キャリアで語る経営組織
第12章
ビジネスのさらに先へ
ー経営にできることー
テキスト339~368ページ
プロローグ
社長として会社の陣頭指揮にあたった2期8年が過
ぎ,あなたは経営を後継者に委ねて会長に就任した。
社内のマネジメントについては,社長以下のリーダ
ーシップに任せ,自らは社長のバックアップと会社
の外の仕事,すなわち業界団体,財界,政府,地域
など会社と社会とのつながりについて関わる場面が
増えている。
それと同時にこれまでとは異なる視点で,企業と
社会との接点に関わってゆくことになった。そして
数年後には引退ということになる。いまあなたは,
キャリアの締めくくりにあたって個人・企業・社会
の関わりを総括し,企業を離れたあとの第2の人生
を考える時期にいる。
会長になってみると・・・
• ビジネス以外での会社と社会の関わり
• 会社の目的と,社会の会社に対する期待とのギャッ
プ
に気づく。そしてあなた自身のキャリアの締めくくりは?
疑問12-1
(テキスト341ページ)
企業の長期的な存続に必要なものは
何だろうか?
企業のもろさ
• 社会に対して,価値ある製品・サービスを供給し続
ける必要性 ←社会(顧客)の意思に依存
cf. 政府(税金,権力),宗教組織(喜捨,信者のボラ
ンティア)
企業の長期的な存続に必要なもの
• タスク環境への適応能力
• 社会,利害者との良好な関係
図12-1 企業と社会の倫理的関わり
(テキスト346ページ)
社会的応答:
社会貢献
社会的責任:
事業内容の社会的・
倫理的妥当性
社会的義務:
コンプライアンス
コンプライアンス:企業と法
• 自由主義経済システムにおける企業と個人
→ 様々な利益機会を求め多くの試行錯誤を繰り返す
→ 法や社会的規範の逸脱の可能性
• 組織あるいは事業の社会的支持を失うと・・・
→ 企業の破綻
eg. 大手英会話学校,大手乳業,有名日本料理店・・・
• 「法は倫理の最下限」:コンプライアンス(法令遵守)
の重要性
表12-1 企業活動がもたらす問題と求めら
れる倫理 (テキスト344ページ)
(出所)佐久間[2006]38ページを参
照し筆者作成。
企業の社会的責任(CSR)
• 企業の社会的責任(corporate social responsibility;
CSR):「企業が事業活動において,顧客,株主,従
業員,取引先,地域社会などの様々な利害関係者
との関係を中で果たす責任」
CSRの内容:トリプル・ボトムライン
• 経済的側面(消費者保護・人材育成・公正な労働基
準など)
• 社会的側面(人権・安全衛生・地域社会貢献など)
• 環境的側面(環境保護)
利害関係者との調和・共生
前提条件
• 自社の持続性の確保と余剰経営資源の蓄積
• 利益の配分についての構想
疑問12-2
(テキスト348ページ)
企業と社会との関わりは,
ビジネスだけだろうか?
経営とは・・・
「人をしてことをなさしむ」
(getting things done through others)
• 分業する人々を組織化し,問題の解決と目標の達
成へと導くための仕組み
• 一人ではできないことを協働を通じて成し遂げるた
めのツール
• 問題解決や目標達成のツール
社会問題と経営
•
経営というツールを社会問題の解決に使えるか?
•
社会問題:単独の主体(個人や組織)では解決で
きない複雑な問題
eg.福祉・教育・医療・過疎・少子高齢化・安全・貧困・
環境保護など
→ 社会,コミュニティ,複数の組織,複数のプレイヤ
ーのネットワークなど,複数の主体による解決が必
要
社会問題の解決の難しさ
1.問題が複雑なためソリューション(具体的な解決
策)がみつからない
2.解決方法が確立されても,その実行に必要な資源
(ヒト・モノ・カネ・情報)が十分に集まらない
3.参加者の間で利害対立があり,問題解決の進展が
止まってしまう
疑問12−3
(テキスト349ページ)
社会問題はどのように
解決すればよいのだろうか?
社会問題を解決する4つの方法
伝統的な解決法
• 市場
• 政府
• 慈善(チャリティ)
新しいアプローチ
• 事業
市場による社会問題の解決
 基礎原理:交換(利潤獲得動機にもとづく取引)
 プレイヤー:ソリューションの売り手と買い手
eg. 難病の治療薬
 長所:広範囲の領域(経済全体)をカバーし,安上がり
 短所:ソリューションを購入できる人に限られる,公共
財問題,外部性問題
政府による社会問題の解決
 基礎原理:ルールの設定・権力の行使・税金の投入
 プレイヤー:政府と国民・法人
eg. 環境問題への政策
 長所:市場の失敗の克服
 短所:コストがかかる,最大公約数的な解決法,利
害関係者の関与
慈善による社会問題の解決
 基礎原理:贈与
 プレイヤー:ドナーとレシピエント,その仲介者(慈善
団体)
eg. 難民支援,途上国での教育支援
 長所:問題への焦点,問題解決の自由度の高さ
 短所:資源供給の不安定さ,ドナー・仲介者の意思
への依存
疑問12-4
(テキスト355ページ)
事業による社会問題の解決とは?
あるケース
• NPO法人による病児保育事業
• 解決すべき問題:共働き夫婦の病児保育
• 仕組み:小児科医,サポートスタッフ,子育ての
終わったベテラン主婦たちをネットワーク化,月
会費制
ソーシャル・イノベーション
「市場を通じ,事業組織を利用して進められる,
新しい仕組みによる社会問題の解決」
•
•
•
•
事業組織を通じ,未解決の社会問題へ対応
売り手と買い手以外の人びとも巻き込む形での
事業展開
問題領域や地域,対象を絞りこんで解決
持続性を維持できる仕組みを内包
事業による社会問題の解決
 基礎原理:事業を通じた共同問題解決
 プレイヤー:企業家・中核組織・協働参加者・受益者
 長所:問題への焦点,自律性・持続性
 短所:問題解決に関わる人々の企業家能力に依存
図12-2 事業による共同問題解決(テキスト358ページ)
共同問題解決者
企業家(プロジェクト・
リーダー):問題解決の
リーダー
参加組織:
共同問題解決者に
協力して中核組織
と協働
中核組織内での共同問
題解決者による複雑な
問題の解決
問題解決コミュニティ
中核組織:
問題解決のための事
業の担い手
企業家(プロジェクト・リーダー)
中心的な参加者・組織、重要な資源の持ち主
共同問題解決者
参加者・組織(受益者、ボランティ
ア、行政などを含む)
共同企業家:解決の主体
1.問題の認識(たとえば,子育て共働き世帯の妻の解雇)
2.目標の設定(病児保育問題の解決)
3.理念づくり(子育てと仕事そして自己実現に挑戦できる社会作り)
4.ソリューションのデザイン(施設に頼らない在宅ケア,需要変動の
影響を受けない収益構造を作る月会費制)
5.関係者のネットワークづけ(「レスキュー隊」「プロフェッショナル・
ボランティア」)
6.共同問題解決プロセスのマネジメント(中核NPO法人を設立し,
事業の枠組みを作り実行する)
7.中核組織のマネジメント,参加組織との協働のマネジメント(NPO
法人やそこに関わる関係者との協働のマネジメント)
中核組織:解決の場
• さまざまな組織からの資源(ヒト・モノ・カネ・情報)が
集まり,共同企業家によって,解が探索され,実行
される場
• 参加組織のネットワーク化とマネジメント
企業による社会問題の解決
• 制度上,官庁などに比べて,目的や活動について
自由度の高さと柔軟性がある 。
• 専門化を進めることによって高度な知識・ノウハウ
の蓄積が可能。
• そもそも組織は資源(ヒト・モノ・カネ・情報)の蓄積
体であり,他組織との協働を通じて共同問題解決が
可能。
• 企業は社会への有用物の提供による付加価値の実
現を目的としている。残余問題を解決するソリューシ
ョンの提供はそれ自体が新たな価値の創造であり,
企業の活動にもなじむ。
表12-2 社会問題を解決する4つの方法
(テキスト363ページ)
Column⑫:企業の収益性と社会性
(テキスト360ページ)
• 収益性か社会性か?
• 収益性と社会性を発揮するまでの時間的ギャップ
→非営利組織でも,まずは収益性を確保し存続に必
要な資源を確保する必要がある。
• 社会性を発揮するためには,どのような原理(取引,
パワー,贈与,共同問題解決,あるいはそれらの組
み合わせ)を用いるかを考えることが重要。
疑問12-5
(テキスト366ページ)
企業経営の第一線を退いた人々の
その後のキャリアは?
定年後のキャリア
たとえば・・・
• 企業家として地元の商店街に賑わいを取り戻すた
めに新たな事業を始める人
• 問題の解決や組織の運営などについてアドバイス
する人
• 問題解決コミュニティを作る際に自らの持つノウハ
ウやネットワークを用いて触媒(カタリスト)となる人
• 若い社会企業家を支援するパトロンになる人
• 新たな社会的価値を提案する唱道者となる人
個人と組織のジレンマ
• 入社,若手,中堅,トップ・・・
• 組織に参加する限り,変わらないのは,ジレンマと
向き合うこと
さらに学びたい人のために
1.駒崎弘樹(2007)『「社会を変える」を仕事にする:社
会起業家という生き方』英治出版
2.小倉昌男(2003)『経営はロマンだ!:私の履歴書』
日経ビジネス人文庫
3.菱山隆二(2009)『倫理・コンプライアンスとCSR』
経済法令研究会
4.谷本寛治(2006)『ソーシャル・エンタープライズ:社
会的企業の台頭』中央経済社
主要参考文献
Inaba, Yushi, 2009. Japan's New Local Industry Creatio
n: Joint Entrepreneurship, Inter-organizational Collab
oration, and Regional Regeneration. North Andover:
Alternative Views Publishing.
佐久間信夫編(2006),『よくわかる企業論』,ミネルヴァ
書房.
ダウンロード

2009年度前期 火曜2限 企業と経営