波動加熱勉強会
2004.2.23 京都大学
イントロダクション
横山 央明
(東京大学地球惑星)
微小フレア説 DCモデル
乱流的微小電流シート
浮上磁場・キャンセリング
Parker (1972)
波動説 (Alfven波) ACモデル
例えば Sakurai (1985) ;
Tataronis & Grossman (1973)
Heyvaerts et al. (1977)
微小フレアの頻度分布
-1.6
E
• 観測される微小フレアは
必要な加熱の10 - 20%!
• 頻度分布の傾きが緩やかで、
より微小なフレアでも説明不
可?
Shimizu (1995)
Yoshida & Tsuneta (1996)
活動領域大気の多温度構造
c. f. Nagata (2001)
高温成分
非定常
観測にかかる微小フレア
低温成分
定常
???
軟X線ループの温度分布
Kano & Tsuneta (1996)
7MK
T
3MK
足元
頂上
足元
ループに沿った座標
山型分布 頂上付近で加熱
ループに沿った座標
台形型分布 足元付近で加熱
軟X線ループの温度分布
Priest et al. (2000)
極端紫外線ループの温度分布
Aschwanden et al. (2000)
~1.3MK
2.6MK
頂上
T
頂上
T
1.4MK
足元
足元
ループに沿った座標
丸型分布 一様に加熱
足元
ループに沿った座標
台形型分布 足元付近で加熱
微小電流シートモデルの3次元シミュレーション
Galsgaard & Nordlund (1996)
加熱はループ中でほぼ一様
加熱の空間的・時間的特徴
•観測
多温度
温度成分ごとに異なる特徴
各成分ごとに加熱メカニズムが異なる可能性?
•理論
微小フレア 局所的・非定常
乱流微小電流シート 一様・非定常
波動 一様?・定常?
この勉強会の目的
コロナ波動加熱について
– 理論を理解する
– 最近の研究の動向を把握する
– 関連研究を知る
今日のプログラム
•
•
•
•
•
•
•
•
講義「位相混合と共鳴吸収」桜井
レビュー「最近の研究─観測」神尾
レビュー「最近の研究─理論 I(波動の発生)」磯部
レビュー「最近の研究─理論II(波動の伝播と拡散)」
宮腰
「Alfven波によるループ加熱のMHDシミュレーション」
森安
レビュー「太陽ジェット」下条
「磁気リコネクションによるAlfven波発生」 木暮
「波動加熱によるコロナ加熱・太陽風加速」 鈴木
ダウンロード

全体的な位置づけ