平成24年度
マレーシア環境産業交流調査ミッション
〔報告書〕
◇人口:2900万人
◇国土:33万㎡(日本の0.95倍)
◇宗教:イスラム教
◇言語:英語(公用語)、マレー語
◇経済:GDP5.1%(2011年)、(1957年
~2005年のGDPの平均6.5%)
1人あたりGDP9,892米㌦
◇産業:輸出型製造業(電機・電子)
パームヤシ産業、LNG等
◇政策:第10次マレーシア計画(2011
年~2015年)、FIT等
平成24年12月26日
九州経済産業局
資源エネルギー環境部環境対策課
クアラルンプール
1.報告概要
1.取組背景
九州経済産業局(以下、九経局)および九州地域環境・リサイクル産業交流プラザ(以下、K-RIP)は、K-RIP
会員企業の交流ニーズ、市場の有望性等から、平成25年度からマレーシアとの環境産業交流を計画。
このため、九経局及びK-RIPは、平成24年12月9日~13日の日程で、マレーシアを訪問し、現地日系支援機関、
現地政府機関、現地企業と、交流プログラム(ミッションの相互派遣、ビジネスマッチング等)の提案、意見交換を実施。
2.マレーシアとの交流による環境ニーズ、ビジネスチャンス、
環境への意識の高さ、環境産業振興等への挑戦、日本からの環境技術等の導入に意欲的。
マレーシアの主な環境ニーズは、次のとおりであり、K-RIP会員企業が得意する事業分野と重複。
◆生ゴミのリサイクル、◆工業系廃棄物の処理技術(埋立て処分場が逼迫)、◆E-WASTE(電機類)の処理
◆下水処理場のスラッジの有効利用、◆工業排水の処理、◆重金属類の回収、◆メタンガスの有効利用
◆パームヤシ産業におけるバイオマス利用、廃棄物由来プラスチック /等
マレーシアは、日本、中国やインド、中東等と経済協定を締結。イスラム市場へのゲートウェイ機能。
3.市場の特徴と市場参入に向けた支援の方向性
環境産業振興は未だ手探り状態 、日本式の導入の余地有り ⇒ 九州の先導的な取組の視察等機会の創出
政府の強い権限、独占企業の存在 ⇒ 現地政府機関とのパイプ構築と官民連携による売り込み
買い手市場 ⇒ 個別企業訪問の推進(商談会+個別営業訪問が効果的)
研究能力は大学に集中し、企業へ移転する慣習 ⇒ 現地大学との連携による販路拡大
汚染防止・浄化ではビジネスになりにくい ⇒ 環境機器等の導入で経済的利益が創出される仕組みの提案。
4.マレーシアとの交流計画
「マレーシア投資開発庁(以下、MIDA)」を窓口に、分野・案件に応じて、「エネルギー・グリーンテクノロ
ジー・水道省(以下、KeTTHA)」、「天然資源環境省環境局(以下、DOE)」などと、環境産業交流にかかる
枠組みについて、両国の官民で協議。K-RIPがマレーシアの業界団体(マレーシア製造業連盟(以下、FMM)や
グリーンテクノロジー・コーポレーション(以下、GTC))と連携し、ミッションの相互派遣やビジネスマッ
チング等交流事業を推進(ジェトロと連携)。
ビジネス交流にあたっては、地元企業とパイプを持つ九州工業大学マレーシアオフィスや、JICAマレーシア等
とも連携し、九州企業の市場参入を支援。
(参考)調査ミッションのスケジュールと目的
今回の調査ミッションでは、1日目に、日系支援機関や現地の企業経営者との意見交換を通じて、
現地駐在の日本人からの情報収集を実施。2日目は、マレーシアの政府機関を訪問し、交流事業の
提案・協議、1日目の情報収集結果を踏まえた詳細な取材等を実施。3日目は、現地企業を訪問し、
処理プロセス等の実地調査、事業課題(ニーズ)等の取材、ソリューションの提案等を実施。
日程
行動内容・プログラム(◆)
目的等
12/ 9/日
11:40-15:35
16:40-19:50
福岡国際空港 ⇒ バンコク空港
バンコク空港 ⇒ マレーシア(KL)
12/10/月
11:00-12:00
◆マレーシア・プトラ大学(UPM)訪問
・大学内の九工大オフィスにて、バイオマス関連の共
同研究の取組等について意見交換、実証プラント視察
14:30-15:30
16:00-17:00
18:30-19:00
◆JICAマレーシア事務所訪問
◆マレーシア日本人商工会議所(JACTIM)訪問
◆ジェトロKLによるブリーフィング
・JICAの環境分野の国際協力、現地ニーズ等の取材
・現地の企業経営者から現地進出のリスク等の取材
・ジェトロKL事務所による投資概況などのブリーフィング
10:30-12:30
◆現地政府機関との意見交換
◇マレーシア投資開発庁(MIDA)
◇天然資源環境省環境局(DOE)
・マレーシアの環境分野の投資ニーズにかかる意見交換
・環境産業交流にかかる取組提案
・日本企業からの規制等への質疑応答
14:30-17:00
◆現地政府機関との意見交換
◇エネルギー・グリーンテクノロジー・水道省(KeTTHA)
・マレーシアの環境分野の投資ニーズにかかる意見交換
・環境産業交流にかかる取組提案
・日本企業からの規制等への質疑応答
12/11/火
12/12/水
9:00-10:30
◆企業視察
◇ Indah Water Konsortium, Pantai Sewage Works
(下水処理を手がける公営企業)
11:30-13:30
◇TOSHIBA ELECTRONICS MALAYSIA SDN.BHD
15:30-17:30
◇Kualiti Alam Sdn. Bhd
(日系電機メーカー。自前で廃水処理を実施。)
(有害廃棄物の処理を実施)
12/13/木
21:00-22:05
KL ⇒ バンコク空港
01:00-08:00
バンコク空港 ⇒ 福岡空港
・企業の取組、処理技術・処理プロセス等の取材
・現地企業の環境技術等のニーズ等の取材
・企業の施設等の見学、意見交換
・日本企業からのソリューション提案
ダウンロード

24fyマレーシア調査ミッション - 九州地域環境・リサイクル産業交流プラザ