2012.9.2
日本質的心理学会 第9回大会 シンポジウム
冠那菜奈(メディエーター・ぐるっこのいえ)
石幡愛(東京大学大学院・NPO法人クリエイティブサポートレッツ)
秋葉原ネットワーク(2011)
• オタクと呼ばれる「秋葉原の住人」に象徴される、個
人的で強烈なパワーに着目。
• 社会の既存の価値観から外れているという「枠外
感」と、それゆえの創造へのモチベーション。
• 社会の中に自分がいられる「余白」を作る。
• 偶発性ともちあわせの条件下で「DiY」する。
余白ネットワーク(2012)
• 同じことをせずとも一緒にいられる状態、異なる目
的や価値観を持つ人たちが抑圧がなく共にいられる
状態を作る。
• 専門外・不要と思われていることを使ってみる。
• 「一人が自分のためのものを創る」「一人の視点を
可視化する」状態の復権。頼まれてもいない自分の
表現をする人を増やす。
5
6
異質なものが入り込む余白を作る
• 都市のスキマを探す「余白散歩」
• 同じ場所に他者が“いる”作法を探る「公園」
• 違う作業をしながら場を共にする「作業日」
• “正解”“正統”に導かない「進路相談会」
• あらゆる才能の無駄遣い
否定的共同体
• 通常の「共同体」概念
– 高次の価値に帰属することによって、個の連続性を回復
する仕組み
• ブランショの「否定的共同体」
– 上記に対するネガとしての「共同体」
– 各々の非連続性、差異が露呈される場
共感せず共在する
• 既存の価値観ややり方に対して、それを転覆するの
ではなく、もうひとつの価値観ややり方を提案する
• 他者同士が、共感するわけでもなく、同じ方向を向く
のでもなく、共に在る
余白ネットワークのつながり
• 「余白工事(○○をDiYする)」というタグづけで、異
質な活動や人を包摂する。
• 既存のコミュニティを越境する。
• 作られる「オブジェクト」
– 各イベントで行われる活動、時間、場
– 「余白工事」というコンセプト
10
11
ダウンロード

余白ネットワークプレゼン資料