な わ
【しめ縄の作り方】
①
①
①
A のワラを○
B のように、
○
ふよう
したは
不要な下葉を取り分け、長い方
だけを使う。
したしょり
ねもと
※下処理をすると、根元が太く
ほさき
穂先は細くキレイに仕上がる。
A
○
B
○
たば
②
② 15本づつまとめた束を
6つ作る。
③
たば
も
ほさき
③ 束を一つ持ち、穂先を下にしてトントンと
かる
軽くそろえる。
ねもと
そうすると根元が
バラバラになる。
1
ねもと
こうさ
④バラバラになった根元を、交差す
④
ま
むす
すべ
るように巻き止める。
(結ぶ時は全
てあまったワラを使う)
たば
ねもと
なな
⑤
⑤ もう一つの束を根元が斜めに
お
なるように置く。
⑥
なな
お
たば
⑥ 斜めになるように置いた束の
むす
の
上に、④の束の結んだ部分を乗せる。
なな
お
たば
⑦ 斜めになるように置いた束で、
つつ
⑦
ま
④の束を包むように巻く。
つつ
たば
※ 包みこんだら、2束まとめて中の束の
むす
い ち
かり ど
結び目より下の位置で仮止めする。
2
A
○
⑧
なな
お
たば
みじか
⑧ 斜めになるように置いた束の 短
くき
B
○
よこ
お
しん
A のように横に折り曲げ、芯
い茎から○
B のように、○
Aの
にした束から一本を○
とお
てまえ
上を通るよう手前に折りおさえる。
じゅんばん
これを順 番 に15本する。
こうご
く
かえ
A と○
B を交互に繰り返す。
○
⑨
さぎょう
く
かえ
Aの
⑨ ⑧の作業を繰り返すと○
ぶぶん
よこ
たお
のこ
部分(横に倒したもの)が残るの
で、それをまっすぐに起こす。
10
○
ぶぶん
こうさ
⑨の起こした部分を、交差す
10
○
ま
るようにしっかり巻き止める。
3
ほさき
11
○
ぜ ん ぶ おな
む
11
○
穂先が全部同じほうを向
じょうたい
てまえ
お
いている状 態 から、手前に折り
もと
もど
曲げた○
B の穂先だけを元に戻
お
かえ
すように折り返す。
○
12
○
12
もと
ねもと どうし
あ
根元同士が編みこまれて
もど
元に戻る。
13
○
もど
たば
戻した束の真ん中くらい
13
○
かり ど
を仮止めする。
A側
○
4
B側
○
14
○
14
○
⑬のところまで、
同じよう
に3組つくる。
○
15
○
15
い ち
3組のうち、2組を真ん中の位置を
ねもと
かり ど
あわせて、根本を仮止めする。
ぶぶん
仮止め
仮止め部分の上を足でおさえ、真ん中あ
真ん中
たりから2組をより合わせはじめる。
⑯
16
○
かたほう
まずは片方ずつ、それぞれ右
ひだりま
にねじりを入れながら、2本を左巻
きにより合わせて1本にしていく。
まつかざ
なわ
ひだりま
松飾りの縄は左巻きです!
まちが
ちゅうい
間違えやすいので注意!
5
⑰
⑰
はし
端までより合わせたら、ワラで止
める。
ふ
かり ど
踏んでいた仮止めをほどき、同じように
のこ
ぎゃく
残りも 逆 はじまでより合わせ、止める。
⑱
⑱
たば
みぞ
のこ
あ
1本になるよう編みこんでいく。
⑲
⑲
ま
できた束の溝にあわせるように、残りの束をねじりながら巻いて
3組を1本により合わせたら、両はじをワラで止める。
6
⑳
よぶん
⑳
ぶぶん
全体をワラでゴシゴシこすり、はみ出た余分な部分をはさみで切り取る。
21
○
○
21
たば
かり ど
ととの
それぞれ束ねた時の仮止めのワラもこの時に切り、きれいに 整 える。
○
22
○
はりがね
22
右を上に合わせ針金で止める。
じぜん
お
かべ
針金は事前にふたつ折りにし、壁にか
わ
ぶぶん
ける輪の部分を作っておく。その足の
なわ
ねもと
部分で縄をはさみ、ペンチで根本から
ねじり止める。
輪
足
7
23
○
23
○
ぶぶん
はりがね
と
わ
針金でしっかり止めたら、輪
かべ
げんかん
の部分は壁や玄関にかけるので上に
なわ
まうえ
うし
(縄の真上ではなく後ろよりになる
と、かけやすい)
、足の部分はミカン
をつけるので前に出しておく。
ほさき
24
○
しっかりと止めたら、穂先を
てきとう
かたち
ととの
24
○
かんせい
適当な長さに切り、 形 を 整 え完成!
かざ
※ これに、飾りと紙垂れ“かみだれ”
を付けます。
かざり
このほかに
色々な飾りつけをして、
ささ
「 笹 (竹 ) 」 をつけ て
自分だけの
しょうちくばい
まつかざ
「松竹梅」を
オリジナル松飾りを作
そろえよう!
ろう!
8
ダウンロード

らぼ・れたあH25-No.92「しめ縄の作り方」