大学教育とは
中等教育
初等教育
目的
大
高
中
小
幼
高等教育
知的内容
生活的内容
総則+教科
なし
学習指導要領
総則
教科書
×
○
○
○
×
教員免許
○
○
○
○
×
準義務
義務
義務
準義務
任意
大学教員とは?

建学理念に基づいて①授業、②研究、③学
内業務等を実施する人
広島修道大学は、「地域社会の発展に貢献
する人材の育成」「地域社会と連携した人づく
り」「地域社会に開かれた大学づくり」の3つの
理念を掲げ、設立目的である“郷土社会の進
展”の実現をめざします。
生徒から学生へ
①オリエンテーション(2006年4月3~6日)
私(学生)は今どの位置に(カリキュラム、学内組織
他)いて、これから(4年間)どうしなければならない
のか。そのため、今何(講義の選択等)をしなくては
ならないのか。
②担任・チューター目的
管理・指導のためではない
例)基礎ゼミナール(4月~7月、15回)
学生が困った時のナビゲーター
不必要ならばそれにこしたことはない
友人を作り、学内を動き回る仕掛け人
大学教員の「授業」とは


学習指導要領に沿って「生徒」に教科書の内
容を正しく教えることではない
教育者かつ研究者であることの必要性
∴知的欲求の充足
「学生」は大学教員から、専門知識や最新知
識を「自主的」に学ぶことができる!
地球温暖化の現状と今後
(B)地球環境問題の要

地球温暖化、自然破壊、海洋汚染など地球規模で
の環境問題が深刻化し、中でも最も深刻な問題の
ひとつとなっているのが地球温暖化問題です。

地球温暖化が進行すると、海面の上昇、生態系の
破壊、健康への被害、経済格差の拡大など広範囲
に深刻な影響を生じるおそれがあります。

http://www.hyogowo.go.jp/jigyou/role/environment04.html
最近の気象異常の例
(日本)
 2004年大阪、京都、東京都心などで30℃以上の真夏日が過
去最多を記録
 熊本では100日を越えた。東京都心では39.5℃を記録
 2004年台風の上陸回数がもっとも多く1951年以来の記録を
更新。10回以上上陸し、7200億円の保険金が支払われた。
 台風18号によって広島では最大瞬間風速60.2mを記録
ただし、2005年(平成17年)の台風は23個と、平年の27個と
比べて少ない日本列島への上陸数も3個と、平年値(2.6個)
なみ。
(世界)
 2004年、中国広州では50年ぶりの大干ばつ、
386万人が水不足
 2004年3月26日、観測史上初めて南半球で
ハリケーン(カタリーナ)発生、ブラジル被害
 2005年7月26日、インドムンバイは記録的な
大雨、24時間で762mm、1000人死亡
 2005年巨大ハリケーン「カトリーナ、リタ、
ウィルマ」による被害。約9兆円過去最高
人間活動による地球温暖化(?)
(地表温度)
 地球の表面温度は1861年から上昇
 平均地上気温は20世紀に0.6℃上昇した
 1990年代は最も暑かった年代であった
 1998年は、記録史上(1861年)最高に暑かっ
た
 1950年代から地表と地表から8000m以内の
大気温度は、10年で0.1℃の割合で上昇
(CO2濃度)
 1750年以来、大気中のCO2濃度は31%増加
 現在のCO2濃度は過去42万年間で最高であ
り、過去2000万年間でも最高
 過去20年間の人為的起源によるCO2放出の
約7割は化石燃料消費、残りは森林伐採と予
測
(モデル推計)
 過去50年間の平均温度上昇は人為的起源に
よるCO2増大
 CO2濃度は2100年に540~970ppmへ
 地球表面の平均温度は1.4~5.8℃上昇
 海面は13~94cm上昇
大気の総重量は?
地球表面積=5.11206×1014(m2)
1m2あたりの大気の重量=(大気圧/重力の加速度)
= 1.01325(N/ m2)/9.80665(m2/s2)
=1.03323×1014(kg/m2)
大気の総重量
=(1m2あたりの大気の重量)×(表面積)
=5.282×1018(kg)
∴大気の総重量=5282兆トン
CO2体積分率1ppmの総重量は?
1ppm=100万分の1=10-6
CO2の分子量:44、空気の平均分子量:29
CO2・1ppmの総重量
=大気の総重量×(44/29)×10-6
=8.01396×109
∴CO2・1ppm=80億トン
産業革命以後のCO2増加量は?
産業革命前のCO2濃度=280ppm
現在のCO2濃度=380ppm
CO2上昇率=380-280=100ppm
∴100×80=8000億トン
現在のCO2排出状況
CO2の年間排出量=275億トン、872トン/s
約50万m3
参考)東京ドーム124万m3 、2.48秒で満タン!
CO2の大気中への年間蓄積量は排出量の約6割
CO2濃度上昇増加率=2ppm
CO2の現在の濃度は約380ppm(381ppmの報告有)
∴10年後にはCO2濃度は400ppmへ
CO2の特徴
CO2は大気中に長く留まる
 100年後・・・30%
 500年後・・・15%
 5000年後・・・10%
したがって、排出量を今すぐに「ゼロ」にしたと
してもCO2濃度、気温、海面上昇は上昇し続
ける。
CO2排出の現状
アルミ缶350ml=約170g
バスタオル=約370g
人間が呼吸により排出するCO2=320kg/年
自家用車(10km/l、年間1万キロ)=2300kg/年
一世帯あたり (電気、ガス、車、廃棄物)=6500kg/年
スギの木の年間吸収量=14kg/年
呼吸←23本
車←160本
家庭←460本
CO2の影響はどれくらい?
温暖化するとすればどんな影響が?
復習)
CO2の年間排出量=275億トン
872トン/s、約50万m3
産業革命以後のCO2増加量は800億トン
10年後にはCO2濃度は400ppmへ
気温上昇の脅威
1℃
グレートバリアリーフを含む82%のさんご礁死
滅
グローバルエコシステムの2~47%の損失
ペルーでは氷河融解により飲料水、農業などで
問題発生
アフリカでは作物収量が減少
クイーンズランド(濠)の熱帯林は50%減少

エコシステムというのは生態系、つまり、ある
地域に住む動植物間での物質循環全体を見
渡し、一つの機能系としてとらえる概念

春に花が咲き、虫が活動を始め、それを餌に
する鳥が卵を産む…
こういうエコシステムが崩れかけている

1.5℃
インド洋のさんご礁死滅
グリーンランドの気温が2.7度を超え、氷床の全
面融解開始
この影響で2100年までに海面水位上昇75cm
2℃
海面上昇とサイクロンで1200~2600万人が移動
10~28億人が水ストレスを受ける
マラリア2.3億
洪水0.3億人
さんご礁の97%が死滅
グローバルな穀物生産が低下し、食料価格増大
1200万~2億人が飢餓リスクにさらされる
2.5℃
中国の北方森林は完全消滅
チベット高原の永久凍土がほぼ融解して砂漠
化
アマゾンが砂漠化
3℃
世界人口の5~6割がテング熱にさらされる(現
在3割)
南極大陸氷床の不安定化
3.5℃
オーストラリアの農業崩壊
アルプス氷河の消失
6億人が飢餓リスク
ツンドラは60%、タイガは44%消失
北大西洋海流が停止(5割の確立)
ショッキングな事実・・・・・
「大気中のCO2をどの程度で安定化すれば良
いか?」⇒地球温暖化は避けることは不可能
1.5℃では無理、2.0℃でどうにか・・・・。
2℃を超えるのは2026~2060年の間
1970~2003年、北極圏では0.46℃/10年の温暖
化が進行
CO2の安定化と気温上昇
CO2を400ppm以下で安定(10年)
・・・28%(8~57)の確立で2℃突破
450ppm以下で安定(35年)
・・・54%(26~78)の確立で2℃突破
500ppm以下で安定
・・・71%(48~96)の確立で2℃突破
600ppm以下で安定
・・・88%(74~100)の確立で2℃突破
予測される地球システムの変化
2020年 大西洋海流ラブラドル海側沈み込み停止
 2025年 アンデス氷河消失、米国西部水危機
 2026~2060年 全球平均気温上昇2℃突破
 2030年 アマゾンのサバンナ化
 2040年 グリーンランド氷床全面融解
 2050年 主要絶滅危惧種の25%絶滅
 2070年 北極海氷の夏期消失
これらに伴って、2025年ごろから一部の地域・国の
社会ステムの崩壊がはじまり、2050年までには世
界規模での社会・経済の混乱が生じる・・・・。

じゃあどうすれば?
氷河期は2~5万年後
京都議定書の限られた効果
0.1℃、海面上昇1.5cmの抑制
技術的な温室効果ガス排出の削減ポテンシャル

エネルギー効率改善:1兆トン

再生可能エネルギー:3兆トン

原子力
:3000億トン

CO2の捕獲と貯留 :2兆トン

森林吸収
:3500億トン
企業の概念
鈴木『環境問題と企業責任』より
ダウンロード

大気の総重量は?