に ほん
しょうがつ
日本のお正月
に ほん ねんまつ ねん し
す
かた
日本の年末年始の過ごし方
がつ
お
12月の終わりころ
しょうがつ むか
まえ
おおそう じ
かどまつ
かざ
かがみもち じゅん び
 お正月を迎える前には、大掃除をして、門松やしめ飾り、鏡餅の準備をします。
がつ
にち
12月31日
いちねん さい ご
ひ
おおみそ か
りょう り
じゅんび
す
 1年の最後の日を大晦日といい、おせち料理の準備などをして過ごします。
よる
てら
じょ や
かね
な
とし こ
た
しん ねん むか
 夜にはお寺で除夜の鐘が鳴らされ、年越しそばを食べて新年を迎えます。
がつついたち がつみっか
1月1日~1月3日
がんたん
あさ
りょう り
ぞう に
た
 元旦の朝には、おせち料理やお雑煮を食べます。
てら
じんじゃ
はつもうで い
しんねん
けんこう
こうふく
いの
 お寺や神社に初詣に行って新年の健康と幸福を祈ります。
とど
ねん が じょう
み
こ
としだま
しょうがつ
たの
 届いた年賀状を見ることや、子どもはお年玉をもらうことも正月の楽しみです。
がつよっか
1月4日くらい
とし
あ
はじ
し ごと
し ごとはじ
 年が明けて初めて仕事をすることを仕事始めといいます。
かんこうちょう
ご よう はじ
 官公庁ではこれを御用始めといいます。
おおそう じ
大掃除
ねんまつ
ていねい
いえ
そう じ
いちねんぶん
よご
年末には、いつもより丁寧に家を掃除します。一年分の汚れをきれい
しんねん
あら
こころ も
す た ーと
にすることによって、新年を新たな心持ちでスタートできます。
かどまつ
門松
まつ
えだ
く
あ
つく
かざ
たけ
うめ
そ
しょうがつ
松の枝を組み合わせて作った飾りに竹や梅が添えられたもので、正月
あいだ いえ
もんぜん
いっつい
に ほん
しょうちくばい
えん ぎ
の間、家の門前に一対おきます。日本では松竹梅は縁起がよいものと
とく
まつ ちょうじゅ
い み
とうと
されていて、特に松は長寿を意味するものとして尊ばれています。
かざ
しめ飾り
しょうがつ もん こ
かざ
ま よ
い み
さまざま
えん ぎ もの
正月に門戸に飾るもので、魔除けの意味があります。様々な縁起物が
かざ
しょうがつ
お
かどまつ
いっ しょ
じんじゃ
も
い
つけられた飾りで、正月が終わると門松などと一緒に神社へ持って行
や
き、焼いてもらいます。
かがみもち
鏡餅
せ ん ち
だいしょうふた
まる
だい
うえ
かさ
10~20センチくらいの大小2つの丸いもちを台の上に重ねたもので、
とこ
ま
かみだな
お
ほん らい
かみ
そな
床の間や神棚に置きます。本来は神にお供えしてまつるものですが、
さいきん
しょうがつかざ
かんが
ひと おお
最近では正月飾りのひとつと考える人も多いようです。
りょう り
おせち料理
がつついたち
みっ か かん
た
とくべつ
りょう り
じゅうばこ
や
もの
に もの
1月1日からの3日間に食べる特別な料理です。重箱に焼き物、煮物、
す
もの
も
み
め
ごう か
なが も
酢の物などを盛りつけます。見た目が豪華であるうえに、長持ちする
とくちょう
しょうがつ みっかかん
しゅ ふ
か じ
けいげん
のが特徴です。正月の3日間くらいは主婦の家事が軽減されるようにと
できあがったようです。
ぞう に
お雑煮
もち
や さい
い
しる
しん ねん いわ
か
りょう り
もち
餅や野菜を入れた汁で、新年を祝うためには欠かせない料理です。餅
かたち
あじ つ
ぐ ざい
に ほんこくない
かく ち ほう
こと
の形や味付け、具材などは日本国内でも各地方によって異なります。
じょ や
かね
除夜の鐘
がつ
にち
しん や
じ
はさ
てら
つ
かね
じょ や
かね
12月31日の深夜0時を挟んでお寺で撞かれる鐘のことです。除夜の鐘
かい つ
かいすう
せつ
にんげん
は108回撞かれます。この回数にはいろいろな説がありますが、人間
ぼんのう
かず あらわ
の煩悩の数を表すといわれています。
とし こ
年越しそば
がつ
にち
ほそ なが たっしゃ
く
ねが
た
12月31日に「細く長く達者に暮らせること」を願って食べられるそばのこ
とし
こ
まえ
た
のこ
よくねん
とです。年を越す前に食べきらなければならず、そばを残すと翌年に
きん うん
めぐ
金運に恵まれないといわれています。
はつもうで
初詣
はつもうで
とし
あ
はじ
じんじゃ
てら
さんぱい
いちねん
ぶ じ
初詣とは、年が明けてから初めて神社や寺などに参拝し、一年の無事
へいあん いの ぎょう じ
と平安を祈る行事です。
ねんがじょう
年賀状
しんねん いわ
あいて
かんしゃ
こ
は が
がつ
か
しょうがつ
新年を祝い、相手への感謝を込めた葉書きで、12月に書いて正月に
とど
おく
ゆう じん
しんせき
し ごとかんけい ひと
だ
ば あい
届くように送ります。友人や親戚のほか、仕事関係の人にも出す場合
おお
せいよう
く りす ま す かーど
おく
に
が多いです。西洋でクリスマスカードを送るのと似ています。
としだま
お年玉
しょうがつ
き かん
こ
りょうしん
しんせき
ちい
ふくろ
はい
正月の期間、子どもたちが両親や親戚からもらう小さな袋に入ったお
かね
おお
こ
しょうがつ
いちばん
たの
金のことです。多くの子どもたちにとって、正月の一番の楽しみです。
ご よう はじ
御用始め
かんちょう
とし
はじ
し ごと
ひ
ご ようはじ
ご よう はじ
官庁でその年に初めて仕事をする日を御用始めといいます。御用始め
いっ ぱん
かいしゃ
し ごと はじ
で ぱ ー と
し ごと はじ
を一般の会社では仕事始めといいます。デパートなどでは仕事始めの
ひ
き ものすがた てんいん
み
日に着物姿の店員を見かけることもあります。
ダウンロード

日本のお正月