土壌分析サービスのご紹介
福栄肥料は、
全国の農家様から送られてくる圃場の「土」を
化学分析しております。
農家様にお渡しする「土壌検定結果概要報告書」
以下のような分析法で行っています。
1.腐植
抽出-簡便法熊田変法 比色-熊田変法
2.アンモニア態窒素
抽出-簡便法1M塩化カリウム法、比色-インドフェノール法
3.硝酸態窒素
抽出-簡便法1M塩化カリウム法、
比色-アルカリ還元・ジアゾ色素法
4.有効態リン酸
抽出-常法トルオーグ法、比色-マーフィー・ライリー法
5.リン酸吸収係数
抽出-簡便法2.5%リン酸アンモニア変法、
比色-バナドモリブデン酸法
6.交換性加里
抽出-簡便法振とう濾過法、炎光光度法
7.交換性石灰
抽出-簡便法振とう濾過法
比色-オルトクレゾールフタレイン・コンプレキソン法
8.交換性苦土
抽出-簡便法振とう濾過法、比色-キシリジルブルー1法
9.塩基置換容量
抽出-簡便法ショーレンベルガー変法、比色-インドフェノール法
「水稲圃場」の分析結果(2年間)と傾向 (赤枠は適正範囲の目安)
pH (H2O)
8
0.5
6
4
0
アンモニア態窒素
mg/100g
腐植 %
EC mS/cm
硝酸態窒素 mg/100g
塩基置換容量 me/100g
20
40
10
20
0
0
3000
燐酸吸収係数 mg/100g
10
有効態燐酸 mg/100g
200
10
2000
5
5
100
1000
0
0
0
0
交換性加里 mg/100g
交換性石灰 mg/100g
100
1000
50
500
交換性苦土 mg/100g
150
100
50
0
0
0
他の作物の圃場に比べ水田は湛水するので、成分のバラツキは少ない傾向にあります。
加里と苦土については、残効が多い所もあります。
「茶園土壌」の分析結果(2年間)と傾向 (赤枠は適正範囲の目安)
pH (H2O)
腐植 %
EC mS/cm
2
8
30
6
塩基置換容量 me/100g
100
20
1
50
4
10
0
2
アンモニア態窒素
mg/100g
0
0
燐酸吸収係数 mg/100g
硝酸態窒素 mg/100g
有効態燐酸 mg/100g
100
4000
400
50
2000
200
0
0
0
50
0
交換性加里 mg/100g
交換性苦土 mg/100g
交換性石灰 mg/100g
1000
200
500
100
0
0
200
100
0
リン酸吸収係数が高いので、ついリン酸を多く入れています。
定点での定期的な分析を行い、適正施用量を検討しましょう。
「レタス圃場」の分析結果(2年間)と傾向 (赤枠は適正範囲の目安)
pH (H2O)
EC mS/cm
8
1
6
0.5
4
0
腐植
20
塩基置換容量 me/100g
%
60
40
10
20
アンモニア態窒素
mg/100g
40
20
0
硝酸態窒素 mg/100g
200
100
0
有効態燐酸 mg/100g
燐酸吸収係数 mg/100g
60
3000
40
2000
20
1000
0
0
交換性加里 mg/100g
300
0
0
交換性石灰 mg/100g
1000
500
0
交換性苦土 mg/100g
2000
400
1500
300
1000
200
500
100
0
0
リン酸吸収係数が高いため、リン酸の施用量が多い傾向にあるようです。
加里、石灰、苦土も多く、省力化できます。
「玉ネギ」の分析結果(2年間)と傾向 (赤枠は適正範囲の目安)
pH (H2O)
EC mS/cm
8
腐植
10
%
塩基置換容量 me/100g
50
1
6
4
0
アンモニア態窒素
mg/100g
0
0
硝酸態窒素 mg/100g
燐酸吸収係数 mg/100g
60
1500
40
1000
20
20
500
0
0
0
40
150
400
200
交換性加里 mg/100g
200
有効態燐酸 mg/100g
交換性石灰 mg/100g
300
0
交換性苦土 mg/100g
1500
1000
200
100
50
0
500
100
0
0
リン酸の残効が多く、省力化できます。加里、石灰、苦土も多い傾向にあります。
「トマト圃場」の分析結果(2年間)と傾向 (赤枠は適正範囲の目安)
pH (H2O)
EC mS/cm
8
4
6
2
4
0
アンモニア態窒素
mg/100g
腐植
%
40
10
20
0
0
硝酸態窒素 mg/100g
燐酸吸収係数 mg/100g
2000
100
400
1000
50
有効態燐酸 mg/100g
600
20
10
塩基置換容量 me/100g
20
200
0
0
0
0
交換性加里 mg/100g
交換性苦土 mg/100g
交換性石灰 mg/100g
300
1500
300
200
1000
200
100
500
100
0
0
0
加里、石灰、苦土が多い傾向にあります。
塩基バランスを見て、施肥の改善を行いましょう。
「ハウスメロン圃場」の分析結果(2年間)と傾向 (赤枠は適正範囲の目安)
8
2
6
1
4
0
アンモニア態窒素
mg/100g
50
200
60
10
40
5
20
0
0
燐酸吸収係数 mg/100g
600
2000
400
1000
200
0
0
交換性石灰 mg/100g
1000
有効態燐酸 mg/100g
3000
0
交換性加里 mg/100g
塩基置換容量 me/100g
15
硝酸態窒素 mg/100g
10
0
腐植 %
EC mS/cm
pH (H2O)
交換性苦土 mg/100g
200
100
500
100
0
0
0
pHが高めになってます。リン酸、加里、石灰、苦土が溜まってきています。
塩基バランスを見て、施肥設計を組み直す必要があります。
「イチゴ圃場」の分析結果(2年間)と傾向 (赤枠は適正範囲の目安)
pH (H2O)
8
腐植 %
EC mS/cm
20
3
50
2
30
10
6
1
4
10
0
0
50
20
0
0
交換性加里 mg/100g
400
-10
硝酸態窒素 mg/100g
アンモニア態窒素
mg/100g
40
塩基置換容量 me/100g
有効態燐酸 mg/100g
燐酸吸収係数 mg/100g
3000
600
2000
400
1000
200
0
0
交換性苦土 mg/100g
交換性石灰 mg/100g
1500
300
1000
200
500
100
0
0
200
0
適正範囲の目安は「とちのか」を規準としていますが、このイチゴもリン酸、加里、
石灰、苦土が高い傾向にあります。
当社営業マンが、
分析結果に基づき、
施肥のアドバイスを行います。
当社分析サービスをどうぞご利用下さい。
連絡先のリンク を設定する
ダウンロード

詳細はこちら(PDFファイルが開きます)