人文学部卒業論文
題
目
メディアの表現する
加害者・被害者のステレオタイプ
山本
指導教授
提出年月日
学籍番号
氏
名
2011 年
明
12 月 16 日
HI08074
宮田
育美
メディアが表現する加害者・被害者のステレオタイプ
HI08074 宮田育美
要旨
本論文では、新聞・雑誌の犯罪報道において加害者・被害者がどのように描かれる
かを様々な視点で分析、比較し、犯罪報道の特徴がどのようなものか考察した。対象
の新聞・雑誌は朝日新聞、毎日新聞、読売新聞、週刊新潮、週刊現代、週刊文春、週
刊女性、女性セブン、女性自身の 9 誌で、対象の犯罪事件はニュース価値の高いとさ
れる「刺戟性・衝撃性」の「話題性」のあるものとして「栃木リンチ殺人事件」、「桶
川市女子大生刺殺事件」
、
「新潟少女監禁事件」、
「愛知中学生恐喝 5000 万事件」、
「長崎
男児誘拐殺害事件」
、
「佐世保小 6 同級生殺害事件」、「奈良小学生殺害事件」、「秋田連
続児童殺害事件」、「時津風部屋力士暴力死事件」、「新宿・渋谷エリートバラバラ殺害
事件」、
「千種女性拉致殺害事件」
、
「京田部警察官殺害事件」
、
「会津若松母親殺害事件」
、
「耳かき店員殺害事件」
、
「英国人女性殺害・死体遺棄事件」の 15 件を取り上げ分析し
た。
その結果、加害者のプライバシーは事件を理解しようとする道具、事件への関心を
引く道具、加害者ステレオタイプの確認・強化のための道具として被害者に比べてよ
り積極的に言及されていた。被害者のとりわけ女性は写真や実名で報道される傾向に
あり、また被害状況を積極的に報道し事件の異常性や凄惨さを判断する材料と読者の
嗜好を満たす役割をはたしていることがわかった。そして付随的分析でわかったこと
は、加害者の母親または加害者本人の母親役割への言及をすることによって、加害者
の母親のステレオタイプを読者に形成させていることである。
このような犯罪報道は、私たちが事件を理解する上で重要なものである。しかし、
それと同時に事件当事者の情報を娯楽とした現在の犯罪報道には、発信者や私たち受
け手のメディア・リテラシーが求められる。
キーワード
犯罪報道
メディア
ステレオタイプ
加害者
被害者
内容
序章 はじめに .................................................................................................. 1
第 1 節 本研究の目的と社会的背景 .............................................................. 1
第二節 本論文の構成 .................................................................................... 2
第一章 ステレオタイプとメディア・コミュニケーション .............................. 2
第一節 ステレオタイプ................................................................................. 2
第二節 メディアとジャーナリズム ............................................................... 3
第二章 報道と人 .............................................................................................. 5
第一節 報道による意見の形成 ...................................................................... 5
第二節 報道される加害者 ............................................................................. 6
第三節 報道される被害者 ............................................................................. 7
第四節 研究課題と研究方法 ......................................................................... 8
第二章 犯罪報道の内容分析............................................................................. 9
第一節 目的 .................................................................................................. 9
第二節 方法 .................................................................................................. 9
第一項 分析対象事件 ............................................................................... 10
第二項 分析対象記事 ............................................................................... 10
第三項 コーティングシート ..................................................................... 11
第三節 結果 ................................................................................................ 12
第一項 掲載数 .......................................................................................... 12
第二項 加害者と被害者の比較 ................................................................. 14
第三項 性別の比較................................................................................... 18
第四節 考察 ................................................................................................ 22
第四章 終章.................................................................................................... 25
参考文献 ........................................................................................................... 27
参考サイト ....................................................................................................... 29
付録1 ................................................................................................................. i
付録2 ................................................................................................................ ii
付録3 ............................................................................................................... iii
ダウンロード

メディアの表現する加害者・被害者のステレオタイプ