骨粗鬆症
骨粗鬆症とは、骨量(カルシウムなど骨
全体に含まれるミネラルの量)の低下と、
骨組織の微小構造の破綻(はたん)に
よって、骨の脆弱性(ぜいじゃくせい)(傷
つきやすいこと)が亢進し、骨折の危険
率が増大した病気です。
骨粗しょう症自体には自覚症状がありま
せんので、転んで骨折して初めて診断さ
れる場合も多くあります。
正常
骨粗鬆症
ダウンロード

腰部疾患の運動指導