桜美林大学 山田ゼミ Bチーム
加藤 郁美
上妻 史保理
佐藤 麗未
楢崎 泰葉
星野 磨美
プレゼンテーションの概要
1.現状
・少子化
・幼稚園と保育園
2.提案
・カルチャースクール
・幼保統合化
3.国との連携
少子化に密着!!!
~将来の不安を取り除きませんか?~
文部科学省
管轄
厚生労働省
平均4時間
時間
平均8時間
定員割れ
利用者
待機児童増大
地域指定あり
場所
自由
プレゼンテーションの概要
1.現状
・少子化
・幼稚園と保育園
2.提案
・カルチャースクール
・幼保統合化
3.国との連携
延長保育の有効活用
カルチャースクール
通常保育
(月・水・金)
延長保育
(火・木)
7:00
9:00
11:00
16:00
18:00
20:00
7:00
9:00
11:00
月曜日
水曜日
金曜日
そろばん→高齢者
ダンス→ダンサーの卵
(ネイティブ)語学→外国人
絵画、ピアノ→地域ボランティア
プール→カルチャースクールの臨時講師
定員割れ
学習・教育
地域密着
保育時間が短い
延長保育
年齢層が広い
待機児童
保育時間が長い
教育を行わない
0歳‐6歳
7時‐20時
カルチャースクール
地域ボランティア
・幼保園の増設
・報酬の増大
・勤労意欲の増大
・位置づけ向上
・不安の除去
・管理単純化
・対策を進めやすい
・人件費の削減
・両免許取得
プレゼンテーションの概要
1.現状
・少子化
・幼稚園と保育園
2.提案
・カルチャースクール
・幼保統合化
3.国との連携
人口統計(0歳~6歳)(H20年)
(千 人 )
人口( 0 - 6 歳)
1200
1100
1000
900
800
700
600
500
400
300
200
100
0
0歳
1歳
2歳
3歳
4歳
5歳
6歳
(年 齢 )
・管理単純化
・幼保園の増設
・勤労意欲の増大
・不安の除去
・対策を進めやすい
・報酬の増大
・位置づけ向上
・人件費の削減
・両免許取得
・待機児童の減少
・女性の自立
・預け先の効率化
・幼児児童教育の統合と一貫性
・幼保園の確立と充実
・0歳児から6歳児の教育課程の確立化
・小中高の教諭と同じ位置づけ
・ 厚生労働省
『http://www.dpj.or.jp/special/manifesto2009/
txt/manifesto2009.txt』
・ 文部科学省
『http://www.mhlw.go.jp/』
・ 民主党
『http://www.mext.go.jp/』
・ 読売新聞 8月30日朝刊
・ 目黒 依子、西岡 八郎 編
『少子化のジェンダー分析』 勁草書房,2004年
・
・
・
・
桜美林幼稚園
リスブラン保育園
山崎保育園
アンケートにお答えいただいた
保育士、幼稚園教諭、保護者、一般学生、
保育学校を目指す学生の皆さま
ダウンロード

カルチャースクール