現代社会と経営
(11月22日:商店街)
長岡技術科学大学
情報経営系教授 阿部俊明
中心市街地に対する考え方
中心市街地への期待
(A)まちなかや中心市街地の
必要性(アンケート調査)
(B)まちなかや中心市街地の魅力(アン
ケート調査)
市役所、市立図書館、市立文化施設の立地状況と
中心市街地の活性化状況
中小小売店に対する評価・期待
(A)中小小売店に対する評価(アンケート調査)
(B)中小小売店への期待(アンケート調査)
商店街の利用状況(消費者)
(「中小企業白書。2000年」より)
商店街における大きな問題
小売業者が考える商店街が持つ存在価値(第1位)
(「中小企業白書。2000年」より)
中心市街地商店街における活性化対策の実施状況
(「中小企業白書。2000年」より)
来街者の増加する商店街における個店の
改善・活性化策への取組状況
大店法から立地法へ
• 平成12年に、大店法を廃止し立地法を制定
・大店法・・大規模小売店舗法
・立地法・・大規模小売店舗立地法
• 大店法では、店舗の需給調整を行っていた。
・開店日。店舗面積。閉店時刻。休業日数。
・目的は、店舗周辺の中小小売業者の事業活動の機会の適
正な確保
• 立地法は、需給調整は行わない
・目的は、店舗周辺の生活環境の保持
(交通。騒音。廃棄物)
中心市街地活性化法
• 平成10年に、中心市街地活性化法が施行
・「中心市街地における市街地の整備改善及び商業等の活
性化の一体的推進に関する法律」
• 特徴は以下の通り
・市町村の役割の重視
市町村による基本計画の作成
・市街地の整備改善と商業等の活性化の一体的推進
・国の関係省庁の連絡協議会を開催
統一窓口の開設
街造りの鍵(その1)
1、自ら工夫すること
・結果ではなく、議論の過程が大事
・売る人の都合ではなく、買う人の気持ちになる
・ソフト、文化を売ることも考える
2、変化を恐れないこと
3、官ではなく、民の発想
4、女性、高齢者の活躍
5、TMO(街造り会社)
街つくりの鍵(その2)
• 人の街ではない、自分たちの街である
*権利だけでない、義務・責任もある
(責任の所在がはっきりしない)
*街つくりは、住民が中心とならなければうま
くいかない
*一人のエゴが全体を引っ張る
(和を尊ぶから)
タウンマネジメント事業に必要なこと
TMO事業分野別ソフト事業の実施状況
2-1、コミュニティービジネスのついて
コミュニティー・ビジネスとは、
①地域住民が主体
②利益の最大化を目的としない
③コミュニティーの抱える問題等に対応
④地域住民の働く場所を提供
(中小企業白書2004年版より)
コミュニティー・ビジネスの現在の事業分野
コミュニティー・ビジネスの現在の事業内容
地域造りの取り組みへの期待
活動を開始した最も重要な動機
事業の運営に関わる課題
年齢階層別の日常的に利用する場所・業態
品目別の最もよく利用する場所・業態
購買行動の変化
有償サービスの期待
無償サービスの期待
行政機関の協力の種類と黒字事業の有無
ダウンロード

12回目 商店街