地域医療学の研究者養成
自治医科大学
学長
高久 史麿
自治医科大学の沿革
1972年
地域医療の確保・発展を目的として
全国の都道府県が設立
1978年
第1期生 卒業
大学院医学研究科博士課程開設
1981年
地域医療学講座 開設
“地域医療に関わる教育・研究・支援”
1998年
分子病態治療研究センター 設置
2004年
地域医療学センター設置
全国に展開する本学医学部卒業生
(現在2,889名) H17.4現在
循環器・呼吸器疾患学
消化器疾患学
内分泌代謝疾患・病態解析学
血液・免疫疾患学
精神・神経・筋骨格疾患学
生殖・発達医学
腎尿路疾患学
皮膚・感覚器疾患学
麻酔・救急・集中治療医学
地域医療学
総合医学
生体構造医学
生体分子医学
生体制御医学
生体防御医学
環境生態医学
保健医療
システム学
震災後の血圧上昇
Kario, Shimada, Takaku. Management of Cardiovascular Risk in Disaster Jichi Medical School Proposal 2004. JMAJ 2005; 48: 363-376.
微量アルブミン尿との関連
白衣高血圧3例のABPM
正常アルブミン尿
(n=86)
170
収 165
縮
期 160
血
圧 155
震災前後の血圧変化 (mmHg)
微量アルブミン尿
(n=30)
前
平均(SD)
患者A
患者B
mmHg
)
150
p<0.01
p<0.001
患者C
145
(
140
後
(9週)
震災前 1〜2 3〜5 6〜9
地震発生から(週後)
(Kario K, et al. Am J Med. 2001;111: 379-384.)
外来血圧
164/90 175/93
24時間血圧
121/71 143/86
外来血圧
166/88
24時間血圧
134/72 160/88
外来血圧
162/89
24時間血圧
125/64 142/81
182/93
178/92
(Kario K, et al. Lancet. 1995; 345: 1365.)
地域医療学
総合医学
循環器・呼吸器疾患学
消化器疾患学
内分泌代謝疾患・病態解析学
血液・免疫疾患学
精神・神経・筋骨格疾患学
生殖・発達医学
腎尿路疾患学
皮膚・感覚器疾患学
麻酔・救急・集中治療医学
生体構造医学
生体分子医学
生体制御医学
生体防御医学
環境生態医学
保健医療
システム学
環境生態学系
専攻
へき地医療の
質の確保と向上
地域医療学系
専攻
人間生物学系
専攻
研究成果の
地域への還元
履修プロセス(1)
環境生態学系
地域医療学系 人間生物学系
専攻
専攻
専攻
研究の基礎知識を教授する『大学院共通カリキュラム講義』
国際的に通用する
『英語教育』
もう一つの業績
『知財教育』
最先端の研究者に学ぶ
『大学院特別講義』
研究者として必須の
『生命倫理教育』
研究を公開し、ピアレビュー方法を学ぶ
『自治医科大学シンポジウム』
履修プロセス(2)
地域医療学系専攻
人間生物学系専攻
地域医療に開かれた
『地域医療オープン・ラボ』
支
援
環境生態学系専攻
計画的な
『長期履修制度』
コーディネーターとして
専任教員の配置
複数教員による学位論文研究指導
他の大学院等における研究指導
大学と地域医療現場との双方向ネットワーク
地域医療学の研究者養成
地域医療従事医師
自治医科大学卒業生
諸外国の医師等
医療人
疾病の病因・病態解析
疾病の診断・治療法の創出
健康増進・予防法の考案
実験医学、健康科学、
環境科学、国際保健学、
行動医学、疫学
人間生物学系
専攻
環境生態学系
専攻
社会人入学・長期履修制度の活用
1年
一般入学
社会人入学
長期履修
2年
3年
4年
コースワーク
研究指導
コースワーク
研究指導
5年
6年
スクーリング・ネットワーク
コースワーク
地域医療現場
スクーリング・ネットワーク
担当指導教員及び地域医療オープン・ラボ専任
教員からいつでも指導を受けることができる。
研究指導
ダウンロード

PPTファイル - 自治医科大学