第10章 免疫系
(Immune system)
中国医科大学
基础医学院
组胚—日文教学组
一・リンパ球とリンパ組織
(一)リンパ球
LM;大きい核、少ない形質
核の一側に浅い凹みがある
EM;アズール顆粒、
自由リボゾームが多い
リンパ細胞
表面受容体,機能によって
Bリンパ球;
形質細胞ー抗体
記憶性B球;
Tc球; MHCを借りて抗原識別
Th球; 調節性T球ー激活(T,B)
Ts球; 免疫反応を阻害
記憶性T球;
NK球;抗原を直接殺す
構成
網状細胞と細網線維
网眼:リンパ球、形质C、大食
C、肥满C
分類
语)
疎性リンパ性組織
リンパ小節
(弥散LT-中国
› 網状細胞と細網線維成分が多い
網眼; リンパ球、形質C、単球、大食C等
› 後毛細血管細静脈
(内皮細胞の背が高い)
LC; 血液
リンパ組織(通路)
B球が密集した多円形小体.
› 冠;小B球が密集,濃くみえる
› 胚中心(暗区+明区)
暗区
明区
C大きい
小さい
過程
冠;
› 一次小節;胚中心がない
› 二次小節
B 球が発育する
被膜
冠
明区
暗区

中枢…
› 胸腺: TC産生.
› 骨髄: BC産生.

末梢…
› リンパ節
› 脾.
› 口蓋扁桃.
被膜;不完全な分隔ー小葉
 皮質;胸腺細胞が密集
 髄質;網状上皮細胞が多い

皮質
cortex
髄質
medulla
 胸腺上皮C (支架) ー上皮性細網C
被膜下上皮Cーβ 2Microglobulin
胸腺素と胸腺生成素を分
泌.
交錯突細胞-MHC抗原;胸腺Cの分化を誘導
多分支突起がある、
相隣細胞間ーデスモゾーム
胸腺C:多
,85-90%.
胸
腺
高
倍
Thymus
)
HE
(
胸腺上皮C
胸腺C
(85-90%)
胸腺上皮C
胸腺皮質:两種主要Cの分布
 胸腺上皮C(多い): 髄質上皮CーThymosinを分泌
胸腺小体上皮C
 胸腺C:少.
胸腺小体(ハッサル小体);胸腺上皮Cが
同心円状に配列。
胸腺の機能;T球を産生、免疫调节
胸腺髓质
medulla
胸腺上皮C
胸腺小体
Thymic
corpuscle
血液ー胸腺関門:
1.連続型毛細血管内皮ー密着小帯
2.連続内皮基底膜.
3.血管周囲カラス(大食C).
4.上皮基底膜.
5.胸腺上皮C.ー突起がお互いに上の構造を囲む
機能;薬、抗原の通過を防止
環境の安定を維持
胸腺C
5上皮C
2内皮基底膜
4上皮基底膜
1内皮C
3血管周囲
カラス
3大食
細胞
血液-胸腺関門
(二). リンパ節
被膜と小柱
皮質
髄質
髄質
皮質
リンパ洞
リンパ節
1、皮質;皮質リンパ洞;扁平内皮、外に
網状組織、洞内に大食細
胞
表層皮質:リンパ小節---B C区.
慮胞树状突細胞(FDC)ー Fc、C
3
Bリンパ球を激活
副皮質: 皮质深层、疎性リンパ組織.
中央区 --- T C区、交錯突細胞
周囲区 --T.B,
後毛細血管細静脈
リンパ球の再循環
LC
血液
末梢L器官
後毛細血管細静脈
全身各組織
1被膜
2輸入リンパ管
3小柱
5髓質
Medulla
4皮質
cortex
リンパ節Lymph node (HE)
被膜
3皮質L洞
• 被膜下洞
小柱周洞
表層皮質
2副皮質区
皮質(HE)
Lymph node cortex
後毛細血管細静脈Postcapillary venule
髄索;
索状のリンパ組織
B球、形質細胞,大食細胞、好酸球、
肥满细胞
髄洞;
後毛細血管細静脈
3.リンパ節の機能
リンパ液の濾過
免疫反応
リンパ細胞の再循環
1髄索
2髄洞
リンパ節髄質(HE)
Lymph node medulla
(三)脾
被膜と脾柱
白髄
赤髄
1被膜
3白髓
2脾小柱
4赤髓
動脈周囲リンパ鞘; 疎性リンパ組織-TC
 リンパ小節 (脾小体-中国语): BC
 辺縁帯; TC+BC+大食細胞
辺縁洞;毛細血管洞

白髄の中央には中心動脈
伴う小リンパ管
白髓
2.L小節
3.辺縁帯
1.A周囲L鞘
赤髓
1脾索
2脾洞
2.赤髓:
› 脾索: リンパ組織ーBC+血C+形質C
› 脾洞: 毛細血管洞ー長桿状の内皮.
網状線維が周囲を取巻く
内には多い大食細胞
中心動脈の分枝-筆毛動脈
大食細胞
Splenetic sinusoid
脾
洞
走
査
電
顕
脾の血管
脾Aー脾小柱Aー中心動脈
中心動脈の分枝ー辺縁洞
筆毛動脈- 髓细A 鞘cap Acap

脾の機能:
› 血液濾過:赤血球;
辺縁帯
脾索
脾洞
白血球;辺縁洞
白髄
› 造血:胚胎の早期.
› 儲血
› 免疫反応:
辺縁洞
ダウンロード

Bリンパ球