平成20・21・22年度宇治市教育委員会
小中一貫教育研究指定校
研究発表会
平成23年2月3日
宇治ひろの学園
1
HOOP:フープ
「輪」=「和」
H:広野
O:大久保
O:大開
P:プラン
シンボルマーク
宇治ひろの学園
がっちり連携
約300m
広野中
約1km
636名
地域と共に教え
育む「輪」
HOOP:フープ
大久保小
906名
約1km
大開小
560名
教育目標
「夢や希望をもって未来を切り拓ける児童生徒の育成」
9年間で育てたい力(めざす児童生徒像)
・自ら学び考える力
・人間関係を築く力
・粘り強くやり抜く力
・自分の生き方を求める力
4
小中一貫教育のコンセプト
・ 9年間を見通し連続性・関連性・継続性を意識した取組を進める。
・ 小・中学校の円滑な接続を目指した取組を進める。
5
前期(4年間)・中期(3年間)・後期(2年間)のま
とまりによる指導
小中一貫教育のねらい
子どもの実態
•
•
•
•
•
•
•
人間関係づくりの体験が不足
会話が言葉の羅列→コミュニケーション力弱い
思いやりに欠ける言動
決まった友人関係で行動(小グループ化)
教師の指示が伝わりにくいことも・・・
状況に応じた言動をとることが苦手
学級や学年として活動する時、まとまりにくい
研究主題
自分の気持ちや考えを伝え合うことができる
児童生徒の育成
~小・中学校の円滑な接続と一貫した指導を通して~
育てたい力・子どもの実態
9
研究構想
① 9年間を見通した教育課程を編成・実施することで、発達段
階に応じた計画的・継続的な学習指導や生徒指導等を充実
することができる。
② 学習内容や指導方法の違いなどを緩やかなものとして円
滑に接続することで、小学校から中学校へ進学する際に、
生徒が安定した学校生活を送ることができる。
③ 幅広い異年齢集団の交流などを進めることで、豊かな人
間性や社会性を育成することができる。
④ 小学校教員と中学校教員が合同で研究・指導を進めるこ
とで、相互協力関係を築くことができる。
⑤ 地域や保護者と連携した特色ある学校づくりを進め魅力あ
る学校とすることで、地域や保護者との絆を深めることがで
きる。
研究課題
① 学校運営体制(学校経営方針等の設定、分掌
組織等)について
② 教育課程編成(日課表、学校行事、クラブ・部
活動等)について
③ 小中一貫教育カリキュラム(宇治学、いしずえ
学習、小学校外国語活動)について
④ 児童生徒理解(生徒指導、教育相談、特別支
援教育等)について
⑤ 育友会・PTA活動や地域連携について
全教職員が所属する
研究推進体制
9年間を見通した
カリキュラムの作成
家庭学習の手引きの作成
生活のしおりの作成
宇治学の推進
いしずえ学習
(学力充実)の推進
小中学校教員による
相互連携授業(乗り入れ授業)
小
中宇
一治
貫ひ
教ろ
育の
学
の
取園
組
児童生徒の交流活動
オリジナルストレッチ体操
の創作と活用
小・中学校合同行事
地域と連携した取組
学級担任制から一部教科担当制へ
宇治ひろの学園研究推進委員会
宇治ひろの学園研究推進委員会
事務局
学校運営部会
児
児
童
童
生
生
徒
徒
充
交
理
実
流
解
部
部
会
会
学
教科等研究部会
力
事
部
会
養
護
務
部
教
員
部
会
会
特
別
支
援
教
育
部
会
総
合
的
な
宇学
治習
学の
部時
会間
国
社
算
理
音
数
語
会
・
科
楽
数
部
部
学
会
会
保
技
外
工
健
術
国
・
語
家
活
庭
動
・
美
部
部
部
会
図
会
会
術
体
育
部
部
部
部
会
会
会
会
道
徳
部
会
学校運営部会
•
•
•
•
研究推進委員会の統括
小中一貫教育推進に係る連絡調整
関係諸団体との連絡調整
小中一貫教育校としての「教育目標」「育てたい
力」「学校運営体制や指導体制」等の設定
• 「シンボルマーク」「学園名(愛称)」の募集
• 宇治ひろの学園としてのホームページの作成
教科等研究部会
• チェーン・オブ・スタディ(学習内容系統表)の作
成、改訂
• 授業研究会及び合同研修会の開催
• 小・中学校の教員が協働して学習指導案を作成
• 教科連携教員の連絡調整
• 相互連携授業(乗り入れ授業)の実施
宇治学部会
• 小・中学校の系統性を高めた7年間の宇治学
(総合的な学習の時間)カリキュラムの作成及
び試行・調整
• 各学年の共通テーマ(15時間程度)を実施し、
小中のカリキュラムの重複を調整
特別支援教育部会
• 特別支援学級児童・生徒の交流
• 3校合同授業の企画・実施
事務部会
• 3校の事務手続きを一部共通化
(諸費徴収の方法等)
養護教員部会
• 健康・安全教育に関わる交流・実践
• 児童・生徒の健康状況の交流 等
学力充実部会
•
•
•
•
•
•
•
標準学力検査の分析を生かした学力向上
授業規律の確立に向けた授業での約束事の共通化
アンケート結果に基づく指導方法の工夫改善
小・中学校の家庭学習の手引きの作成と活用
板書カードなどの学習システムの共通化
学力充実のための具体的な取組
中学校入学前の春休みの課題の実施 等
児童生徒理解部会
• 学校生活アンケートに基づく教職員の共通理
解及び児童生徒の不安解消に向けた取組
• 不登校対応としての早期発見や個別の手立て
についての連携・協議
• あいさつ標語の選定→地域連携であいさつ看
板の設置とクリアファイルの配布
• 9年間の学校生活のしおりの作成
• 生徒指導・特別支援教育等のアセスメント票の
検討
• スクールカウンセラーの3校での活動交流
児童生徒交流部会
• 小中児童生徒の合同行事の企画実施
3校合同児童生徒会(HOT-MEETING,あいさつ運動,エコ
キャップ回収 等)
クラブアシスタントティーチャー、駅伝合同練習
学習アシスタントティーチャー
•
•
•
•
地域のクリーン活動へ中学生が参加協力
中学校行事に小学生を招待(体育大会,文化祭)
3校の児童生徒の作品の巡回展示
子どもの主張大会への参加協力 等
特色ある研究活動・
教育活動
教科等グループでの授業研究
• 9つの教科グループ毎
に公開授業を設定
• 授業を通して、児童生徒
と指導を丸ごと見つめる
平成21・22年度で授業
研が3校を一巡
• 「研究主題」意識した授
業づくり
24
理科で育てる◆「伝え合う力」とは?
◇「伝え合う力」の充実のためのポイントとは?
◆自分の考えを他者に伝える時、
その考えの根拠(理由)を明確
にすることで、科学的に考察す
る能力を養い、レポートやノート
にまとめることで論理的な思考
を高める。
◇問題を見出し、観察、実験を計
画する。
◇観察、実験の結果を分析し、解
釈する。
◇科学的な概念を使用して考えた
り説明する。
家庭・技術家庭で育てる◆「伝え合う力」とは?
◇「伝え合う力」の充実のためのポイントとは?
◆自立への基礎を培うことを目
指し、技術分野・家庭分野に
ついての自分の経験をもとに
交流し合い、生活をよりよいも
のにしようとする力を高めるこ
とである。
◇生活における課題を解決する
ために、言葉や図表などを用
いて生活をよりよくする方法を
考えたり、説明したりする。
9年間を見通した学習内容系統表
「チェーン・オブ・スタディ」の作成と活用
• 宇治ひろの学園の9年間のカ
リキュラムの指針
• 各教科の習得する技能と知
識を明記(新学習指導要領に
対応)
• 国語、社会、算数・数学、理
科、生活、音楽、図工・美術、
技術・家庭、(保健)体育、外
国語(活動)の教科
27
9年間を見通した「授業システム」
の定着・板書カード
9年間を見通した学びの習慣づくり
「家庭学習の手引き」
• 基礎的・基本的な内容
の確実な定着を図ると
ともに、家庭学習とも
関連付けながら、学び
の習慣を身に付けさせ
ることを目指して、小・
中学校の学習を見通し
た「家庭学習の手引
き」を配布
30
9年間を見通した生活習慣づくり
「生活のしおり」
① あいさつをする。
② 時間を守って行動する。
③ 掃除をする。
④ 身だしなみを整える。
⑤ 授業を大切にする。
家庭学習を習慣化する。
9年間を見通した「宇治学」の充実
統一した年間指導計画の作成
7学年の年間指導計画 (例)
宇治学(総合的な学習の時間)の年間指導計画(第3学年)
1 活動のねらい
自分の個性を理解し、将来に向けて夢を持ち、主体的に進路を選択する能力・態度を育てる。
2 評価
①他者の個性を尊重し,自己の個性を発揮しながら,協力・共同してものごとに取り組む。
②様々な人々とコミュニケーションを図るとともに、幅広く情報を活用する。
③夢や希望を持って将来の生き方や生活を考え,社会の現実を踏まえながら,前向きに自己の将来を設計する。
④自らの意思と責任でよりよい選択・決定を行うとともに,その過程での課題に積極的に取り組む。
【人間関係形成能力】
【情報活用能力】
【将来設計能力】
【意志決定能力】
3 単元全体計画( 70 時間)
時間 学習活動(テーマ)
月
分 野
1 4 総合の基礎 1
総合学習のオリエンテーション
1
2 4
情
報
情報モラルに関する学習
3
ふるさと
4
進路セミナー(説明会)
~ 5
6
7
ふるさと
2
5
自己の適性
8
具体的な学習内容
1年間の総合学習の予定の説明を聞く。
情報の取り扱いに関して、理解を深める。
評価
①③
②③
宇治市内の高校の先生や先輩から話しを聞き、自分の進路について
考え、まとめる。
③④
自分の適性について様々な角度から考え、自分の将来への進むべき
方向を考える。
③④
宇治学の取組
教員の連携による小学校外国語活動
英語科教員+AETによる小学校での授業
小学校高学年における「教科担当制」
5・6年生で約半分の授業時数を
学級担任以外の教員が指導する体
制を取った。
• 教員の専門性を生かした教科
指導により、児童の学習意欲
を高め、学力の充実向上を図
る。
• 中学校での学習形態への急
激な変化を緩和し、小学校か
ら中学校へのスムーズな接続
を図る。
• 教職員間の緊密な情報交換
や連携により、多面的な児童
理解を進め、児童一人一人の
個性の伸長を図る。
小中教員の相互連携授業(乗り入れ授業)
中学校数学・理科担当加配教員による毎週の両小学校での授業
中学校保健体育科教員
による小学校での授業
小学校教員による
中学校での道徳の授業
36
児童生徒の交流活動 ①
HOT-MEETING
あいさつ運動
クラブアシスタントティーチャーとしての交流
エコキャップ12万個回収
駅伝合同練習
児童生徒の交流活動 ②
中学校体育大会・文化祭に小学生を招待
小学校運動会で中学生ボランティア
学習アシスタントティーチャー
地域と連携した取組
地域懇談会
子どもの主張大会
あいさつ標語の看板設置
子どもの居場所づくり
クリーン活動
3校の様子がわかる掲示板の設置
★成果1★
研究主題に関して
自分の考えを発表する機会が増え、それを
苦にしなくなった
★成果2★
小・中学校の円滑な接続に関して
不登校の出現率が減少し、中学校での部活
動の加入率が増加
★成果3★
学習指導に関して
中学3年で
家庭学習が増加、
学力はほぼ全国平均
★成果4★
生徒指導に関して
中学校での問題行動の発生件数は徐々に減少
★成果5★
教職員の連携や共通理解に関して
小・中学校の教職員が課題を共有し交流を広
げ、協働の意識が高まる
地域との協働に関して
小学校区ごとの行事が中学校区に広がったり、
地域の行事に中学生が積極的に参加するよう
になる
★課題★
① 中1ギャップ解消に向けての更なる手立て
② 児童生徒の自尊感情向上への更なる手立て
③ 小中一貫教育に対する教員間の更なる意識の向
上及び指導方法の工夫・改善
★今後の展望★
平成24年度からの宇治市小中一貫
教育全面実施に向け、様々なこれま
での取組を見直し、有効なものを重点
的に推進
ご清聴ありがとうございました
宇治ひろの学園
48
ダウンロード

発表資料 - 宇治市立小・中学校のページ