予報研究部コロキウム 2006.1.24
2.WWRP北京オリンピック予報実証研
究開発実験 (B08FDP/RDP)について
・2008年8月の北京オリンピックに合わせて、会場の天気を
対象に各国気象機関が短期予報に関する国際比較実験を行う
・2000年にシドニーオリンピックに合わせて行われた国際予報実証実験
(Sydney 2000FDP) に引き続くWWRPの研究計画
FDPコンポーネント:ナウキャストを中心とした0-6時間までの予報実証
RDPコンポーネント:メソアンサンブル予報による6-36時間についての研究開発
2005年3月第1回ワークショップ開催
FDP: 中国(CMA, CAMS)、米国(NSSL)、カナダ(AES)、英国(UKMO)、香港
(HKO)、オーストラリア(BMRC)
RDP: 中国(CMA,CAMS)、米国(NCEP, NCAR)、カナダ(MSC)、英国(UKMO)、
日本(MRI)
Beijing 2008 Olympics: 8 to 24 August
Beijing
Position: 39.6 ° N, 116.7 °E
Population: 16 Millions
Area: 16800 km2
Topography
Mountains located to the
northeast, north and
west. The southeast is a
smooth plain sloping to
the Bohai Bay
Venues
The locations and areas of competition for Beijing 2008 Olympics Games
Climate (August 8-24, 1980—2001)
Elements
Value
Average Temperature(℃)
25.2
Average Maximum. temperature (℃)
29.9
Extreme Maximum. temperature (℃)
35.7
Average Minimum. temperature(℃)
21.1
Extreme Minimum. temperature (℃)
14.3
Average Relative humidity(%)
75
Maximum Relative Humidity(%)
99
Minimum Relative Humidity(%)
13
Average wind speed (m/s)
1.8
Precipitation probability(%)
Thunderstorm probability(%)
49.2
25.9
2004/07/10
Torrential rain hits Beijing
研究組織図
WMO WWRP SSC
(科学運営委員会)
WMO WWRP SSC委員/B08プロジェク
ト事務局(CMA)
B08RDP ISSC
(国際科学運営委員会) 斉藤
B08RDP ITeST
(国際技術サポートチーム) 瀬古
参加機関運営委員会、
サポートチーム
B08FDP ISSC
(国際科学運営委員会)
データ、ネットワーク
参加機関運営委員会、
サポートチーム
・tier1領域アンサンブル
水平解像度 15 km、領域: 3500km ×
3000km、(113E, 39Nを中心)、36時間
10メンバー程度。
レベル1データ (2m気温、相対湿度、
10m風、降水量、海面気圧、500hPa高
度など)
レベル2データ(250, 500, 700, 850hPa
の高度、風、気温、相対湿度等のアンサ
ンブル平均とスプレッド)
レベル3データ(各機関ごとの裁量によ
るその他のデータ)
0.15 度の105~125E and 30~45N (133
x 100)の共通グリッドに格納
特別観測データ GPSデータ, ウインドプ
ロファイラ、ドップラーレーダーデータ
参加機関運営委員会、
サポートチーム
・tier2メソアンサンブル
水平解像度 2-4 km、領域: 1320km ×
1100km、36時間先まで、メンバー数: 自
由(1以上)
Current observational network in Beijing area (2004)
Observational network in Beijing area by 2008
2005年4月 予報研究部長室にて関係者で打ち合わせ
・研究所の研究開発の一環として研究所が主体となって可能な範囲で取り組む
・同化実験を予報2研が中心に行い、アンサンブル実験、システム構築、アンサン
ブル検証について、下記のような実施体制を検討する。
同化実験 予報2研+台風1研
全球SV計算と全球モデルラン、台風メソアンサンブル開発 台風1研
メソSV計算 予報3研 +台風1研
teir2雲解像実験の検討 予報1研
システム構築、アンサンブル検証 予報2研+予報1研、3研
所内融合型研究「非静力学モデル(NHM)の高度化と同化技術の改善に関する
研究」の「サブ課題3非静力学モデル(NHM)を用いたシビア現象の予測・再現に
関する研究」③メソアンサンブル予報の基盤的研究の研究計画には、18年度計
画から反映させる
本庁技術協力体制
全球SV計算と台風アンサンブル開発 全球G
同化実験 解析G
NHM-SV開発 解析G
システム構築、 メソG
アンサンブル検証 メソG+台風G
GriB2デコード、エンコード プログラム班
今後のスケジュール
1-6月
7-9月
2004
10-12月
第7回WWRP科学運営
委員会での了承
2005
第1回ワーク
ショップ
技術開発
データ転送試験
2006
初期設定
モデルランとデータ
転送の予備的試験
第2回ワークショップ
データベース構築
2007
システム改良
モデルランとデータ
転送の並行試験
検証、ユーザーズガイ
ド
2008
システム最終改
良
オペレーション
評価の開始
2009
第3回B08FDP/RDPワークショップ
Tier 1 105~125E and 30~45N (133 x 100)の共通グリッドの領域
数値予報課からのmfboundary
がぎりぎりカバー
青はメソ解析の領域(361*289)
緑は当面のテスト領(241*241)
瀬古さん作成
國井さん作成
FT=0
FT=1
FT=2
FT=3
FT=4
FT=5
FT=6
FT=7
FT=8
FT=9
瀬古さんラン、
mfboundaryによるテスト
0.15度 等経緯度格子点 (137*103)
若月さん、原さんのツール利用
ダウンロード

WWRP北京オリンピック予報実証研究開発実験(B08FDP