「大阪府南部と和歌山市の中学校・高
等学校の地学(天文分野)に関する意
識調査、 およびその考察」
学校教育 教員養成課程 理科専攻
三木誠
はじめに
理科離れについては様々なことが議論されている
しかし
「科学技術社会に関する世論調査2004」
「学校および理科に関する子どもの意識調査」(2005)
「中学生の学習に関する意識・実態」(2002)
・和歌山のマリーナシティで行われる「おもしろ科学まつり」
・キャラバン隊の出動要請数
理科の授業内容の興味≠理科への興味
そこで、大阪府南部および和歌山市の中学生・高校生を対象として
・理科の好き嫌いのきっかけ、理由
・今現在興味のある内容が学べているのか
・もっとやりたかったことはなんだったのか
・高校の科目選択時に興味のある内容を選択できているのか
・もし、興味だけなら理科という科目をどうしたか
方法・手段
・大阪府南部の公立中学校(A・B)・・2校
・和歌山市の公立中学校(C・D)・・2校
・大阪府の公立高校(A・B)・・2校
3年生全員に
アンケート配布
・和歌山の県立高校(C・D・E)・・3校
各学校の生徒数、回収率
中
学
校
高
等
学
校
生徒数
回収率
A
183
94%
B
123
93%
C
30
97%
D
210
96%
合計
546
95%
生徒数
回収率
A
320
92%
B
320
93%
C
359
46%
D
375
94%
E
196
89%
合計
1570
82%
結果
大阪・和歌山 理科好き嫌い
大阪
17%
好き
20%
まあ好き
11%
43%
好き
6%
38%
どちらかと
いうと嫌い
嫌い
20%
が、
和歌山
まあ好き
どちらかと
いうと嫌い
嫌い
45%
どちらも『好き』『どちらかというと好き』と答えたのが
70%近くあった。
大阪と和歌山では『好き』と答えた割合に
大きな差が出ている
大阪・和歌山好き嫌いのきっかけ 上位3つ
大阪
%
テレビ・本を見て
19%
おもしろい
16%
実験が好き
7%
和歌山
%
実験が好き
17%
おもしろい
15%
身近・役に立つ
8%
大阪と和歌山では1位と3位
に差が出ている
中学校宇宙の話が好きか嫌いか
大阪・和歌山共に好きな理由
・ 宇宙は不思議
・ 星を見ることが好き
・ 星に興味がある
大阪・和歌山共に嫌いな理由
・難しい、興味がない
がほぼ大半を占めていた。
中学校 興味があるところ
ほかの惑星について
星座・星について
宇宙の成り立ち・誕生について
ブラックホールについて
大阪 和歌山
16% 17%
15% 28%
23%
‐
‐
14%
・大阪・和歌山共通してほかの惑星にというのが多い
・星座・星についてというのは星の動きというのではなく
四季の星についてや、恒星のなまえ名前についてである。
中学校天文分野で難しかったところ
大阪・和歌山 上位
難しい・興味が持てなかった所
日周・年周 回転運動
南中高度の求め方(計算するとこ)
金星について
星までの距離
全部
大阪 和歌山
35% 35%
25% 8%
5% 17%
‐
14%
11%
‐
・両地域共に日周運動、自転・公転が苦手というのが多い。
・計算をするのが苦手というのが和歌山より大阪の方が強い
授業後天文分野の興味は増したか
和歌山の方が授業後に興味が増した割合が高い
元々の興味にも差があるために、更に和歌山と大阪の差が開く
高校科目選択の理由
科目選択理由
受験などの強制的なもの
興味からなどの自主的なもの
何となく
大阪 和歌山
47% 36%
32% 39%
7%
6%
・大阪は強制的なものが自主的なものを 上回っている
・ 大阪・・・ 受験のため
・ 和歌山・・・ 学校からの指定
が目立った
大阪の方が受験に対する意識が強い?
現在選択しているものと、興味だけで選択するものの一致率
大阪 和歌山 物理だけを選択したものは
大阪で2人
物理選択者
50%
0%
和歌山も1人
化学選択者
18%
36% なので数値が高くなっている
生物選択者
36%
43%
地学関係選択者
44%
‐
物理・化学選択者
18%
32%
生物・化学選択者
36%
37%
どの科目も一致率が低くなっている。
大阪・和歌山で高い割合の『生物』でも40%程度である。
また、物理・化学選択者は一致率が大阪・和歌山共に最下位
どの選択者からも選択したいと多く出たのが『生物』『地学』である。
地学不選択の理由として
1、 学校で開講されていない
この二つが殆どであった。
2、 受験でつかえない
また、「学校側からとらないようにという指導があった。」
全体の流れとして
受験で『地学』は使えないので選択しない・させない
では、実際受験で『地学』はどの程度使える、
使えないのか?
国立法人前期入学試験において
・ センター試験で地学は98%使用することができる
(2%は工学系)
・ 2次の各大学による個別学力試験で理科が必要な場合
203/571 で使え、およそ36%である。
( 医学系、工学系はほぼ無理)
やはり
文系では問題ないが、やはり理系では不利といえる。
地学は文系の学生向け科目になる
では、文系の人の勉強したいことは何なのか?
文系のための理科
文系で興味があり、勉強してみたいこと
大阪
地球や宇宙・星
遺伝
動物
気象
人数
84
19
18
15
%
49%
11%
10%
9%
和歌山
地球や宇宙・星
動物
気象
遺伝
人数
128
32
24
21
上位をあげた。
大阪・和歌山共に上位に入る内容は同じ
『地学』 『生物』 分野になる。
%
42%
11%
8%
7%
まとめ
・ 今現在大阪南部と和歌山とでは、和歌山の方が理科
への関心が高くなっている
和歌山内の活動の効果も
それぞれの地域性・・・
現れているのでは。
・中学生では興味を持って学び、教科書内のことや、
教科書外への興味も持てている。
・ 高校生になるとどうしても周囲の環境に合わせるしかない
文系への地学の出張授業(大学へ迎えての授業)
など(今後の課題)
ダウンロード

「大阪府南部と和歌山市の中学校・高等学校の 地学(天文