アジアの音楽と民族楽器
原田奈穂子
インドネシアの音楽
 インドネシア語で、「伝統音楽」を意
味するカラウィタン(karawit
an)には、「舞踊や語り物、演劇と
一体となって演じられる音楽」という
意味合いが含まれている
 インドネシアは、東南アジア特有の楽
器であるゴング類や、鍵盤打楽器を発
達させた中心地の一つである
インドネシアの音楽
ゴングなどの打楽器の発達相まって
リズム・アンサンブル感覚を主体とし
た各種の合奏が盛んである
 ガムランの楽器のようなに楽器の音律
を微妙にずらして調律しうなりを生じ
させたり、定音律の旋律打楽器に対し
てそこにない音を声や胡弓で重ねてい
くなど、音のずれを楽しむ繊細な音感
覚も各地で見られる

ジャワ島・バリ島・マドラ島の音楽
この地域は、今日ではバリをのぞいてほとんどイス
ラム化されているにもかかわらず、音楽的にはヒン
ドゥー・ジャワ文化の伝統を色濃く受け継いでいる
 その最高峰は何と言っても、ゴング類や鍵盤打楽器類
を中心とする大合奏ガムランだ。ガムランとは「たた
く」「操る」を意味する動詞gamelの名詞形で
「たたかれる物」つまり打楽器とその合奏体系を意味
する。この語は、「たたく」「打つ」という行為がこ
の地域の音楽にとって以下に根源的であるかを物語っ
ていよう
 今日ガムランには中東部ジャワ、西ジャワ、バリの三
大地方様式があり青銅製の他、鉄や竹製など形態や編
成もさまざまなものが各地に偏在している

中東部ジャワ
 ①こぶ付ゴング類(大ゴングなどの吊り下げ
ゴング・チャイムのクノンkenong、ボ
ナンbonangなど)②鍵盤打楽器類(青
銅琴サロンsaron類と共鳴筒付のグンデ
ルgender類)③その他(木琴ガンバン
gambang、筝チュルポン celem
pung、竹の縦笛スリン suling、
胡弓ルバーブ rebab、女性独唱プシン
デン pesindenと男性斉唱)。全体
の指揮を司る両面太鼓クンダン kenda
ngである
西ジャワ(スンダ)
 高原の街バンドンを中心により庶民的で多彩
な音楽文化が開花している。とりわけ声楽が
際立って盛んで、こぶしをきかせた歌唱法や
節回しの妙技などに優れた旋律・旋律感覚の
枠が感じられる
 スンダのガムランには、ジャワのとよく似た
形態のガムラン・ペロッグ・サレンドロ
g・pelog salendro(別名ガ
ムラン・スンダ)と、スンダ独自の小編成の
ガムラン・ドゥグンg・degungの二種
がある
バリ
 インドネシアで唯一ヒンドゥー教を残すバリ島は、イ
スラムかを拒んだジャワ人が一六世紀ごろ多数移民し
たことも伴って、ジャワ古来の文化もその中に取り込
んだ独特のヒンドゥー・バリ文化を築き上げた。各村
にある寺院では村人総出で宗教儀礼が執り行われ、音
楽や舞踊は神々に捧げる奉納芸として村人の生活に密
着して息ずいている
 バリの細密画を思い起こさせるような稠密な音空間が
現出される。一つの旋律を複数の人間で分け合って演
奏する音の相互扶助(ゴトン・ロヨン)とも言うべき
集団性の高い合奏の背景には、バリではガムランが地
域共同体と結びついた組織(スク sekaという一
種の同好会)によって担われているという社会的要因
も関連している
ダウンロード

アジアの音楽と民族楽器