京都千代田区九段南三丁目 2 番 7 号
設立年月日: 2015 年 2 月 18 日(業務開始日: 2015 年 4 月 2 日)
資
本 金: 30 百万円
事 業 内 容: 企業投資ファンドの運営
株
主: 当行、東京スター銀行(本件参画後)、兼松、エスネットワークス
代 表 者: 鈴木 信一郎
U
R
L:
http://www.az-star.com
株式会社あおぞら銀行
本店〒102-8660 東京都千代田区九段南 1-3-1
℡03-3263-1111(代)
<TSB の概要>
商
所
号: 株式会社東京スター銀行 (英文表記 The Tokyo Star Bank, Limited)
在 地: 東京都港区赤坂二丁目 3 番 5 号
設立年月日: 2001 年 6 月 11 日
資 本 金: 260 億円
代 表 者: 入江 優
U
R L: http://www.tokyostarbank.co.jp/
<AZS の新しい枠組みの概要>
兼松
出資
当行
出資
10%
40%
エスネット
ワークス
東京スター
出資 40%
出資
10%
ファンド運営会社(AZ-Star㈱)
株主4 社グ ループ の
海外ネットワークを活用し、
アジ アの活力を融合
【 投資に関するアドバイザー】
管理運営
*江丙坤 (Chiang Pin-Kung)氏
*CTBCの最高顧問兼TSB取締役会長
及び中華民国三三企業交流会会長
投資
企業投資ファンド(1号ファンド)
(TSB参画後:約67億円)
組合出資
7億円
兼松
組合出資
30億円
当行
投資先
(本邦企業)
150~200億円(予定)
組合出資 30億円
東京スター
組合出資
**外部投資家等
**今後、ファンドレイズを予定
以
(報道関係のお問い合わせ先:経営企画部
株式会社あおぞら銀行
名和
03-5212-9252)
本店〒102-8660 東京都千代田区九段南 1-3-1
℡03-3263-1111(代)
上
ダウンロード

AZ-Star株式会社への東京スター銀行の参画について