北朝鮮による拉致の真相解明と
すべての拉致被害者救出を願って
拉致問題を考える川口の会
政府認定の
帰国した5人と安否不明10人
田口八重子さん
は
川口出身
忽然と消えた川口の5人
埼玉川口の
会社に就職した子の出産を
楽しみにしていた新婚の
電気工事士
大学卒業後就職した会社
の初めてのレクリエーショ
ンに出たまま失踪
体育の先生
を目指す
東京学芸大1年
ラグビー部所属
まじめで活動的な
銀行員
脱北者の目撃情報が
ある
仕事が趣味
まじめでやさしい
頼れる長男
拉致以外の失踪理由が
ない拉致濃厚1000番台
半径3キロに6人
特定失踪者問題調査会への
届け出400人(拉致疑惑者)
特定失踪者とは
北朝鮮による拉致の可能
性が排除できない失踪者
特定失踪者問題調査会
とは
平成15年1月に救う会から調査部門を独立させ
「調査会」として設立
拉致の疑いのある失踪者情報を集め調査している
平成16年8月現在約400名の届出がある
その内、少なく見積もっても100名以上は拉致されて
いると見ている。
特定失踪者情報からわかったこと

ある傾向があること
–
–
–
–

地域的な傾向(川口など地域に集中している)
職業の傾向(看護婦・服飾・印刷・電気・・・)
学校の傾向(同じ学校や近くの学校から複数)
時期的な傾向(本人が休みか仕事から解放されたとき)
拉致は日本海側だけでないこと
– 内陸や太平洋側のどこでもあり得る
– 組織的、計画的、長期的に水面下で行われた

拉致被害者は普通の日本人であること
– こつこつ地道に、自分の人生を歩んでいた
– 失踪しても家族が大騒ぎしなかった
政府認定の15人は
氷山の一角
上が政府認定
拉致被害者
帰国した5人
10人
特定失踪者
1000番台
下が拉致疑惑者
特定失踪者
0番台
届出がない拉致被害者
拉致被害者は何人いるのか?
政府が認めているのは15人(H16,8現在)
 調査会は少なくとも100名以上いると判断
 拉致の疑いがある失踪者は400名(届出数)
 警察はその2倍以上の未解決失踪者を把握
 届出すら出ていない人も多数いるはず
 想像を絶する被害者がいる可能性がある

しかし、いつまでもシラを切り続ける北朝鮮
北朝鮮側のこれまでの対応
拉致問題は解決済みと今でも言っている
 横田さんら10名の情報は矛盾だらけ
 調査中とは「死亡理由の調査中」だと・・
 日本側の150項目の質問には一切答えてい
ない
 都合が悪くなると「本国に伝える」と言うだけ
 東京を「火の海にする」等の脅し外交

1枚の写真の波紋
鑑定の第一人者・橋本助教授に
鑑定を依頼
鑑定の結果
同一人人物と断定
S51埼玉・川口で失踪した藤田 進
拉致問題の解決とは
すべての拉致被害者の救出・帰国
 拉致の全容解明
 国民の生活の安全と治安の確立

生まれ育った、
自分の国
日本への帰国
すべての拉致被害者の救出を願って
こんな活動をしています
街頭署名を毎月行っています
その他の失踪者情報を求めています
拉致未遂情報も求めています
失踪者の真相究明
各地への講演やビラまきなど
拉致問題を考える川口の会
川口の6家族を核にした会です
いつまでもシラを切り続ける北朝鮮
日本は
北朝鮮と本気で対峙するときが
すぐそこまで来ている
藤田隆司
拉致問題を考える川口の会
ダウンロード

低画質 - 救う会埼玉