RI2580地区
国際ロータリー第2580地区
地区研修協議会 ロータリー財団部門会議
ロータリー財団の歴史と概要
2015年4月8日
1
ロータリー財団の創設者
ロータリー財団の創設者アーチ C. クランフ。
彼がどのような経歴の持ち主かご存じですか?
アーチ C. クランフ
クリーブランドRC創立会員
1912年クリーブランドRC会長
1916-17年度国際ロータリー会長
(写真提供:Rotary Images)
2
社会的背景
1914~1918年
第一次世界大戦
1917年
アメリカ・シカゴに住む38歳の実業界のリーダー
メルビン・ジョーンズがライオンズクラブ国際協会を創設
「人々が地域社会をよりよくすることに能力を使えばどう
だろうか」
3
1917年アトランタ国際大会
1917年、アーチ C. クランフ国際ロータリー会長は、アトランタで
開催された国際大会で、「ロータリーが基金をつくり、全世界的な
規模で、慈善、教育、その他、社会奉仕の分野で、何かよいこと
をしようではないか」と提案しましたが、その背景には、彼の生い
立ちが影響していたのかもしれません。彼の提案は、同大会で
採択されました。
1917年のアトランタ国際大会に出席した人々
4
始まりは26ドル50セント
最初の寄付は、1917年、ミズーリ州カンザスシティーロータリーク
ラブからの、26ドル50セントでした。
6年経っても基金の残高はやっと700ドルに達したに過ぎなかった
と『奉仕の一世紀 国際ロータリー物語』に著されています。
〔ご参考〕
現在では、財団への支援は飛躍的に増え、2011-12年度の寄付だけで
1億8千万ドルを上回っています。
ロータリー財団の財務報告は『年次報告書』に掲載されております。
国際ロータリーのウェブサイトからご覧下さい。
http://www.rotary.org/ja/aboutus/financials/downloaddocuments/Pa
ges/ridefault.aspx
5
初の補助金
創設から2年後の1919年、財団は初の補助金500
ドルを国際障害児協会へ授与しました。
ロータリアンだったエドガー F. “ダディー” アレンが
創設した同協会は、後に発展してイースターシー
ルズとなりました。
6
1947年 ポール P. ハリス逝去
1947年1月27日に、ポール・ハリスが亡くなりまし
た。70カ国以上30万人以上のロータリアンがロー
タリーの創始者の死を悼みました。
ポールの逝去で、寄付が国際ロータリーに相次い
で寄せられるようになり、財団は、ポール・ハリス記
念基金を設けました。
翌年の7月までに、米貨130万ドル以上が寄付され
ました。
1944年国際大会でド
ミニカ共和国の代
表からクリストバル
・コロン勲章を受け
るハリス。
モーガン・パークの
組合教会で行われ
た葬列。
7
1947年 最初の財団プログラム
1947年には最初の財団プログラムが実現されました
。それは、高等研究奨学金と呼ばれるもので、1年目
は、米国、ベルギー、英国、フランス、メキシコ、中国
の18人の若い人たちが選ばれ、他国でそれぞれの
専門分野を勉学しました。
-------------------------------------------------------------(奨学金の変遷)
高等研究奨学金→国際親善奨学金→地区補助金奨学金とグ
ローバル補助金奨学金
※2013-14年度から国際親善奨学金は全世界的に廃止されました。
8
現在のロータリー財団プログラム
現在のロータリー財団
プログラムは3種です。
ポリオ
プラス
ロータリー
財団
ロータリー
補助金
平和
フェローシップ
9
ロータリー財団の使命
• 健康状態を改善する
• 教育への支援を高める
• 貧困を救済する
使命
目標
• 世界理解
• 親善
• 平和
ロータリー財団の使命は、ロータリアンが、健康状態
を改善し、教育への支援を高め、貧困を救済するこ
とを通じて、世界理解、親善、平和を達成できるよう
にすることです。
10
2015-16年度
国際ロータリー第2580地区
寄付目標に関して
11
ロータリー財団への寄付
寄付は主に3種類です。送金明細書で種別を指定します。
①年次基金への寄付・・ 150ドル/人
3年間据置、財団活動資金として使用運用益は財団運営費
②恒久基金への寄付・・ 30ドル/人
元金は積立、運用益のみを使用
③ポリオ・プラス基金への寄付・・ 30ドル/人
ポリオ僕別活動の資金として使われます。
年間1,500ドル以上の寄付をしたクラブにはロータリー財団か
ら感謝状が贈られます。
④ロータリー平和センターへの寄付・・ ロータリー平和フェロー
やロータリー平和センターの活動を支える資金となります。
目標額は各クラブにて設定ください。
5
資金の流れ:年次基金と恒久基金への寄付の場合
◆恒久基金への寄付
50%
◆WF
国際財団活動資金
恒久基金
運用収益
財団
活動資金
◆年次基金への寄付
◆DDF
年次プログラム基金
運用収益
地区に還元
地区財団活動資金
3年後
50%
財団運営費
6
資金の流れ:その他の寄付の場合
◆その他の寄付
(以前は「使途指定寄付」と呼んでいましたが、現在は「その他の寄付」と呼びます。)
ポリオ・プラス基金
ポリオ・プラス事業へ
ポリオ・プラス基金への寄付金は、ポリオ・プラス事業に使用されます。
--------------------------------------------------------------------------------------------------
ロータリー平和センター
ロータリー平和フェローシップ事業へ
ロータリー平和センターへの寄付金は、ロータリー平和フェローシップ事業に
使用されます。
-------------------------------------------------------------------------------------------------6
最後に
非営利組織であるロータリー財団は、ロータリアンを
はじめ、より良い世界を築こうというビジョンを共有す
る財団支援者の方々からの自発的な寄付のみにさ
さえられています。ご寄付は、ロータリー財団の補助
金となり、助けを必要とする地域社会に持続可能な
変化をもたらす活動に役立てられています。
15
ダウンロード

ロータリー財団の歴史と概要 - 国際ロータリー第2580地区