§1. 金融市場
市場経済
需要と供給
経済循環
資本主義経済
金融市場メリット
2つの金融
証券取引所・証券会社
銀行
市場経済



モノ・ヒト・カネ・情報あらゆるものが、市場
で自由に売買される経済システム。
家計(消費者) 購入したいものと支出額を
決める
企業(生産者) 生産物の種類と量を決め
る
需要と供給(Demand&Supply)

市場では、需要(買いたい)と供給(売りたい)が
均衡(等しく)なるところで価格が決定される
モノ
価格
買い
買い
買い
売り
売り
売り
\


その価格に対応して、消費者も生産者も行動を
選択 価格は利益や人気と関係している。
3経済主体 家計 企業 政府
経済・資金循環(economic cycle)
政府・
公共
団体
公共サービス
年金・保険
所得税・住民税¥
資金調達
(国債・
地方債)
財サービス
代金¥
労働
給料¥
家計
公共サービス
法人税等¥
財サービス
代金¥
労働
給料・賃金¥
投資・貯蓄・借入¥
代金損益・元本/利子¥
金 融 市場
企業
企業
生産財
代金¥
資金調達
(融資・社債・株式)
資金を融通する
金融市場の存在理由
(3主体のメリット)

家計:最適な貯蓄・投資・消費パターン選択
最適な資産選択(リスクとリターンの組み合わせを選択)できる。
最適な消費パターン(現在と将来の適切な時間配分)を選択できる。

企業:最適な資金調達・投資パターン選択
最適な資金調達方法の組み合わせを選択できる。
最適な投資決定を選択できる。

政府:最適な財政政策選択
最適な需要創出政策を行うことが可能となる。 (例えば、公共事業)
国債発行により、投資家に資産の組み合わせの選択肢を提供する。
金融- 2つの形態:間接金融と直接金融

間接金融
家計
預金
銀
行
融資(銀行信用)
多数・小額・短期
大口・長期
元本利子・損失機会小
預金者は銀行を信用して預ける

直接金融
家計
投資
企業
(証券市場)
少数・大小額・長期
リスク負担・収益機会大
投資家は企業・政府を
見て投資する
返済
預金証書・借用証・
投資信託受益証券
企業・政府
大口・長期
リスク分散
株式・社債・国債・
金融債
・資本主義(Capitalism)経済


持てる者が持たない者へ資本(資金等)を提供し、提供され
た者が経済活動で利益を上げて、見返りとして持てる者へ還
元する仕組み。
この投資&還元が善意に繰り返されることによって社会全体
が潤うシステム。
企業・
事業家
株主・
投資家
資本と会社の種類
資本(Capital)=元手
個人の場合 元手 = 種銭
会社の場合 資本金=株式(株式会社)
 会社(Company)の4形態
① 合名会社 無限責任社員のみ
② 合資会社 無限責任社員 + 有限責任社員
③ 有限会社 有限責任社員のみ
④ 株式会社 有限責任社員のみ
(ほとんどの会社が有限会社か株式会社 9割程度)

株式会社(Stock Company)
株式会社の発祥 1602年 オランダの東インド
会社 (バタビア:現在のジャカルタ)
 株式会社とは、一定数の株式を発行し、各株主
が株式の引受け額を限度に出資義務を負う形態
の会社

もし会社が損失・倒産となった場合、出資額分
だけ責任をとる。(有限責任)
 株主ー 株式を保有している者
(株主は株式を自由に売買できる)

証券取引所 (Stock Exchange)
証券取引所(証券取引が
行われる場所)
 役割
円滑な流通と
公正な価格形成
 ルール
1.価格優先の原則
(より高い買値優先
より安い売値優先)
2.時間優先の原則
(早い者勝ち)

東京・大阪・
名古屋
札幌・福岡
5つの証券取引所
証券会社の業務:4業務




自己売買(Dealer)業務
証券会社自身の勘定で売買を行う
委託売買(Broker)業務
他人の注文を受けて売買成立を図る
引受け(Underwriter)業務
証券(株式・債券等)の発行を請け負う
売りさばき(Selling)業務
不特定多数の者へ勧誘・買付けを図る
銀行業務:4業務

受信業務
預金の受け入れ。銀行にとって主要な資金調達手段、
預金者にとって安全保管手段・貯蓄手段

貸出・与信業務
家計及び企業への貸出。(銀行融資・銀行信用)
手形割引

為替・振替業務
債権者・債務者間の決済(内国為替取引・外国為替取引)

証券業務
国債の販売・ディーリング
Finance-間接金融から直接金融の時代へ
預金
融資
家計・企業
銀
行
企業
多数・小額・短期
大口・長期
返済
元本利子・損失機会小
BUT少ないリターン
時間がかかる
預金証書・借用証・
投資信託受益証券
投資
家計・企業
(証券市場)
少数・大小額・長期
大口・長期
大きな企業価値・資
リスク分散
リスク負担・収益機会大
経済全体の活性化・
景気拡大
投資家は企業・
政府を
見て投資する
(評価)
新たな消費・
投資活発
投資家利益
増える
企業・政府
株価上がる
金により活動活発
企業・政府は投資家
を意識
利益を上げる
ダウンロード

スライド版