平成19年2月21日
スタッフセミナー
健康づくりは食事から
~食事バランスガイドを使ってみよう!~
福岡県朝倉保健福祉環境事務所
管理栄養士 井上由美子
高齢者の栄養管理について(介護報酬)
①栄養管理体制に対する評価
管理栄養士配置加算
栄養士配置加算
→
→
12単位/日
10単位/日
②栄養ケア・マネジメントに対する評価
栄養ケアマネジメント加算 → 12単位/日
③経口摂取への移行に対する評価
経口移行加算
経口維持加算(Ⅰ)
経口維持加算(Ⅱ)
→ 28単位/日
→ 28単位/日
→
5単位/日
④療養食に関する評価
療養食加算
→ 23単位/日
高齢者の低栄養状態の現状
高齢者の低栄養状態の現状
39.4
34.7
10.4
50
40
30
20
10
0
42.8
女性
31.6
6.7
入院
在宅医療
男性
女性
男性
外来
 (高齢者の栄養管理サービスに関する研究報告書より)
 ※ 低栄養状態とは、人が生存するのに必要なたんぱく質と
活動するために必要なエネルギーの欠乏した状態。
高齢者にとって「口から食べること」の意義
口から食べることは、
栄養補給
楽しみ
生活の質の改善
生活機能の向上
コミュニケーションの回復
生活リズムの調整
食べることは
生きること!
低栄養状態の改善と生活機能の向上
食べること
エネルギー・蛋白質の十分な摂取
筋蛋白質の維持・内蔵蛋白質の維持
身体機能の維持・生活機能
免疫能の維持・向上
要介護状態や重度化を予防
QOLの維持・向上、健康寿命の増大
栄養ケア・マネジメント体制
栄養スクリーニング
栄養アセスメント
栄養ケア計画
多職種による栄養ケア
栄養補給
栄養食事指導
(口腔ケア、摂食・嚥下リハ、
服薬指導など)
実施・チェック
モニタリング
評
価
サービスの評価・継続的な品質改善
朝食の欠食率(1歳以上)
平成16年国民健康・栄養調査から
日本人の食生活はどのように変わってきたか?
(g)
350
300
250
米類
魚介類
肉類
卵類
乳・乳製品
嗜好飲料
菓子類
油脂類
200
150
100
50
0
S40年
S50年
S60年
H10年
脂肪エネルギー比率の分布(20歳以上)
平成16年国民健康・栄養調査から
野菜摂取量(20歳以上)
平成16年国民健康・栄養調査から
野菜は
1日350g
を目標に
あなたの食生活をチェックしてみよう!
1. おなかいっぱいになるまで食べる
2. 焼き肉や揚げ物など脂っこいものが好き
3. 野菜はあまり食べない
4. 清涼飲料水をよく飲む
5. 甘いものが好き
6. 食べるのが早い
7. 朝食を食べない、食事が不規則
8. 夕食は9時以降に食べることが多い
9. 外食の機会が多い
10.お酒の誘いを断れない
生活習慣病予防のためには・・・
①エネルギーのとりすぎに注意し
身長160cmなら
標準体重を維持する1.6×1.6×22
標準体重の求め方
=56.3kg
身長(m)×身長(m)×22
②1日3食規則正しく食べる
③バランスのよい食事を
心がける
「何を」「どれだけ」
食べたらいいの・・・?
上手に利用しよう
食事バランスガイド
食品でなく「料理」が
1つ(SV)の単位
食事バランスガイド
主 食
牛乳・乳製品
副
菜
主
菜
果
物
主
食 (ごはん・パン・麺)
炭水化物おおよそ40g
副
菜(野菜・きのこ・いも・海藻料理)
主材料の重量がおおよそ70g
主
菜 (肉・魚・卵・大豆料理)
主材料のたんぱく質がおおよそ6g
牛乳・乳製品
主材料のカルシウムがおおよそ100mg
果
物
主材料の重量がおおよそ100g
自分にあった食事量を知ろう!
単位:つ(SV)
こんな人
6~9歳の子供
身体活動量の低い
女性・高齢者
身体活動量普通
の女性
身体活動量の低い
男性・高齢者
12歳以上の
ほとんどの男性
エネルギー
Kcal
主 食
副 菜
1600 4~5
主 菜
牛乳
乳製品
果 物
2
2
3~4
1800
2000
2200 5~7
5~6
3~5
2400
2600 7~8 6~7 4~6 2~3
2800
2~3
食事バランスガイド
2400kcalの場合
主 食
7つ
副 菜
6つ
主 菜
5つ
牛乳・乳製品
2つ
果 物
2つ
1日の食事を思い出して
食事内容を
チェックしてみると?
朝食に食べたものは・・・
牛乳
乳製品
1つ
主食
1つ
主菜
1つ
昼食に食べたものは・・・
副菜
1つ
主食
1つ
主菜
3つ
夕食に食べたものは・・・
主菜
3つ
主食
1つ
副菜
2つ
バランスが悪いと・・・?
こまは
倒れます
バランスの
よいコマにする
ためには・・・
朝食の食パンを2枚に
野菜サラダをプラス
+
主食
2つ
副菜
1つ
主菜
1つ
牛乳
乳製品
1つ
昼食のハンバーグを2/3にして
ごはん小盛り1杯とひじきの煮物をプラス
+
2/3の
大きさに
主食
2つ
副菜
2つ
主菜
2つ
夕食の冷奴の代わりにひじきの煮物
ごはん小盛り1杯とりんごをプラス
+
主食
2つ
副菜
3つ
主菜
2つ
果物
1つ
間食に
おにぎりとみかんとヨーグルトを!
主食
1つ
バランスのよいコマ
になりました!
牛乳
乳製品
1つ
果物
1つ
今すぐやめよう、こんな食生活!
~こんな食生活がメタボの原因~
 朝食抜き
 脂の取りすぎ
(肉料理が多い)
 野菜不足
 早食い
 夕食のどか食い
 腹一杯食べる
 晩酌の習慣
やめることにこしたことはない。
でも、もし飲むならこれだけは守ろう!
1. 笑いながら共に、楽しく飲もう。
2. 自分ペースでゆっくりと。
3. 食べながら飲む習慣を。
4. 自分の適量にとどめよう。
5. 週に2日は休肝日を。
6. 人に酒の無理強いをしない。
7. くすりと一緒には飲まない。
8. 強いアルコール飲料は薄めて。
9. 遅くても夜12時で切り上げよう。
10. 肝臓などの定期検査を。
健康のためには、日本酒1合程度
望ましい飲酒量
必ず休肝日を作りましょう。
望ましい飲酒量は1日に日本酒1合程度です
日本酒1合に相当するお酒の量は・・
焼酎2/3合
120ml
栄養成分表示を活用しよう!
栄養成分表示
〈100g当たり〉
熱量
kcal
たんぱく質
g
脂質
g
ナトリウム mg
○○○○
g
表示された
栄養成分の
含有量
食塩(g)=ナトリウム×2.54÷1000
生活のコマを正しく回し
メタボを予防しましょう!
適度な運動
バランスのよい
食事
菓子・ジュース
アルコールは
控えめに
食べ方に3つの方法がある!
(ブリサバランの言)
腹で食べる
口で食べる
頭で食べる
C-7
無理なく内臓脂肪を減らすために
~運動と食事でバランスよく~
腹囲が男性85cm以上、女性90cm以上の人は、次の①~⑤の順番に
計算して、自分にあった腹囲の減少法を作成してみましょう。
①あなたの腹囲は?
①
cm
②当面目標とする腹囲は?
②
メタボリックシンドロームの基準値は男性85cm、女性90cmですが、それを大幅に
超える場合は、無理をせずに段階的な目標を立てましょう。
cm
③当面の目標達成までの期間は?
確実にじっくりコース:
①-②
cm
÷ 1cm/月
=
③
か月
急いでがんばるコース:
①-②
cm
÷ 2cm/月
=
③
か月
④目標達成まで減らさなければならないエネルギー量は?
①-②
④
÷
kcal
7,000kcal
×
cm
③
か月
※
=
÷ 30日
④
=
kcal
1日あたりに
減らすエネルギー
kcal
※腹囲1cmを減らす(=体重1kgを減らす)のに、約7,000kcalが必要
⑤そのエネルギー量はどのように減らしますか?
1日あたりに
減らすエネルギー
kcal
運動で
kcal
食事で
kcal
ダウンロード

健康づくりは食事から 食事バランスガイドを使ってみよう!