平和の鐘(かね・おと)を鳴らそう!
わたしの平和宣言
私は人類の未来、特に子どもたちの未来に対して
責任があると思うからこそ、日々の生活の中で、
家族と共にいる時、職場で働いている時、
次のことを誓います。
1.「すべての生命を大切にします」
差別や偏見を持たないで、一人ひとりの生命と人権を尊重します。
2.「どんな暴力も許しません」
積極的に非暴力を支持します。特に弱い立場にある幼児や青少年に向けられた
身体への暴力、性的虐待、精神的苦痛などのあらゆる暴力を許しません。
3.「思いやりの心を持ち、助け合います」
社会的差別、不正、政治的・経済的抑圧をなくすために、思いやり、助け合う心で、
奉仕活動を行います。
4.「相手の立場に立って考えます」
狂信に陥ったり、他人を中傷したり拒絶したりしないで、いつも話し合いを優先させ、
人の話を理解しようと努めることによって、表現の自由と文化の多様性を守ります。
5.「かけがえのない地球環境を守ります」
生態系のバランスを保ち、すべての生命を尊重するよう行動し、
自分の行動に責任を持つ消費者としての態度を心がけます。
6.「みんなで力をあわせます」
男女が共に力を合わせ、民主的なやり方でいろいろな新しいことに取り組み、
自分の暮らす地域のことに関心を持ち、よりよい地域づくりのために、
いま、ここで、できることから始めます。
<(公社)日本ユネスコ協会連盟 訳>
「平和の鐘を鳴らそう!」は1年に1度、“平和への祈りと願い”
を込めて、地域のお寺や教会の鐘(かね・ベル)を鳴らそうと
呼びかけるものです。一人ひとりの思いをこめて、日本から
平和の祈りを世界に発信しましょう。
*「わたしの平和宣言」「MANIFESTO2000」はノーベル平和賞受賞者たちの起草した
誓いです。
ユネスコとは?
ユネスコ協会は、
全国285協会の仲間と力を合わせて、
平和で持続可能な地域と
UNESCO憲章
世界の実現を目指して、活動しています。
-前文よりー
戦争は人の心の中で生まれるものであるから、
人の心の中に平和のとりでを
築かなければならない。
UNESCOは、第2次世界大戦の反省から、「二度と戦争
を繰り返さない」という決意のもと、1946年11月、国連の専門
機関として誕生しました。そしてその翌年、市民によるユネス
コ運動が、世界に先駆けて仙台にはじまります。日本ユネス
コ協会連盟は、UNESCOと連携して、人びとの心の中に「平
和のとりで」を築く活動を進めるNGOです。
持続可能な明るい未来をつくるために。
皆さまからの募金が、
私たちの明日への取り組みを
支えています。
※日本ユネスコ協会連盟へのご寄附は、税制上の
遇措置(税額控除または所得控除)を受けられます。
優
全国の郵便局(ゆうちょ銀行)で募金をお振込みいただけ
ます。※窓口で「手数料免除口座」であることをお伝えいた
だくと、手数料が免除されます。
私たちの活動は、これらを総合的にとらえ、解
決することを目指しています。
ダウンロード

heiwanokane2015. - 公益社団法人日本ユネスコ協会連盟