OSボックスのセキュリティ機能
ライセンス機能
パスワード機能
セキュリティ コード機能
セキュリティ機能 + α
非公開のKAMコーデック
いくら、セキュリティ機能が強力でも、設定をしないと同じです。
しかし、KAMコーデックは、非公開のコーデックです。
ということは、コーデックそのものが暗号のようなもの。
万が一、設定を忘れても、誰でも映像が見えるというわけではありません。
特殊なプロセッサとOS
OS Boxは、汎用OSを利用していません。
プロセッサも特殊なマルチメディア用DSPです。
従って、ウィルスなどの感染の恐れがありません。
ウィルス
ライセンス キー
不正コピーの防止。侵入者の排除。
PC1 ライセンス A
PC2 ライセンス B
PC3 ライセンス A
(不正コピー)
1. 接続(OK)
2. 接続(OK)
LsBox-S
OS Box
3. 接続(NG)
※異なるPCから、同一ライセンスコードでのアクセスを拒否
接続不可
ライセンス キーの解説
ライセンスキーは、不正にインストールしたプログラムでライブサーバーにアクセスすることを防止するものです。
同じライセンスキーで異なるPCからアクセスした場合、ライブサーバーに接続することはできません。
ライセンスキーは、クライアントPCに設定するコードです。
ライブサーバー1台に5つのライセンスキーが付属しています。
ライセンスキーを設定したPCでは、ライセンスキーが必要なすべてのプログラムが動作します。
プログラムを入手しても、
ライセンスキーがなければ、利用不可
※ ソフトは動作しても、接続できません。
パスワード機能
PC1 設定用
部外者の侵入を防止
PC2 クライアント
パスワード設定済み
PC3 クライアント
パスワード設定無し
1. パスワードを設定
(RS232C 接続のみ)
2. 画像・音声要求
3. 画像・音声を送信
4. 画像・音声要求
5. 画像・音声 無を送信
外部 PC
映像・音声を送信しません
LsBox-S
OS Box
パスワード機能の解説
パスワード機能は、部外者がライブサーバーにアクセスし、映像や音声を視聴することを禁止するものです。
パスワードは、RS232Cケーブルを使って設定します。 ネットワーク経由での設定はできません。
一度、設定すると、変更や解除はパスワードの入力が必要になります。
クライアントから映像や音声を視聴するには、ライブサーバーに接続後、パスワードを送らなければなりません。
正しいパスワードを送らないと、映像も音声も送られません。
会社のパソコンでは映像が見えたのに
自宅のパソコンからは、見えない
※ 会社のパソコンからパスワードを読み取ることはできません。
セキュリティコード
PC1 設定用
同一ネットワークに複数のシステムの混在が可能
1. セキュリティ コードを設定
(RS232C 接続のみ)
2. 画像・音声要求
PC2 クライアント
3. 暗号化した画像・音声を送信
LsBox-S
OS
Box
4. セキュリティ コードを入力 → 映像表示、音声再生
5. セキュリティ コード入力 不正 → 映像表示無し、音声ノイズ再生
6. セキュリティ コードを入力
→ 映像表示、音声再生
録画データ
PC3 プレーヤー
7. セキュリティ コード入力 不正
→ 映像表示無し、音声ノイズ再生
再生不可
正常に再生
誤ったコード
録画・録音データは、コードがわかれば、再生可能
正しいセキュリティコード
セキュリティコードの解説
セキュリティコードは、セキュリティコードを知っている人しか視聴できないようにするものです。
セキュリティコードは、映像や音声信号に組み込まれ、暗号化されます。
従って、視聴する側でセキュリティコードを知っている必要があります。
正しいセキュリティコードを入力しないと視聴はできません。
セキュリティコードを使うと、同じ録画サーバーを他の人と共有しても安全です。
CDやDVDなどにコピーしても、
コードを知らない人は視聴できない
※ 定期的に、又、サーバー毎にコードを変えると、さらに安心。
OSボックスの官公庁採用先(平成21年6月時点)
・防衛省
・法務省
共に監視用途において
ダウンロード

セキュリティコードは