東海大学付属本田記念幼稚園
園 長
高 橋 功
正高信男
『0歳児がことばを獲得するとき』
(中央公論新書)
〇 生後すぐ
授乳時の反応
ウォルフ
• 4週から5週で母親と目を合わ
せ、微笑む
最初の社会的関わり
『日本人の教育としつけ』
日本人の子育て
アメリカ人の子育て
東 洋
(東京大学出版)
内田伸子
『乳幼児を育てる』(岩波書店)
• 母子関係に見られる日米の違いは、ちょうど
国民性の違いとも似通っているように思われ
ます。何事も言葉で白黒をはっきりさせるアメ
リカ社会と、協調性を旨とし、非言語的な情報
伝達を介して意を通わせ、解決に持っていこ
うとする日本社会での人間関係をすでに生後
3,4ヶ月で身につけてしまうように見えるのは
興味深い
• 6~8ヶ月
ハイハイができるようになる
大人の指差しに応答するように
なる
• 7ヶ月
信頼できる人を認識する
• 8ヶ月
基本感情が出揃う
表情を理解する
武藤 隆
『赤ん坊から見た世界
言語以前の光景』
(講談社現代新書)
• 基本感情
恐れ・怒り・嫌悪・悲しみ・喜び
肯定的感情 喜び・安心・誇り・快楽・歓
喜は 共通して微笑でくくることができ
否定的感情は他の表情郡とは異なり、
60もの細分化がある
•
9ヶ月
構音機能が整う
• 10ヶ月
言葉が出始める
• 1歳児
言語の獲得
• 3歳児までに 一生使う言葉の3/4を理解
スミスの言語獲得数の表
『子供はどのように心を発見するか』
(新曜社)
J.W.アスティントン
• 4歳
誤謬が理解できる
• 5歳
人の心に手が届く
フィンランドと日本の学校教育
•
日 本
1年生 先生1人 子ども40人
理解度の低い子どもは各自の家庭で補うの
み。落ちこぼれがいじめにつながる
・フィンランド 1年生 先生3人 子ども17名
理解度の低い子どもには特別にその子のた
めに補助者が1人付き、理解が整ったらまた
クラスに戻る。自分の力を整えてもらう。落ち
こぼれはでず、いじめはない
フィンランド教育で大切なこと
① 問題解決力
② コミュニケーション力
① 問題解決力
• 例として「桃太郎」とあげる。
物語がテキストとしてどの様な問題を提示し
ているか、特定しなければならない。
*爺さんと婆さんには子どもがいない
*どうやって、犬・猿・雉を家来にするか
大切なのは「鬼」である。退治して宝物を奪取す
ること、つまり物語りでは、これを提案している。
• これを受けて、
*他に解決方法はないのか
*宝物まで奪う必要はないのではないか
*鬼と話し合って平和共存してはどうか
○ 発想の限りを尽くして解決策を模索する
子どもは自分にとっての最善の解決策を提案
する。桃太郎というテキストを受けて、「自分
だったらどうするか」という意見を提案する。
フィンランドの国語教育でたいせつにしている
のはこの思考プロセスであり、問題解決力の
基礎を育むこと
もう一つの力
• 集団での問題解決を重視している点が上げ
られる。
• 特に義務教育の段階では、グループで問題
解決を目指していくプロセス、テキストの提案
を受け止め、さまざまな解決策を模索し、そ
の中から最善の解決策を考えていくことが評
価されている。
この時に必要とされるものが
② コミュニケーション力
• 一人だけが素晴らしい問題や解決策に気が
付いても、他人に伝えられなければ問題や解
決策を共有することはできない。
• 集団で問題解決を図る対話は、徹底的に「な
ぜ?」を問い、徹底的に「なぜか」を説明する
ことが求められる。
価値観の共有が前提
• 文化、言語、伝統を共有する集団では重要であり、
それを否定する必要はない。人の表情や気持ちを
読み込む力、これは日本人の大きな力になる。
• 日本人の日本文化の伝承を、生活の仕方やものの
感じ方、日本文化の独特な素晴らしさはこれは否定
せずに、受け継ぐべき課題だ。特に、大人や年より
は若い人にしっかりと自信をもって伝えていくべきで
す。
しかし・・・・・
価値観の共有を前提としない
• 文化や言語や伝統を異にする集団同士が集
まっている場合、つまり、国際的なコミュニ
ケーションをする時には価値観の共有を前提
としてはならない。
• コミュニケーション力は集団での問題解決に
必要であるだけでなく、国際的な対話を進め
るためにも必要不可欠な技能である。
未来からの留学生である子ども達が
生きる世界はグローバル化した世界
• さまざまな価値観の人々と対話し、共に問題を解決
していくためには、この2つの技能
① 問題解決力
② コミュニケーション力
これが、人類の「共に生きる力」として全ての国で育ん
でいかなければならない。
フィンランドは学力で世界一を目指しているのではなく、
この問題の先駆けとして取り組んでいる。
内的起業家精神教育
• 国際舞台で、
【自己効力感】と【社会性】を身につけて、
活躍する人材の育成を図っている。
それを支える技能、力として
①問題解決力
②コミュニケーション力
を小さい時からの課題として育成しているとい
える。
次代を担う子ども達に
• 国をあげて、自国の未来の繁栄を目指して
教育で立国することを目指しているように伺える。
さて、日本の役人は、フィンランドがこんなに先の見通
しをもって、子ども達を慈しみ、育成し、投資しようとし
ている姿に気付かずに、ガソリンの暫定税について
子どものような討議をする姿をテレビやラジオを通して、
我が身を晒していることを、どの様に思っているので
しょうか。
大きい声では言えませんが、実に、情けない。
ダウンロード

フィンランドに学ぶ幼児教育