「大連市の投資環境と新たな発展戦
略」
富山大学・東北財経大学講演(補足資料)
2005年1月11日
日本貿易振興機構(JETRO)大連事務所
所長 三根 伸太郎
JETRO Dalian
1
世界経済の潮流と中国経済の発展
(WTO加盟による経済のグローバル化)
①世界経済の潮流を通して見た中国と日本の共通点
経済:グローバル化と相互依存の進展
持続的発展(環境、エネルギー、食糧)
貿易:WTO加盟(2001年12月11日)と自由貿易協定(FTA)
投資:企業活動のグローバル化
②WTO加盟後の持続的発展で自信を深める中国(新体制)
「高い経済成長目標」と「発展の原動力」
所得4倍化(2020年には00年比GDP4倍、一人当りGDP3千ドル)
インフラ投資(不動産開発)、外資利用、非国有経済発展
政府主導による民活利用、グローバル企業(フォーチュン500強)
JETRO Dalian
2
世界経済の潮流と中国経済発展
(世界の工場、世界の市場としての中国)
「引進来、走出去」と「世界の工場」
中国企業の成長、外国企業(日米欧アジア)との共生と競争
外国資本と技術導入、雇用+経営管理、中国企業の海外進出
「WTO加盟のインパクト」と「世界の市場」
国際慣例に沿った法律法規の改正(人治の国から法治の国家へ)
WTO加盟議定書遵守、透明性、市場アクセス改善、内国民待遇
「産業構造の調整」と「地域経済圏の形成」
国有企業改革(体制改革)、産業構造調整(新産業、支柱産業、農業、
サービス)
東北振興戦略、環渤海経済圏、北東アジア経済圏(日中韓周辺国)
「経済社会構造の変化」と「持続的発展」
社会保障制度の見直し、失業対策、税制改革、金融体制改革、
少子・高齢化社会、環境・エネルギー問題、中小企業発展
JETRO Dalian
3
東北振興と遼寧省・大連
①国家発展改革委員会04年「東北振興100プロジェクト、610億元」
遼寧省(52件、440億元(72.5%) うち大連(17件)、瀋陽(9件)
②遼寧省の発展戦略
2010年GDP(1万1,800万元)現在の約2倍、一人当りGDPを
27,000元(約3,250ドル)実現
二大生産基地(装備製造業基地、原材料加工基地)
三大産業(ハイテク技術産業(3)ソフト産業、IT産業、バイオ・製薬
業
農産品加工業(7)糧食、牧畜、林業、水産、果物、野菜、特産
現代サービス業(3)現代物流、情報諮詢、仲介業務(金融・不動
産)
(外国企業では、国有企業との連合重組(混合所有)を奨励)
③大連市の発展戦略(1つのセンター、4つの基地)
北東アジア航運センター、石油化学、装備製造、造船、IT・ソフト
JETRO Dalian
4
遼寧省の日系企業投資実績
貿易では1位、投資では2位

遼寧省全体で投資第2位
★03年末累計企業数(契約)では
①香港・マカオ、②日本、③米国、
④韓国(1-5月3位上昇)、⑤台湾
(投資金額は契約ベース:85.4億ドル、
実行ベース:61.7億ドル)
大連経済技術開発区には486社
★最近の動向(04年1-5月)
日系企業は172社、韓国企業73社
(出所:遼寧省対外貿易経済合作局)
★地域別件数(表参照)
(表は遼寧省・大連市工商局資料より
ジェトロ大連作成、取扱注意)
JETRO Dalian
瀋陽市
大連市
鞍山市
撫順市
本渓市
丹東市
錦州市
営口市
阜新市
遼陽市
盤錦市
鉄嶺市
朝陽市
葫芦島市
その他
遼寧省合計
438
2,558
30
35
22
113
29
65
18
25
15
12
7
0
26
3,393
5
大連市の投資環境の魅力
ジェトロ投資環境満足度調査より
★大連(経済技術開発区)の総合評価(3.2)
投資環境評価10項目(ハード、ソフト、生活、法制、優遇、
行政、商習、労働、土地、裾野)中、8項目で高い評価
(3.0以上) 以下、()内は大連開発区と全国平均データ
★全国平均を上回る項目(インフラ、生活環境、労働力な
ど)
①インフラ(ハード)(3.5>3.3)、②インフラ(ソフト)(3.5>
3.3)、③生活環境(3.4>3.0)、④労働力(3.3>3.0)、⑤
行政対応(3.1>3.0)、⑥法制度(3.1>2.9)、⑦優遇政策
(3.2>3.1)
★全国平均を下回る項目(裾野産業、土地コスト)
⑧商習慣(3.0<3.1)、⑨土地コスト(2.9<3.0)
6
JETRO Dalian
⑩裾野産業等(2.7<2.9)
ジェトロ投資環境満足度調査より
参考データ(取扱注意)








実施時期
2003年2~4月
対象企業
対中進出日系企業
(5,354社)
有効回答率
24.8%(1,330社)
うち、東北三省
(607社中130社
回答)
大企業54.1%
中小企業45.9%
製造業76.7%
非製造業23.3%
全国平均
大連
ハード
3.3
3.5
ソフト
3.3
3.5
生活環境
3.0
3.4
法制度
2.9
3.1
優遇政策
3.1
3.2
行政対応
3.0
3.1
商習慣
3.1
3.0
労働力
3.0
3.3
土地コスト
3.0
2.9
裾野産業
2.9
2.7
注:東北三省は大連を除く
JETRO Dalian
東北三省
3.1
3.0
2.7
2.9
3.3
3.1
3.2
3.2
3.5
2.8
7
大連市の投資環境
環渤海地域、東北三省の日系企業集積地







沿海開放都市であり、国家級開発区(経済技術・ハイテク産業)、保
税区・輸出加工区、港湾等のインフラが整備されている。
歴史的に親日的であり、生活環境が良い。
地理的に日本に近い。
労働力が豊富かつ教育程度が高く、定着率も比較的高い。特に日
本語人材が豊富。(大連外国語学院、大連理工大学、東北財経大
学、大連大学等の大学で2万人、大連市全体で5万人)
市内、開発区には投資プロジェクトに対する「ワンストップ・サービ
ス」や日系企業との懇談や苦情処理対応など行政サービスがいい。
北京、上海などと比べ、日系企業が集中(集積)しており、製造業の
7~8割を日系企業が占める。
日本企業と取引関係があり、信頼性が高い中国企業(氷山集団、大
顕集団など)が多い。
JETRO Dalian
8
大連市の投資環境
市政府定期対話、ジェトロ相談案件
★大連市政府(対外貿易経済合作局)と商工クラブ
の定期対話 (前回04年3月の主な内容)
東北振興政策の優遇策(固定資産投資増値税の減免)
 都市建設、商品検査の事前通知、道路費用徴収の廃止
 電力・水供給(料金、停電通知、見通し等)
 通信インフラ整備、暖房価格、交通管理、住環境、衛生
環境の改善など
★ジェトロ相談:税務・労務・法務以外に個別案件も増加
工場移転(3件)、知財権侵害(1件)、経済損失・裁判(2
件)、土地使用権(1件)

JETRO Dalian
9
大連市の投資環境
04年は軟環境改善年(大連)
「大連市外商投訴中心」(苦情処理センター)
大連市人民政府令第34号に基づき、より良い投資環境を
提供するために無料で苦情処理
 苦情申請から連絡、調査、解決まで約1ヶ月
受理後3日以内連絡、1週間調査、2週間解決
 03年苦情処理数:360件(年平均300件)
うち、日系企業分は42件(移転、電力、環境等)
株主間内部紛争(7件)、外部経済紛争(10件)、 政府関
連(10件)、その他(15件)

JETRO Dalian
10
2004年はWTO加盟3年、東北振興元年
東北三省では投資環境整備、外資導入プロジェクト発表
(1)WTO加盟3年 →市場としての中国
●法制度・経済法規の変更(内国民待遇)
●議定書の遵守(市場アクセス段階的開放)
「外商投資商業領域管理弁法」(卸・小売業の投資額制限の引き下
げ、フランチャイズ、個人輸入等、実施細則待ち)
(2)東北振興1年 →世界の工場、設備更新
●消費型増値税の東北地域優先導入
「8業種、固定資産投資減免措置」(減免のための登録必要:自動車、
ソフト等だけでなく、より広範に拡大必要)
JETRO Dalian
11
中国ビジネスの課題(市場経済移行期の中国を
短期、中長期的にどう見るのか)

「透明性と不確実性」
→WTO加盟後は法治国家・契約社会、市場経済化
①政府主導(縦割行政,経済腐敗、マクロ経済管理)、②法律法規の
不透明性、③大企業重視、④地方保護主義、⑤個人主義

「多様性と複雑性」
→対外開放地域、沿海と内陸、都市と農村(三農問題)の格差是正
①資源枯渇(エネルギー,環境保護)、②社会保障(少子高齢化)、③
金融・財政(公共投資、不動産投資、人民元切り上げ)、④外資依存
(世界経済の影響、国内産業保護)、⑤知的財産権保護

「可能性とリスク管理」
→ 沿海人口4億(東北1億2千万人)、高所得者ビジネス(~10%)
2006年瀋陽世界園芸博覧会、2008年北京オリンピック、2010年
上海世界万国博覧会に向けて変わる中国、相互信頼関係の構築
JETRO Dalian
12
対中国ビジネス戦略の必要性①
(中国で何をしたいのか?)



自己を知る
①資本、②技術、③労働力、④経営管理、⑤経験など
中国を知る、相手を知る
①中国市場調査(消費者、商品市場)
②中国制度(法務・労務・税務・会計)
③競合・協力相手(欧米、日本、アジア、中国企業)
日本と中国の違いを知る
①自社の強み、中国での事業展開で必要なもの
②スピード(経済成長、社会体制、変化に備える)
③商習慣(短期的利益、経営管理、経験、個人主義)
④制度(法制度未整備、国情(不透明性)の違い)
JETRO Dalian
13
対中国ビジネス戦略の必要性②
(中国とどう向き合うのか?)

目的を明確にする
市場(日本OR中国)、形態(貿易OR投資)、コスト削減
<人材こそすべて>
信頼できる関係作り
(外部:パートナー育成、外部資源活用(弁護士、会計事
務所、ジェトロ)、内部:人材育成と人材戦略)
 中国企業、中国人との交渉力向上
(通訳だけでなく、総務、公共関係、法務、販売)
 知的財産保護の強化
(進出時の特許・商標登録、模倣品対策、営業秘密)

JETRO Dalian
14
ジェトロ後援・広報出展する
大連・瀋陽の博覧会・交易会
(1)
★2005年5月下旬~6月上旬
大連・アカシア祭り(前後にジャパン・ウイーク予定)
★2005年6月23日~26日・大連
第3回中国国際ソフトウエア・情報サービス交易会
(情報産業部、商務部、教育部、貿促会、遼寧省、ジェトロ
★2005年7月13日~16日・大連
第19回中国大連輸出入商品交易会
(大連星海会展中心、大連世界博覧広場(04年12月完
成)で東北振興の専門展示会を集結)
★2005年11月上旬・青島 第1回日中韓国際産業交流祭
(中日韓経済協力、商務部、青島市、ジェトロ、KOTRA)
JETRO Dalian
15
ジェトロ後援・広報出展する
博覧会・交易会(2)東北三省
以下は今年度実績スケジュール(ジェトロ広報出展)
★9月1日~5日・瀋陽 第3回中国国際設備製造業博覧会
(商務部、貿促会、遼寧省:東北振興・国有企業設備更新)
★9月2日~4日・大連 中国国際環境保護博覧会
(国家環境保護総局、大連市政府)
★9月10日~13日・大連 中国国際服装博覧会・中国服装
輸出商談会
5月:長春自動車展示会(吉林省:第一汽車ほか全国規模)
6月:ハルピン経貿商談会(黒龍江省:ロシア貿易最大)
JETRO Dalian
16
ジェトロの地方経済交流支援
★LL事業(ローカル・トゥ・ローカル、大臣認可事
業)
03年度(山形県:東北地域での農機具共同開発)
04年度(諏訪市:大連への輸出・部品調達)
★ジェトロ貿易・投資相談サービス
東北概況、貿易投資環境説明、商談会等
(申込みは→本部、地方貿情報センター経由)
★輸出振興(04年度は農水産・木製品)
北京、上海の食品展示会広報等
(お問い合わせは→本部農水産課)
JETRO Dalian
17
ジェトロの各種サービス
★輸出促進、対日投資、地方経済交流支援
★進出日系企業支援






税務会計・労務・法務相談サービス
各種セミナー開催(大連、瀋陽等)
個別問題への対応(政府への改善要望)
知的財産権保護での日系企業支援
展示会での日系企業支援(ソフトウエア展等)
各種情報提供サービス
JETRO Dalian
18
ジェトロの海外経済情報
http:// www.jetro.go.jp
ジェトロの海外経済情報、中国情報頁
★JETRO-FILE(http://www.jetro.go.jp/jetro-file/)
世界60カ国・地域の貿易投資制度情報提供
★TTPP(http://www.jetro.go.jp/ttpp/)
国内外のビジネスマッチング(貿易・技術・投資情報提供)
★J-messe(http://www.jetro.go.jp/j-messe/)
日本を含む世界100カ国・地域の商品展示会情報提供)
東北三省情報は大連より発信
★ジェトロ大連
(http://www.jetro.go.jp/china/dalian/jp/
JETRO Dalian
19
配布資料
(1)大連市概況(ジェトロ大連事務所)
(2)グレート大連の構築に関する計画概要
(2003~2020)
(3)大連市旧工業基地の振興に関する企画
要綱
JETRO Dalian
20
ダウンロード

大連市の投資環境について