北朝鮮人権侵害問題啓発週間とは
平成18年6月に「拉致問題その他北朝鮮当局による人権侵害問題への対処に関する法律」が
施行され、毎年12月10日から16日までを「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」とすることとされまし
た。
拉致問題を始めとする北朝鮮当局による人権侵害問題は、国際社会を挙げて取り組むべき課題
とされています。解決のためには、この問題について、関心と認識を深めていくことが大切です。
北朝鮮による日本人拉致問題について
1970年代から80年代にかけて、北朝鮮により多くの日本人が拉致されました。現在、17名が
政府によって拉致被害者として認定されています。また、政府が認定した被害者以外にも、いわゆ
る特定失踪者等の北朝鮮による拉致の可能性を排除できない人たちがいます。
平成14(2002)年9月の第1回日朝首脳会談において、北朝鮮は日本人を拉致していたことを
認め、謝罪しました。その後、5名の被害者は帰国しましたが、残りの拉致被害者については、いま
だ納得のいく説明がありません。
拉致問題は、我が国の主権や国民の生命と安全に関わる重大な問題であり、日本政府は、北朝
鮮側から納得のいく説明や証拠の提示がない以上、安否不明の拉致被害者が全て生存していると
の前提に立って、被害者の即時帰国と納得のいく説明を行うよう強く求めています。
政府は、国の責任において、拉致問題の解決に取り組み、全ての拉致被害者の一刻も早い帰国
に向けて全力を尽くします。
政府主催「拉致問題シンポジウム」
主催:政府 拉致問題対策本部、法務省
日時:平成24年12月15日(土)13:30~15:55
会場:ニッショーホール
東京都港区虎ノ門2-9-16
プログラム
1.拉致問題担当大臣挨拶
2.家族会代表挨拶
3.基調講演(同時通訳)
4.パネルディスカッション
5.御家族からの訴え
6.閉会挨拶
※ 入場には申込みが必要です。
申込み方法等詳細は、裏面又は拉致問題
対策本部ホームページを御覧ください。
北朝鮮当局による
人権侵害問題に
対する認識を深めよう
政府主催「ふるさとの風コンサート」
主催:政府 拉致問題対策本部、法務省
後援:文部科学省、全日本合唱連盟
日時:平成24年12月22日(土)
第一部10:30~13:00
第二部14:00~17:00
会場:イイノホール
東京都千代田区内幸町2-1-1
プログラム
1.主催者挨拶
2.参加団体による演奏
3.全体合唱
4.招待演奏家による演奏
5.招待団体による演奏
※ 申込み方法等詳細は、拉致問題対策本部
ホームページを御覧ください。
拉致問題対策本部 http://www.rachi.go.jp/
法務省 http://www.moj.go.jp/JINKEN/jinken103.html
拉致対策本部、法務省
政府主催「拉致問題シンポジウム」、「ふるさとの風コンサート」
申込みについて
「拉致問題シンポジウム」申込み方法
申込開始:11月5日(月)(予定)~12月7日(金)
ホームページ、往復はがき、FAXにてお申し込みください。
<ホームページ>
下記URLからご応募下さい。
http://comm.stage.ac/rachisympo/index.html
<往復はがき>
ご氏名(ふりがな)、ご職業、電話番号、連絡先(FAX番号・メールアドレス)をご記入の上、
下記事務局あて郵送ください。
〒171-0042 東京都豊島区高松1-1-11
「拉致問題シンポジウム」事務局(株式会社ステージ内)
<FAX>
指定の申込フォームにより、03-5966-5773(株式会社ステージ)までご送信下さい。
※申込フォームは、上記URLまたは内閣官房拉致問題対策本部ホームページ
(http://www.rachi.go.jp/)から取得できます。
「ふるさとの風コンサート」申込み方法
募集開始後、内閣官房拉致問題対策本部ホームページに申込み方法の案内を掲載します。
拉致問題対策本部ホームページURL http://www.rachi.go.jp/
(お問い合わせ先)
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1
TEL:03-3581-8898
内閣官房拉致問題対策本部事務局政策調整室
拉致問題対策本部 http://www.rachi.go.jp/
法務省 http://www.moj.go.jp/JINKEN/jinken103.html
拉致対策本部、法務省
ダウンロード

拉致問題シンポジウム