メディア(社会)と
人間
講義の背景にあるテキスト:
小林修一・加藤晴明『<<情報>>の社会
学』
加藤晴明『メディア文化の社会学』
1
■Step1
マスコミ論を超えて
論点:
・マスコミ社会→メディア社会
・マスコミ論の視点だけでは不十分
▽
・パーソナルが主人公の時代
2
●メディアの歴史(3段階論〜4段階論)
その1:身体表現→声→
その2:文字→活字→
その3:複製メディアの時代
(19世紀末〜20世紀)→マスメディア
電話・ラジオ・映画・蓄音機・テレビ
視聴覚メディアの時代
▽
その4:電子メディアの時代
日本では1985年が転換点
3
●1985年革命
・ファミコンの浸透
〈メディアのパーソナル化〉
▼
〈道具的なメディア利用〉だけでなく
〈コンサマトリーなメディア利用〉
非実利的・非道具的・遊戯的・自足的
▼
メディアの生活内化
マスメディア論だけでは説明できない社会
4
●マスメディア社会が
投げかけた主題
疑似現実論・・リアリティとは?
・メディアが現実(リアル)をつくる。
▽
・マスメディア強化説( VS 限定効果説)
5
●D.ブーアスティン
『幻影の時代』(1962)
・「われわれは、幻影にあまりに慣れきってしまったので、それを現実だと
思いこんでいる。」
・「われわれは、現実ではなく、現実の代わりに置き替えたイメジに取りつ
かれている。」
・「いきいきしたイメジのほうが青ざめた現実を圧倒するにいたった。」
・「・・・カメラは「重要な」出来事---祝典の劇的性格を強調する出来事---の
みに注意深く焦点を合わせた。
6
●ブーアスティンまとめ
議論の出口はどこか?
〈オリジナル 対 コピー問題〉
▼
〈メディア・リテラシー〉論
これだけではダメ。
〈メディア経験〉とは何か?
7
●マスメディア論の限界
・二元論
送り手論(ニュース制作過程)と
受け手論(オーディエンス)
▼
基本的問い=送り手が強いか?
受け手が強いか?
★20世紀の「大衆社会論」の共通構図
8
●ニューメディアへの期待
情報技術(IT)を使って、マスメディアの限界を超え
る。
oneway /東京集中(日本の8割) /同時一斉の
定時放送
▼
双方向性/コミュニケーション/相互接続性
9
●マスコミ論の内部での
新しい限界からの抜け道
▽
加藤の見解は、この道の意義は認めるが、
しょせんは限界がある
ロマンチック・オーディエンス論に過ぎない
▽
新しいパーソナルなメディア経験
について考える必要がある
10
(1)多チャンネル化
積極時な視聴行動/選択的な視聴行動
例:リモコンやビデオが、能動的なオーディエ
ンスを可能にする。
例〈ザッピング〉番組途中でChを切り替えて
CMを回避
11
(2)批判的視聴者への期待
カルチュラル・スタディーズ(CS)
それぞれの立場・社会的位置に
基づいて読みのコードがある。
文化的世界もまた政治的せめぎあい場な
のだ!
例:日本(ヤマト)対沖縄、ヤマト対在日、男性対女性
ヘテロセクシズム対ホモセクシズム
12
(3)地域メディアへの着目
・日本のマスメディアの集中の構図
全国紙・全国ネットワークの独占・強
大化
▼
「おらが町の放送局」「おらが町のメ
ディア」
地域密着型メディア
地域からの情報発信=地域情報社会
13
●多様なメディア経験
三っの「抜け道」がすべてなのだろうか?
▼
問い:多様で錯綜したメディア経験があるのではないのか?
問い:人はなぜ、メディアにかくも酔いしれるのか?
〈メディアの惑乱的な特性〉はなぜ生じるのか?
偏愛的でディープな実践は、なぜ生まれるのか?
〈パーソナルなメディア経験〉が深く定着ししてきた。。。
技術論/道具論/効用・機能論だけで説明できるのか?
①コンサマトリー論から説明する
②自己語り願望や「自己物語」願望で説明する
14
●地域メディアとしてのコミュニティFM
写真:岩見沢写市・FMはまなす(2004/1月)
15
●地域メディアとしてのコミュニティFM
日本一資本金の少ない放送局?:G Sky 北海道滝川市
16
●究極の地域メディア:有線放送電話
※強制聴取/エリア内電話と声放送+インターネット
17
ダウンロード

マスコミを超えて