「伝え合う」
「学び合う」
「高め合う」体育の学習
~ 跳び箱の学習を通して ~
相模原市立鹿島台小学校
Ⅰ
木下
章嗣
はじめに
1本校の校内研究について
ないから意見が言えない」と答えた児童がほ
本校では、平成23年度から本市教育委員
とんどであった。
会より「先進的教育研究モデル事業(L21)」
グラフ1 体育の授業の話し合いの時に意見
研究校として委託を受け、研究主題を「自ら
が言えますか
考え、豊かに表現する子どもの育成」、サブテ
ーマを「国語の学びを活かして」として研究
を進めてきた。
具体的には、学習指導要領で求められてい
る「主体的に学ぶ力」や考えを深め、高め合
うための「伝え合う力」を育てることをねら
いとして授業づくりに取り組んでいる。
グラフ2 跳び箱の授業の話し合いの時に意
2児童の実態
見が言えますか
先に述べたように、校内研究の取り組みに
より、様々な教科において自分の考えを伝え
合い、活発に学び合いが行われ、高め合う姿
が見られる。右のグラフ1はクラス児童(男
子13名、女子14名、計27名)対象に行
ったアンケートの「体育の授業での話し合い
の時に意見が言えますか」と言う質問に対し
ての結果である。
「言える」と「どちらかとい
うと言える」と答えた児童を合わせると27
Ⅱ
研究の目的
名中22名と体育の学習の際にも自分の考え
アンケートの結果から、自分の考えを伝え
を伝えることができると感じている児童が多
る力があるのに、跳び箱の学習になるとその
い。しかし、グラフ2の「跳び箱での話し合
力が発揮できない児童の背景には、
「 自分がで
いの時に意見が言えますか」という質問に対
きないから」ということが前提にあることが
しては「あまり言えない」
「言えない」と答え
わかった。また、
「技ができない」という児童
た児童は約半数もいた。理由を見てみると「自
の多くは、
「 技のポイントがわからない」や「動
分ができないから意見が言えない」
「 何を言え
き方がイメージできない」などの理由がある
ばいいのかわからない」
「 動きがイメージでき
と考えられる。
- 45
-
45 -
そこで研究仮説を
き、それにより伝え合いが充実することを期
技のイメージを具体的にもつことができ
待した。
れば、話し合いに参加することができ、学
イ.『イメージトレーニング』
び合いが活発になるだろう。
イメージトレーニングとは、スポーツトレ
とし研究を進めていくことにした。
図1
ーニング方法の一つであり、動いている自分
イメージ
技を具体的に
技ができなくても
イメージできる
意見が言える
のイメージを思い描くことによって、技術や
戦術の向上をねらいとするものである。また、
恐怖心などを払うのにも役立つと考えられて
いる。
意欲の向上
毎時間、オノマトペを活用しながら、頭の
積極的に伝え合
中で今自分が動いているようにイメージをす
い学び合う
ることで、児童が技のイメージを具体的に構
築できることを期待した。更にそれを言葉で
今回は、学習指導要領で高学年の基本技に
表すことで、どこでどの様な動きをすればよ
位置づけられている台上前転と発展技に位置
いのかを明確にイメージすることができると
づけられている首はね跳びにしぼって取り組
考えた。また、自分の成功する姿をイメージ
んでいくこととした。これは、これまでの跳
することで「できるかもしれない」
「やってみ
び箱の学習を振り返ると多く児童が台上前転
よう」という意欲の向上にもつながると考え
でつまずきを感じていたように思ったからで
た。
ある。ただ跳び越すだけではなく前転をする
ことでリズムがつかみづらく、恐怖心から助
②学び合いをより深めていくための手立て
走の勢いをなくしてしまう児童も多かった。
『デジタルコンテンツの活用』
また、回転系の発展技へつなげていくには台
伝え合い、学び合いをするにはアドバイス
上前転の習得が必要である。台上前転ができ
をし合うことが必要となってくる。この活動
るようになれば、挑戦できる技の幅もさらに
をより充実したものとするためにデジタルカ
広がり、今後より意欲的に跳び箱の学習に取
メラの動画機能を使用した。動画を見ながら
り組めるようになると考える。
アドバイスをし合うことでより部分的・具体
Ⅲ
的にアドバイスできるようになることを期待
した。また、自分の動きを動画で客観的にみ
実践の手立て
①技のイメージを具体的にもつための手立て
ることで、自分でイメージしていた動きと比
ア.『オノマトペの活用』
較することができ、課題を発見できると考え
「オノマトペ」とはフランス語で「擬音語・
た。また、ステージにはパソコンとプロジェ
擬態語」のことである。台上前転の一連の動
クターを用意し、イメージトレーニングの際
きを「助走・踏切・着手・着地」に分割し、
に DVD の模範演技を見ながらできるように
それぞれに動きのイメージに合ったオノマト
した。いつでも模範演技を確認できるように
ペを付けることで、技のイメージを具体的に
することで動画と比べたり、アドバイスの時
もつことができると考えた。また、オノマト
の資料として活用したりできると考えた。
ペを付けることで、友だちにアドバイスや意
見などを言う際の一つのツールとして活用で
- 46
-
46 -
第2時
この日から毎時間イメージトレーニングを
行い学習に取り組んだ。ステージに写した模
範演技を見ながら「オノマトペを口ずさみな
がらイメージトレーニングしてみよう」と声
をかけると、一人ひとりがオノマトペを口ず
さんだり、少し体を動かしたりしながら真剣
にイメージトレーニングをしていた。さらに
イメージした動きを学習カードに言葉で表す
〈DVD の模範演技をみる児童の様子〉
Ⅳ
活動をすることで、どこでどの動きをすれば
よいのか自分の中で具体的にもてるようにし
た。
実践の経過と内容
ここでは本実践の取り組みについて具体的
に述べていく。
第1時
学習前のオリエンテーションで、めあて①
(第1時~第4時)では全員が台上前転に取
り組み、台上前転の習得と技の完成度を高め
ることを目指し、めあて②(第5時~第7時)
では発展技(首はね跳び)に挑戦することを
確認した。そして、今回の跳び箱の学習では
自分の技ができるようになることだけではな
〈イメージトレーニングをする児童の様子〉
く、互いに学び合いながら学習を進めていく
ことを伝えた。その後にはそのための手立て
となる「オノマトペ」を DVD の模範演技を
見ながら作って行く活動を行った。個人でオ
ノマトペを考えさせると、とらえ方の違いか
ら、それぞれが違ったオノマトペを付けるこ
〈学習カード〉
とが予想されたため、全体で話し合いながら
オノマトペを付けていった。その結果「助走」
は『サー』、
「踏切」は『ダン』、
「着手」は『ク
また、デジタルカメラを活用し技を見合う
ルッ』、着地は『トン』というような全体で共
活動もこの時間から取り組んだ。跳び箱を跳
通した台上前転のオノマトペができあがった。 ばない児童は、友だちの技を見る役となり、
また、デジタルコンテンツの使い方やグル
友だちの演技に対してアドバイスをするよう
ープを習熟度で編成すること、学習のはじめ
にした。ステージ上の動画はいつでも誰でも
の運動の行い方など授業の進め方を説明した。 再生してよいものとし、デジタルカメラの動
説明に時間がかかってしまい、この日は残
画と比べたり技の動きを確認したりできるよ
った時間で学習のはじめの運動しか行うこと
うにした。デジタルコンテンツを活用しなが
ができなかった。
ら積極的にアドバイスをし合う姿が見られた
が、よく内容を聞いてみると「いいね」や「こ
- 47
-
47 -
こはできていない」など具体性に欠けるアド
『サー』
『ダン』
『ビュン』
『トン』という首は
バイスが多かった。しかし、中にはアドバイ
ね跳びのオノマトペをみんなで考えることが
スの際に「クルッがクル~って感じで遅いか
できた。台上前転の時と同様、イメージトレ
らもっとクルッ!!と速く回ればいい」など
ーングをしたが『ビュン』の空中姿勢の部分
とオノマトペを活用して具体的にアドバイス
は台上前転の『クルッ』の部分よりも非日常
をしている児童もいた。
的な動きであり、なかなかイメージができな
い児童が多かった。練習はまず『ビュン』の
第3時~4時
部分から取り組んだ。危険が伴うため教師が
前時にオノマトペを活用して具体的にアド
補助しながらの練習となったが、
「 ○○さんは
バイスをしていた児童、そのアドバイスを聞
首と肩が付いた瞬間にビュンをしているよ」
いた児童を紹介し、オノマトペをアドバイス
や「もっと足を伸ばしながらビュンをすれば
の際に活用すると相手にわかりやすく具体的
いいんじゃない」などと積極的にアドバイス
に伝えられることを全体に共有した。すると、
をし合い、学び合う姿が見られた。
この時間からデジタルコンテンツを活用しな
また、首はね跳びのオノマトペは、第5時
がら「ダンがダダンになっているから勢いが
の学習のおわりに全体に共有し、めあて①の
なくなるんだよ」や「サーがサッサッサって
台上前転に取り組んでいる児童に対して興味
感じだからもっと素早く」などとオノマトペ
付けになるようにした。
も活用し、より具体的なアドバイスが多く聞
第7時
こえてくるようになった。
最後の時間ということもあり、台上前転が
未完成という児童も首はね跳びに挑戦しても
よいこととした。これは、回転系の発展技を
経験しておいてほしいという願いからこのよ
うな方法をとった。台上前転が未完成な児童
に関しては、空中姿勢の『ビュン』の部分の
みの練習を教師の補助のもと取り組むように
した。
Ⅴ
〈デジタルカメラの動画を見ながら
アドバイスをし合う児童の様子〉
児童の変容
①技の具体的なイメージをもつための手立て
ア.『オノマトペの活用』によって
第5時~6時
台上前転や首はね跳びの一連の動きを「助
第5時からめあて②の首はね跳びに取り組
走・踏切・着手・着地」に分割しそれぞれに
んでいくことにしていたが、めあて①で取り
オノマトペをつけることで徐々に技のイメー
組んでいる台上前転が未完成な児童は引き続
ジをもつことができていった姿が見られた。
き台上前転に取り組むこととした。首はね跳
はじめはオノマトペをなかなか意識できない
びは台上前転とは動きが違うため、首はね跳
児童もいたが、
「 オノマトペを口ずさみながら
びのオノマトペをみんなで作っていくことか
挑戦してみよう」と声をかけると口ずさみな
ら始めた。ステージ上の DVD の模範演技を
がら技に取り組み、徐々に意識していくこと
見ながらどんなイメージか話し合ったところ
ができていた。中には「口ずさみながらやる
- 48
-
48 -
のは怖い」という児童もいたが、学習を進め
イ.『イメージトレーニング』をすることによ
ていくうちに、見る役の児童が技に取り組む
って
児童に対してオノマトペを言ってあげている
毎時間 DVD の模範演技をみながらオノマ
活動も見られた。これは、他の人の演技をオ
トペを活用してイメージトレーニングをし、
ノマトペで見取ることとなり、自分とリズム
更にそれを学習カードに言葉で表す活動をす
が違う場所や課題点などを見つけやすくする
ることで徐々に自分のなかに技のイメージを
ことにもつながった。
もつことができていった。学習カードを見る
また、はじめの方では具体性があまりなか
とはじめは、全体的に大まかなイメージしか
ったアドバイスが、オノマトペを活用してア
もてていなかった児童もイメージトレーニン
ドバイスをすることで、課題点だけでなく良
グを重ねていくうちに書きこむ言葉も増えて
い点のことに関してもより部分的・具体的な
イメージを構築させていくことができた。
アドバイスへと変わっていった。
また、
「こわくてなかなかできない」と消極
的だった児童の学習カードには、
○はじめの方のアドバイス
・「OK」
・「なかなかうまくイメージできない」
・「いいね」
・「ここができていない」
・
「最初から最後までイメージトレーニング
できた」
○オノマトペを意識して活用するようにな
ってからのアドバイス
・
「イメージの中だとできるから、なんかで
・「ダンッと強く踏み切れているかいいね」
きそう」
・「クルがクル~って遅いからもっと速く」
・
「トンの前に背中を伸ばすのが早いから着
と意欲的に取り組む姿が見られるようになっ
ていった。
地がうまくできてないんじゃない」
普段から「意見を言うのは苦手」という児
童の学習カードには、
②学び合いをより深めていくための手立てデ
ジタルコンテンツを活用することで
・はじめはなかなかいいアドバイスができ
なかった。でもオノマトペを使ったら簡
単にアドバイスができたからうれしかっ
た。
・今日はたくさんのアドバイスを友だちに
することができたし、いいアドバイスを
聞くことができた。
デジタルカメラの動画機能や DVD の模範
演技を見ることで、それらを活用しながら積
極的にアドバイスをし合う姿が見られるよう
になった。課題点を見つけることにも効果的
であり、最初は「台上前転ができるようにな
る」という漠然としためあてをもっていた児
童が「ダンを強くできるように意識する」
「ク
などの記述がみられ、徐々に自分から意見を
ルッを速く回れるようにする」などとめあて
伝えていけるようになった児童の様子が見ら
を具体的にしていくことができ、結果、台上
れた。
前転を習得することができた。この児童だけ
ではなく多くの児童がめあてを具体的にして
いく姿が見られた。
- 49
-
49 -
Ⅵ
研究の成果と課題
グラフ3
技のイメージがもてますか
グラフ4
跳び箱の授業の話し合いの時に意
・成果
授業中の児童の様子や学習カードなどから
3つの手立ては児童が技の具体的なイメージ
をもち、学び合いを活発にすることに効果的
であったと考えられる。その結果、多くの場
面で友だちに教えたり友だちから学んだりし
ながらお互いを高め合っていく姿が見られた。
授業後の感想には、
・オノマトペをつかうとリズムがとれてイ
メージしやすい。
見が言えますか
・オノマトペをつかうとアドバイスがしや
すかった。
・イメージトレーニングしたら自分が跳べ
ているような気がして怖くなくなった。
自信が出てきた。
・カメラを使ったら動画を確認しながら友
だちがくわしくアドバイスしてくれた。
・動画で友だちの演技を何度も見ることが
できた。みんなで良い点を考え、まねす
ることができた。
児童にとって、技の一連の動きをイメージ
などの記述が多かった。
また、右のグラフの事前と事後にとったア
することは決して簡単なことではないが、オ
ンケート「技のイメージがもてますか」
(グラ
ノマトペやイメージトレーニングを活用する
フ3)では、事前は「できない」
「どちらかと
ことで言葉と動きを一体化させることができ、
いうとできない」と答えた児童が10名だっ
学習が進むにつれてイメージがもてるように
たのに対し、事後では2名に減った。また「で
なった。さらにデジタルコンテンツを活用し、
きる」と答えた児童は9人から21人へと増
友だちとのアドバイスをし合う中で、それを
えた。グラフ2の「跳び箱の授業の話し合い
全体に共有することができた。
の時に意見が言えますか」(グラフ4)では、
事前は「できない」
「どちらかというとできな
・課題
い」と答えた児童が15名だったのに対し、
今回はイメージをもたせることに重点をお
事後では「できない」と答えた児童は0名「ど
いたため、学び合いを深めていく手立てとし
ちらかというとできない」と答えた児童は3
てデジタルコンテンツの活用すること以外は
名とクラスのほぼ全員が「どちらかというと
特に提示しなかった。今後さらに学び合いを
できる」
「 できる」と答えた。このことからも、
深めていくためには「話し合い方」にも着目
児童は技のイメージをもち、伝え合い学び合
し、話し合いの形を具体的に提示していく必
いながら学習に取り組んでいくことができた
要がある。また、技を見合う時の位置やルー
と言える。
ルなども今後考えていく必要があると感じた。
今回の実践を通してオノマトペやイメージ
- 50
-
50 -
トレーニングの効果を実感することができた
と同時に、技の動きが複雑になっていくほど
オノマトペとイメージトレーニングだけでは
一連の動きを理解しきれないという難しさを
感じる場面もあった。技のイメージをつかま
せるための手立てをこれからも模索していく
とともに、オノマトペとイメージトレーニン
グの奥深さを極め、他の運動でも活用できる
よう追求していきたい。そして、友だちと関
わり合いながら運動に取り組み、生涯にわた
って運動に親しんでいけるような児童の育成
に少しでも貢献できるよう努めていきたい。
参考文献
・「小学校学習指導要領解説」体育編
平成20年
文部科学省
・藤野良孝『「一流」が使う魔法の言葉
スポ
ーツオノマトペで毎日がワクワク!』
詳伝社
- 51
-
51 -
ダウンロード

「学び合う」「高め合う」