申告書作成編
私たちの生活と財政の役割
高校生用租税教育教材
高等学校学習指導要領準拠
協力:全国公民科・社会科教育研究会
1.暮らしの中の税①
私たちの身の回りには、さまざまな税があります。
どんな税があるだろう?
消費税
所得税
酒税
たばこ税
会社でもらう給与明細書。
所得税や住民税が給料から
差し引かれている。
清酒・ビール・ウィスキーなどの
アルコール飲料や、たばこには税がかかる。
洋服や日用品を買ったりすると、
8%の消費税がかかる。
みんなで考えてみよう!
他にはどんな税があるのだろう?
1
1.暮らしの中の税②
私たちの身の回りには、国や都道府県、市(区)町村による
「公共サービス」や「公共施設」があります。
ゴミ
指定のゴミ袋に入れて所定の日に出せば、
ゴミ収集車が無料で持っていってくれる。
警察
安全を守ってもらうのに、手数料は払わない。
美術館
みんなが利用でき、有意義な生活を送れる。
みんなで考えてみよう!
なぜ無料で公共サービスを受けたり、公共施設が利用できるのだろう?
2
1.暮らしの中の税③
「公共サービス」や「公共施設」を提供するためには、たくさんの費用がかかります。
公共サービス
警察、消防、
ゴミ収集、福祉など
公共施設
学校、公園、道路など
みんなで考えてみよう!
「公共サービス」などの利用料を徴収できないとすれば、
これらの費用はどうやってまかなうのだろう?
3
1.暮らしの中の税④
「税金」ってなんだろう?
なぜ、「税金」が必要なのだろう?
みんなで議論してみよう!
みんなで議論しながら、考えをまとめてみよう。
「租税は文明社会の対価である」
オリバー・ウェンデル・ホームズ
“Taxes are what we pay for a civilized society.”
みんなで議論してみよう!
この言葉の意味についても、みんなで議論してみよう。
4
2.なぜ、税を納めなければならないのだろう?①-1
~税にまつわるエピソード~
2つのエピソードを参考に考えてみよう。
①【アメリカ独立戦争と税】
「代表なくして課税なし」“No taxation without representation”
18世紀後半のアメリカ独立戦争は、母国イギリスが行った不当な課税に納得でき
ないということで始まりました。
この不当な課税に対する反対運動の中で、パトリック・ヘンリーらの「代表なく
して課税なし」という言葉が生まれました。
この言葉にこめられた、当時のアメリカの人々の※「強い意識」がきっかけとな
り、やがて、1776年のアメリカ独立宣言につながります。
※ 「強い意識」
 自分たちの代表者がいないところで決められた税は、納める必要がない。
 自分たちの国を支えるためには、自分たち一人ひとりが税を納めなければいけない。
~
アメリカ独立までのあゆみ
1765年 ●英・印紙条例制定(新聞、書類等への課税)
●印紙条例反対決議案
(ヴァージニア植民地協議会代表パトリック・ヘンリーら)
→「代表なくして課税なし」
●各地でイギリスに対するボイコット運動
1766年 ●英・印紙条例廃止
~
1767年 ●英・タウンゼント条例
(茶、紙、ガラス等への課税)
1770年 ●ボストン大虐殺→茶以外の課税停止
1773年 ●ボストン茶会事件
1774年 ●英・ボストン港閉鎖
1775年 ●独立戦争(〜1783年)
1776年 ●米・独立宣言
5
2.なぜ、税を納めなければならないのだろう?①-2
~税にまつわるエピソード~
2つのエピソードを参考に考えてみよう。
②【福澤諭吉と税】
1872年に福澤諭吉が発表した『学問のすすめ』の中に、税金とは国民と国との約束である
と述べられています。
『学問のすすめ』より
「政府は法令を設けて悪人を制し善人を保護す。これ即ち政府の商売なり。
ついえ
この商売をなすには莫大な費なれども、政府に米もなく金もなきゆえ、
ねんぐうんじょう
いだ
まかな
百姓町人より年貢運上を出して政府の勝手方を賄わんと、
双方一致の上、相談を取極めたり。
これ即ち政府と人民の約束なり。」
資料提供:福澤諭吉旧邸・福澤諭吉記念館
6
2.なぜ、税を納めなければならないのだろう?②
納税の義務は憲法で定められています。
【日本国憲法第30条】
国民は、法律の定めるところにより、納税の義務を負ふ。
みんなで議論してみよう!
なぜ、「納税の義務」が憲法で定められているのだろう?
みんなで議論してみよう。
7
2.なぜ、税を納めなければならないのだろう?③
税に関する法律(税負担の方法)と税の使い道(予算)は、
国民の代表者である議員が決めています。
国民
国会
内閣
議決
予算案/税に関する法律案
8
3.今までの議論をまとめてみよう
「税金」ってなんだろう。
なぜ「税金」が必要なのだろう。
なぜ「納税の義務」が憲法で定められているのだろう。
今までの議論を振り返ると・・・
今までの議論から「税の本質」が見えてくる。
つまり、
税の本質とは・・・
●
●
●
税は公共サービスの対価
自らの代表が、国の支出の在り方を決めることと、自らが国を支
える税金を負担しなければならないことは表裏一体
税の使い道を監視する(関心を持つ)ことも納税者として重要
民主主義の基本
政治への参加と国を支える税金を国民が負担することが、
対になっているのが、民主主義の基本である。
9
1.アルバイト代の源泉徴収票を見てみよう
「給与所得の源泉徴収票」とは、会社が従業員に対して1年間に支払った給与の金額と天引きした
所得税及び復興特別所得税の額を、その従業員に知らせるために会社が発行する証明書のことです。
平成●年分 給与所得の源泉徴収票
(受給者番号)
住
所
又
は
居
所
支 払
を受け
る 者
○○市△△町×-××-×
支 払 金 額
内
千
給与・賞与
884
控除対象配偶者
_配偶者特別_
の有無等
老人 _控除の額_
無
(摘要)
従有 従無
特 定
円
千
給与所得控除後の金額
円
千
人 従人
老 人
内
障害者の数
(本人を除く。)
その他
人 従人
人 従人
円
居住開始年月日
未
養 歳
成
親 未
年
族 満
者
外
国
人
死
亡
退
職
災
害
者
乙
本人が障害者
特
欄
別
そ
の
他
寡 婦
一
特
寡
般
夫
学
別
住所(居所)
又は所在地
氏名又は名称
特 別
内
千
源 泉 徴 収 税 額
円 内
生
その他
人
千
円
10
420
社 会 保 険 料 _ 生 命 保 険 料 地震保険料 _住宅借入金等_
等 の 金 額 _ _ の 控 除 額 _ _ の 控 除 額 _ _ 特別控除の額_
人 内
千
円
千
円
千
円
千
円
円
国民年金保険料等の金額
円
配 偶 者 の 合 計 所 得
円 新個人年金保険料の金額
円
新生命 保険 料の 金額
円 旧個人年金保険料の金額
円
旧生命 保険 料の 金額
円 旧長期損害保険料の金額
円
勤
労
人
支
払
者
所得控除の額の合計額
円
000
控除対象扶養親族の数
(配偶者を除く。)
住宅借入金等特別控除可能額
扶 16
タロウ
国税 太郎
種 別
有
氏 (フリガナ)
コクゼイ
名 (役職名)
中 途 就 ・ 退 職
就職
介護医療保険料の金額
受 給 者 生 年 月 日
退職
年
月
日
○
●
8
31
明
大
昭
平
年
月
日
○
XX
XX
XX
○○市△△町 ×-×-×
株式会社○○商会
(電話)
××-××××-××××
10
2.所得税及び復興特別所得税を計算してみよう
「給与所得の源泉徴収票」と「確定申告書」を使って、所得税及び復興特別所得税を計算してみよう。
11
2.所得税及び復興特別所得税を計算してみよう
①収入金額等
平成●年分 給与所得の源泉徴収票
(受給者番号)
住
所
又
は
居
所
支 払
を受け
る 者
○○市△△町×-××-×
支 払 金 額
内
千
給与・賞与
884
控除対象配偶者
_配偶者特別_
の有無等
老人 _控除の額_
無
(摘要)
従有 従無
円
千
給与所得控除後の金額
円
千
人 従人
老 人
内
養 歳
成
親 未
年
族 満
者
外
国
人
死
亡
退
職
災
人 従人
人 従人
円
害
者
乙
本人が障害者
特
欄
別
そ
の
他
寡 婦
一
特
寡
般
夫
住所(居所)
又は所在地
氏名又は名称
特 別
内
千
源 泉 徴 収 税 額
円 内
労
生
その他
人
千
円
10
420
社 会 保 険 料 _ 生 命 保 険 料 地震保険料 _住宅借入金等_
等 の 金 額 _ _ の 控 除 額 _ _ の 控 除 額 _ _ 特別控除の額_
人 内
千
円
千
円
千
円
千
円
円
国民年金保険料等の金額
円
配 偶 者 の 合 計 所 得
円 新個人年金保険料の金額
円
新生命 保険 料の 金額
円 旧個人年金保険料の金額
円
旧生命 保険 料の 金額
円 旧長期損害保険料の金額
円
勤
学
別
人
支
払
者
円
障害者の数
(本人を除く。)
その他
居住開始年月日
未
所得控除の額の合計額
000
控除対象扶養親族の数
(配偶者を除く。)
特 定
住宅借入金等特別控除可能額
扶 16
タロウ
国税 太郎
種 別
有
氏 (フリガナ)
コクゼイ
名 (役職名)
中 途 就 ・ 退 職
就職
介護医療保険料の金額
受 給 者 生 年 月 日
退職
年
月
日
○
●
8
31
明
大
昭
平
年
月
日
○
XX
XX
XX
申告書へ
○○市△△町 ×-×-×
株式会社○○商会
(電話)
××-××××-××××
源泉徴収票へ
12
2.所得税及び復興特別所得税を計算してみよう
①収入金額等
平成●年分 給与所得の源泉徴収票
(受給者番号)
住
所
又
は
居
所
支 払
を受け
る 者
○○市△△町×-××-×
支 払 金 額
内
千
給与・賞与
884
控除対象配偶者
_配偶者特別_
の有無等
老人 _控除の額_
無
(摘要)
従有 従無
円
千
給与所得控除後の金額
円
千
人 従人
老 人
内
養 歳
成
親 未
年
族 満
者
外
国
人
死
亡
退
職
災
人 従人
人 従人
円
害
者
乙
本人が障害者
特
欄
別
そ
の
他
寡 婦
一
特
寡
般
夫
住所(居所)
又は所在地
氏名又は名称
特 別
内
千
源 泉 徴 収 税 額
円 内
労
生
その他
人
千
円
10
420
社 会 保 険 料 _ 生 命 保 険 料 地震保険料 _住宅借入金等_
等 の 金 額 _ _ の 控 除 額 _ _ の 控 除 額 _ _ 特別控除の額_
人 内
千
円
千
円
千
円
千
円
円
国民年金保険料等の金額
円
配 偶 者 の 合 計 所 得
円 新個人年金保険料の金額
円
新生命 保険 料の 金額
円 旧個人年金保険料の金額
円
旧生命 保険 料の 金額
円 旧長期損害保険料の金額
円
勤
学
別
人
支
払
者
円
障害者の数
(本人を除く。)
その他
居住開始年月日
未
所得控除の額の合計額
000
控除対象扶養親族の数
(配偶者を除く。)
特 定
住宅借入金等特別控除可能額
扶 16
タロウ
国税 太郎
種 別
有
氏 (フリガナ)
コクゼイ
名 (役職名)
中 途 就 ・ 退 職
就職
介護医療保険料の金額
受 給 者 生 年 月 日
退職
年
月
日
○
●
8
31
明
大
昭
平
年
月
日
○
XX
XX
XX
○○市△△町 ×-×-×
株式会社○○商会
(電話)
884000
申告書へ
××-××××-××××
源泉徴収票へ
13
2.所得税及び復興特別所得税を計算してみよう
②所得金額
申告書へ
14
2.所得税及び復興特別所得税を計算してみよう
②所得金額
2 3 4 0 0 0
申告書へ
2 3 4 0 0 0
15
2.所得税及び復興特別所得税を計算してみよう
~1回目の控除(必要経費など)~
給与の必要経費は法律で決まっています。
給与所得控除額といい、この額を差し引いて
計算します。
簡易給与所得表
収入金額-給与所得控除額=所得金額
収入金額
給与等の収入
金額の合計額
か
884,000
ら
ま
円
650,999円まで
給与所得
の 金 額
で
円
円
0
給与所得控除額
650,000
所得金額
651,000
1,618,999 給与額の収入
金額の合計額
から650,000
円を控除した
金額
234,000
16
2.所得税及び復興特別所得税を計算してみよう
③所得から差し引かれる金額
平成●年分 給与所得の源泉徴収票
(受給者番号)
住
所
又
は
居
所
支 払
を受け
る 者
○○市△△町×-××-×
支 払 金 額
内
千
給与・賞与
884
控除対象配偶者
_配偶者特別_
の有無等
老人 _控除の額_
無
(摘要)
従有 従無
円
千
給与所得控除後の金額
円
千
人 従人
老 人
内
養 歳
成
親 未
年
族 満
者
外
国
人
死
亡
退
職
災
人 従人
人 従人
円
害
者
乙
本人が障害者
特
欄
別
そ
の
他
寡 婦
一
特
寡
般
夫
住所(居所)
又は所在地
氏名又は名称
特 別
内
千
源 泉 徴 収 税 額
円 内
労
生
その他
人
千
円
10
420
社 会 保 険 料 _ 生 命 保 険 料 地震保険料 _住宅借入金等_
等 の 金 額 _ _ の 控 除 額 _ _ の 控 除 額 _ _ 特別控除の額_
人 内
千
円
千
円
千
円
千
円
円
国民年金保険料等の金額
円
配 偶 者 の 合 計 所 得
円 新個人年金保険料の金額
円
新生命 保険 料の 金額
円 旧個人年金保険料の金額
円
旧生命 保険 料の 金額
円 旧長期損害保険料の金額
円
勤
学
別
人
支
払
者
円
障害者の数
(本人を除く。)
その他
居住開始年月日
未
所得控除の額の合計額
000
控除対象扶養親族の数
(配偶者を除く。)
特 定
住宅借入金等特別控除可能額
扶 16
タロウ
国税 太郎
種 別
有
氏 (フリガナ)
コクゼイ
名 (役職名)
中 途 就 ・ 退 職
就職
介護医療保険料の金額
受 給 者 生 年 月 日
退職
年
月
日
○
●
8
31
明
大
昭
平
年
月
日
○
XX
XX
XX
申告書へ
○○市△△町 ×-×-×
株式会社○○商会
(電話)
××-××××-××××
源泉徴収票へ
17
2.所得税及び復興特別所得税を計算してみよう
③所得から差し引かれる金額
平成●年分 給与所得の源泉徴収票
(受給者番号)
住
所
又
は
居
所
支 払
を受け
る 者
○○市△△町×-××-×
支 払 金 額
内
千
給与・賞与
884
控除対象配偶者
_配偶者特別_
の有無等
老人 _控除の額_
無
(摘要)
従有 従無
円
千
給与所得控除後の金額
円
千
人 従人
老 人
内
養 歳
成
親 未
年
族 満
者
外
国
人
死
亡
退
職
災
人 従人
人 従人
円
害
者
乙
本人が障害者
特
欄
別
そ
の
他
寡 婦
一
特
寡
般
夫
住所(居所)
又は所在地
氏名又は名称
特 別
内
千
源 泉 徴 収 税 額
円 内
労
生
その他
人
千
円
10
420
社 会 保 険 料 _ 生 命 保 険 料 地震保険料 _住宅借入金等_
等 の 金 額 _ _ の 控 除 額 _ _ の 控 除 額 _ _ 特別控除の額_
人 内
千
円
千
円
千
円
千
円
円
国民年金保険料等の金額
円
配 偶 者 の 合 計 所 得
円 新個人年金保険料の金額
円
新生命 保険 料の 金額
円 旧個人年金保険料の金額
円
旧生命 保険 料の 金額
円 旧長期損害保険料の金額
円
勤
学
別
人
支
払
者
円
障害者の数
(本人を除く。)
その他
居住開始年月日
未
所得控除の額の合計額
000
控除対象扶養親族の数
(配偶者を除く。)
特 定
住宅借入金等特別控除可能額
扶 16
タロウ
国税 太郎
種 別
有
氏 (フリガナ)
コクゼイ
名 (役職名)
中 途 就 ・ 退 職
就職
介護医療保険料の金額
受 給 者 生 年 月 日
退職
年
月
日
○
●
8
31
明
大
昭
平
年
月
日
○
XX
XX
XX
27
○○市△△町 ×-×-×
株式会社○○商会
(電話)
申告書へ
××-××××-××××
源泉徴収票へ
38
650000
650000
18
2.所得税及び復興特別所得税を計算してみよう
~2回目の控除(所得控除)~
勤労学生控除とは、あなたが所得税法上の勤労学生
に当てはまる場合に受けられる所得控除です。
また、所得税額の計算をする場合に、全ての納税者
が、総所得金額などから差し引くことができる控除
があります。これを、基礎控除といいます。
所得金額
234,000
勤労学生控除
270,000
所得控除
650,000
▲416,000
基 礎 控 除
380,000
課税される所得金額
0
19
2.所得税及び復興特別所得税を計算してみよう
④税金の計算
平成●年分 給与所得の源泉徴収票
(受給者番号)
住
所
又
は
居
所
支 払
を受け
る 者
○○市△△町×-××-×
支 払 金 額
内
千
給与・賞与
884
控除対象配偶者
_配偶者特別_
の有無等
老人 _控除の額_
無
(摘要)
従有 従無
円
千
給与所得控除後の金額
円
千
人 従人
老 人
内
養 歳
成
親 未
年
族 満
者
外
国
人
死
亡
退
職
災
人 従人
人 従人
円
害
者
乙
本人が障害者
特
欄
別
そ
の
他
寡 婦
一
特
寡
般
夫
住所(居所)
又は所在地
氏名又は名称
特 別
内
千
源 泉 徴 収 税 額
円 内
労
生
その他
人
千
円
10
420
社 会 保 険 料 _ 生 命 保 険 料 地震保険料 _住宅借入金等_
等 の 金 額 _ _ の 控 除 額 _ _ の 控 除 額 _ _ 特別控除の額_
人 内
千
円
千
円
千
円
千
円
円
国民年金保険料等の金額
円
配 偶 者 の 合 計 所 得
円 新個人年金保険料の金額
円
新生命 保険 料の 金額
円 旧個人年金保険料の金額
円
旧生命 保険 料の 金額
円 旧長期損害保険料の金額
円
勤
学
別
人
支
払
者
円
障害者の数
(本人を除く。)
その他
居住開始年月日
未
所得控除の額の合計額
000
控除対象扶養親族の数
(配偶者を除く。)
特 定
住宅借入金等特別控除可能額
扶 16
タロウ
国税 太郎
種 別
有
氏 (フリガナ)
コクゼイ
名 (役職名)
中 途 就 ・ 退 職
就職
介護医療保険料の金額
受 給 者 生 年 月 日
退職
年
月
日
○
●
8
31
明
大
昭
平
年
月
日
○
XX
XX
XX
申告書へ
○○市△△町 ×-×-×
株式会社○○商会
(電話)
××-××××-××××
源泉徴収票へ
20
2.所得税及び復興特別所得税を計算してみよう
④税金の計算
平成●年分 給与所得の源泉徴収票
(受給者番号)
住
所
又
は
居
所
支 払
を受け
る 者
○○市△△町×-××-×
支 払 金 額
内
千
給与・賞与
884
控除対象配偶者
_配偶者特別_
の有無等
老人 _控除の額_
無
(摘要)
従有 従無
円
千
給与所得控除後の金額
円
千
人 従人
老 人
内
養 歳
成
親 未
年
族 満
者
外
国
人
死
亡
退
職
災
人 従人
人 従人
円
害
者
乙
本人が障害者
特
欄
別
そ
の
他
寡 婦
一
特
寡
般
夫
住所(居所)
又は所在地
氏名又は名称
特 別
内
千
源 泉 徴 収 税 額
円 内
労
生
その他
人
千
円
10
420
社 会 保 険 料 _ 生 命 保 険 料 地震保険料 _住宅借入金等_
等 の 金 額 _ _ の 控 除 額 _ _ の 控 除 額 _ _ 特別控除の額_
人 内
千
円
千
円
千
円
千
円
円
国民年金保険料等の金額
円
配 偶 者 の 合 計 所 得
円 新個人年金保険料の金額
円
新生命 保険 料の 金額
円 旧個人年金保険料の金額
円
旧生命 保険 料の 金額
円 旧長期損害保険料の金額
円
勤
学
別
人
支
払
者
円
障害者の数
(本人を除く。)
その他
居住開始年月日
未
所得控除の額の合計額
000
控除対象扶養親族の数
(配偶者を除く。)
特 定
住宅借入金等特別控除可能額
扶 16
タロウ
国税 太郎
種 別
有
氏 (フリガナ)
コクゼイ
名 (役職名)
中 途 就 ・ 退 職
就職
介護医療保険料の金額
0
受 給 者 生 年 月 日
退職
年
月
日
○
●
8
31
明
大
昭
平
年
月
日
○
XX
XX
XX
申告書へ
○○市△△町 ×-×-×
株式会社○○商会
源泉徴収票へ
(電話)
××-××××-××××
0
0
0
0
10420
10420
21
2.所得税及び復興特別所得税を計算してみよう
100 8978
コ クゼイ
東京都千代田区霞ヶ関3-1-1
国税
タ ロ ウ
太郎
同
同
上
4
解答
上
0 1 0 2 0 3
0
884000
234000
0
0
0
234000
10420
申告書へ
10420
27
38
650000
○△□
□△○
650000
12345678
22
ダウンロード

【申告書作成編】(パワーポイント)